FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
03 | 2015/04 | 05
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



重要イベントを前にポジション調整の売買が交錯したものの、出遅れ株買いが強まり日経平均は反発、TOPIXは続伸して終了
 今日はこれからお出かけです。簡単にまとめておきます。
 レポートでは、欧州系資金の短期売買について書きましたが、このところ、業種別の騰落状況を見ると、前日買われたものが売られ、上げたものが売られる…という日替わり的な動きがでています。流動性の大きな大型株を日計り感覚で売買しているところから見ると、かなり大きな資金のようです。なぜ、こんな動きが出てきているのか、背景を考えて見る必要がありそうです(直近レポートで解説済み)。

 本日の日経平均は、75円63銭高(0.38%)の2万0058円95銭と反発し大台を回復。TOPIXは8.36ポイント高(0.52%)の1627.43ポイントと続伸して終了。出来高は2.1億株増の20億8721万株、売買代金は7800億円増の2兆8658億円と、ともに増加。騰落状況は、値上り961、値下がり792。業種別は、鉱業、保険、精密、輸送用機器、機械、ガラス土石など24業種が上昇。金属、その他金融、医薬品、空運などを上位に9業種が下落。

 朝方は、円相場が119円台で落ち着いていたことを好感し、自動車株などが買われ、高よりスタートになりました。指数寄与度が大きいフアナックが、大幅な株主還元策を発表したことを好感して買われたことから先物買いを誘発。裁定買いも入り、日経平均は寄り後まもなく、この日の高値2万0138円(前日比155円高)をつけていました。ただ、明日が休日であることや、休み明けには日銀金融政策決定会合が開催されるほか、金融政策の先行きを占う米FOMCの結果が出ていることから、ポジション調整の動きも活発化。電気機器、その他金融など前日買われた業種が売られる一方、自動車、保険など昨日売られた業種が買われる(買戻し?)など、政策的な売り買いが交錯。引気にかけては先物売りも優勢となり、次第に上げ幅を縮める展開に…。指数は上昇して終わったものの、ファナックとユニクロ、KDDIの3社で日経平均を90円ほど引き上げており、実質的には日経平均はマイナス状態。

 今日の終値での日経平均サイコロは6勝6敗(50%)、TOPIXは7勝5敗(58%)と、ともに上昇。RSI(相体力指数)は、日経平均が60%と前日から2ポイント低下したものの、TOPIXは69%で横ばい。25日銭かい離率は、日経平均が+1.7%、TOPIXは2.66%と、ともに拡大。騰落レシオは3ポイント上げ99%に拡大。先物売買の影響で指数間に強弱差が出る一方、出遅れ株のかさ上げの動きが続いているという格好。一時、日経平均優位になっていたNT倍率は、12.33倍に低下。再び、TOPIX優位の動きになってきました。

 レポート銘柄では、昨日、好決算を発表した日立ハイテクノロジーが125円高(3.62%高)と続伸。また今日は、山洋電気が、前期業績の増額修正を発表し54円高(5.99%)で終了。同社株は、事前の業績増額修正発表も期待できるとして、3月22日号で840円から待ち伏せ銘柄として注目しましたが、想定通りの決算発表を受け973円高値引けしてきました。ペガサスミシンは、前期決算を増額修正、増配も打ち出してきましたが、反応はいまいち。5月14日発表の今期業績を待っているのかもしれません。まだ、これから決算発表を控えているものが多くありますから、引き続き、まだ決算発表を終えていないものに注目。益出しだけは、確実にやっておきたいところ…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



ギリシャ債務交渉の進展期待から上昇スタートも、FOMCへの警戒感から売りが増加。尻すぼみの展開で、反落して終了
 おはようございます。 今年も、春の褒章や叙勲の季節を迎えました。しかし、受章される方は、ここからが大変です。記者時代のことですが、ある受章者の取材に伺ったことがあります。大変な喜びようで、満面の笑みを写真に取って帰社。早速記事を書き、写真を添えて提出しましたが、2日後、ご本人から電話があり、受章を辞退することになった…とのこと。聞けば、従業員が交通事故を起こしたことから、辞退するように要請があったようです。受章経験がある知り合いの経営者や経済団体の方に聞くと、受章の内示があるときに、本人を含め身内や従業員など関係者から不祥事だけは出さないでくれ…と、念押しされるようです。その後は、神経をすり減らすような毎日だった、といいます。受賞後は、記念のパーティも開かねばなりませんし、大変な負担もあるようです。この季節になると、なぜか褒章を辞退された社長さんの取材時の笑顔が思い出されます。

 27日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        1万8037ドル97セント         -42ドル17セント(0.23%)
 NASDAQ総合指数       5060.25ポイント            -31.84ポイント(0.63%)
 S&P500              2108.92ポイント            -8.77ポイント(0.41%)
 CME日経平均先物       2万0060円               +60円
 10年物国債金利         1.9240%                +0.0070%
 ニューヨーク原油        56.99ドル                -0.16ドル
 GOLD               1203.20ドル               +28.20ドル
 ドルインデックス         96.73                   -0.23  


 週明けの米国株は、ギリシャが債務交渉担当者を刷新(バルファキス財務相の実質的な更迭?)したことから、交渉が進展すると期待し欧州株が上昇した流れを受け、買いが先行。ユーロが買われドルが下落したことも好感され、高よりスタート。寄り後まもなく、ニューヨークダウは、この日の高値1万8175ドル(前週末比85ドル高)をつけています。ただ、週半ばにFOMC(公開市場委員会)を控えていることからポジション調整の売りが増加。ヘルスケアやバイオ関連など、最近買われてきた業種が売られ、次第に右肩下がりの展開にに…。午後は前週末引け値を挟んでの神経質な動きになりましたが、東京エレクトロンと米アプライドマテリアルとの半導体関連企業同士の経営統合が米司法省の反対でご破算になったことがイヤケされ引けにかけ下落幅を拡大。引け近くに、この日の安値1万8024ドル(同56ドル安)をつけていました。結局、主力3指数とも反落して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上り1162、値下がり1978.VIX指数は6.75%上げ13.12に上昇。
 
 ダウ30種は値上がり11、値下がり19。デュポンが4.4%上昇したほか、この日引け後に決算発表を控えたアップルが1.82%上昇(引け後に発表された決算は、売上、利益とも予想を上回り、引け後の取引でも上昇)。日米半導体企業の統合が白紙になったことを好感しインテルが1.31%上昇。指数を下支えしました。一方、経営再建策発表を控えたマクドナルドが2.33%下落。ホームデポが2.03%、ユナイテッドヘルスが2.03%それぞれ下落したほか、バイオ関連株の下落を受け、ファイザーが1.93%、メルクが0.87%、それぞれ下落。指数の足を引っ張っていました。業種別は、非鉄、貴金属、金属、汎用化学品、アルミなどが上昇。バイオテクノロジー、医薬品、ヘルスケア、住宅リフォーム、医療サービスなどが下落。

 NYダウは反落。引き続き三角持ち合いのゾーン内の動き。上値抵抗線の強さが目立っています。当面、ドル高の修正など支援材料待ちの展開。NASDAQ総合指数も反落。こちらは高値更新後の益出しの売りでセオリー通りの動き。今晩のアップル決算への反応が注目されるほか、クラウド関連大手アカマイなど成長企業の決算発表を控え、切り返しの動きが期待されます。S&P500は3各持合い離れになっており、昨日の下げは、上抜けた抵抗線の下値支持力を試す動き…。

 米国株は反落。円は、ドルがユーロに対し売られたものの、日本国債格下げの影響もあり対ドルは119円付近で横ばい。対ユーロは129円50銭台で弱含み。CME日経平均先物は、大証先物終値を60円上回る2万60円で帰ってきました。レンジは、1万9915円~2万165円。出来高は、3万4700枚と、前週末から2000枚の増加。本日の日本株は、明日が休日になることや休み明けに日銀金融政策決定会合を控えており、模様眺め気分の強い展開になりそうです。今日が、決算発表の前半戦のピーク(173社が予定)になることから、内容を受けて乱高下するものが出てきそうです。休み明けの30日は、日米の中銀政策の発表が重なるため、今日は、仕掛け的な動きが強まる可能性もありそうです。引き続き、業績面が株価を支援しそうな銘柄の待ち伏せ買い方針を継続したい。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ