FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
11 | 2015/12 | 01
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



本日の日本株は、欧米株高や円安を好感した先物買いや主力株の買戻しに、3日ぶりに大幅反発して終了
 今日は家内の病院への付き添いなど何かと忙しく、こんな時間になってようやく書き込みの時間がとれました。簡単にまとめておきます。
 まあ、昨晩も予想した通りの展開でしたが、先物買戻しに提灯がついて裁定買いが増えた分だけ指数が上振れた…ということでしょうか。まだ、明確な底入れパターンが出ていないだけに、今晩のFOMC結果を受けて不透明感が払しょく→一気の上昇、となってほしいものですが、相場というものはみんなが願う方向とは反対の動きをするもの。FOMCは、年末最大のイベントですから、これに向けたポジションが積みあがっているはず。特に、ECBの追加緩和でのユーロ売り・ドル買いは、FOMCの利上げを想定したポジションとも重なりますので、思惑通り利上げがあった場合、一時的に、ユーロ買戻し・ドル売りというポジションの解消が増えないとも限りません。円の場合は、中國リスクなどから、円のコールオプションが買われるなど、安全資産としての側面から買われており、ちょっと動きが読みづらくなっていますが…。まあ、すべては今晩のFOMCが終わり、一時的なポジションの巻き戻しが終わったあとに出てくるトレンドに注目…というところでしょうか。(個人的には、来年の強気相場を想定しており、下げれば買い…だと思っていますが)

 今日の日本株は、原油高や景況感の改善を受け欧州株が急伸。これを受け、米国株が大幅続伸したことを受け、両市場に追随する格好で買いが先行。CME終値(1万8845円)にさや寄せする先物買い(買戻し)が入り、裁定買いが増加。日経平均は1万8868円(前日比303円高)と急反発してスタート。寄り付きの買い一巡後は、高値持ち合いの動きが続きましたが、中国市場が上昇して始まると、前引けにかけ、再び、まとまった先物買いが入り、指数は上伸。昼からも、このところ、海外投資家からの売りで下げていたTOPIX30型の主力株に買戻しが入ったほか、円安を好感して自動車など外需株に買いが入り指数を押し上げ、これに追随する格好で先物買いが入り、上げ幅を拡大。日経平均は、昼過ぎにこの日の高値1万9054円(同489円高)をつけています。引けにかけてはイベントの結果待ちから売り買いが交錯する展開に…。

 結局、日経平均は484円01銭高(2.61%)の1万9049円91銭、TOPIXは38.17ポイント高(2.54%)の1540.72ポイントと、ともに3日ぶりに反発して終わりました。欧州株が軒並み3%台の上昇になったことに比べると、やや見劣り感がします。出来高は、6108万株増の21億2914万株、売買代金は2487億円増の2兆5293億円と、上げ幅の割にはボリュームが伴っておらず、買戻しや裁定買いの影響が大きかったことがわかります。騰落状況は、値上がり1641、値下がり225。新興市場株の動きを見ると朝方急伸していたものが、昼から下落する動きが出ており、主力株の動きがいいことから、乗り換える動きもでていたようでう。VI指数は2.01ポイント下げ、24.57ポイントに低下したものの、投機筋が「まだ手を緩めていないぞ…」と言っているような数字。

 今日の終値での日経平均サイコロは、5勝7敗(41%)、TOPIXは6勝6敗(50%)にそれぞれ上昇。日経平均RSIは、26%→35%に、TOPIXは26%→36%にそれぞれ上昇。25日線かい離率は、日経平均は-5.6%→-2.8%、TOPIXは、-4.9%→-2.37%に、それぞれかい離が縮小。騰落レシオは82%→89%に上昇。テクニカル指標的には、底値感からのモメンタムの拡大過程にあるようですが、依然、国内投資家の見送りが続いており、先行きに関しては米国株の動向次第…。いまのところ、欧州株は小幅に続伸、GLOBEX市場の米国株はNYダウが70ドル近く上昇。日経平均先物も、大証終値を50円近く上回って推移しています。ただ、原油価格の先物が小幅に下落して推移している点が気になります。今日発表された、先週末の裁定買い残は4279億円減の3兆2026億円でした。依然、3兆円の大台を超えたままですので、先物筋のターゲットにされやすい状態。まあ、今晩のFOMCの結果と、それを受けた市場の反応を見てから判断しても遅くはないでしょう。とりあえず、結果待ち。
 個別は全面高ですが、日銀トレード絡みの銘柄群が動いており、週末の日銀金融政策決定会合に向けたイベントドリブン型へッジファンドの動きがあるかもしれないことは頭に入れておく必要がありそう。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



昨晩の米国株は、原油高を好感した欧州株の急騰に加え、イベントを前にしたポジション調整から、主力3指数とも、続伸して終了
 おはようございます。 朝、新聞を取りに外に出ると、うっすらと靄が立ち込めています。なんだか気温も高いように感じます。このところの変な天気で、なんだか体調もおかしくなっています。相場の方も、11年ぶりの利上げを前に不透明感が満ち満ちて、変な動きになっており、それに付け込んだ海外投機筋の動きも活発になっています。でも昨晩も書いたように、投機筋だって神ではありませんから、市場の反応が予想できないイベントを前にポジションの縮小をするのは自然の動き。昨晩の金融市場や商品市場の動きは、そんな彼らの心理状況を反映したものでしょう。

 15日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        1万7524ドル91セント     +156ドル41セント(0.90%)
 NASDAQ総合指数      4995.36ポイント        +43.13ポイント(0.87%)
 S&P500            2043.41ポイント        +21.47ポイント(1.06%)
 CME日経平均先物      1万8845円           +295円
 10年物国債金利        2.2680%             +0.0430%
 ニューヨーク原油        37.35ドル            +1.05ドル
 GOLD              1061.60ドル           -1.80ドル
 ドルインデックス        98.15               +0.57


 昨日の米国株は、原油価格の反発を好感して欧州主要市場が3%を超える大幅高になったことを受け、買いが先行。続伸スタートになりました。利上げが予想されるFOMC結果がわかる今晩の会合を控え模様眺め気分が強いものの、原油価格の上げを受けたエネルギー株や利上げによる経営環境の好転を期待した金融株などに買いが集まり上げ幅を拡大。昼過ぎにニューヨークダウはこの日の高値1万7627ドル(前日比259ドル高)をつける場面もありました。ただ、テクニカルな節値まで上げると、イベントを前にしたポジション調整の売りも増加。引けにかけては、上げ幅を縮める展開になりました。この日発表されたニューヨーク連銀製造業景況指数が予想を大はばに上回ったほか、11月のコアCPI(消費者物価指数)が、前年同月比2%上昇になったことから、今晩のFOMCで利上げが実施される確率が高まったことから、利上げ見送りなど予想外の結果に備えたポジションが買い戻されたことも上げに寄与したようです。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり2476、値下がり704(NASDAQ市場は、2026-874)。VIX指数は、1.78ポイント下げ20.95ポイントに低下。

 ダウ30種は、値上がり25、値下がり5。原油価格の上げを受け、エクソンが4.47%、シェブロンが3.8%それぞれ上昇し、指数をけん引。利上げによる預貸利鞘の拡大を期待し、GSが3.2%、JPモルガンが2.85%、VISAが2.3%上昇。8銘柄が2%超えの上げとなり指数の上げに寄与。一方、業績見通しの下方修正を発表した3Mが6%下落したほか、前日、株価目標が下方修正されたアップルが1.77%安と続落。指数の足を引っ張りました。業種別は、石油周辺サービス、エネルギー、銀行、タイヤなどが上昇。テクノロジー・ハード・機器、鉄鋼、ドラッグストア、などが下落。

 NYダウは反発。上昇中の75日線で下げ止まり反発したものの、昨日は下落中の25日線に届いたところから、戻り売りに押され、急速に伸び悩んでいます。NASDAQ総合指数、S&P500は50日線に届いたところから伸び悩んでいます。NASDAQ総合指数を除き、高値、安値が切り下がる下落バンドを形成しており、短期的にはこのバンド抜けが課題になります。米国株は原油価格次第の展開になっていますが、利上げ実施後予想されるドル高により、ドル建て原油価格に下落圧力がかかることから、先行きを慎重に見る投資家も多く、次回利上げまでのスパンに関するFOMCの見解が焦点になりそう。

 米国株は、続伸。円は、イベント前のポジション調整や米金利上昇を受け対ドルは121円70銭台に下落。対ユーロは133円付近で横ばい。CME日経平均先物は、大証先物終値を295円上回る1万8845円で帰ってきました。レンジは、1万8495円~1万8935円。出来高は2万1000枚減の5万8264枚。本日の日本株は、CME日経平均先物終値にさや寄せして始まった後は、FOMCの結果待ちで、こう着した展開になりそうです。引き続き先物筋次第の展開ですが、昨日の下落でも裁定解消売りに対し、国内投資家が買い向かわないことから下落幅が拡大した側面があり、国内投資家の動向が焦点になります。指数がらみの銘柄や外需株への押し目買いが予想されますが、基本は模様眺めか…。今晩のFOMCの結果が、年末年始高へのきっかけになることを期待したいものです。結果を予見した先物筋の動きが注目されます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ