FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2015/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



中国株の乱高下に翻弄され3日続落したものの、ヤクルトの予想を上回る決算が内需株買いを誘い下落幅は縮小
 朝の書き込みで、中国株次第の展開…と書きましたが、今日の中国株は、政府の株式購入継続声明にも関わらず、売買再開銘柄などに売りが続き、再び、ミニパニック状態に…。寄り後まもなく、5%を超える下げになっていました。これに対し、中国人民銀行が市場に大量資金供給を行ったほか追加緩和を示唆。前回と同様、昨日の急落の犯人捜しをやる…といったことから、買戻しも入り、昼前には、一時1%近く上昇するという、荒っぽい展開に。市場の動きは、買い支えよりも追加緩和などによる景気対策を催促しているようなムードになっていました。引けにかけては売り買いが交錯。だんだん振幅が小さくなるという展開で、昨日から続いた波乱も小康状態を取り戻しそうな感じの終わり方になっています。

 今日の日本株ですが、前日の米株安や円高を受け、続落してスタート。CME日経平均先物終値(2万165円)にさや寄せする先物売りに、日経平均は前日比162円安の2万188円と安寄りしてスタート。寄り後は、中国株の始まり待ちで模様眺め気分が強まりましたが、中国株が続落して始まり、下落幅を拡大すると、先物に仕掛け的な売りが入り、裁定解消売りなどから下落幅を拡大。一時は2万0070円(前日比280円安)とこの日の安値を付ける場面もありました。ただ、ヤクルトが予想を上回る決算を発表すると、食品株全般に見直し買いが入り、全体は底堅い動きに…。休み中に中国株がプラス圏に切り返すと、先物に買戻しが入り、裁定買いから、急速に下げ幅を縮小。2時過ぎにはこの日の高値2万423円(同73円高)をつける場面も。引けにかけては前日引け値を挟んだ展開となったものの、結局、小幅に続落して終わりました。

 日経平均は、21円21銭安(0.10%)安の2万0328円89銭、TOPIXは8.44ポイント安(0.52%)の1629.46ポイント。出来高は、前日比約2億8千万株増の21億6688万株、売買代金は同3444億円増の2兆5774億円と、ともに増加。騰落状況は、値上り719、値下がり1033。業種別は、水産農林、電気ガス、食料品、その他金融、紙パルプなど内需、原油安メリット業種を上位に11業種が上昇。海運、銀行、機械、輸送用機器、保険、鉄鋼などを上位に、22業種が下落。米キャタピラ決算のあおりでコマツや日立建機が売られましたが、影響が、設備投資関連の機械やスマホ関連機器に波及し始めた印象も受けます。

 日経平均とTOPIXサイコロは、ともに7勝5敗(58%)で前日から低下。日経平均RSIは5ポイント下げ49%に、TOPIXは6ポイント下げ48%にそれぞれ低下。25日線かい離率は、日経平均が-0.4%、TOPIXが-0.21%と前日からわずかに拡大。指数は過熱ゾーンからの調整過程にあります。騰落レシオは前日から5ポイント下げ95%に低下。かさ上げ的な動きは収束に向っています。まあ、先物筋の方も腰が引けている感じで、一気呵成に売り崩すような動きはしないようです。ヤクルトの予想を大はばに上回る決算を受け食品株や建設など内需株が堅調になると、早々と先物を買戻していました。朝の書き込みでも、CME日経平均先物レンジ下限が2万0050円をつけていましたので、中国株の相場次第では、売り仕掛けも…としましたが、予想通り仕掛けが入ったものの、大証先物が2万0050円をつけると、買戻しが入っていました。海外先物筋も国内投資家の徹底した逆張り方針で、売れば担ぎ上げられるし、高値を買えば売り物をぶつけられるし…で、相場を支配する動きを失っている(大物投資家が夏休みのせいもあるが…)ような印象もあります。

 とりあえず、7月14日にかけて開けていた窓を閉め、レポートでもポイントになるとしていた13週移動平均線上も維持しましたので、相場的には、弱気する必要はありません。ただ、上値を買い上がる投資家が不在のため、当面は、膠着相場が続くことになるようです。その分、個別株の材料に反応しやすくなりますが、第1四半期の経常利益進捗率が40%超えの乃村工藝社は本日も高値更新、人手不足関連のアウトソーシング、WDBHD、エスエムエス、中小企業支援の日本M&A センター、ミロク情報サービス、気象情報サービスの充実のため海外企業との提携を進めるウエザーニュースなど、直近号でも取り上げた継続注目株は堅調。エレベーター相場に移行するまでは、引き続き押し目買い方針です。まあ、中國にピリピリした展開が続いていますが、朝も書きましたように、今の中国株はばくち場と化しており、冷静な動きができなくなっています。海外投資家が冷静な判断で売買できる、香港市場の動きを見て判断すればいいでしょう。相場が中国離れする時期は案外早くきそうです。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



週明けの米国株は、中国株急落や原油安を嫌気して5日続落して終了…全般は、FOMCを控え模様眺め気分の強い展開
 おはようございます。昨日の大腸カメラ検査で、緊張したせいか、朝から筋肉痛です。ただ、検査が終わった解放感から、気持ちは楽になりました。

 さて、昨日の中国株は記録的な下げになりました。直接的には、株式市場安定作戦の一翼を担っていた中国証券金融が、銀行に資金返済をしたことが、政府が株価対策を止めるのではないか…と誤解されたようです。これに対し、中国政府は、株価対策は今後も続けると、声明。市場に流れていた噂を否定しています。先週4100ポイント台に株価が回復してきたことで、売買を停止していた企業も、売買を再開するようになっていますが、株価対策と並び、景気対策が焦点となっている折から、もしかしたら、休日中に利下げなどの対策が打ち出されるのではないか、との思惑から、売りを待っていた投資家も多くあったようです。しかし、休日中にはなにも対策が出されず、週明けに失望売りが出されたことが、予想外の大きな下げ幅につながったようです。まあ、主要な投資家は、さっさと市場から撤退していますから、今残っているのは、どちらかといえば「烏合の衆」。相場に対する定見はありませんから、その日の状況に応じて右往左往し、上下どちらにも振れやすくなります。今日は、政府も本腰を入れて介入するでしょうから、今度は想定以上に上振れるかもしれません。まともな、投資家は、ファンダメンタルが伴うようになるまでは近づこうとはしないでしょう。そのうち、世界の市場も無視するようになるはずです。

 27日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        1万7440ドル59セント       -127ドル94セント(0.73%)
 NASDAQ総合指数      5039.78ポイント          -48.85ポイント(0.96%)
 S&P500            2067.64ポイント          -12.01ポイント(0.58%)
 CME日経平均先物      2万0165円             -185円
 10年物国債金利        2.2280%              -0.0430% 
 ニューヨーク原油        47.39ドル              -0.75ドル
 GOLD              1096.40ドル             +10.90ドル
 ドルインデックス        96.55                 -0.71 


 週明けの米国株は、中国株下落やギリシャがユーロ圏離脱の準備を進めていた、との報道を嫌気し、欧州株が下落した流れを受け、売りが先行。続落してスタート。米国内の石油掘削稼働リグ数の増加や中国原油需要減への思惑から原油価格が続落したことからエネルギー株が売られたほか、中国関連株も売られ、ニューヨークダウは、寄り後まもなく、この日の安値1万7399ドル(前週末比169ドル安)を付けています。先週末まで4日続落していたことから値ごろ感からの押し目買いが入り、下落幅を縮める場面があったものの、今晩からのFOMC(公開市場委員会)を控え、上値を買いあがる動きはなく、引けにかけては、安値j圏でこう着した動きに…。結局、主力3指数とも5日続落して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上り876、値下がり2305(NASDAQ市場は、832-2009)。VIX指数は13.5%上げ15.6ポイントに上昇したものの、比較的落ち着いた動き。

 ダウ30種は、値上り5、値下がり25。ウインドウズ10の無償配布接近によるパソコン販売増を期待しインテルが1.03%、金融部門の売却が進むGEが0.78%、それぞれ上昇。一方で、ボーイングが2.1%、アップルウォッチへの懸念からアップルが1.39%、それぞれ下落。原油続落を嫌気し、シェブロンが1.61%、エクソンが0.9%、各下落。突出して売られたものはないものの、10銘柄が1%超えの下落になり指数の足を引っ張りました。業種別は、貴金属、ガス・水道供給、不動産、公益事業などが上昇。非鉄、家電、エネルギー、素材、特殊金融などが下落。

 NYダウは5日続落。上段ボックスの下限を下回り、下段のボックス下限を目指す動きに移行しました。RSIは35%とかなりの水準まで低下してきましたが、過去の大きな調整時の底入れ水準は30%割れ。過去3年間下値を支えてきた52週線も下回ってきましたが、過去の動きを見ると52週線割れの滞留期間は短期にとどまっており、そろそろ、押し目買いが意識される水準に…。ニューヨーク市場の52週来安値更新銘柄は、前週末の432に続き、昨日は484と、2日続きの400超え。経験則からみても、そろそろ…。

 米国株は4日続落。円は、リスクオフの債券買いから米金利が低下したことを受け、対ドルは123円20銭台に上昇。対ユーロは、136円70銭台に下落。CME日経平均先物は、中国リスクを織り込む格好で売られ、大証先物終値を185円下回る2万165円で帰ってきました。レンジは2万0050円~2万0495円。出来高は、前週末比倍増の5万6633枚に急増。本日の日本株は、欧米株安や円高を嫌気。CME日経平均先物終値にさや寄せする先物売りから軟調な始まりになりそう。FOMCを控え、主力投資家の見送りが続く中、先物筋に振られやすい展開に…。中国株の動き次第では、CMEレンジ下限の2万0050円が売り目標とされ、大台攻防も意識されるか…。逆張り投資家の待機資金がどこで投入されるかがカギに…。まあ、日米とも景気の状況は堅調…。短期的な需給の波乱を乗り越えれば、相場は落ち着いてくるはず。ここは、年末の株価水準を意識して、目先の動きに惑わされないこと…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ