FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
03 | 2015/04 | 05
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



冴えない景気指標や企業決算を受け下落スタートも、ドル安、原油高に支えられ、続伸して終了…S&P500とNASDAQ総合指数は高値を更新
 おはようございます。 本の整理をしていたら昭和44年版の「罫線活用の投資戦略」という本が出てきました。牧野盛蔵、篠原正治、清瀬茂樹という往年の著名チャーチストが書いたもの。再確認する意味で読み直してみましたが、見方を変えたほうがいいところも散見されました。牧野チャートのように今でも使えるものがあり、もう一度、再確認の意味で使い方をチェックしてみたいと思います。一目均衡表のように、今でも使われているものがありますが、この本に掲載してあるノウハウは、現代の相場では、どの程度先見性があるのでしょうか。古本として保管する前に、検証をして見たいと思っています。
 23日の米国市場動向
 ニューヨークダウ      1万8058ドル69セント      +20ドル42セント(0.11%)
 NASDAQ総合指数     5056.06ドル           +20.89ドル(0.41%)
 S&P500            2112.93ポイント         +4.97ポイント(0.24%)
 CME日経平均先物     2万165円            -5円
 10年物国債金利      1.95%               -0.03%
 ニューヨーク原油      57.74ドル             +1.58ドル
 GOLD             1194.30ドル            +7.4ドル
 ドルインデックス       97.29                -0.77 


 昨日の米国株は、景気指標の悪化を受け欧州市場が下落した流れを受け、反落してスタートしました。朝方発表された新規失業保険申請件数が小幅増加したことや、スリーエムやP&Gの決算がドル高の影響を受け、予想を下回ったことや、ガイダンスの引き下げがあったことも嫌気され、ニューヨークダウは寄り付き直後に、この日の安値1万7966ドル(前日比72ドル安)をつけていました。その後、サウジアラビアなどの連合軍が、再度、イエメンのイスラム過激派占拠地を空爆したことが伝わると原油価格が上昇。これを受け、企業業績の回復につながるとして、次第に買いが増加。ドルが下落したことも多国籍企業の見直しにつながり上げ幅を拡大。昼過ぎにはこの日の高値1万8133ドル(同95ドル高)をつけていました。引けにかけては製造業PMI指数が下落したことなどがイヤケされ上げ幅を縮小したものの、主要3指数とも続伸して終了。S&P500は史上最高値を更新。NASDASQ総合指数も、引け値ベースの最高値を更新。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上り2066、値下がり1011(NASDAQ市場は、1661-1073)。VIX指数は、1.8%下げ12.48に低下。

 ダウ30種は、値上り17、値下がり13。ドル安を好感し、IBMが2.95%、ファイザーが1.23%、トラベラーズが1.43%、それぞれr上昇。ウォルマート(+0.98%)、ディズニー(0.98%)、アップル(+0.82%)なども堅調に推移。指数の上げに貢献しました。一方、通期見通しを下方修正した3Mが3.04%下落。ドル高の影響で売り上げが予想を下回ったP&Gが1.78%下落。マクドナルド(-0.86%)、ボーイング(-0.87%)など予想を下回る決算銘柄も続落。業種別は、鉄鋼、金鉱山、レジャー用品、固定電話サービス、通信などが上昇。住宅建設、アルミ、非鉄金属、非耐久消費財、半導体などが下落。

 NYダウは続伸。引き続き、三角持ち合いのレンジ内の動き…。この日も、上値抵抗線に頭を押さえられ、上げ幅を縮めていました。17日に付けた日足長大陰線を抜け出すことができません。一方、25日、50日線の上昇力が強い…とした、S&P500は、三角持ち合いを抜け出し、高値を更新してきました。NASDAQ総合指数も同様な動き。昨日の決算でも、ドル高の影響で売上高が予想を下回ったり、ガイダンスを引き下げた企業が多く、多国籍企業が多いNYダウの弱さが目立ちます。当面、成長性が高いグロース株志向からNASDAQ主導の流れが続きそう。

 米国株は続伸。円は、冴えない米景気指標を受け主要通貨に対しドルが売られた流れを受け、対ドルは119円50銭台に上昇。対ユーロは129円40銭台に下落。CME日経平均先物は、円上げを嫌気して伸び悩み、大証終値を5円下回る2万165円で帰ってきました。レンジは2万105円~2万275円。出来高は、前日比5300枚減の3万1642枚。本日の日本株は、週末控えで方向感のない展開になりそうです。大型連休が来週からスタートすることもあり、早ければ今日ぐらいからポジション調整の動きが始まるかもしれません。米国下院で、大統領に交渉権限を一任するTPA法案の審議が始まることから、TPP関連株が引き続き買われるか…。そろそろ、株価変動リスクを考え、乗り換えで売られてきた中小型株の見直しも…。ここからは、今期業績見通しをベースにしたEPSの上昇がカギになりそう。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内をみるか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ