FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
01 | 2015/02 | 03
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28



景気指標がまだら模様になり消化難になる中、週末、月末のポジション調整売りから下落して終了…NASDAQ総合指数のITバブル高値突破のリード役はどこか?
 おはようございます。 
 ドイツ議会は、ギリシャへの4か月の支援延長を圧倒的多数で承認しました。その後については、今後のギリシャの債務削減への努力次第ですが、一方で、ギリシャ国民から、ギリシャ政権がユーロ圏財務相会合に対して提出した合意実施策が選挙公約と異なるとして、政府を糾弾する動きが始まってきました。反対運動がエスカレートすると、政権内に取り込んだ左派団体の離反の可能性もあります。天に向ってはいた唾が顔にかかり始めましたが、「ええかっこし」の首相は、この難局をどう乗り越えていくんでしょうか。とにかく、市場は4か月の執行猶予期間をもらいましたので、投機筋が暴れまわることになるんでしょう。
 
 27日の米国市場動向
 ニューヨークダウ       1万8132ドル70セント      -81ドル72セント(0.45%)
 NASDAQ総合指数      4963.53ポイント         -24.36ポイント(0.49%)
 S&P500             2104.50ポイント         -6.04ポイント(0.3%)
 CME日経平均先物      1万8865円            +45円
 米国10年物国債金利     2.0020%             -0.0140%
 ニューヨーク原油        49.76ドル             +1.59ドル
 GOLD              1213.10ドル            +3.0ドル
 ドルインデックス        95.26                +0.01       


 昨日の米国株は、この日発表されたGDP改定値など景気指標が強弱入り混じる中、週末、月末が重なったことからポジション調整売りが優勢となり、終日マイナス圏での推移となりました。朝方は、朝方発表のGDP改定値(10~12月期)が速報段階から下方修正になったものの、予想を上回ったことから、小幅安で落ち着いた始まりになりました。寄り後に発表されたシカゴPMI指数2009年7月以来の水準に落ち落ち込んだものの、やミシガン大消費者信頼感指数改定値が速報値、予想を上回るなどまだら模様の内容となり、市場は消化難から昼過ぎまでマイナス圏でこう着した動きが続きました。市場をリードしてきたアップルが、エリクソンから特許侵害で提訴されたと伝わり、NASDAQ市場が下落幅を拡大すると、ハイテク株に売りが波及。引けにかけ下落幅を広げ、結局、ニューヨークダウとS&P500は続落。NASDAQ総合指数は反落して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上り1621、値下がり1543(NASDAQは、1058-1708)。VIX指数は4%下げ13.34に低下。

 ダウ30種は、値上がり7、値下がり23。バンクオブアメリカが投資判断の引き下げから下落した流れを受け、AMEXが1.99%、GSが1.25%、それぞれ下落。NASDAQ市場のハイテク株不振を受け、シスコシステムズが1.31%、インテルが1.2%それぞれ下落し、指数の足を引っ張りました。ただ、値上り、値下がりとも大きく値を崩したものはなく、ポジション調整から幅広く売られた…という印象。業種別は、携帯電話、アパレル小売、ソフトドリンク、不動産、石炭などが上昇。空運、タイヤ、アルミ、レジャー用品、テクノロジーハード・機器、各種金融などが下落。
 
 NYダウは、続落。強含みのドルを嫌気した外需依存企業のさえない動きから、頭の重い動きが続いています。まだ、昨年12月の戻り高値付近への下値確認の動きが出ておらず、当面、25日線の上昇を待ちながら小動きの展開が続きそう。日足サイコロは6勝6敗と調整が進んできたことから、調整は短期か…。
 NASDAQ総合指数は反落。サイコロは10勝2敗と、過熱感が残る…。リード役だったアップル株に訴訟問題が相次いでおり、高値警戒感と相まって、益出しの動きが強まったようです。フェィスブックなどに乗り換え資金が向かっているようですが、アップルに代わるリード役が登場するかどうかが、ITバブル時の高値更新のカギになりそう。このところの、鈍い上げは最近の高値を結ぶ上値抵抗線を意識しており、リード役が無ければ、高値更新には日柄が必要になりますが…。

 米国株は下落。円は、米GDP改定値が予想を上回ったことなどを受け、対ドルは119円60銭台に、対ユーロも133円70銭台に、それぞれ小幅に軟化。CME日経平均先物は、大証終値を45円上回る1万8865円で帰ってきました。レンジは、1万8715円~1万8875円。出来高は、3万5300枚台に前日比で減少。CMEの取り組みは4週連続で買い越し幅が拡大。海外投機筋の日本株見直しが強まっています。週明け相場も、市場環境の安定から、先高観を強めた展開になりそうですが、詳しくは、明日発信のレポートで注目株を含め解説します。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ