FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2015/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



ギリシャ国民投票結果待ちで見送り気分が強まる中、銀行や証券のほかTOPIX30型主力株への海外投資家の買いが続き、小幅ながら4日続伸して終了
 本日の日本株は、3連休を控えた米国株が下落した流れを受け、売りが先行。CME日経平均先物終値(2万485円)にさや寄せする先物売りなどから日経平均は前日比46円安の2万476円と反落してスタートしました。前日引け後に発表されたファーストリテーリングの6月月間売り上げが二けたの減少になったことを嫌気し、同社株が急落すると、それに歩調を合わせるように先物売りが増加。裁定解消売りも入り、前引けは2万431円(前日比91円安)と、この日の安値で終わりました。後場に入ると、先物価格がCMEレンジ下限の2万450円を下回ったことや、週末のポジション調整から先物の買戻しが入りだし、引けにかけ次第に下落幅を縮小。引け近くにはプラス圏に浮上していました。ファーストリテーリング1社で日経平均を85円押し下げましたが、裁定買いなどから下落分を埋めて終わりました。

 結局、日経平均は17円29銭高(0.08%)の2万539円79銭、TOPIXは、3.85ポイント高(0.23%)の1652.09ポイントと、ともに4日続伸。出来高は、前日比6000万株減の21億7842万株、売買代金は同3276億円減の2兆1575億円。騰落状況は、値上り577、値下がり1196。業種別は、証券、精密、その他金融、銀行、ゴム製品などを上位に17業種が上昇。鉱業、繊維製品、保険、石油石炭、鉄鋼などを上位に16業種が下落。

 今日の終値での日経平均サイコロは、8勝4敗(66%)に上昇。TOPIX同じ。週明けに上昇すると、日経平均、TOPIXとも、9勝3敗(75%)に上げ警戒ゾーン入りします。日経平均RSIは、1ポイント上げ53%に、TOPIXは1ポイント上げ50%に、それぞれ上昇。25日線かい離率は、日経平均が+0.6%、TOPIXは+0.01%と、ともに25日線を上回ってきました。日経平均、TOPIXとも、25日線は下向きになっており、週明けに25日線を引き上げられるだけの強い上げができるかどうかがカギに…。騰落レシオは、4ポイント下げ96%に低下。今日の物色が大型株に偏り、雑株が売られた影響が出たようです。

 今日は、トヨタ自動車の新株式発行で225億円の引受手数料が入るほか、郵政上々でもメリットを受ける野村証券が買い進まれました。レポートの継続注目株で、6月21日号でも取り上げたばかりですが、順調に値上がりを続けています。また、持ち合い株の放出→株主還元を意識して銀行株が買われたほか、朝方から、TOPIX30型銘柄に買いが継続。ギリシャ国民投票の結果を先取りした買いが主力に入っていました。まとまった売りを、一気にさらうやり方をみると、ヘッジファンドなど短期筋が介在した可能性もあります。週明けは、ギリシャ国民投票結果次第ですが、忘れていけないのは、国民投票で「YES」が多くなっても、現政権は総辞職になって、債権者団は交渉する相手方がいなくなり、新政権の成立まで先延ばしされ、また同じことが続くことも予想されます。このケースにどのような対策が打たれるかも注目ポイント…。詳しくは、日曜日発信のレポートで、注目株と合わせ、考察してみます。ウエザーニュース、M3,CKD…良い引けでした。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



6月雇用統計結果を受け高よりも、3連休控えやギリシャ国民投票への懸念から売りが増加。弱い製造業関連指標も足を引っ張り、主力3指数とも反落して終了
 おはようございます。 昨晩は体調不良で、夕方から病院に行き、書き込みができませんでした。ご容赦!
 昨日の日本株は、米株高を受けた買戻しから、3日続伸。ただ買戻しの一巡後は頭の重い展開となり、引けにかけ上げ幅を縮小する動きに…。終日レンジは、2万601円~2万479円。日経平均は、193円18銭高(0.95%)の2万522円50銭、TOPIXは11.83ポイント高(0.72%)の1648.24ポイント。出来高は、前日比7181万株増の22億3853万株、売買代金は同2548億円増の2兆4851億円と、ともに伸びを欠いていました。騰落状況は、値上り1271、値下がり508。
 昨日の終値での日経平均サイコロは7勝5敗(58%)と前日から上昇。TOPIX同じ。日経平均RSIは4ポイント上げ52%に、TOPIXは3ポイント上げ49%に、それぞれ上昇。25日線かい離率は、日経平均が+0.5%と4日ぶりに25日線上を回復したものの、TOPIXは-0.27%と、出遅れています。騰落レシオは3ポイント上げ100%に拡大。指数の安定とともに、出遅れ株を買う循環物色の色彩を強めています。昨晩はレポート注目のTOWAが値上がり率トップになりましたが、直近レポートで示した目標値が近づいてきました。ウエザーニュースに続き、他の一服中の銘柄も動意づいてきたみたいですね。

 2日の米国市場動向
 ニューヨークダウ       1万7730ドル11セント    -27ドル80セント(0.16%)
 NASDAQ総合指数      5009.11ポイント       -3.91ポイント(0.08%)
 S&P500             2076.78ポイント       -0.64ポイント(0.03%)
 CME日経平均先物      2万485円           -55円
 10年物国債金利       2.3930%            -0.0250%
 ニューヨーク原油       56.93ドル           -0.03ドル
 GOLD              1163.50ドル         -5.80ドル
 ドルインデックス       96.09              -0.16   


 昨日の米国株は、朝方発表された6月雇用統計結果で非農業部門雇用者数が予想を下回ったほか、4月、5月分が下方修正されたこと、賃金の伸びが横ばいになったことからFRBの利上げが先延ばしになるのでは…との期待が台頭。買いが先行し、続伸スタートになりました。長期金利の低下を受けたドルの下落を好感し、多国籍企業やエネルギー株などが買われ、ニューヨークダウは、寄り後まもなくこの日の高値1万7805ドル前日比48ドル高)を付けていました。ただ、買い一巡後は、この日発表の製造業受注が大幅に予想を下回ったことや、ギリシャ国民投票への懸念などから次第に売りが優勢となり上げ幅を縮小。明日から3連休を控えたポジション調整の売りもあり、2時過ぎにはこの日の安値1万7687ドル(同70ドル安)をつけています。引けにかけやや買い戻され下落幅を縮めたものの、主力3指数とも3日ぶりに反落して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上り1590、値下がり1570(NASDAQ市場は、1037-1788)。VIX指数は、3連休へのヘッジ的な動きもあり、4.3%上げ16.79に上昇。

 ダウ30種は、値上り11、値下がり19。経営トップ後退を好感したインテルが1.24%上昇。ドル安を好感し、エクソンが0.93%、キャタピラが0.51%上昇し、指数を下支え。一方、デュポンが2.34%、ユナイテッドヘルスが1.27%、ユナイテッドテクノロジーが1.14%、それぞれ下落。指数の足を引っ張りました。業種別は、石炭、鉱山、半導体・同製造装置、公益事業、ガス水道などが上昇。鉄鋼、紙パルプ、ヘルスケア機器・サービス、銀行などが下落。

 NYダウは、反落。この日も前回ボックスの下限が指数を圧迫しました。200日線を意識して下げ止まったものの、上値の重さが目立ちます。早急に、前回ボックス内に復帰しないと、下落しながら接近中の25日線の下げエネルギーを受け、さらに下値を模索する懸念もあります。NASDAQ総合指数は、上昇中の100日線を支えに堅調に推移。ただ、25日線や50日線の状況が悪いため、早期に同移動平均線を上抜ける必要がありそうです。

 米国株は反落。円は、米金利低下を受け対ドルは123円飛び台に上昇。対ユーロは136円40銭台に小幅下落。CME日経平均先物は、円高を嫌気し大証先物終値を55円下回る2万485円で帰ってきました。レンジは2万450円~2万600円。出来高は前日から約2万枚減り2万6198枚。本日の日本株は、ギリシャ国民投票を日曜日に控え、見送り気分の強い展開になりそうです。主力株の動きが鈍る一方で、騰落指数の上昇に見られるように循環物色の動きが回復しており、前日同様個別の材料株を物色する動きが続きそうです。ただ、ギリシャ国民投票の結果や市場の反応が読めないことから、ヘッジ的な動きも強まりそうで、指数は波乱する可能性も…。引き続き、新値更新後に一服している好業績株の押し目買い…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ