FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2015/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



中国株安、日銀トレードの解消売りを克服し、3日続伸したものの、ギリシャイベント、FRB議長議会証言を控え上値は重い
 本日の日本株は、中国の予想を上回る第2四半期GDPにもかかわらず、株価が下落したことや、日銀金融政策決定会合で景況感が引き下げられたことなど、マイナス材料があったものの、3日続伸して終わりました。2万500円台が接近すると逆張り投資家の益出しの売りが出て頭が重くなる展開に…。5月末から6月初めにかけ、逆張り個人投資家の売りと、海外投資家の買いが交錯し、2万500円台を挟んだ膠着相場が続きましたが、同じようなパターンに入っていくのでしょうか。もっとも、今晩は、ギリシャの付加価値税の引き上げ簡素化や国有資産を担保とした返済用基金設定などの法制化の議会採決が行われますし、米国では、イエレンFRB議長の議会証言もあります。米国の利上げがいつ行われるのかは、投資家の最大関心事ですので、模様眺め気分が強まるのも仕方がないところでしょうか。

 本日の日経平均は、78円00銭高(0.38%)の2万0463円33銭、TOPIXは7.70ポイント高(0.47%)の1646.41ポイントと、ともに4日続伸。出来高は、前日比4.1億株減の20億4469万株、売買代金は3229億円減の2兆3361億円と、ともに減少。ギリシャ、米国のイベントを控え、主力投資家が売買を手控えたことがわかります。騰落状況は、値上り1170、値下がり601。個人を中心にした短期狙いの資金が、業績変化や信用取り組み、旧村上ファンド関係者にによる買い増しなど個別の材料株に介入。エコナックや前沢工業、エクセルなど軽量級銘柄が値を飛ばしていました。レポート関係では、コンセンサスの引き上げがあったOSG、人材派遣で2週連続注目のWDBホールディングス、中小企業の経営効率化支援のミロク情報サービス、三栄建築設計などが年初来高値を更新。野村ホールディングスは寄り付きから年初来高値を更新してスタートしましたが、短期筋のセオリー通りのウリで反落して終了。この押し目はまだまだ買い対象。

 今日の終値での日経平均サイコロは9勝3敗(75%)、TOPIXも同じ。ともに警戒ゾーンの75%に到達。日経平均RSIは、3ポイント上げ45%に、TOPIXは3ポイント上げ45%に上昇。25日線かい離率は、日経平均が+0.7%、TOPIXが+0.61%と、いずれも25日線上を維持。ともに25日線は上向きに転じており、株価は上げやすくなっています。日経平均、TOPIXともMACDがシグナルラインに急接近。買いシグナル発信寸前にきています。騰落レシオは5ポイント上げ106%に上昇。かさ上げ的な動きが強まってきました。

 今の日経平均は、上げの第4ポイント2万1149円を目指す動きにありますが、レポートでも解説していますように、1989年の3万8915円からの下落過程で最も滞留時間の長かったのが、今のゾーン…。高値を抜いて勢いよく上がるためには、大きなエネルギーが必要。当面、エスカレーターのように、じりじり高値を更新するパターンになるものの、景況感の改善が著しくなる年末~年始にかけては、第5ポイント(2万2288円)付近を達成しているかもしれません。とりあえずは、指数のことを気にするより、個別株のかさ上げに賭けるのが正解…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



投資家の関心は、利上げ時期や企業業績に移行。弱い景気指標を受けた利上げ後退観測や、業績増額修正期待を背景に4日続伸して終了
 おはようございます。
 ギリシャ情勢は、15日の議会の法制化審議の結果待ち…。引き続き銀行の閉鎖が続いていることから、国民の過半は、ユーロ圏の要求受け入れ止む無しに傾いており、議会も反対しづらくなってきました。中国株に関しては不安定要因は残りますが、今後景気へのテコ入れなども予想され、しばらくは座敷牢入り…。市場の関心は、今晩行われるFRB議長の議会証言や利上げの時期、予想外にいいのではないか…との期待感が高まってきた企業業績に移ってきました。議会でのイエレン議長の証言次第では、大きく振れる可能性もあります。今晩は夏相場の山になるかも…。

 14日の米国市場動向
 ニューヨークダウ     1万8053ドル58セント     +75ドル90セント(0.42%)
 NASDAQ総合指数    5104.89ポイント        +33.28ポイント(0.66%)
 S&P500           2108.95ポイント        +9.35ポイント(0.45%
 CME日経平均先物    2万0505円           +75円
 10年物国債金利      2.3990%            -0.0310%
 ニューヨーク原油     53.04ドル            +0.84ドル
 GOLD            1153.50ドル           -1.90ドル
 ドルインデックス      96.65              -0.15 
 

 昨日の米国株は、朝方発表の小売売上高(6月)が、増加予想に反し減少したことを、嫌気。このところ大幅に上げていたことから売りが先行。反落スタートになりました。ただ、予想外の小売りの不振は、利上げ時期の後退につながるとの観測が台頭。また、この日発表の大手銀行の決算が予想を上回ったことも、悲観的な業績見通しを修正。終日右肩上がりの展開となり、結局、ニューヨークダウは4日続伸して終了。イラン核開発協議が最終合意に達し、原油価格への影響が懸念されたものの、本格的な輸出に移行するには時間がかかるとの観測から、価格が上昇したこともエネルギー株の上げにつながり指数を押し上げました。ニューヨーク市場の、騰落状況は、値上がり1994、値下がり1131(NASDAQ市場は、1762-1041)。VIX指数は、3.8%下げ13.37に低下。

 ダウ30種は、値上り21、値下がり9。業績への期待感からユナイテッドヘルスグループが2.08%上昇。予想を上回る好決算を受けJPモルガンが1.4%上昇、連想買いでGSも0.97%上昇していました。ドル安を受けコカコーラが1.25%、キャタピラが0.98%、それぞれ上げるなどし指数の上げに貢献。一方、予想を上回る好決算だったものの、弱気の通期見通しを出したJ&Jが0.49%下落。業種別は、タイヤ、医薬品、バイオテクノロジー、重工、携帯電話、ヘルスケア機器・サービスなどが上昇。金山、海運、メディア、公益事業などが下落。

 欧米株は続伸。円はさえない米小売売上高から長期金利が低下したことを受け、対ドルは123円30銭台、対ユーロは135円80銭台に強含み。CME日経平均先物は、大証終値を75円上回る2万0505円で帰ってきました。レンジは2万0320円~2万0525円。出来高は、前日比1万枚減の3万3067枚と、落ち着いてきました。本日の日本株は堅調に推移しそうです。米国市場がギリシャ、中国離れし、関心が金利や企業業績に移行しているjことから、日本も業績発表に関心が移行しそうです。このところ発表されるものには、予想を上回るものが多く、次第に第一四半期決算への期待感が高まりそうです。ただ、中國、欧州、新興国などの景気への懸念が強く、通期見通しを抑えるものが多く、当面を進捗率を重視したほうがよさそうです。引き続き、人材派遣、小売りのほか、非製造業の経営効率化投資で潤うソフトウエアサービスなど鉄板テーマものがよさそう。引き続き、野村ホールディングスの指標性に注目…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ