FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
11 | 2015/12 | 01
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



大納会の日本株は、米株高や円安を好感した買いに3日続伸して終了したものの、個人資金は来年を意識した新興市場株や小型のテーマ株に移行
 今日は2015年を締めくくる「大納会」でした。海外先物筋の弱気ポジションが残っていることから、昨年同様、弱含みの展開を予想しましたが、堅調な米国株や円相場の安定に支えられ、12月最終週の日経平均は5週ぶりの陽線で終了。2012年から4年連続陽線となりました。順調に上げた年前半に比べ、米利上げ懸念が支配した後半は波乱含みになりましたが、「終わりよければすべて良し」で、新年相場に期待をつないで今年を終わることにしましょう。もっとも、海外市場は今晩を含め3日の立会を残していますから、この間、為替などが波乱すれば、大きな売りポジションを抱えたままの海外投機筋がいるだけに売り仕掛けが入り、3年続きで大発会が荒れる可能性もありますが…。

 大納会の相場は、米株の上昇や円安を受け買いが先行。CME日経平均先物にさや寄せする先物買いや裁定買いにリードされ、日経平均は前日比88円高の1万9070円と3日続伸のスタートになりました。期末を意識した海外投資家のドレッシングと見られる買いが、外需株や内需系主力株などに幅広く入り、寄り後まもなくこの日の高値1万9113円(前日比131円高)を付ける場面もありました。ただ、中國株が下落して始まると警戒的な売りも増加。急速に上げ幅を縮小。後場寄り後間もなくこの日の安値1万9017円(同35円高)をつけていました。昼からは、主力株への売買が手控えられる一方、短期資金は新興市場や、小型のテーマ株に移行。フィンテックやドローン、無人自動運転車、人手不足関連など来年のテーマの関連株が値を飛ばしていました。
指数は
 結局、大納会の日経平均は前日比51円48銭高(0.27%)の1万9033円71銭、TOPIXは3.91ポイント高(0.25%)の1547.30ポイントと、ともに3日続伸して終了。出来高は前日比8872万株減の14億9000万株、売買代金は1184億円減の1兆6505億円と、閑散商状でした。騰落状況は、値上がり1207、値下がり597。VI指数は、正月休みのヘッジ的な動きもあり、0.29ポイント上げ19.47ポイントに小幅上昇。

 今日の終値での日経平均サイコロは、5勝7敗(41%)、TOPIXは6勝6敗(50%)と、ともに変わらず。日経平均RSIは41%→45%に、TOPIXは44%→48%に、それぞれ拡大。25日線かい離率は、日経平均が-1.9%→-1.4%、TOPIXは-1.09%→-0.69%に、それぞれ縮小。騰落レシオは、80%→79%に弱含み横ばい。指数は底離れの動きにあるものの、年明けは下落中の25日線とのかい離修正後の動きが焦点になりそう。また、今日の高値付近には13週移動平均線が、さらに、1万9226円に下落中の26週線、1万9224円には52週移動平均線という、中期の抵抗線が固まっており、ここを突破するには大きなエネルギーが必要。レポートでも、26週線の上向き転換が出直りの条件になると書いてきましたが、日柄についても推定しておきました。

 年明けも相場環境が多くいく変化しない限りは、主力は動きづらく、しばらくはテーマ株を中心に省エネ型の相場が展開されるのでは…。ただ、夢を追うより現実の経済や企業での問題を解決できるテーマを優先した方がよさそう。先ごろ、象印の社長が中国の爆買いは昨年秋から春がピークだったといいますが、その後元安が進行。円は対元では円高になっていますから、インバウンド関連も中身の検証をした方が良くなりそう。今後、先進国の間ではスマート社会建設の競争が始まってきますから、この辺りを物色の中心に据えるべきか…。とにかく、新年相場のスタートは、この3日間の海外市況次第…。年内最終号の自動運転関連株は本日も上伸。中小企業支援関連も2銘柄が新高値を更新しました。
 
 まだブログは、海外市場がありますので続きますが、とりあえず、1年間ありがとうございました。新年も相場に媚びることなく、本音の相場観を書くつもりです。よいお年をお迎えください。
※新年からのレポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



昨日の米国株は、アジア、欧州株高に加え、原油高、予想を上回る景気指標を受け、主力3指数とも反発して終了
 おはようございます。 昨日は小用で奈良市内まで出かけました。いつものJRと違い近鉄を使いました。相変らず、海外旅行客が多かったのですが、JRの利用者が大きな荷物を持っているのに対し、近鉄は、手荷物だけという身軽な人が多かったようです。新幹線や関空から入ってきた人が、直接、奈良を訪れるのに対し、近鉄利用者は、大阪などに宿泊し、ここを拠点として周辺の観光地を訪れているようです。昔から課題になっている奈良市内の宿泊客の増加という問題ですが、うまくいっているのでしょうか。どうでもいいことですが、昔、経済記者として走り回っていたことから、つい変なところに関心が向かってしまいます。それにしても、海外観光客の皆さんも、携帯電話とにらめっこしている人のなんと多いことか…。電車が平城京跡の中を走り、朱雀門や大極殿が見えているのに、残念なことです。近鉄さんも、車内放送で案内でもしてあげたら、いいのに…と思いますが、どうも、昔からこういうのには熱心でないところがありますね。

 昨日の日本株は、前場中は、米株安やCME日経平均先物のレンジをなぞり軟調な展開になりましたが、中国株が追加緩和期待から急伸したことや、GLOBEX夜間取引市場で米国株先物が上昇して推移したことなどを支えに、先物リードで後場から上昇。続伸して終わっていました。実質正月休みに入っており、薄商いが続き値が飛びやすくなっています。短期のテクニカル指標は、短期的な上げモメンタムの拡大を暗示しており、強調相場が続きそう。この日は、再編をにらんだ動きが地銀に入るなどテーマ株の循環物色が続いています。限られた資金で行われているため、一方が買われると、前日買われたものが売られるという展開。もう押し詰まっていますし、無理せずポジションを維持して年を越してもよさそうに思うのですが…。

 29日の米国市場動向
 ニューヨークダウ       1万7720ドル98セント       +192ドル71セント(1.10%)
 NASDAQ総合指数     5107.94ポイント          +66.95ポイント(1.33%)
 S&P500           2078.36ポイント          +21.86ポイント(1.08%)
 CME日経平均先物     1万9105円             +125円
 10年物国債金利       2.3070%               +0.08% 
 ニューヨーク原油       37.87ドル              +1.06ドル
 GOLD             1068.00ドル             -0.30ドル
 ドルインデックス       98.19                 +0.24 
 

 昨日の米国株は、中国をはじめとするアジア、欧州の株価が上昇したことを受け、買いが先行し反発スタートになりました。原油在庫の減少期待に加え、欧米で寒波の懸念が強まったことも原油価格の押し上げに寄与。エネルギー株が買われ、上げ幅を拡大。また、年内立会日数が少なくなってきたことから、期末の評価上げを狙ったドレッシングとみられる買いも幅広く入り、終日上げる展開に…。この日発表された住宅関連指標や消費者関連指標が、いずれも予想を上回ったことも好感され、引け近くには、ニューヨークダウはこの日の高値1万7750ドル(前日比222ドル高)をつける場面もありました。引けにかけやや上げ幅を縮小したものの、結局、主力3指数とも反発して終了。ニューヨーク市場の出来高は6億株を割り込み低水準のまま。ニューヨーク市場の騰落状況は値上がり2315、値下がり828(NASDAQ市場は、2004-882)。VIX指数は0.83ポイント下げ16.08ポイントに低下。

 ダウ30種は、値上がり29、値下がり1(ウォルトディズニー -0.16%)。ボーイングが1.94%、アップルが1.8%、それぞれ上昇したのが上位でしたが、突出して上昇したものはありませんでした。採用銘柄中18銘柄が1%超えの上げとなり、指数の上げを意識した買いが幅広く入ったことをうかがわせます。業種別は、バイオテクノロジー、小売り、テクノロジーハード・機器、保険仲介、貴金属などが上昇。不動産リート、鉄鋼、水道、パイプライン運営などが下落。

 NYダウは反発。当面の頭押さえになっていた下落中の25日移動平均線を上回ってきました。まだ、対応点の状況から見て下落が続くものの、上昇中の50日線上を回復しており、この上向きのエネルギーを受ける可能性も出てきました。一昨日の、S&P500に続き、この日はNYダウ、NASDAQ総合指数とも、MACDが買いシグナルを発信。先高期待を強めています。特に、NASDAQ総合指数のMACDは昨日ゼロを上回りプラス圏に浮上。上昇トレンド入りを鮮明にしています。グーグル、フェイスブックなど、新興IT企業が高値更新へ向けて好位置に付けており、新年相場のリード役を果たしそう。

 米国株は反発。円は、強い景気指標を受けた長期金利の上昇から対ドルは120円50銭台と弱含み、対ユーロは131円60銭台に上昇。CME日経平均先物は、米株高を受け大証先物終値を125円上回る1万9105円で帰ってきました。レンジは1万8775円~1万9150円。出来高は1600枚増の2万1328枚。本日の大納会は、ご祝儀気分もあり、堅調に推移しそう。依然、中国株やGLOBEX市場の動向に敏感な流れは変わりませんが、海外投資家の期末評価上げを意識したドレッシング的な商いもあり、4年連続年足陽線で終わる可能性が強そうです。年初にかけ弱含む懸念がありましたが、中国株の堅調や円相場の安定で海外投機筋の仕掛けが出来なかったようで、とりあえず、一安心でした。今日は指数優位の展開か…。   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ