FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
08 | 2015/09 | 10
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



フォルクスワーゲンの排出ガス検査不正やアジア開銀の中国成長率見通し下方改訂を嫌気し、急反落して終了
 おはようございます。
 今年は九星気学では「三碧木星」の年。無垢の状態で生まれた(一白水星)人間が、努力をし(二黒土星)、その努力が現れるのが三碧木星といわれ、「三碧顕現の星」とも言われます。今まで隠れていたものが、表に出てくる星回りですが、年初からの中国経済の混乱、東芝の不正会計、今回のフォルクスワーゲンの廃棄ガス検査不正など、今まで水面下に隠れていたものが一気に表に出てきた感じです。ドイツを目指す紛争地域からの大量難民問題も、同じ根を持ち物かもしれません。大統領候補の最右翼といわれたクリントン元国務長官の、私用携帯による公用メール問題も…。華々しくスタートしたアベノミクスも、あちこちでほころびが見え始めました。いよいよ年末へ向けての仕上げを迎えようというときに、相次ぐ不透明材料の登場…相場の先行きが読みづらくなってきました。ただ、11月末にヘッジファンドの決算を控え、解約45日前ルールから例年9月末~10月中旬は需給面が悪化する時期。しかし、新年相場へ向けての絶好の仕込み場になるのもアノマリーになっています。ここからの混乱に歯を食いしばって立ち向かった投資家が成果を売るのかもしれません。ちなみに、次の「四緑木星」は、努力が認められ、上に引き上げてもらえる星…ということになるそうですが。

 22日の米国市場動向
 ニューヨークダウ      1万6330ドル47セント      -179ドル72セント(1.09%)
 NASDAQ総合指数    4756.72ポイント         -72.23ポイント(1.50%)
 S&P500          1942.74ポイント         -24.23ポイント(1.23%)
 CME日経平均先物    1万7585円            -415円(18日大証終値比)
 10年物国債金利      2.1250%              -0.0890%
 ニューヨーク原油      45.83ドル             -0.85ドル
 GOLD            1124.80ドル            -8.00ドル
 ドルインデックス      96.35                +0.41 


 昨日の米国株は、世界自動車販売トップクラス、フォルクスワーゲンの排気ガス検査不正の影響拡大や中国景気減速への懸念から欧州株が急落した流れを受け、売りが先行。他のメーカーへの波及を警戒した自動車株の売りに加え、アジア開発銀行が中国成長率の下方修正を行なったことも嫌気され、資源、エネルギー株も下落。前日の次期大統領候補のクリントン氏が唱える医薬品価格の抑制もバイオ株を圧迫。悪材料が重なり、朝方から売りが増加。ニューヨークダウは寄り後まもなく、この日の安値1万6221ドル(前日比289ドル安)をつけています。ただ、売り一巡後は、手掛かり材料難などから模様眺め気分が強まり安値圏で推移。引けにかけ、やや買い戻されたものの、結局、主力3指数とも大幅反落して終わっています。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり659、値下がり2516(NASDAQ市場は、670-2198)。VIX指数は11.4%上げ、22.44ポイントに上昇。先行き警戒感が高まりました。

 ダウ30種は、値上がり3、値下がり27。シティグループの投資判断上げを受けたデュポンが0.68%上昇。世界的な景気減速懸念を受け、ユナイテッドテクノロジーが3.66%、アップルが1.57%、インテルが1.4%下落するなど多国籍企業の下げが目立ちました。また、経営トップの病気が発表されたGSが約2%下落。指数寄与度の大きい同社の下落を含め、12銘柄が1%超えの下落となり指数を押し下げました。業種別は、S&P10セクターのすべてが下落。素材、テクノロジー、資本財、金融の下落が目立つ一方、ヘルスケア、通信が底堅い動き。

 NYダウは、反落。下落中の25日線に抑え込まれた格好。今回の反発過程で、1万6200ドル付近で約10日間もみ合っており、このゾーンが下値抵抗として意識されたようです。当面、8月24日安値に対する2番底が完成するかどうかを見極めるところ。NASDAQ総合指数は、主要指数のなかで強い動きを示していましたが、バイオ株の下落に加え、フォルクスワーゲンの不正に絡み自動車部品株が売られたことも影響し、25日線を下回ってきました。52週線が頭押さえとなり上値圧迫が強まっており、やはり、2番底確認が必要か…。

 米国株は反落。円は、リスク回避の動きが強まり、対ドルは120円10銭台に、対ユーロはフォルクスワーゲン問題から133円60銭台に、ともに上昇。CME日経平均先物は、欧米株安や円高を嫌気し、先週末の大証先物終値を415円下回る1万7585円で帰ってきました。レンジは1万7410円~1万8005円。出来高は、前日から1万1000枚増の3万8682枚に増加。フォルクスワーゲン不正の影響を受け米市場でトヨタ自動車が1.5%超え下落しており、明日から再開する日本株への影響が懸念されます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ