大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
01 | 2016/02 | 03
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -



週明けの日本株は、G20合意への期待感や円安に支えられ、上伸したものの、中国株安や投機筋の売り仕掛けから、3日ぶりに反落。安値引けして終了。
 今日の日本市場は、週末のG20財務相・中央銀行総裁会合の合意内容を市場が評価する最初の市場になりましたが、結果は、株安で終わりました。市場安定へ向け、「あらゆる手段をとる…」と、どこかで聞いたような内容でしたが、財政の出動など、自民党の土建屋議員が聞いたら小躍りして喜びそうな合意も盛り込まれていました。今日の市場を見ると、日本や中国、韓国の極東はさえなかったものの、豪州や東南アジアは堅調で、素直に好評価したみたいです。日本も、午前中は円お下落を受けて、堅調に推移していたものの、恒例行事になった10時過ぎの人民元基準値決めで、大幅な元安方向に設定され、続いて始まった株式市場が、財政出動による、危機の再来を懸念して急落すると、再び、リスクオフの動きが強まり、後場からは急速に下げに転じていました。まあ、先週末に、為替に関し、「緊密に協議する…」と決めたばかりですが、協議した結果人民元は切り下げることになったのでしょうか。不透明な場当たり主義的な政策が、市場の混乱を招いているということで、「市場との対話」などが要請されたはずですが、なんと言われても「わが道を行く…」という政治姿勢には変化が無かった、ということでしょうね。この点は、事前予想通り…。

 まあ、重要なイベントを控えているにも関わらずシカゴIMM通貨先物市場の円買い残高は2012年以来の水準に積み上がり、裏で、株の先物を売る投機筋の存在を感じますが、レポートでも特定の外資系証券の動きを注視していることを書きましたが、今日は、先週までの動きとは反対の動きをしてきました。G20の総花的な合意や、米景気の強さを受けた円安を好感して買い先行でスタート。日産自動車の大型自社株買いなどが刺激材料となって、寄り後まもなく、日経平均はこの日の高値1万6464円(前週末比276円高)をつける場面もありました。ただ、今週の課題は25日線(1万6499円)を上回ること…としましたが、同移動平均線に接近すると急速に伸び悩み始めましたが、そこに、人民元基準値の大幅引き下げ、中國株安が伝わると急速に手控え気分が強まり、次第に上げ幅を縮小。昼休み中に中国株が下落幅を拡大すると、後場から軟調に推移。欧州市場が開く2時過ぎになると、まとまった先物売りが出されるとともに、円が上昇(売り仕掛け?)。引けにかけ裁定解消売りや前場に買った玉の処分売りなどが重なり、下落幅を拡大。日経平均は安値引けしています。高値からの振れ幅は440円近くもあり、相変わらずボラティりティの高い状態が続いています。VI指数は、0.75ポイント上げ34.84ポイントに上昇。

 日経平均は161円65銭安(1.00%)の1万6026円76銭、TOPIXは13.42ポイント安(1.02%)の1297.85ポイントと、ともに3日ぶりに反落。今年初の3連騰はなりませんでした。出来高は、前週末比3.3億株増の24億9281万株、売買代金は4830億円増の2兆5944億円とともに増加。騰落状況は、値上がり545、値下がり1294。今日の引け値での、日経平均、TOPIXサイコロは、ともに6勝6敗(50%)で変わらず。RSIは、日経平均が43%→39%、TOPIXが、43%→40%と、弱含み横ばい。25日線かい離率は、日経平均が-2.2%→-2.9%、TOPIXは-2.28%→-3.06%。騰落レシオは100%→89%に低下。物色範囲の拡大傾向が続く中、指数が方向感のない動きを続けているといった格好。

 直近レポートでは、昨年8月の人民元切り下げショック以来、日本株の先物売りを積み上げている(CTA=商品投資顧問=の機関店とみられる)欧州系証券の動きに注目してきましたが、1月末の週に売りのピークを付けた後、前週末まで売りが減少していることを書きました。先週も株価が下振れると買い戻すような動きがありましたので、もし、ここが市場に溜まりこんだ売り玉(日経平均先物だけで1兆8000億円超え)を踏ませるような動きに出てくると面白い…と書きましたが、今日は、これまでに買い戻した分の半分近い売りを出していました。この売りが市場を崩した格好ですが、今週、米ISM製造業景況指数、雇用統計と重要な景気指標が発表される中、なぜこんな動きに出てきたのかがわかりません。新たな、売り仕掛けで無ければいいのですが…。来週末にメジャーSQを控えており、いろいろ、ポジション調整に絡んだ仕掛けが入りやすくなってきますので、ややこしくなってきます。今日みたいに「期待感」が高まっているときに、頭から水をかけて「不安状態」に突き落とすのは投機筋のもっとも得意とするパターン。彼らだって、売り玉を持ちすぎて、踏み上げのリスクにさらされているわけですから、いずれ、買戻しの場面を作らなければなりません。まあ、12日の急落時のように、彼らの思惑にはまって買戻しの手伝いをさせられるようなことだけはしたくないものですね。まずは、欧米の評価を確認するところ…。
 
 話は変わりますが、参院選を意識しているのか、またぞろマスコミが「世論調査」という、正体不明のツールを持ち出してアベノミクス批判をやり始めましたが、非正規社員の時給が正社員を上回るペースで上昇。雇用も急速に改善。周りを見渡せば、企業の農業参入、薬の認可の短縮化など多くの成果がでています。でも、マスゴミは、書きませんね。負の局面だけを取り上げて政権を攻めています。でも、もともと、アベノミクスの根幹は、円高の是正や財政出動により、企業の経営環境を改善。その後は、民間企業の活力に任せる…というものだったはず。でも、企業はため込むだけためこんだ「金」を前向きに使おうとせず、後ろ向きの経営を続け、バトンタッチができないところに不要出来ない原因があります。

 責められるべきは、殻に閉じこもって出てこようとしない企業側にあると思うのですが、なぜか、マスコミは企業を攻めませんね。広告を減らされてはかなわないというところでしょうか。中国の習近平政権は、最大の利権集団であり、抵抗勢力である国有企業の改革に頭を悩めていますが、安倍首相も、財政の実権を取り戻したい財務省や各種利権集団に足を引っ張られ続けていますし、頼りにしていた民間企業は穴の中からでてこない…と、利権にしがみついている抵抗勢力の処理に困っているようです。まあ、「世論調査結果が…」、「これだけ支持率が落ちた…」と、調査結果を振り回し政権を引きづりおろし、昔のように半年替わり内閣の時代に後戻りさせることだけはしないでくださいね。マスゴミさん。
 炊事をしなければなりませんので、これくらいで…。書き殴りになっていますの悪しからず…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト
週末の米国株は、GDPの上方修正を好感し、戻り高値を更新したものの、利上げ懸念や原油反落から、高安まちまちで終了
 おはようございます。 家内が里帰りしてから、急に忙しくなってきました。ブログ書き込みの準備をしていたら、自治会長さんがきて、広報誌配布の当番になっているとか…。30件近くに配って回ったら、違う自治会の家においてきたのか、部数が足りなくなり自分の分を回して穴埋めするなど、パニック状態。日ごろの近所との関係が疎遠になっていることから、どこが誰の家かわからないことが原因。そのあとは、買い物やら食事作りやらで、な~んにも出来ず。しばらくはご容赦!

 今週の日本株は、堅調な米国株や為替の安定に支えられ、週間で続伸して終わりました。3月のメジャーSQや、日米欧の中銀会合を控え、投機筋がロング&ショートや増えすぎた先物売りなどのポジション調整をしていることから、主力株の物色対象が目まぐるしく変わっているほか、先物筋の間でも日本株の先行きに関し見方が対立。弱気のウリと買戻しが交錯し、指数はこう着感を強めています。G20では、米国の利上げ抑制を求めていますが、昨日発表されたPCEコア物価指数やミシガン大消費者信頼感指数(確定値)のインフレ期待値が上昇していることから見て、3月利上げは無いとしても、市場の落ち着き具合では5月利上げ論も台頭してくる可能性があります。米景気が勢いを取り戻し、長期金利が反転してくれば、弱含みの円など相場環境も好転してくる可能性も…。当面は、世界規模のポジション調整から相場はこう着感を強めそうですが、今週末の騰落レシオの100%乗せなど、出遅れ株やテーマ株を物色する流れは広がりを見せており、週明けは、さらに超低位株を含めたかさ上げ相場に移行していく可能性もでてきました。日銀のマイナス金利採用で、想定通り自社株買いが勢いをましてきました。資本コストからみて、今後は自社株の消却も増えそうなことから、将来的な需給関係は大幅に好転してきそうです。少し、長い目でみた投資を考える時期に来ているような気がしますが…。

 26日の米国市場動向
 ニューヨークダウ       1万6639ドル97セント     -57ドル32セント(0.34%)
 NASDAQ総合指数     4590.478ポイント       +8.26ポイント(0.18%)
 S&P500           1948.05ポイント        -3.65ポイント(0.19%)
 CME日経平均先物     1万6315円           +55円
 10年物国債金利       1.7620%             +0.0650%
 ニューヨーク原油       32.78ドル            -0.29ドル
 GOLD             1220.40ドル           -18.40ドル
 ドルインデックス        98.09              +0.65  


 昨日の米国株は、朝方発表された10~12月期GDP改定値が上方修正されたことを好感し、買いが先行。G20財務相・中銀総裁会合での市場の混乱収拾を期待し欧州株が上昇したことも支えとなり、ニューヨークダウは寄り後まもなく、この日の高値1万6795ドル(前日比98ドル高)をつける場面もありました。ただ、この日発表されたPCEコア物価指数が予想を上回ったことやミシガン大消費者信頼感指数(確報値)でインフレ期待値が高まったことから、利上げ懸念が台頭。上昇していた原油価格が、週末のポジション調整から下げに転じたことも嫌気され、引けにかけ上げ幅を縮小。引け近くにはこの日の安値1万6623ドル(同74ドル安)をつけています。結局、ニューヨークダウとS&P500は3日ぶりに反落したものの、NASDAQ総合指数は3日続伸と高安まちまちで終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1940、値下がり1194(NASDAQ市場は、1802-996)。VIX指数は、0.7ポイント上げ19.81ポイントに上昇。

 ダウ30種は、値上がり10、値下がり20。インフレ懸念の上昇を受け、GSが1.35%、JPモルガンが0.93%と金融株が堅調。また、デュポンが1.8%、キャタピラが0.6%、それぞれ上昇するなど景気敏感株もしっかり。一方、金利上昇を受け、コカコーラが2.31%、ウォルマートが2.25%、P&Gが1.51%、それそれ下落するなど消費関連が不調。採用銘柄中7銘柄が1%超え下落し、指数の足を引っ張りました。

 NYダウは3日ぶりの反落。下落中の75日線や13週移動平均線に接近したことや週末のポジション調整から益出しの売りが選考したようです。すでに25日線が上昇に転じており下値不安は減っていますが、短期的には、50日線を下値として意識する動きも出てきそう。上げの道中、1万6500ドル付近でもみ合っており、このゾーンも下値として意識されるか…。NASDAQ総合指数は、下落中の50日線を意識していますが、依然、2月21日高値を抜いていないことが懸念材料に…。週明けは、景気の持ち直しと利上げ懸念の再燃の綱引き相場になるか…。

 米国株は高安まちまち。円は、米物価上昇や長期金利の上げを受け対ドルは113円90銭台に下落。対ユーロは124円60銭台に小幅に下落。CME日経平均先物は、大証先物終値を55円上回る1万6315円と、しっかりで帰ってきました。レンジは、1万6815円~1万6530円。出来高は前日比600枚増の7万2052枚。週明けの日本株は、CME高を受け堅調な始まりが予想されます。現在、開催中のG20財務相・中銀総裁会合は、中国の財政出動や、米国の利上げ抑制の表明などがありそうですが、評価は週明けの市場を待つ必要があります。米国株を中心に先進国の株価は底堅さを増しつつあり、週明けもじり高基調をたどることになるのでしょうか。物色対象、全体の動きなど詳しくは、明日発信のレポートで考察してみます。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

昨日の米国株は、米製造業の底打ち期待やロシアエネルギー相のOPEC、非OPEC会合計画発言を受けた原油高を好感。買戻しなどから主力3指数とも続伸して終了
 おはようございます。朝から長男の出勤前の朝飯づくり、ゴミだしなど時間を取られ、市場のチャックに時間がかかりました。まあ、重要イベントを前に、投機筋の動きが鈍り、想定通り市場が落ち着いてきましたので、少なくとも、今日明日は落ち着いた気分で動きを観察できそうです。ただ、依然、日米欧の主要国で債券価格が上昇。投資家が市場の先行きを懸念する動きが続いています。特に、日本国債は財務省の日本財政破たんキャンペーンにもかかわらず、元本償還の確実性では海外投資家の信用が高く、買いが増加。この取得のための円買いが相場を押し上げています。これまでは、元本償還の確実性が日本国債の魅力でしたが、マイナス金利の採用以降、新たに値上り期待が生まれ、投機筋などが国債の買いを増やしたことが、円高を加速する要因になりました。マイマス金利で資金運用難に陥った邦銀は外債投資を増やし始めていますが、最近の為替の安定は、このバランスが取れている状態なのかもしれません。マイナス金利の拡大は、短期的に投機筋の国債値上がり期待を強め、円高を加速する懸念がありますので、日銀としても、次の引き下げには慎重にならざるを得ないというところでしょうか。次は、何を買うかわかりませんが、量的緩和の拡大が焦点になるか…。
 

 25日の米国市場動向
 ニューヨークダウ       1万6697ドル29セント      +212ドル30セント(1.29%)
 NASDAQ総合指数     4582.21ポイント         +39.60ポイント(0.87%)
 S&P500           1951.70ポイント         +21.90ポイント(1.13%)
 CME日経平均先物     1万6230円            +100円
 10年物国債金利       1.6970%             -0.0450%
 ニューヨーク原油       33.07ドル             +0.92ドル
 GOLD             1238.80ドル            -0.30ドル
 ドルインデックス        97.40               -0.04 


 昨日の米国株は、大手銀行の増配や好調な保険会社の決算などを受け金融株が買われたことから欧州株が上昇した流れを受け、買いが先行。続伸してスタートしました。この日発表された耐久財受注が、前月水準、予想を大幅に上回ったことから製造業に底入れの兆しが出てきたことを好感。一時、新規失業保険申請件数の増加や、原油価格の下落を嫌気しマイナス圏に沈む場面もありました。ただ、1万6500ドル付近で底堅い動きをしめしたことから、次第に押し目買いが増加。午後に入り、ロシアエネルギー相が「3月中旬にも、OPECと非OPECの石油相会合の計画がある…」」と発言したことが伝わると原油価格が上昇に転換。エネルギー株など幅広く買われ、引けにかけ上げ幅を拡大。買戻しの動きも入り主力3指数とも、続伸。ほぼ高値引けして終わっています。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり2314、値下がり812(NASDAQ市場は、1702-1102)。VIX指数は1.61ポイント下げ、19.11ポイントと、再び大台を割り込んできました。

 ダウ30種は採用銘柄のすべてが上昇。大型M&Aの思惑があるユナイテッド・テクノロジーが4.76%と続伸。欧州金融株の見直しから、GSが1.85%、JPモルガンが1.55%それぞれ上昇。好調な売り上げからナイキが3.28%上昇したのが目立ちました。19銘柄が1%超えの上げとなり指数を押し上げました。業種別は、不動産サービス、住宅建設、自動車部品、ソフトウエア、航空機製造などが上昇。非鉄、自動車、鉄道、旅行代理業などが下落。

 NYダウは続伸。下落中の25日線を意識して伸び悩んでいましたが、原油の上昇転換を機に買われ、50日線を突破。22日に付けた戻り高値(1万6664ドル)を抜けると、弱気筋の買戻しも入り一気に値を伸ばしています。次は75日線抜けが課題になりますが、このゾーンは以前からレポートで指摘した、当面の戻りめどと一致するゾーンと重なり、かなりの抵抗が予想されます。何らかの後押し材料が欲しいところですが、このところ、52週来高値更新銘柄が着実に増加しており、投資家心理が強気に変わり始めている点が期待されます。この日は、S&P500が2月1日の戻り高値を更新。トレンド転換の可能性を強めてきました。

 米国株は続伸。円は、米株高や原油の反転を受け対ドルで、一時、113円台に下落したものの、米長期金利が1.7%割れしたこともあり、対ドルで112円90銭台に下落したものの、113円台の回復はお預けに…。対ユーロは、市場の落ち着きから124円50銭台に下落。CME日経平均先物は、大証先物終値を100円上回る1万6230円で帰ってきました。レンジは1万5895円~1万6250円。本日の日本株は、底堅い動きで推移しそう。予想通り1万6000円を挟んだ膠着した動きに入っていますが、G20など重要イベントを控え投機筋の動きが後退したことから市場の変動率が低下していることが支えになっています。引き続き、外部要因次第の展開ですが、短期的には売られ過ぎで企業価値を下回っている主力株や、貸し株を使って売りたたかれた小型成長株の押し目買い…。週足MACDが買いシグナルを出してきたヤマハ…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

本日の日本株は、米株高や原油高を好感して買いが先行。一時、中国株の急落を嫌気し売られたものの、先物への買戻しや内需株買いを支えに反発して終了
 今日から家内が九州に里帰りしたことから、家事担当になりました。一週間のことですが、メニューや支払い、買い物のことなど、いろいろ考えるだけで憂鬱になってきます。まあ、一週間のことですから、気合を入れて頑張りましょう。

 さて、想定通り指数は1万6000円を挟んでこう着状態を強めてきました。明日から、G20財務相・中銀総裁会合がはじまりますが、今回の焦点は、中国の景気…。また、場当たり的に、ころころ変わる政策にタガをはめることですが、すでに米国と肩を並べる大国になったとの意識を持っているほか、被害妄想で軍事面の強化に突っ走るような化け物みたいな国になっており、果たして、「聞く耳」を持っているかどうか…。結局、加盟国とも金融政策に頼らないで「財政政策で内需を刺激して危機を乗り切ろう」的なスローガンで終わることになるんでしょうか。まあ、期待薄ですが、何かポジティブサプライズ的な合意が得られることを願っておきましょう。

 本日の日本株は、米株高を受け、買いが先行。日経平均は、CME先物終値(1万5940円)を上回る1万5983円(前日比68円高)で始まってきました。G20を控え見送り気分の強いなか、人民元基準値の発表待ちから主力株はさえない動きが続き、一方で、株式分割やビットコイン関連など個別の材料株がにぎわいました。注目の基準値が元安に設定されたことや中國本土株が下落して始まったことを嫌気し上げ幅を縮める場面がありましたが、大手証券が大林組の業績予想や株価目標を引き上げたことを契機に、建設や不動産、不動産リートなど内需株が買われだし、前引けにかけ上げ幅を回復。昼休み中に中国株が下落幅を拡大するすると、後場寄りから先物売りが入り上げ幅を縮小。1万6000円大台を割り込む場面もありました。しかし、売り一巡後、この日も安値圏で先物の買戻しとみられる買いが入るとともに、円が売られ(株先売り・円買いポジションの解消?)下落したことを好感。裁定買いに加え、内需主力株にも幅広く買い物が入りがし、日経平均は上げ幅を拡大。2時前にはこの日の高値1万6218円(同303円高)をつける場面もありました。引けにかけやや上げ幅を縮めたものの、結局、日経平均、TOPIXとも3日ぶりに反発して終了。

 日経平均は、224円55銭高(1.41%)の1万6140円34銭、TOPIXは23.01ポイント高(1.79%)の1307.54ポイントで終了。出来高は、1.9億株増の23億9860万株、売買代金は、同1560億円増の2兆3885億円と、ともに増加。重要イベントを控え売りが手控えられる中、騰落状況は、値上がり1680、値下がり209と、ほぼ全面高商状に…。VI指数は、1.93ポイント下げ、34.26ポイントに低下。このところ、TOPIXの値上がり率が、日経平均を上回るケースが増えましたが、NT倍率は2月12日にの12.49倍をピークに低下。本日は12.34倍に…。日経平均買い、TOPIX売りのロング&ショートポジションを組んでいた投機筋が持ち高調整をしている可能性もあります。

 今日の終値での日経平均、TOPIXサイコロはともに5勝7敗(41%)で変わらず。RSIは、日経平均が37%→40%、TOPIXは36%→40%に、それぞれ上昇。25日線かい離は、日経平均が-3.9%→-2.4%、TOPIXは、-4.33%→-2.53%、騰落レシオは80.4%→92.6%に上昇。予想通り指数の方向感が出ないなか、指数関連以外の物色範囲の拡大が始まってきたようです。

 まあ、レポートでは、重要イベントを前に、昨年8月来日本株を売り続けてきた海外投機筋は、ポジション調整から持ち高を減らしにかかり相場は底堅くなるのでは…としましたが、想定通りの動きになってきました。相場が大崩れする可能性が減ったことで、短期筋が出遅れ株中心に出遅れ株物色を強めてきました。本筋は持ち高調整に入っているものの、あとから提灯をつけてきた海外投機筋には、依然、先物を売る動きもあるようですが、何か材料がでて、この連中が踏みあげるようになれば、昨年10月以降のような戻り相場になるのですが…。また、来月は決算月ですが、2月初めの急落相場では、成長性のある割高小型株が、たぶん、貸し株を使って売り込まれており、決算の締めまでに市場から株券を買い戻して返済せねばなりません。このタイプの成長株が下げる場面があれば、買戻しの動きが入るとみて、買い向かってみるのも面白そうです。まあ、海外投機筋にやられっぱなしでは、面目が立ちませんし、ここは、売りたたかれている成長株にかけてみるのも面白いかも…。直近のレポート銘柄は、この感覚でチョイスしましたが、じり高していますね。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

昨日の米国株は、欧州金融株の下落や、ルー財務長官がG20会合での市場混乱収拾策への消極的発言をしたことなどを嫌気し、一時、急落するも、原油価格の反発を受けて買いなおされ、主力3指数とも反発して終了
 おはようございます。 
 昨日発表された裁定買い残は、2週連続減少し1兆8380億円になりました。この水準は2012年10月来のもの。2週で約3500億円の減少ですが、海外投機筋のウリ仕掛けで、裁定解消売りが指数の押し下げに寄与したことがわかります。市場の出来高が減少していることから、このレベルでも指数の押し下げには十分です。ただ、このところ書いていますように、昨年8月来売り仕掛けしていたCTAは、G20のほか、3月中旬にかけ日米欧の中銀会合を控え持ち高調整の動き(先物の買戻し)を強めているようですが、昨日も日経平均、TOPIX先物とも買い越しになっていました。指数が下振れると買い越し枚数が増加する傾向があり、この動きが相場を底堅くしているとの見方もできます。G20会合は中国への懸念の解消が焦点になりますが、他国の干渉をもっとも嫌う同国が、素直に提案にしたがうはずもなく、米国ルー財務長官が言うように、成果を期待することはできないのでしょう。まあ、悪材料さえ出なければ「良し」何でしょうね。ただ、投機筋の持ち高調整に見られるように、日本株の下落の主因になった需給の問題は解消する方向にあるようです。引き続き、1万6000円を挟んだ動きを想定しておけばいいのではないでしょうか。
 
 ただ、気になる動きもあります。誰かに言わされているのか知りませんが、このところ、麻生財務相、安倍首相と政権首脳から「リーマンショック並の危機でもない限り、消費税引き上げは予定通り実施する」との発言が続いています。実際に引き上げると日本経済に破滅的な影響をもたらすことは、論を待たないと思いますが、最近、市場でいわれる引き上げ延期待望論を打ち消すためなのでしょうか。その中で気になることを書いていた経済評論家がありました。景気上げ潮派の甘利経済相がスキャンダルで政権から引きづりおろされましたが、次は、前回の消費税引き上げ時にも反対論を唱え、今回も引き上げ見送りと、財政主導規模の拡大を唱えている本田参与がスイス大使として海外に追い出されるといいます。このところ、与党議員へのスキャンダルが続いていますが、脛に傷を持っている議員も多く、ニュースの出所が気になります。どこかの組織が自分らの権益確保のためにスキャンダルを取引材料に使っている、ということはないのでしょうか。狙われているのが財政拡大派といわれる人ですが、これでメリットを受けるのは「財政緊縮派」といわれる人々…。もし、「消費税の引き上げを実施する」といわされているとしたら…。政権内部で何が起こり、どこが裏で糸を引いているのか…。なにか、国民にとって不利になることが裏で進んでいるような気がします。

 24日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         1万6484ドル99セント     +53ドル21セント(0.32%)
 NASDAQ総合指数       4542.61ポイント        +39.03ポイント(0.87%)
 S&P500             1929.80ポイント        +8.53ポイント(0.44%)
 CME日経平均先物       1万5940円           +80円
 10年物国債金利         1.7420%            -0.0030%
 ニューヨーク原油         32.15ドル            +0.28ドル
 GOLD               1239.10ドル           +16.15ドル
 ドルインデックス          97.51              +0.08  


 昨日の米国株は、前日のサウジアラビア、イラン両国石油相の生産調整に対する後ろ向き発言を嫌気し原油価格が続落したことを嫌気し、欧州株が下落した流れを受け、売りが先行。続落スタートになりました。この日発表された新築住宅販売件数が予想を下回ったほか、サービス業PMI(2月)が予想、前月水準を大幅に下回っただけでなく、判断の分かれ目になる50を下回ったことも景気の先行き懸念を増幅。さらにルー財務長官が、G20財務相・中銀総裁会合で「市場動揺への緊急対応を売り出す可能性は小さい…」と発言したことも嫌気され、失望売りが増加。ニューヨークダウは、寄り後まもなくこの日の安値1万6165ドル(前日比266ドル安)をつける場面もありました。ただ、この日発表されたIEA(国際エネルギー機関)の統計で、ガソリン在庫が大幅に減少(-220万バレル)したことを受け、原油価格が上げ転換すると、次第に買いが優勢となり下落幅を縮小。引け近くにはプラス転換し、一時は、1万6500ドルの大台を回復する場面も…。結局、主力3指数とも反発して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり2012、値下がり1110(NASDAQ市場は、1783-1032)。VIX指数は、0.26ポイント下げ、20.72ポイントに小幅に低下。

 ダウ30種は、値上がり24、値下がり6。ハネウエルからのM&Aを思惑しユナイテッド・テクノロジーが2.19%上昇。アップルが1.49%%、インテルが1.35%上昇するなどハイテク株が堅調。ウォルマートが0.96%、ホームデポが0.87%上げるなど消費関連もしっかり。一方、ボーイングが1.12%、GEが0.89%下落。採用銘柄全体で1%超え変動した銘柄は4銘柄にとどまっていました。業種別は、エネルギー、住宅、テクノロジーハード、携帯電話、貴金属、半導体・同製造装置などが上昇。銀行、鉄道、自動車・同部品などが下落。

 NYダウは小反発。下落中の50日線、日足一目均衡表の「雲」下辺という抵抗帯に届いていましたので、短期的な調整の動きが予想されましたが、昨日も書いたように、すでに25日線が上昇に転じており、想定通りこのラインに届いたところから反転し、プラス圏で終わってきました。25日線の下値の堅さは確認されたものの、50日線の対応点は1万7500ドル付近。しばらくは下落傾向が続きますのでこの圧力がしのげるかどうかが焦点に…。何か支援材料が欲しいところ。NASDAQ総合指数、S%P500も25日線が支えになっての反発。

 米国株は反発。円は、米株安やルー財務長官のG20会合での市場混乱収束策への消極的な発言を受けた安全資産買いから対ドルで、一時、101円割れ近くまでありましたが、原油、株価の戻しを受け112円10銭台と前日水準で終了。対ユーロは、123円40銭台と小幅高。CME日経平均先物は、大証先物終値を80円上回る1万5940円。レンジは1万5525円~1万6075円。出来高は、前日比2万1000枚増の7万6745円。本日の日本株は、底堅い動きになりそう。引き続き外部材料次第の展開ですが、G20会合が始まることから、投機筋も思惑的な売買がしづらいところで、模様眺め気分が強まるところか…。ひきつづき、テーマ性のある新興市場、小型成長株を個別に物色する展開に。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

昨日の米国株は、欧州株安に加え、サウジ、イラン両国石油相の後ろ向き発言から原油価格が下落したことなどを嫌気し、主力3指数とも反落して終了
 おはようございます。 一杯ひっかけ、アレルギー薬を飲んで寝たところ、寝過ごしてしまいました。出勤前の長男に起こされるまで、全く気づきませんでした。まあ、寝る前にみた海外市場と同じ結果だったので、意外感はありませんが…。急いで書きます。

 23日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        1万6431ドル78セント      -188ドル88セント(1.14%)
 NASDAQ総合指数      4503.58ポイント         -67.02ポイント(1.47%)
 S&P500            1921.27ポイント         -24.23ポイント(1.25%)
 CME日経平均先物      1万5830円            -270円
 10年物国債金利        1.7450%             -0.0210%
 ニューヨーク原油        31.87ドル             -1.52ドル
 GOLD              1222.60ドル            +12.50ドル
 ドルインデックス        97.46                +0.07  


 昨日の米国株は、英国のEU離脱懸念や中国への懸念から欧州株が下落した流れを受け、売りが先行。反落スタートになりました。中古住宅販売が予想を上回り下落幅を縮める場面もありましたが、サウジアラビアのヌアイミ石油相が、この日、米国ヒューストンで行った講演で、生産凍結は認めたものの「原産はしない」と発言したことや、イラン石油相が「サウジとロシアの生産抑制策は話にならない…」と発言したことが嫌気され原油価格が下落。また、JPモルガンが資源・エネルギー関連融資融資に対し、第一四半期に貸し倒れ引当金を積む方針であることも市場の不安心理をあおり、終日下げる展開に…。引け近くに、ニューヨークダウはこの日の安値1万6403ドル(前日比217ドル安)をつけています。結局、主力3指数とも反落。二ューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1028、値下がり2107(NASDAQ市場は、891-1948)。VIX指数は、1.6ポイント上げ20.98ポイントに上昇。再び20ポイント台に乗せてきました。

 ダウ30種は、値上がり3、値下がり27。中古住宅販売の好調を受けたホームデポが1.37%上昇。ウォルマートも1.3%上昇。一方、原油価格の下落を受けシェブロンが4.4%、キャタピラが2.27%、それぞれ下落。エネルギー関連融資への引当金積立を嫌気され、JPモルガンが4.18%、GSが2.6%それぞれ下落。アップルの2.3%安、マイクロソフトの2.7%安などハイテクも不振。全体で7銘柄が2%超えの下げとなり指数の足をひっぱっています。業種別は、住宅、公益事業、自動車、食品、貴金属などが上昇。エネルギー、バイオテクノロジー、銀行、アルミなどが下落。

 NYダウは反落。昨日も下落中の50日線や日足一目均衡表の「雲」下限に差し掛かっていたことから、テクニカルな要因で下落した可能性が強そうです。対応点の状況から見て、25日線の上昇が続くことから下値は乏しいものと思われます。ニューヨーク原油も、上昇中の25日線上にあり、底値は堅そう。また、NASDAQ総合指数、S&P500は、2月1日高値を抜いていないことから、下値不安は残るものの、両指数とも25日線を抜いており、ニューヨークダウの出直りを待って、2月1日高値更新へ向けての動きに向かいそう。

 米国株は反落。円は、英国のEU離脱懸念や生産調整に対するサウジ、イラン両国石油相の後ろ向き発言を嫌気して買われ、対ドルは112円付近、対ユーロは123円50銭台に、それぞれ上昇。CME日経平均は、欧米株安や円上昇を嫌気し、大証先物終値を270円下回る1万5830円で帰ってきました。レンジは、1万5815円~1万6335円。出来高は、1万4000枚増の5万6394枚。本日の日本株は、欧米株安や円高を嫌気し、軟調に推移しそう。昨日に続き中国市場の動きや人民元基準値の設定、GLOBEX市場の原油、米株先物にらみの展開が続きそう。外部環境の悪化を材料にした先物筋の仕掛けが警戒されますが、明日からのG20開催を控えており、期待値は低いものの投機筋も無理なポジションは作りにくいところ…。主力株を避け、新興市場や小型好業績株を循環的に物色する動きが出てきそう。引き続き、指数は1万6000円大台を挟んだ展開に…。重苦しい展開が続きますが、米国株の動きが強いので、それほど心配することもないでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

欧米株高を受け、急落後の戻り高値を更新したものの、中国の元安誘導懸念やユーロ急落(円高)を嫌気した売りに、小幅に反落して終了
 今日は昼過ぎから用事があり、自転車で隣町や町内を走り回っていました。銀行や病院など全部で7か所。6時近くになってようやく解放されましたが、さすがに疲れました。相場の方も、円の収集マニアが多いようで、今日も円高に足を引っ張られさえなかったみたいです。まあ、しばらくは、1万6000円の大台を挟んでこんな感じの相場が続くんでしょう。

 今日は、欧米株高を受けたCME日経平均先物高から、これにさや寄せする先物買いから、続伸スタートになりました。寄り後も買いが続き、日経平均は寄り後まもなくこの日の高値1万6350円(前日比139円高)をつけ、急落相場後の戻り高値を更新していました。ただ、高値更新にともなう戻り売りが出だしたところに、10時過ぎ、中国人民銀行が人民元基準値を大幅に引き下げ。これを嫌気し円買いの動きが強まったほか、冴えない景気指標が発表され中国株が安寄り。次第に下落幅を拡大すると日本株も上げ幅を縮小。後場に入ると、英国のEU離脱懸念を材料にユーロに仕掛け的な売りが入ると、円が上昇。円買いに伴う株先物売りが入り、裁定解消売りから、後場寄り後、日経平均はこの日の安値1万6001円(同110円安)をつけています。ただ、大台を割り込まなかったことへの安心感から押し目買いも入り、引けにかけ一時プラス圏を回復するなど、一進一退の動きを続けたあと、小幅に反落して終わっています。

 結局、日経平均は59円安(0.37%)の1万6052円05銭、TOPIXは8.83ポイント安(0.68%)の1291.17ポイントと、ともに反落。出来高は、前日比2.9億株増の23億2218万株、売買代金は、同2340億円増の2兆2925億円と、やや盛り返したものの、低レベルの秋あいが続いています。騰落状況は、値上がり442、値下がり1415。VI指数は0.11ポイント下げ34.55ポイントに低下。円高、中國株安を嫌気した相場でしたが、VI指数は低下しており、相場の先行きへの投資家の見方が変わりつつあることを示しています。

 今日の終値での日経平均、TOPIXサイコロは、ともに5勝7敗(41%)で変わらず。RSIは、日経平均が33%→33%、TOPIXは32%→32%と、ともに横ばい。25日線かい離率は、日経平均が-3.2%→-3.3%、TOPIXが-3.76%→-4.14%。TOPIXの下げが大きかったことから、TOPIXのかい離拡大が目立ちました。騰落レシオは78%→81%に拡大。指数のモメンタムは底這い状態ですが、騰落レシオが売られ過ぎの80%を上回ってきており、主力株以外のところで物色意欲が高まってきたようです。

 このところ、金融面での複数の重要イベントを控え、投機筋のポジション縮小が目立ってきた…と書きました。今日の証券会社別の先物残を見ると、以前からCTAの機関店として注目してきた証券会社の売り残は2週連続で減少。ピークに比べ4割近く減少していたようです。今週に入ってもやや買い越しが続いていたようですから、まだ、ポジションの縮小が続いているようです。また、今日は、円が高いにもかかわらず、外需株が一時高くなっていました。おそらく、ロング&ショートのポジション(内需株買い・外需株売り)のポジションを反対売買して手仕舞ったんでしょう。後場からの動きも、本来なら、先物で売り崩されてもいいのですが、安い局面で投機筋の買戻しが入り、値を戻した…ということでしょうか。想定通り重要イベントを前にした買戻しから底堅い動きになってきました。

 ここにきて、英国のEU離脱を材料にユーロへのウリ仕掛けもでてきているようですが、本来ならドルが買われて円安が期待できるのですが、ユーロの解体がイメージされており、安全資産としての円買いにつながる点が懸念されます。ポジションを減らしているとはいえ、投機筋はまだ大きな売り残を抱えていますので、さらに円高が進めば、売り仕掛けが再開されないとも限りません。投機筋の勝手な理屈で、円は安全通貨になったり、ドルが下落すれば買われる…と、都合のいいように扱われています。そんなに円資産が好きなら、日本の内需株でも買いまくってくれればいいのですが…。どうでも操作できる指数以外には関心はないということのようですね。今も海外市場では円は111円台に上昇。日経平均先物は今日の大証先物終値から140円安い1万5960円で取引されています。まあ、これまでのようにガラガラと音を立てて崩れる感じはありませんが、まだまだ、しばらくは指数につながる主力株は買えないということでしょう。大崩れはしないという前提で、売られ過ぎになっている好業績の小型株を買うのがベストですね。
 ちょっと疲れましたので、一杯飲んで早めに寝ることにします。  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

週明けの米国株は、欧州、アジア株高に加え、原油価格の上げや大型M&Aの思惑から、主力株への買いや買戻しが先行。大幅反発して終了
 おはようございます。
 直近レポートでは、マイナス金利の背景と今後予想される日銀の動きについて書きましたが、その中で、財政出動の重要性についても書きました。今日の日経のFT記事紹介で、同様の趣旨の記事が取り上げられていました。レポートでも、アベノミクス初期は財政出動と異次元緩和が相乗効果をもたらして、日本経済は浮上したものの、その後、貧乏神の財務省が出向者の多いIMFなどを通じ、経済音痴のマスコミも巻き込んで、政府に対し財政立て直しの圧力を増強。知らない間に公共投資の削減など需要を抑制する政策をとらせていました。そこに、消費税の引き上げによるさらに強いデフレ政策が採用されましたから、經濟はひとたまりもなく崩壊。さらに、マイナンバーの導入で、資産のあぶり出しを恐れた個人は消費を抑制。買うのは金融機関から引き出した現金を入れておく金庫だけというありさまに…。そこに、さらに消費税の引き上げを実施しようとしているわけですから、まさに、自殺行為です。

 さすがに、日本が死んではたまらないと、海外のエコノミストや経済機関から消費税引き上げを見送るようにとの提言も増えてきました。それでも、財務省は、消費税の引き上げを強行するつもりでいるようです。正気の沙汰とは思えません。いったい、東大で何を学んできたのか…。司馬遼太郎氏が、軍部が統帥権を盾に、アジア侵略に乗り出した時のことを書いていた折に、旧大蔵省を中心とした官僚機構の動きに、同様に暴走する臭いをかぎ取っておられましたが…。
 まあ、安倍首相も、今は予算審議中ですから、補正予算や消費税の引き上げ見送りを出すことはできませんが、今の事態が深刻な状況にあるとの認識はあるようです。いずれ、海外との調整などを経て大ナタを振るってくるんでしょう。相場がいつから織り込み始めるかわかりませんが、今の相場の基調にはこの期待感があることを忘れてはいけません。海外投機筋の売り持ち高が急減していることも、それを暗示しているようです。

 22日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         1万6620ドル66セント      +228ドル67セント(1.40%)
 NASDAQ総合指数       4570.61ポイント         +66.18ポイント(1.47%)
 S&P500             1945.50ポイント         +27.72ポイント(1.45%)
 CME日経平均先物       1万6160円            +90円
 10年物国債金利         1.7660%              +0.0180%
 ニューヨーク原油         31.48ドル             +1.48ドル(今晩から4月限りに交替 33.39ドル)
 GOLD               1210.70ドル            -20.70ドル
 ドルインデックス         97.35                +0.58  


 週明けの米国株は、ECBの追加緩和観測や原油価格の上昇を受け欧州株が全面高になった流れを受け、大幅反発して始まりました。国際エネルギー機関(IEA)が米国内の原油生産が日量60万バレル減少するとの予想を受け、原油先物が一段と上げたことから、エネルギー株や資源株に買いが増加。電子制御機器などの多国籍企業ハネウエル・インターナショナルが、ユナイテッド・テクノロジーに買収提案をしたとの報道を受け、UT株が急伸。このところの市場の落ち着きを好感した買戻しなどが主力株に入り、終日上げる展開に…。エネルギー株やユナイテッド・テクノロジー株の上げを受け、ニューヨークダウは、一時、1万6664ドル(前週末比273ドル高)と、1月6日以来の高値を付ける場面もありました。結局、ニューヨークダウとS&P500は3日ぶりに反発。NASDAQ総合指数は続伸して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり2420、値下がり713(NASDAQ市場は、2000-848)。VIX指数は、1.15ポイント下げ19.38ポイントと、1月16日以来の20ポイント割れ。先行き懸念は急速に後退しています。

 ダウ30種は、値上がり29、値下がり1(エクソン -0.13%)。買収提案があったユナイテッド・テクノロジーが4.6%上昇。ユナイテッド・ヘルスが3.06%上昇。原油上げを受け、シェブロンが2.68%、キャタピラが2.89%上昇。13銘柄が指数の上昇率(+1.4%)を上回るあげとなり、指数を押し上げました。業種別は、自動車・同部品、エネルギー、銀行、アルミ、金属、不動産サービスなどが上昇。石炭、紙パルプ、基礎資材なdふぉが下落。

 NYダウは、反発。25日線の上昇転換や前週、一時、2月1日の戻り高値を上回ったことから先高期待が強まっていたことが強気の買いを呼び込んだようです。想定通り、高値圏で形成したレンジ相場の下限を目指す動きですが、短期的には下落中の50日線、一目均衡表の「雲」下辺に近づいたことで上げの勢いが鈍る可能性も…。まだ、NASDAQ総合指数、S&P500が、2月1日の戻り高値を抜けておらず、依然、下降トレンドの中にあり、当面は、この高値更新が注目されます。

 米国株は反発。円は、米株高や原油価格の上げを受け、一時、売られる場面があったものの、予想を下回る景気指標を受け買いなおされ、対ドルは112円90銭台と前週末からは小幅な円安に…。対ユーロは英国のEU離脱問題もあり124円40銭台に上昇。CME日経平均先物は、ドル・円相場の下げ渋りから、大証先物終値を90円上回る1万6160円で帰ってきました。レンジは1万5765円~1万6280円。出来高は、前週末から1万9000枚減の4万2424枚。本日の日本株は、欧米株高や相場環境の安定から堅調な展開が予想されます。ただ、依然、外部環境頼みの動きが続いており、引き続きGLOBEX市場の原油、米株先物を見ながらの神経質な動きになりそうで、エネルギー関連を除けば、引き続き主力は手掛けにくい展開か…。新興市場や売られ過ぎの小型成長株の水準訂正。一部に復活し始めたテーマ関連株の動きに注目。わくわく消費関連のヤマハの新値更新に期待。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

週明けの日本株は、中国株高や、GLOBEX市場の原油、米株高を好感した買いや、買戻しに、反発して終了…日経平均、TOPIXともMACDが買いサイン
 1月最終週から週明けの月曜日は高い…という動きが続いています。今日で5週連続です。週末の米国株が高く、それに引っ張られて上昇したCME日経平均先物価格にさや寄せして、週明けの日本株が高くなる、ということでした。しかし、先週末の米国株は小幅に続落。CME日経平均先物は、大証先物終値を155円下回る1万5825円で帰ってきていましたから、今日の上げはちょっと様子が違っていたようです。今週、25日、26日に中国がホストを務めG20財務相・中央銀行総裁会議が開催されますが、ホスト国としてのメンツをつぶされたくないと、株価は上昇。

 また、直近レポートで、「需給調整には暗雲が漂っているものの、テクニカル的には上値抵抗線に挑戦する動きがある…」としましたが、今日のGLOBEX市場で原油先物は32.5ドル台に上昇。これを受けニューヨークダウ先物も、三桁に近い上げになったことを好感。朝方、先週末のCME日経平均終値にさや寄せしようと先物を売った筋が買戻しを入れ他ことで、裁定買いなどが入り指数が上昇。反発して終わっています。結局、想定通り日経平均はプラスで終わったわけですが、今日も海外要因と先物にリードされた流れに変化はありませんでしたね。ただ、朝方から、売られ過ぎになっていた新興市場株や小型株には買い物も入ってきており、基調が変わり始めた印象はあります。

 結局、今日の日経平均は143円88銭高(0.90%)の1万6111円05銭、TOPIXは8.18ポイント高(0.63%)の1300.00ポイントと、ともに反発。出来高は、前週末比2.5億株減の20億3748万株、売買代金は、同2200億円減の2兆0581万株と、週明けで手がかり材料が少ないことはありますが、このところのボリュームの低下は気になるところです。騰落状況は、値上がり1256、値下がり588。VI(ボラティリィティ・インデックス)は2.3ポイント下げ、34.66ポイントに低下。もっと低下しないと、まともな投資家は出てこれませんね。まあ、今日は、日経平均と、TOPIXの日足MACDがともにシグナルラインを突破。買いシグナルを出してきたことで「良し」としましょう。日経平均、TOPIXサイコロはともに、5勝7敗(41%)に上昇。RSIは、日経平均が36%→33%、TOPIXは35%→32%に、それぞれ低下したものの、明日からマイナス分が落ちていきますので、ともにRSIは上昇に向かいます。25日線かい離率は、日経平均が-4.4%→-3.2%、TOPIX-4.66%→-3.76%に、マイナスかい離が縮小。騰落レシオは75%→78%に上昇。2月12日の56%を底に拡大基調。依然、売られ過ぎの80%割れ水準にあるものの、物色意欲は回復に向かっているようです。

 昨日のレポートでは、昨年8月の中国人民元切り下げショック以降の、日経平均先物を使った海外投機筋のウリ仕掛けに変化の兆しがあるとしましたが、今日も、CTAの機関店とみられる欧州系証券の手口は買い越しだったようです。投資主体別売買動向(先物)の海外投資家を見ると、2週間の日経平均、TOPIXの買い越しは1兆円になります。以前から、あまりに大きな売りポジションを持っていることから、そのうち、いろんな悪材料を「針小棒大」に拡大し、マスコミを使って「総弱気」の局面を演出。国内投資家がまとまった先物のヘッジ売りを出してくるところに買戻しの玉をぶつけてくる…と予想しましたが、12日にかけての怒涛の下げは、彼らにとっては想定通りの動き…。新聞もこぞって、彼らが流した針小棒大に脚色した悪材料を書き立ててくれたのも想定内…。その結果、2月8日~12日の海外投資家の先物売買は、日経平均が3877億円、TOPIXは1140億円のそれぞれ買い越し…。この数字を見ても、「壺にはまった…」と嬉々として買い戻して益出ししている投機筋の姿が思い浮かびます。

 まあ、本筋は12日までに主要な玉は抜いたでしょうが、まだ、あとから提灯をつけてきたトレンドフォロー型のヘッジファンドが残っているはずで、まだ、悪さをするかもしれません。ただ、(何か出てくることは期待薄ながら)G20会合を控えていること。3月中旬にはECB理事会、日銀会合、FOMCと、重要なイベントを控えているほか、この会合は自分勝手な中国と異なり、協調して危機を収束する手を打ってくる可能性もあり、ここから、大きなポジションを持つことはリスクが大きすぎることになります。このため、基調的には、買戻しがベースになってきますから、案外、底堅い展開になるのではないでしょうか。レポートでは、以前から、日経平均はあるレンジの上限ラインを目指す展開になる可能性が強い…としてきましたが、まあ、まだ、投機筋の大きなポジションが残っており、相場観を固定せずに流れを見ていきましょう。すでに、相場は来期の相場を見ながら動き始めていますので、今期末の増額修正期待が大きく、かつ、来期も増益が期待できるものを、安いときにしたいですね。
 GLOBEX市場の原油先物は、32.65ドルに上げ幅を拡大。ニューヨークダウは188ドル高になってきましたが、明日まで持ってくれれば、これまでの流れが逆回転する期待も出てくるのですが…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

週末の米国株は、原油価格の下落やCPIの上昇による利上げ懸念を受け続落したものの、景気の底堅さへの期待感から買い戻され、高安まちまちで終了
 おはようございます。
 金融危機以降、銀行への締め付けが厳しくなっていますが、今回のドイツ銀行の騒動も、新たに導入された規制の結果、赤字になった場合、COCO債への利払いができなくなることが、不安を増幅しました。欧州で銀行を監督するECBは、この規制の緩和に動くとともに、危機に備え積み増しを要求していた自己資本について、今後4年の間積み増しペースを緩やかにすることを認める…と、緩和措置を打ち出してきました。ECBもようやく過剰な規制が危機を生み出すことに気づいたようです。今回の危機の最大の元凶は、米国が(銀行のリスク資産の保有や自己売買を大幅に制限する)ボルカールールを強行したことにあるとしてきましたが、FRB内では、さらに規制を強化するような動きも見られます。一罰百戒的な動きですが、このままでは、ドル金融に頼る国を窒息状態に陥らせる可能性も出てきます。欧州が過剰規制の弊害に気付いたことから、FRBの姿勢が緩和することを期待したいところですが、米国の場合は危機の発生源。すんなり座敷牢から出してくれるかどうか…?
 
 19日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        1万6391ドル99セント      -21ドル44セント(0.13%)
 NASDAQ総合指数      4504.43ポイント         +16.89ポイント(0.38%)
 S&P500            1917.78ポイント         -0.05ポイント(0.0%)
 CME日経平均先物      1万5825円            -155円
 10年物国債金利        1.7480%             -0.0110%
 ニューヨーク原油        29.64ドル             -1.13ドル
 GOLD              1230.80ドル            +4.50ドル
 ドルインデックス        96.59                -0.25  


 週末の米国株は、過去最高に積みあがった米国の在庫から、原油価格が下落したことを嫌気し欧州株が下落した流れを引き継ぎ売りが先行。続落してのスタートになりました。この日発表されたコア消費者物価指数(CPI)が、FRBの想定目標(+2.0%)を上回る2.2%に上昇。金融引き締め懸念が強まったこともあり、警戒的な売りが増加。ニューヨークダウは、寄り後まもなくこの日の安値1万6278ドル(前日比135ドル安)をつける場面も…。ただ、CPIの内容から見て物価上昇懸念は行き過ぎとの観測から、次第に押し目買いが増加。昼にかけ下落幅を縮小していました。しかし、前日引け値付近に来ると戻り売り圧力が強く、全体的に伸び悩み、結局、ニューヨークダウとS&P500は小幅続落して終了。NASDAQ総合指数は反発して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1547、値下がり1572(NASDAQ市場は、1568-1256)。VIX指数は、1.11ポイント下げ20.53ポイントに低下。指数の低下は5日連続で、市場の先行き懸念は後退しつつあるようです。

 ダウ30種は、値上がり12、値下がり17、変わらず1(デュポン)。強いCPIを受け消費関連が堅調。ナイキが1.21%、ホームデポが1.43%、ウォルマートが0.84%上昇。一方、世界景気減速からインテルが2.4%、ボーイングが2.0%、マイクロソフトが0.7%それぞれ下落。業種別は、バイオテクノロジー、銀行、玩具、金鉱山、公共事業などが上昇。携帯電2話、アルミ、エネルギー関連、などが下落。

 NYダウが続落。2月1日の戻り高値付近で足踏みする動きに…。想定どおり25日移動平均線が上向きに転じており、当面は25日線の接近まちですが、対応点が急激に低下することから、週明け相場では25日線の上げピッチが早まる見通し。調整日柄は短く、以前から想定している高値圏で形成したレンジ相場の下限ラインを目指すことになりそうです。

 米国株は、高安まちまち。円は、米利上げ懸念が強まったものの、原油価格の下落を受けたリスク回避の買いから、対ドルは112円60銭台に、対ユーロは125円30銭台にそれぞれ上昇。円独歩高の様相を強めています。CME日経平均先物は、大証先物終値を155円下回る1万5825円で帰ってきました。レンジは、1万5735円~1万6030円。出来高は、1000枚減の6万1020枚。週明けの日本株は、円高を嫌気し、CME日経平均先物終値にさや寄せし、軟調な始まりが予想されます。このところ、米エネルギー株の原油価格への反応が鈍っており、投資家の間で、原油価格への見方が変化している可能性もあります。米CPIの上昇から、米利上げへの懸念も強まりそうで、為替が落ち着けば、日本株も新たな居所を探る展開に…。
 詳しくは、明日発信のレポートで、解説します。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

週末の日本株は、米株安や円高を嫌気した売りや、先物への仕掛け的な売りに、反落して終了したものの、先物筋の買い戻しもあり、下落幅は縮小
 今週も荒れ模様の相場が続きました。先週は、ドイツ銀行が簿外でエネルギー絡みの巨額の含み損を抱え、今にも倒産しそうな話が流れてくるし、唯一、堅調を維持していた米国経済も景気後退に陥るとの観測まで出てくる始末。まあ、不透明感が強まれば、なんでもかんでも、リスク回避の円買い…ということにつながり、投機筋が円買いポジションを積み上げる動きが増加。この裏には、株先物売りが付きまといますから、先週の日本株は、売り仕掛け→裁定解消売り→機関投資家のヘッジの先物売り→個人投資家の信用の投げ…と、需給面の最悪局面がでて、日経平均の週間の下落幅は1900円近くに…。でも、売り仕掛けしていた海外投機筋は、しっかりと売り仕掛け分の買戻しをしており、先週末で、売りしかけの第2ラウンドは終わっていたはずです。

 ただ、円高誘導し先物を売れば儲かる、と味を占めた、後乗りの海外投機筋は、まだ、同じやり方で売り仕掛けを行っており、今日は、米株安や中国の元基準金利の低め設定による中国株安、GLOBEX市場の原油安、米株先物安も売り仕掛けの材料とされていたようです。すでに、国内投資家は、変動率の大きさに、相場から撤退を始めており、先物、現物とも板が薄くなり値が飛びやすくなってきました。まあ、だんだん、投機筋も仕掛けがしづらくなって、相場の方はこう着状態に陥っていくのかもしれませんね。ただ、最近、週末に米株高やCME日経平均高となり、週明け月曜日が高くなるケースが増えており、週をまたいでポジションを持つリスクが高く、引けにかけては買戻しており、下落幅を縮めています。でも、今日の先物手口を見るとCTA関連の欧州系証券は大幅な買い越しになっており、今日の安いところで、売り玉の手仕舞いをすすめたんでしょう。

 昨年も10月中旬にかけ、提灯をつけた海外投機筋が売り仕掛けをしましたが、日経平均は大きくは下げず、かえって10月中旬からの本筋の買戻しから、踏まされることになっています。まあ、昨年8月の中国の元切り下げショック以来の仕掛け本尊は、2月に入り、弱気の話を流しつつ、相場が下げると、買戻しをして売り持ち高を減らしていた、ということなんでしょう。2月に入っての海外投機筋の日経平均先物売買は、4526億円の、TOPIXは5562億円の買戻し…。そのうち、ドイツ銀行は何もなかったように揚げ出し、米国経済も利上げが必要なくらい強い動き(?)に変わって行くのかもしれません。まあ、日本の場合は、国会で予算審議を進めている最中で、株安に対して補正予算の作成をしたり、消費税引き上げ延期が言い出せないという、隙を突かれたところもありますが…。ここからは、本当に日本経済がだめになっていくのか、話の真贋を見分ける必要があると思うのですが…。

 ということで、今日の日経平均は、229円63銭安(1.42%)の1万5967円17線、TOPIXは19.38ポイント安(1.48%)の1291.82ポイントと、ともに反落して終わりました。出来高は、前日比約3.4億株減の22億9146万株、売買代金は、4237億円減の2兆2775億円。本来なら、週末で商いも増えるはずですが、商いは減少。先週末に比べると、半分以下のボリュームに減少しています。騰落状況は、値上がり380、値下がり1471。VI指数は、0.7ポイント上げ36.96ポイントに上昇。相変らず先行き懸念が強い状態が続いています。まあ、とても先進国の株式市場とは言えない変動率の大きさです。

 欧米や国内の大手投資家は、あまりの変動率の大きさに、今の市場に近づこうとはしません。海外のまともな投資家は、日本市場を流動性(投機性)のある新興市場とみているみたいで、よほどのことがないと買いに来ないみたいですね。おそらく、先週末、投げさせられた投資家や、1月にNISAで株式を買い付けた個人投資家もしばらくは市場に近づかないかもしれません。そろそろ、まっとうな資金を呼び込むために、市場の正常化を考えるところに来ているのではないでしょうか。ここ数年続いている海外投機筋の仕掛けで、国内投資家の市場への不信感は強まっているはず。まあ、博打ができるツールをせっせと充実し、世界から金融マフィアを呼び寄せている取引所ですから、聞く耳は持たいないということでしょうか…。
 株の変動要因の解説ならまだいいですが、なんで、毎日、先物筋の手口ばかり解説しなければならないか…。情けない話です。今後は、まともな市場としても米国株をレポートでも取り上げる必要がありそうですね。まあ、今後のことなど、詳しくは日曜日発信のレポートで解説します。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

昨日の米国株は、強い景気指標から、一時、上げたものの、高値警戒感や原油在庫の過去最大の積み上がりなどがイヤケされ、4日ぶりに反落して終了
 おはようございます。昨晩は、降圧剤の処方箋をもらいに、夕方、近くの病院に行きましたが、患者がたてこみ、2時間待ち…。待っている間にも、次々に、子供を連れた人が訪れ、診療を立って待つような始末。ほとんどがインフルエンザのようですが、咳をしたり、ぐったり横たわっている子供、あちこちで吐いている子供もいるなど、久しぶりで修羅場を見たような気がしました。医師に聞くと、2~3日おきに、地域が変わり患者が集中してくるそうです。帰ってすぐに、うがいと手洗いをしましたが、それでも心配で、アルコールを飲んで体内から消毒しましたが、おかげで、早々に寝てしまうことになりました。

 さて、昨日は、投資主体別売買動向(2月8日~12日売買分)が発表されました。海外投資家の日経平均先物売買は、3877億円の買い越し。前週の649億円に続き、2週連続の買い越しでした。TOPIX先物は、3週連続で6085億円の買い越し。明らかに、2月に入り、海外投機筋の動きが変化してきたようです。先日も、先週末の段階で、CTAにつながる欧州系証券の売り残が約4000枚も減少していたことを書きましたが、数字の上でも証明された格好です。相変らず、現物の売りが続いいるようですが、この中には裁定解消売りの分も含まれているはずで、全部が全部、実弾売りというわけではないようです。昨日発表された分で、昨年8月の中国元切り下げショック以来の日経平均先物売り残は、1兆5700億円台に、ピークから1兆円近く減少してきました。まだ、悪さしないとも限りませんが、何か、やるにしても、もう一度裁定買い残を膨らませるなど、下げのエネルギーを蓄積しなければなりませんね。それにしても、この数字を見ると、先週の強烈な下げは、彼らのウリ仕掛けが発端だったものの、国内投資家のパニック的な投げ売りや、先物のヘッジ売り(投信は、日経平均、TOPIXを合わせ約2900億円の先物売り)が主因だったことがわかります。まさに、投機筋は「ごっつあん」状態で、買戻しをしたことが、今回の数字でわかりました。投機筋の操り人形だけにはなりたくないものですね。

 18日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        1万6413ドル43セント     -40ドル40セント(0.25%)
 NASDAQ総合指数      4487.54ポイント        -46.52ポイント(1.03%)
 S&P500            1917.83ポイント        -8.99ポイント(0.47%)
 CME日経平均先物      1万5955円           -265円
 10年物国債金利        1.7590%            -0.06%
 ニューヨーク原油        30.77ドル            +0.11ドル 
 GOLD              1226.30ドル           +14.90ドル
 ドルインデックス         96.85              -0.02

 
 昨日の米国株は、欧州市場が高安まちまちとなる中、朝方発表の新規失業保険申請件数が予想を下回ったことや、生産調整への期待感から原油が強含んだことを受け、買いが先行。続伸スタートになりました。前日まで3日続伸し700ドルを超える上げになっていたことから、売り買いが交錯するなか、医療データ会社の買収を好感したIBMが大幅上昇したことなどから、ニューヨークダウは、寄り後まもなくこの日の高値1万6511ドルをつけています。ただ、戻り高値に接近したことから警戒的な動きが台頭。在庫が過去最大に積みあがったとの報を受け原油価格が軟化すると次第に売りが優勢となり、上げ幅を縮小。OECDが、世界の経済成長率意を下方修正すると、次第の下落幅を拡大、引け近くにはこの日の安値1万6390ドル(全何時日63ドル安)をつける場面も…。結局、主力3指数とも4日ぶりに反落して終わりました。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1604、値下がり1517(NASDAQ市場は、1127-1699)。VIX指数は、0.67ポイント下げ21.64ポイントに低下。

 ダウ30種は、値上がり10、値下がり20。M&Aが好感されたIBMが5.04%上昇。ベライゾンが1.23%、J&Jが1.7%、それぞれ上昇するなど5銘柄が1%超えの上げ。一方、弱気の2017年見通しがイヤケされ、ウォルマートが3.01%下落。第4四半期のアイホンの売り上げ減少が伝えられたアップルが1.9%下落。世界の成長率見通しの引き下げを受けGSが2.13%、JPモルガンが1.6%。キャタピラが1.69%、それぞれ下落。10銘柄が1%超えの下落となり指数の足を引っ張りました。業種別は、公益事業、情報通信サービス、石炭、貴金属などが上昇。食品、銀行、生活必需品小売、鉄鋼、アルミなどが下落。

 NYダウは4立会日ぶりに反落。2月1日の戻り高値を1ドル上回ったものの、戻り売りに押され、反落しました。すでに、25日線の対応点は時価を下回ってきており、今後、25日線の上昇転換が見込めます。当面は、高値持ち合いをしながら、25日線の上昇を待つというところか…。

 米国株は、反落。円は、ECBの緩和期待からユーロがドルに対し売られたものの、米金利低下を受け、対ドルは113円20銭台に上昇。対ユーロも125円70銭台に上昇。CME日経平均先物は、米株安や円上昇を嫌気し、大証先物を265円下回る1万5955円で帰ってきました。レンジは1万5920円~1万6330円。出来高は、1万8000枚減の6万枚。本日の日本株は、CME日経平均先物終値にさや寄せし、軟調な始まりが予想されます。このところ、再び、円の独歩高が始まったことが気になります。また、アイホンの売り上げ減少懸念も電子部品への下押し材料に…。1月21日の安値1万6017円が節値になるとしましたが、今日、大台を維持して終われるかどうかは、来週の相場につながる大事なポイントになります。何か、刺激策がほしいところですが…。中国株やGLOBEX市場の原油、米株先物の動きを見ながら、先物筋の動きに警戒。今年に入り、円が上昇し、一方で、韓国ウォンが下落ピッチを速めています。対中、対北朝鮮対策に関し、取引材料で円安修正を米国にもちかけた国でもあるのでしょうか…?今日は、様子見。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

昨日の米国株は、原油価格の上昇を受けたエネルギー株買いや強い指標を受けた製造業への見直し買いなどを受け、主力3指数とも、今年始めて3日続伸して終了
 おはようございます。
 米国でFOMC議事録が発表されました。市場波乱の米経済への波及を懸念し、金融政策の手直しを示唆。市場はこれを好感し上昇しています。そのなかで、金融機関の融資基準の強化から、企業金融が逼迫することへの懸念も指摘していました。以前から、今回の市場の混乱に関しては、米銀行への性急な規制の強化が関係している…としました。ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁が、規制のための「ドット・フランク法」は不十分で、さらに自己資本比率を引き上げるなど、さらに規制を強化することを提言しています。ただでさえ、ボルカールールでリスク資産の抑制を迫られているのに、これ以上自己資本比率の引き上げを迫られたのでは、おちおち貸し出しを増やすこともできません。企業金融がひっ迫するのも当然でしょう。FRBやオバマ政権は、リーマンショック波の危機が再発することを前提に、金融規制を強めていますが、果たして、前回と同規模の金融危機なんて起こる可能性はあるのでしょうか。1929年の株価大暴落で始まった大恐慌が、のちの銀行への過剰な規制によってさらに悪化。この解決には第二次世界大戦を待たなければならなかった、という前例があることを忘れてはなりません。「角を矯めて牛を殺す」ような愚を犯すことだけはやめてほしいものです。

 17日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         1万6453ドル83セント   +257ドル42セント(1.59%)
 NASDAQ総合指数       4534.06ポイント      +98.10ポイント(2.21%)
 S&P500             1926.82ポイント      +31.24ポイント(1.65%)
 CME日経平均先物       1万6050円         +310円
 10年物国債金利         1.8190%          +0.0410%
 ニューヨーク原油         30.66ドル          +1.62ドル
 GOLD               1211.40ドル         +3.20ドル
 ドルインデックス         96.87             -0.03 


 昨日の米国株は、サウジアラビアやロシアなど産油4カ国が合意した1月水準での清算凍結案にイランが賛意を表明(生産調整するかどうかは不明)し、原油価格が上昇したことを好感。欧州株が全面高になった流れを受け継ぎ、エネルギー関連が買われ続伸してスタートしました。この日発表された鉱工業生産指数が予想を大幅に上回ったことを好感。製造業への懸念が後退しハイテク株が買い直されるなど、ほぼ全面高商状となり終日上げる展開に…。住宅着工件数が予想を下回ったものの、特に悪材料視されず、2時半過ぎにFOMC議事録が公開され、市場の混乱が物価や景気の先行きに影響を及ぼす可能性があることを指摘。全員一致で、利上げ計画を見直す必要がある、としたことを好感。引けにかけさらに上げ幅を拡大。ニューヨークダウは、議事録発表後、この日の高値1万6486ドル(前日比290ドル高)をつける場面もありました。結局、主力3指数とも今年初めて3日続伸して終わりました。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり2627、値下がり537(NASDAQ市場は、2091-794)。VIX指数は1.8ポイント下げ22.31ポイントに低下。

 ダウ30種は、値上がり28、値下がり2(ナイキ -0.60%、マクドナルド -0.48%)。原油上げを受けシェブロンが4.13%、キャタピラが3.14%、それぞれ上昇。製造業の見直しから、ボーイングが3.32%、インテルが2.40%、デュポンが2.96%上昇。IBM(+2.74%)、マイクロソフト(+2.66%)、シスコシステムズ(+2.4%)などWEB関連も堅調。11銘柄が2%超え上げ、指数を押し上げました。この日は、部品供給企業の1月売上高の好調を受け、アップルも1.6%上昇。業種別は、エネルギー、自動車・同部品、半導体、バイオテクノロジーなどが幅広く上昇。公益事業、貴金属、金鉱山などが下落。

 NYダウは3日続伸。25線を大きく上抜いてきました。今晩25日前の対応点を上回ってくることから、25日線が改善。今後、下値支持線になってくることから、底固めがほぼ完了した格好になっています。次は、2月1日の戻り高値を抜くことが課題に…。以前からレポートで書いてきたように、高値圏で形成したレンジ相場の下限ラインが当面の戻りめどに…。

 米国株は、3日続伸。欧州、日本株ができなかった「赤三兵」の底型をつけてきました。円は、米長期金利の上げを受け、売られる場面があったものの、FOMC議事録のハト派的な内容を受け買いなおされ、対ドルは114円付近で横ばい、対ユーロは126円80銭台に上昇。CME日経平均先物は、大証先物終値を310円上回る1万6050円で帰ってきました。レンジは、1万5610円~1万6205円。出来高は、約4万5000枚減の7万8468枚。本日の日本株は、欧米株高を受け、大幅反発して始まりそう。依然、オプション市場での円買い需要が強いのが気になるが、当面は、海外株高やG20ホスト国としてのメンツから中国市場が堅調に推移しそうなこともあり、戻りを試す展開が想定されます。1月21日安値をクリアしたことから、次は9月29日安値1万6901円が意識される展開に…。当面は、企業業績の見直しと短期筋主導の材料株…。わくわく消費のヤマハの強さが光ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

本日の日本株は、米株高を受けた買いに続伸する場面があったものの、中國のSWFに対する政策変更を材料に、投機筋のウリ仕掛けが再燃。3日ぶりに反落して終了
 なかなか、相場が落ち着きません。円相場の方向性が定かでないのが、大きな理由のようです。原油価格が下落すれば、リスク回避といって買われ、米国の利上げ懸念が遠退けば、また、それを理由に買われる…といった具合い。大体、原油安って日本経済にプラスじゃなかったの…?そうなると、今度は貿易収支や経常収支の改善になるので、円買いに…。まあ、要するに市場(投機筋)は円を買って高くし、日本株を押し下げて儲けたい、ということでしょうか。

 今日は、米株が続伸したものの、CME日経平均先物は大証先物終値を下回って帰ってきましたので、さや寄せする動きから、小幅に反落してスタートしました。ただ、昨日に続きソフトバンクが5000億円の自社株買いを手掛かりに続伸したこともあり、安寄り後は前日比でプラスに転換。中国人民銀行が2日続けて基準値を引き下げたものの、前場は、なんとか前日終値付近で終わりました。昼休み中に、中国政府が「政府系ファンド(SWF)を適切に管理する方針」を示したほか、「政府系ファンドが市場から、適宜退出できる制度を創出する」とのニュースが伝わると、香港、上海市場が下落に転換。日本市場でも、「中國が為替介入の資金作りにSWFの持ち株を売る…」との、ためにするような話が流れるとともに、いつも通りに円が上昇。同時に株先物が売られ、指数は一気に下げに転換。ユニクロが下落幅を拡大するなど裁定解消売りから指数は下落幅を拡大。後場寄り後まもなく、日経平均はこの日の安値1万5632円(前日比422円安)をつけています。引けにかけてはポジション調整の買戻しが入り、下落幅を縮めていました。

 中国発のSWFに関する話は詳しい背景はわかりませんが、どこからかうまい具合いにアレンジした材料が流れてくるあたり、いつものように、投機筋が裏で動き、「先物売り・円買い」のウリ仕掛けをすると同時に、指数寄与度の大きい、ユニクロを売りたたき、指数を押し下げた…ということでしょうか。国内の投資家としては、やっと立ち直りかけたと思ったところに、傷口に指を突っ込まれるようなことをされては、買い向かうこともできませんね。今日も日経平均の終日レンジは582円…。連日、これだけの変動率があったら、ヘッジファンドなどの投資家は「ウハ、ウハ」ものでしょう。しかし、まともな、投資家は傷み過ぎて、どんどん市場から去っているのが現状でしょう。出来高は、じりじり減少に転じてきました。以前から、今回相場の立ち直りには、投機筋の仕掛けをひっくり返すくらいの国内投資家の回帰がポイントになる、としてきましたが、今日のボラティリティ・インデックスは40ポイント台で高止まり…。これではまともな投資家は近寄れませんね。

 先週の大荒れ相場で、裁定解消売りもおおいに下げに貢献したものと思いますが、今日発表された裁定買い残は2026億円減の1兆9848億円。まだ、2兆円近い裁定買い残が残っているんですね。投機筋がその気になって解消売りを誘発させようとすれば、そこそこ下げるだけのエネルギーは残っているということですか。市場では、マイナス金利の話題でもちきりですが、ここからは、マイナス金利であぶりだされた資金の使い道を増やしてやることで、いよいよ、政治の出番です。このところ、安倍首相の影が薄いようですが、ここからは、国内市場に漂う不安感を払しょくするため、消費税の実施を延期を宣言、また、思い切った財政出動で内需を刺激するなど、流動性を生かす道筋を付けることですが、消費税の引き上げが国際公約みたいになっており、簡単にひっこめられないという事情もあるんでしょうか。とにかく、ここは金融政策だけに頼っていては、海外の悪材料に巻き込まれてじり貧になるばかり…。思い切った刺激策を打ち出すとともに、アベノミクスの柱になっている株高の障害になっている投機筋の動きを封じることしかないと思うのですが…。

 レポートで日経平均は、一定のレンジ内を動いていたものの、先週の下落でレンジから外れていました。しかし、月曜日の急伸で再びレンジ内に復帰。今日もこのレンジ下限ラインを下値として意識して動いており、刺激材料さえあれば、上伸できる位置にあります。海外の有力エコノミストなども「消費税引き上げは見送るべき」と、低減しています。選挙向けのタイミングを計るなど、小細工をせずに、さっさとやればいいと思うのですが。最近は、安倍首相の動きが鈍いような気がしますが…。

 結局、今日の日経平均は、218円07銭安(1.36%)の1万5836円36銭と大台割れ。TOPIXは14.61ポイント安(1.13%)の1282.40ポイントと、ともに3日ぶりに反落。出来高は、前日比3.18億株減の28億4008万株と、じり貧。騰落状況は、値上がり729、値下がり1087。日経平均、TOPIXサイコロは、ともに4勝8敗(33%)に低下。RSIは、日経平均が44%→38%に、TOPIXは44%→38%に低下。25日線かい離は、日経平均が、-4.8%→-5.9%、TOPIXは、-5.29%→6.03%に、それぞれマイナスかい離が拡大。騰落レシオは、短期筋の低位株物色が広がったことで、69%→73%に拡大。指数がもたつくなか、出遅れものに物色の手が伸びているようです。明日は、投資主体別売買動向が発表されますが、海外投資家の日経平均先物売買にお動向がどう変化しているか…。内容次第では、相場観の組み立ても変わってくるのですが…。
 今のところ、原油先物は反発。欧州市場は全面的に反発。米国株先物も続伸。CME日経平均先物は、大証先物終値を185円上回る1万5925円で推移。明日の期待を持たせる動きになっていますが…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

3連休明けの米国株は、売られ過ぎ銘柄への買戻しや銀行株への見直し買いにくわえ、FRB関係者の利上げけん制発言などが支えとなり、大幅続伸して終了
 おはようございます。 中途半端な時間に目が覚め、2度寝してしまいました。急いで書きます。それにしても、期待した欧州株の3日続伸は成らず…。今の相場で3日続伸して底型の「赤三兵」を」つけるのは難しいんですね。今日の日本株と米国株に期待!

 16日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         1万6196ドル41セント      +222ドル57セント(1.39%)
 NASDAQ総合指数       4435.96ポイント         +98.44ポイント(2.27%)
 S&P500             1895.58ポイント         +30.80ポイント(1.65%)
 CME日経平均先物       1万5930円            -110円
 10年物国債金利         1.7780%             +0.03%
 ニューヨーク原油         29.04ドル             -0.4ドル
 GOLD               1208.20ドル            -31.20ドル
 ドルインデックス         96.86                +0.25   


 3連休明けの米国株は、中国の貸し出しの伸びや連休中の銀行株を巡る環境の好転を映し、買いが先行。大幅続伸してスタートしました。サウジアラビアやロシアなど4つの有力産油国が、(イランやイラクなど他の産油国が同調することを条件に)1月水準で産油量を凍結することで合意したと伝えられ、一時は好感されたものの、実効性への疑問から原油価格がマイナスに転じると、上げ幅を縮める場面もありました。ただ、FRB関係者が利上げを急がないとの発言をしたことや、銀行株への投資判断上げ、アップルが自社株買いを前提にする社債発行を計画していることなどが伝わると次第に買いが増加。次第に上げ幅を拡大する展開に…。ただ、ニューヨークダウが1万6200ドルの大台に接近すると、戻り売りに抑えられ、頭の重い動きになっていました。結局、主力3指数とも前週末に続き、大幅続伸して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり2555、値下がり603(NASDAQ市場は、2242-659)。VIX指数は1.29ポイント下げ24.11に低下したものの、依然、先行きへの警戒感は解けていないようです。

 ダウ30種は、値上がり28、値下がり2(ウォルマート -0.42%、トラベラーズ -0.11%)。ボーイングが3.65%、キャタピラが3.26%上昇。自社株買い前提の社債発行を好感したアップルが2.62%上昇。好業績のユナイテッドヘルスが2.96%、底堅い建設指数を受けホームデポが2.67%、それぞれ上昇。8銘柄が2%超え上昇し指数の上げをけん引。投資判断の上げを受けたGSが1.98%上昇、JPモルガンも1.5%それぞれ上昇。銀行株への警戒感が後退したことも市場の安心感につながりました。業種別は、アルミ、輸送サービス、銀行、バイオテクノロジー、ヘルスケア、半導体などが上昇。損保、水道事業、宅配サービス、鉱山などが下落。

 NYダウは続伸。昨年8月安値に対する2番底固めの動きが続いています。一時、下落中の25日線を意識し、伸び悩む場面がありましたが、引けにかけ買われ、同移動平均線を上回って終わってきており、先高感を強めています。MACDは1月28日に買いシグナルを出したまま、。現在も強気を続けており、他の指数に較べた強さが目立ちます。この日は、S&P500もMACDが買いシグナルを発信。25日線もわずかに上回ってきました。NASDAQ総合指数もMACDが買いシグナルを発信したものの、依然、25日線を下回ったままの状態。先週のWEB関連企業の受注減を企業が守りの経営に入ったシグナルとみて、市場は気にしているようです。

 米国株は続伸。3日続伸して底入れ感が期待された欧州株は、銀行への警戒感が続き、3日ぶりに反落しています。円は、産油量凍結に関する4か国合意の実現性への疑問から価格が下落した際に一時、リスク回避から買われる場面があったものの、堅調な米株を受けた長期金利の上げを受け、対ドルは114円台に下落。対ユーロは市場への警戒感から127円台に上昇。CME日経平均先物は、前週末から上昇したものの、大証先物終値比では円の上げを嫌気。110円安の1万5930円で帰ってきました。本日の日本株は、CME日経平均先物終値にさや寄せし、下落して始まったあとは、海外市場を見ながらの神経質な動きになりそう。ほぼ買戻しが一巡したことから、市場は、買われ過ぎ銘柄を売り、売られ過ぎ銘柄を買うリターンリバーサルの動きを強めています。ただ、昨日の空売り比率が42%と高水準にあるように、依然、海外投機筋の動きが警戒されるところ…。ここからは、国内投資家の動きがカギに…。決算発表の一巡から、内需系銘柄の高進捗率銘柄の押し目買い方針を継続。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

本日の日本株は、欧州株高に加え、中國株高や円安を好感して続伸したものの、自社株買いで急伸したソフトバンクの上げが、指数をかさ上げ。
 今日の動きは、目先的なポイントになるとみましたが、ややこしい終わり方になりました。1万6000円の大台をキープ、かつ、陽線で終わったことは、評価できますが、昨日、今日と二日にわたり相場の急所である1月21日安値(1万6017円)付近で上影を残して終わって入りことをみても、かなりこのゾーンを意識していることがわかります。今日も、昼過ぎに、この日の高値1万6341円を取ったあと、急に円が上昇をはじめ、同時に先物が下落をはじめ、日経平均が急速に上げ幅を縮める展開になっていました。昨日の、先物手口で、海外投機筋の機関店と思われる外資系証券の売りが目立つ、としましたが、今日も、日経平均、TOPIXとも先物は売り越し…。しつこく売りを続けているようです。先週一週間で約4000枚ほど売り玉が減っていましたので、安心していましたが、どうやら今週に入ってまた、売りを積み始めたようです。先週まで、無茶な売り仕掛けをやって、今後の政策遂行の障害になるような位置まで下げてきましたので、今後は、政治を敵に回すことになりますので、余り、無茶はしないと思っていたのですが…。まあ、警戒しながら動きを追跡していきますか。

 とりあえず、明日の相場で三本目の陽線をつけ、底型である「赤三兵」をつけられるかどうかが、勝負になります。今のところ、原油先物価格の上げを受け、欧州株は3日続伸。3連休明けになる米国株も、今のところGLOBEX市場では、ニューヨークダウ先物は240ドル高で推移。明日の相場への期待感を強めていますが、日経平均先物は、大証先物終値を80円下回る1万5960円で推移。出来高も8万枚を超える商いになっており、欧米株が強いのに、日本は弱いと言う格好になっています。投機筋はこれまで、CMEの日経平均先物の動きを操作し、翌日の日本株を誘導する動きをしてきています。心配し過ぎかもしれませんが、警戒しておくに越したことはありません。別に、弱気を書いているわけではありません。今回の下落の意味合いなど、今後の流れについては、レポート直近号でも書いていますので、参考にしておいてください。ただ、昨年、9月~10月の戻り相場でも、先物売り越し玉はそのままになっていて、その後、12月以降の売り仕掛けにつながっていますから、警戒しておくに越したことはありません。おかしな話が流れだし、マスコミが追随するような動きが出てくると、また、国内投資家がマリオネットの操り人形みたいになってしまう恐れがでてきます。まあ、しっかりした自分の相場観で行動することが大事ですね。

 本日の日本株は、GLOBEX市場の日経平均先物が、大証先物終値を15円下回っていたことや、前日、1000円を超える上げ幅になっていたことから、売り先行でスタート。売り一巡後は、買戻しや短期筋の目先狙いの買いに、前日引け値水準を回復。中国市場待ちの動きになりましたが、中國人民銀行が人民元基準値をわずかに引き下げたものの、上海市場株が、融資の記録的な伸びなどを好感して上昇すると、これまで下落のきつかった金融や不動産などに買いが入り上げ幅を拡大。昼過ぎには、この日の高値1万6341円(前日比319円高)をつけていました。後は、前段でも書いたように、「先物売り・円買い」の売り仕掛け的な動きも入り、上げ幅を縮めていました。

 結局、日経平均は31円80銭高(0.20%)の1万6054円43銭、TOPIXは4.71ポイント高(0.37%)の1297.01ポイントと、ともに小幅続伸。出来高は、前日比1.21億株減の31億5864万株、売買代金は2688億円減の2兆8848億円と、減少。騰落状況は、値上がり965、値下がり873。業種別は、食料、電気ガス、空運などこれまで堅調だった業種を中心に14業種が下落。一方、保険、不動産、証券、銀行などこれまで売られてきたものを上位に19業種が上昇。リターンリバーサルの動きが強まったようです。VI指数は、1.97ポイント下げ、38.75ポイントに低下したものの、依然、高水準。

 今日は、5000億円規模の自社株買いを発表したソフトバンクグループの上げで指数を82円かさ上げ。実質的には、日経平均はマイナスでした。海外で、円相場が113円台に上昇。GLOBEX市場の日経平均先物は、次第に上げ幅を縮小。1万5820円台(大証終値比220円安)をつけています。まあ、海外投機筋の連中、まだ、ごちゃごちゃと動いていそうですね。景気対策の一環として、中国のように政治が投資筋と対決する姿勢を示したらどうでしょうかね。もっとも株安が、需給要因で下げているという意識はないでしょうけど…。今回のレポートで、マイナス金利の効用について書きました。ソフトバンクの自社株買いは、本来は、ベンチャー企業への出資など将来への投資に使うとしていたはずですが、急に自社株買い転換してきました。このほかにも、新日鉄住金、ファナックなど急に増えてきましたね。もしかしたら、レポートで書いた動きが始まってきた野かも…。とにかく、全体は、明確な底入れサイン確認することを最優先にするところ…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

米国市場は休場だったものの、欧州市場やGLOBEX市場の米株先物は、銀行株への見直し買いや中国の人民元高維持を好感し、大幅続伸して週の取引をスタート。
 おはようございます。 昨晩は体調不良で病院に行っていましたので、書き込みができませんでした。どうやら、久しぶりにダンピング症状がでたようでした。株価が急伸した安堵感もあったのでしょうか。

 さて、昨日の米国市場は、「プレジデンツデー」で休場。欧州市場は、通常通りの立ち会いでしたが、ECBのイタリアの不良債権買い上げ方針、追加利下げ方針に加え、中国人民銀行が元相場を維持する方針を示したことや、李克強首相が「危機の前兆があれば、すぐに手を打つ…」と発言したことなど、中国への懸念が薄らいだことも支えとなり、イタリアやギリシャの銀行株が主導して、上昇。英国FTSE指数は、2.04%、ドイツDAX指数は、2.67%、フランスCAC指数は、3.01%それぞれ、続急伸しています。
 これを受け米国株先物も堅調に推移。主な動きは下記の通り(ブログ書き込み時点)。
 15日の米先物市場動向
 ニューヨークダウ         1万6214ドル      +211ドル
 S&P500             1885.26ポイント    +27.0
 CME日経平均先物       1万5925円       -15円
 ニューヨーク原油         29.76ドル        +0.32ドル
 GOLD               1209.1ドル        -30.0ドル 
 ドルインデックス          96.68          +0.48


 リスクオフ気運の後退から、円の対ドル相場は114円60銭台に下落。対ユーロは127円80銭台に小幅に下落。CME日経平均先物は、大証先物終値を15円下回る1万5925円で帰ってきました。レンジは、1万5460円~1万6155円。出来高は、5万5700枚。
 本日の日本株は、前日、急伸した後だけに、模様眺め気分が強まり、中国市場やGLOBEX市場の米国株、原油先物を見ながらの神経質な動きになりそう。昨日は、大型主力株への買戻しが全体をリードしましたが、決算発表の一巡で好業績株の見直し買いの動きが強まりそう。今期、来期にかけ収益見通しのの明るい人手不足関連、中小企業支援関連の押し目買い。

 昨日の日本株は、ドイツ銀行の債権買戻し方針を受け金融機関への不安が後退。欧米株が急伸した流れを受け、買戻しが増加。先週までの、投機筋の売り仕掛け→裁定解消売り→機関投資家の先物ヘッジ売り→個人投資家の信用見切り売りという負の連鎖による動きが逆回転した影響が大きいものと思われます。ただ、これまでにも書いてきましたように、昨年8月から売りを積み重ねてきた海外投機筋にとっては、どこかで買戻しの場を演出する必要がありましたが、先週前半から流れてきた、ドイツ銀行の高リスク社債(COCO債)の利払い懸念(今年は大丈夫だが、来年は危ない…という、わけのわからない情報)が台頭。加えて、最近、業界紙の親玉みたいな動きが目立つ経済専門誌がネット記事で、(簿外でエネルギー関連のデリバティブの巨額な含み損があるのでは…といわれる)ドイツ銀行に関する記事で、550兆ドルのデリバティブ取引に関する警戒的な記事を併載。550兆ドルという金額は、世界銀行がまとめた世界のデリバティブの総額ですが、この記事がドイツ銀行に関する過剰な警戒感を産み、「日本の銀行も含み損を抱えている…」とありもしない噂を投機筋に流されて、国内投資家まで邦銀株を売り出す始末に…。

 まさに、投機筋の思惑通りに、国内投資家は、先週、総弱気となりました。先週末の日経平均先物売買は、ラージとミニを合わせ25万枚の出来高…。為替が思ったほど円高に進ま無かったところを見ると、海外投機筋が国内投資家fが総悲観になって先物や銀行株に売り物を出すなか、悠々と「円売り・株先物売り」のポジションを手仕舞ったのでしょう。まさに、術中にはまった、という感じですね。昨日の急伸は、先週、恐怖感に駆られて先物でヘッジ売りした国内投資家が、外部環境が一転したために、慌てて、買戻しをした、ということではないのでしょうか。ただ、昨日の手口を見ると、CTA(商品投資顧問)につながる欧州系証券の売り手口が目立っており、まだ、売りから撤退したかどうかは、不透明…。昨日の上げに安心して、政策当局が手を抜くと、また、アルゴリズム取引が動きだし、下押し圧力がかからないとも限りません。まあ、しばらくは、指数売買と関係のないところで、今期、来期の業績見通しの明るいところを、丹念に拾うことでしょうね…。でも、海外の投機筋は、思うようにツボにはまる日本の投資家は「カモ」ですね。まず、取引所などの監督当局が、投機筋が過剰な動きをしないように、レバレッジの引き下げなど先物取引の投機性を減らすことから始めるべきでしょうね。取引所は「流動性」を強調しますが、ただでさえ操作性がある欠陥商品の高いレバレッジを維持するのは、流動性以上の損失を市場にもたらしています。早く、何とかしてほしいですね。

 まあ、せっかく立ちなおりそうな相場に水を差すつもりはありませんが、これだけ上げても、海外投機筋のコンピューター売買が市場を支配している構造には何の変化もありません。個人投資家は、流動性のないところに活路を見出すのが懸命な策かもしれませんね。とりあえず、一日で1万6000円の大台を回復したことは、上出来でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

週末の米国株は、欧州株高や原油急伸、予想を上回る小売売上高などを好感した買戻しから、主力3指数とも急反発して終了
 おはようございます。
 今月末のG20で資本市場での投機的な動きについて議論する…としただけで、流れが一変しました。昨日も書きましたように、コンピュータでいろんな市場を網羅して売買していることから、一つが、逆回転すると、原油、為替、株式とも相場が急変してきます。まあ、それだけ今回の市場の波乱に、高速回転商いが関係していたということなんでしょう。まだ、流れが転換したとは言えませんが、昨日の急落相場で投資筋にみすみす買戻しの場を提供した国内投資家はなくに泣けない状態になるかもしれませんね。
 決算も山場を越えましたが、相変わらず日本の経営者の縮み志向が目につきます。目先の波乱を見て、ビビっています。おそらく、先行きの状況が悪そうだから、「賃上げはちょっと…」、何がおきるかわからないから「内部留保には手をつけず、守りに徹しよう」ということになるんでしょう。ここで、次のステップへ向けての布石を打つかどうかで、同業種内での企業間格差を拡大することにつながるのですが、「よそがやってないのに…」と相変わらずの横並び意識で縮んでいくんでしょう。アベノミクスの根幹は、財政、円安で景気を浮揚した後、民間企業に景気浮揚をバトンタッチするというものですが、肝心の企業が動かないのでは、機能するはずもありません。一昨日、JPモルガンのダイモンCEOが身銭の30億円を切って50万株の自社株を購入。弱気すぎる投資家を勇気づけましたが、こんなしゃれた芸当が日本の経営者にできないものでしょうか…。まあ、できればとっくの昔に、民間が動きだし、景気ももっと上向いていたでしょうが…。経営者も輸入したほうがいいかも…。


 12日の米国市場動向
 ニューヨークダウ       1万5973ドル84セント     +313ドル66セント(2.00%)
 NASDAQ総合指数     4337.51ポイント        +70.67ポイント(1.66%)
 S&P500           1864.75ポイント        +35.70ポイント(1.95%)
 CME日経平均先物     1万5410円           +610円
 10年物国債金利       1.7480%            +0.1040%
 ニューヨーク原油       29.49ドル            +3.23ドル
 GOLD             1239.40ドル          -8.40ドル
 ドルインデックス        95.97              +0.36   


 昨日の米国株は、UAE(アラブ首長国連邦)石油相が、加盟国と非加盟国との会合に前向きな発言をしたことから原油価格が急反発したこと、渦中のドイツ銀行が6000億ドル相当の社債買い取り計画を発表したことを好感し、欧州株が急伸した流れを受け、買いが先行。この日発表された小売売上高(1月)が予想を上回り米国経済の底堅さが確認されたことも好感され、最近売り込まれてきた金融株などに買戻しの動きが強まり、終日上げる展開に…。前日、JPモルガンのダイモンCEOが悲観色を強める投資家に対し、約30億ドルを投じ50万株の自社株を実施して、アピールしたことも安心感につながったようです。この日のJPモルガン・チェースの株価は8.3%高と、指数採用銘柄中、ダントツの上昇率になりました。また、この日発表された米国内の稼働リグ数が28基減の439になったことも、原油価格の上げにつながり、投資家の安心感を誘っていました。主力3指数とも引けにかけ上げ幅を拡大する動きとなり、結局、大幅に反発して終わりました。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり2507、値下がり659(NASDAQ市場は、2144-707)。VIX指数は、2.74ポイント下げ25.40ポイントに低下。

 ダウ30種は、採用のすべてが上昇。CEOの果敢な自社株会を好感したJPMモルガンが、8.3%上昇。GSが3.87%、トラベラーズが3.6%、AMEXが3.0%、VISAが2.85%、それぞれ上昇するなど金融関連が指数の上げをリード。原油の上げをうけた、キャタピラが2.86%、シェブロンが2.94%上げるなどエネルギー関連も堅調。採用銘柄中12社が2%超えの上げ。業種別は、銀行、金属、モーゲージファイナンス、鉄鋼、損保などが上昇。軍用機製造、紙パルプ、個人用品、金融サービスなどが下落。

 NYダウは反発。前日の下落分を埋めたものの、1万6000ドル大台を回復するには至りませんでした。引き続き、昨年8月安値に対する2番底を意識した動き…。25日線の対応点が高く、週明けも移動平均線の下落が続くため、株価圧迫が続きますが、後半には横ばいに転じてくる可能性。移動平均線上に出るチャンスでもあり、来週の動きは要注意。弱気と強気の綱引きが続いている原油相場が、どちらに振れるかがカギをにぎりそう。NASDAQ総合指数、S&P500は昨年8月安値を下回っており、先行きは、ニューヨークダウの動き次第…か。

 米国株は反発。円は、強い米景気指標やリスクオフの後退から、対ドルは113円20銭台に下落、対ユーロは127円40銭台と横ばい。CME日経平均先物は、相場環境の変化を受け大証先物終値比610円高の1万5410円で帰ってきました。レンジは1万4770円~1万5485円。出来高は、前日比約4万5000枚増の12万3902枚。週明けの日本株は、欧米株高を受け、買いが先行。CME終値にさや寄せし急伸して始まりそう。中国本土市場が春節明けで再開されるほか、先物筋の動きも焦点に…。詳しくは明日発信のレポートで解説します。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

週末の日経平均は、海外株安や円急騰を嫌気した売りに加え、国内投資家の信用買いの投げや先物ヘッジ売りなどから、3日続落して終了
 本日の日経平均は760円78銭安(4.84%)の1万4952円61銭、TOPIXは68.68ポイント安(5.43%)の1196.28ポイントと、ともに3日続落。出来高は、オプションSQの関係で、前日比8.55億株増の47億0416万株、売買代金は6465億円増の4兆1833億円に増加。騰落状況は、値上がり53、値下がり1877。VI指数は5.69ポイント上げ49.84ポイントに上昇。ピークは50ポイント台をつけ昨年8月の中国人元切り下げショックを上回っており、先行き懸念もピークに達した…?
 今日の引け値での日経平均、TOPIXサイコロは、ともに4勝8敗(33%)で変わらず。RSIは、日経平均が47%→30%、TOPIXは46%→31%に、それぞれ低下。再び、底値圏の40%を割り込んできました。25日線かい離率は、日経平均が-8.8%→-11.87%、TOPIXは、-9.25%→-13.45%。異常値のレベルに入ってきました。騰落レシオは58%→56%に低下。

 やっと一週間が終わりました。正直、精神的に疲れました。オイルショック、ブラックマンデー、バブル崩壊、ITバブル崩壊、リーマンショックと、いろんな危機を経験してきましたが、今回の下げばかりは、過去の経験則が通用しない性質の悪いもののような気がします。レポートでは、昨年8月の中国危機以降の海外投資家の日経平均先物の売りを追いかけてきましたが、昨年末の段階でも高水準の売り残が残っていたほか、過去、米国が金融引き締めを示唆すると、ドル安(円高)になるケースが多く、年明けは指数に絡んだものは警戒したほうが良い…として、指数売買の影響を受けにくい小型成長株を中心に注目してきましたが、1月から2月初めまでは何とか乗り切ってきたものの、最近の、指数の下げのすさまじさに、足を引っ張られて沈んでしまいました。CTA(商品投資顧問)とみられる海外投機筋が昨年来積み重ねてきた株先物売り残を種玉とし、昨年末頃から、売り仕掛けをスタート。シカゴIMM通貨先物市場で円買いを進めるとともに、日本でも「株先物売り・円買い」のウリ仕掛けを再開。下げが勢いを増すとともに、トレンドフォロー型のヘッジファンドなどの投機筋が参戦。売りの規模が拡大したことが、年初来の下げを加速した要因でしょう。

 CTAに関しては、世界のいろんな市場や商品を対象に24時間稼働のコンピューターで売買を繰り返しているといいます。スタッフを採用する場合にも経済や投資の知識や能力を持つ人は無用で、もっぱら、コンピュータやシステム構築などの能力を持ったものを重用するといいます。コンピューターが無機質にトレンドにしたがって売買しますから、PERやPBRなどは一切無視され、トレンドが転換するまでは、売りを積み重ねていくやり方のようです。最近の動きを見ていれば納得ですね。ただ、1月29日の日銀のマイナス金利の採用があった翌週は、日経平均先物を649億円、TOPIX先物は4424億円買い戻しており、本来なら、このあとスパイラルに買戻し相場が続くかもしれなかったはず。しかし、この時に欧州でドイツ銀行の経営不安の話が浮上。リスク回避の円買いが起きたほか、米景気後退懸念や世界的な金融波乱を受けた利上げ後退観測が台頭。再度、円が買われ始めたことが、再び、「株先売り・円買い」となり、今週の大幅安につながったのではないでしょうか。特に、今週は、国内投資家の間に、追証の発生懸念による投げや機関投資家の損失カバーの先物売りなどが入り、下落幅を拡大した部分もあり、下げの中身は変わりつつあるような気がします。おそらく、今週の下げの過半は国内投資家のウリによる自壊的な色合いが濃そうです。

 大量の売り玉を保有する海外投機筋だって、これだけ市場が波乱してくると、日銀や政権が何を仕掛けてくるかわからず、国内投資家の売りに対し、買戻し玉をぶつける動きにでてくるはず。先ほど紹介した先物売買の内容にみるように、すでに2月第1週から流れが変わり始めてきました。また、今日の先物手口を見ても、CTAの機関店と見られる欧州系証券は買い越し…。まあ、自分の「ふところ勘定」で相場をみるのもいいですが、これだけ相場が波乱してくると、投機筋だって毎日薄氷を踏むような状態のはず。こんな時に、先物売りを出したりすれば、まさに「ごっつあん」で買戻しをされるんでしょう。

 とにかく、これまでの経験則が通用しないといっても、いつかは投機筋も買いもどしをしなければなりません。それも、コンピュータ売買ですから、買戻しが始まったら今度は株価が急騰。上向きのトレンドが確定したら、今度は買いを積み重ねていくことになります。今日の解説を見ていると、PERがPBRが…といっていますが、コンピューターによる高速回転商いが相場を形成しているという視点がかけているような気がしますが…。これは、たとえ話ですが、日銀が、毎日500億円ずつ先物を買う…と宣言したら、一気に売り玉が巻き戻され、さらに円も買い戻され、株と為替の問題が一気に片が付くよう無きがしますが…あまいでしょうか。

 相変わらず、今回の市場の原因探しが続いているようですが、以前から書いているように、最大の原因は、金融危機を引き起こした大手銀行を、規制でがんじがらめにしたこと…。本来、デリバティブなど自己売買を使い逆張り投資家としての機能を果たしていたものを、手足を縛って動けないようにしてしまったことにあります。オバマ大統領は、ドット・フランク法をたてに、さらに規制を強化しようとしていますが、さらに規制を強化すれば、ただでさえ窒息状態にある世界の金融市場から、さらに酸素を奪うことにもなります。米国の大統領選挙で共和党が勝てばこの問題も解決されるのでしょうが、民主党が勝つと…。

 テクニカルな動きや、日銀のマイナス金利が市場に及ぼす影響など、詳しいことは、日曜日発信のレポートで解説します。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

昨日の米国株は、欧州銀行への不安が波及。大手銀行株などが売られ、一時、大幅安したものの、底堅い雇用指標を受けた押し目買いから、下落幅は縮小して終了
 おはようございます。
 昨日は、日本の休日を狙ったかのような円買いや株先物売りで、市場は大荒れになりました。一昨日の議会証言とことなり、この日、イエレン議長は、マイナス金利の採用の可能性に言及。さらに、「「政策でドル高を考慮」するとも発言。米経済を圧迫しているドル高の是正をにおわすような発言をし、欧州市場で円は一時110円台まで急伸する場面もありました。昨晩書きましたように、9日間で10円超えも上昇する異常な動きに対し、今日は何らかの対応が予想されることから、ある程度ドルを買い戻す動きも出るのでは…としましたが、やはり、為替介入の噂がながれ、やや円安に振れて終わりましたが、株先物に関しては、思ったほどの反応が出ていないようです。CTAなどの投機筋が介入していることは、書いてきましたが、この間の一方的な下げで、他の投機筋も参戦してきており、加速度がついてきた格好。ただ、相場的にはポジションが弱気一辺倒に傾いていることから、ちょっとした材料で流れが変わりやすくなっているのも事実…。反転待ち。でも、今回の為替の変動は、安倍首相の登場で日本が脱デフレを図るため円安政策を採用することを米国が容認。ドル高を容認し、米国への輸出を増やし、日本経済の立て直しを図るという助け舟があったとも言われています。しかし、3年の猶予期間が明けたことから、修正が始まったとの見方も…。もともとのアベノミクスの柱は、為替の円高修正と財政出動で時間を稼いでいる間に、民間企業が投資を増やし、景気上昇や物価上昇の役割を担う方向に転換する…というものでしたが、結局、デフレや円高にさいなまれてきた経営者が前向きになれず、時間切れになってしまった、ということでしょうか。やはり、日産のように、海外から経営者を招き荒療治するしかないのでしょうかね。

 11日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        1万5660ドル18セント      -254ドル56セント(1.60%)
 NASDAQ総合指数      4266.84ポイント         -16.76ポイント(0.39%)
 S&P500            1829.08ポイント         -22.78ポイント(1.23%)
 CME日経平均先物      1万5195円            - 475円(10日の大証終値比)
 10年物国債金利        1.6440%             -0.0610%
 ニューヨーク原油        26.21ドル             -1.24ドル
 GOLD              1247.80ドル            +53.20ドル
 ドルインデックス         95.59               -0.24 


 昨日の米国株は、欧州株がドイツ銀行への経営不安などから大幅下落した流れを受け、売りが先行。大幅続落して始まりました。欧州金融不安を受け、金融株を中心に売られたほか、世界景気への不安からGEやユナイテッドテクノロジーなど多国籍企業も売られ、寄り後まもなく、ニューヨークダウはこの日の安値1万5503ドル(前日比411ドル安)をつける場面もありました。ただ、この日発表された新規失業保険申請件数が、予想を大はばに下回る減少になったことから、市場の波乱にもかかわらず雇用が堅調に推移していることを確認。1万5000ドルの大台を割り込まなかったことから、押し目買いが入り、底堅い動きに転換。昼過ぎに、再度、大台を試すような動きがあったものの、大台が維持されたことから、次第に押し目買いが優勢となり、引けにかけ下落幅を縮小。結局、ニューヨークダウとS&P500は5日続落。NASDAQ総合指数は、反落したものの。一時はプラス圏に浮上する場面も…。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり595、値下がり2568(NASDAQ市場は、872-1971)。VIX指数は、1.85ポイント上げ28.14ポイントに上昇。

 ダウ30種は、値上がり3、値下がり27。予想を上回る決算と自社株買いを発表したシスコシステムズが9.64%上昇。業績への見直しからディズニーが1.64%上昇。原油安が事業部門にプラスに作用するエクソンが0.32%上昇。一方、会計上の問題から証券取引委員会の調べを受けているボーイングが6.8%下落。欧州の流れを受け、GSが4.44%、JPモルガンが4.41%、AMEXが2.26%、VISAが2.39%下落するなど、金融関連が下落。採用銘柄中10銘柄が2%超えの下落になり、指数の足を引っ張りました。
業種別は、メディア、通信、テクノロジーハード・機器、ドラッグストアなどが上昇。銀行、保険、紙パルプ、航空機製造などが下落。

 ニューヨークダウは、5日続落。結局、25日線の下落圧力に抗しきれなかった格好。ただ、1月20日の安値を切らなかったことから、昨年8月24日安値に対する2番底の可能性が維持されていることが投資家の期待感を支えているようです。この日の52週来安値更新銘柄数は709となり1月安値水準と並んできており、売られ過ぎ感が意識されやすいところ…。国際協調体制の再構築など、手掛かり材料待ちの展開。

 米国は続落。円は、リスク回避の動きや欧州銀行不安などから、主要通貨に対し独歩高の展開となり、対ドルは112円50銭台、対ユーロは127円30銭台にそれぞれ続伸。CME日経平均先物は、10日の大証先物終値(1万5670円)比475円安の1万5195円で帰ってきました。レンジは、1万5015円~1万5610円。出来高は、前日比約49000枚減の7万9025枚。本日の日本株は、欧米株安を受け大幅続落して始まりそう。CME日経平均先物終値にさや寄せして下落した後は、下値を模索する動きになると思われるものの、最近の急激な市場の変動から、金融当局や政策当局からの介入的な動きも予想されることから、投機筋としても売り込みにくい展開になりそう。昨日のCMEの出来高は少なく、まだ売り切った、という感触が無いことが気がかり。引き続き、先物筋の動き、GLOBEX市場の米株、原油にらみの展開に…。当面は、市場の落ち着き待ち…。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

イエレン議長の議会証言の不明朗さやドイツ銀行が新たに巨額の評価損を計上する思惑から、為替、株式市場は急変。わずか一日で市場の風景は一変した。
 今日は休日で、のんびり読書でも…と思っていたら、市場は大荒れになってしまいました。たった一日で、世界が変わってしまったような感じです。朝方は静かだったのですが、再開した香港市場が急落し安値を更新したころから荒れ出し、他のアジア市場も下落すると、円買いが始まり、112円台に上昇。これを受け、CME日経平均先物も崩れだし、スパイラル的に下落。アジア市場が終わり、欧州市場が始まることになると、資源大手のリオティントが大幅減益決算を発表。減配を示唆したことから欧州株が軟調にスタート。昨日は、今回の波乱相場の震源の一つであるドイツ銀行が、高リスク社債(COCO債)の買戻しを臭わせたことで、欧州市場は全面高しましたが、今日は一転して、同銀行が売却計画を進めるポストバンクに関し、巨額の評価損を計上する可能性があることを示唆。今日は、一転して欧州株が全面安。米国株先物にも飛び火し、GLOBEX市場のニューヨークダウ先物は300ドルを超える下落になっています。

 この市場の急変を受け、円は主要通貨に対しリスク回避通貨として買われ急伸。一時、110円98銭と、111円大台さえ割り込む急騰。CME日経平均先物も円高を嫌気して売られ、一時、1万5035円と、1万5000円の大台割れ寸前まで売られています。昨日の大証先物終値が1万5670円ですから、この段階で635円安。今後の成り行き次第では、為替、株価ともに大台を割り込むリスクが出てきました。日本市場が休みのところに悪材料が出た…という運の悪さも感じますが、むしろ、日本市場が休日で動けないところを狙って投機筋が仕掛けた…という見方もできます。円の対ドル相場は、1月29日の日銀のマイナス金利採用以来、わずか9日で10円を超える上昇です。単に、リスク回避の動きだけでは説明できない上昇で、以前から、シカゴの通貨先物市場も絡め日本株売りを進めている投機筋が動いていることは確かでしょう。

 ただ、これだけ短期間に急変した以上、明日は、日銀や政府から何らかの対応が出てくることは必至。場合によってはレートチャックや、マイナス金利の拡大だってあるかもしれません。また、臨時のG7財務相・中銀総裁会合もあるかもしれません。場合によっては、アベノミクスの根幹が崩れようとしているわけですから、より強い対応もあり得ます。投機筋を封じるような動きもあるかもしれませんので、朝までの間にまた流れが変化することも想定しておく必要がありそう。スェーデンが、今日、マイナス金利幅を-0.35%から、マイナス0.5%に引き下げてきましたが、日銀の動きはどうなるか…。
 2014年9月に110円で一山つけているほか、2013年5月、2013年12月高値を、それぞれ結んだラインが110円台をとおっており、下値支持が期待されますが、パニック的な円買いになれば、支えるだけの力があるかどうか…。あくまでも需給の問題のような気がするのですが、市場に知られていない潜在的な悪材料があるかもしれず、まずは静観…か。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

昨日の米国株は、欧州株が上昇したことや、FRB議長の議会証言を好感して、一時。上昇したものの、原油安を受けたエネルギー株の下落から、高安まちまちで終了
 おはようございます。
 昨日は米国で注目のイエレンFRB議長の、議会証言が行なわれます。世界市場の混乱に配慮し、利上げのトーンは緩めたものの、米国の景気は堅調に推移しており、引き続き、景気指標を見ながら利上げを続けていくとの方針を示しました。一時は、引き締めのスピードを緩めることを好感したものの、利下げに関する質問に対し、否定的な発言をしたことから、市場はタカ派色を感じ取って、次第に失望感をあらわにしていました。最後はいつも通り原油価格に関心が戻り、OPECの月報で需給の悪化が示されると、株価も下落に転じています。まあ、今回の議会証言でも立ち直りのきっけけをつかむことはできなかった…ということですね。それどころか、3月利上げが遠のいたことや、市場の先行き懸念から、リスク回避資産として円が買われ113円台に上昇するという、事態に…。なかなか日本株への逆風がやみませんね。そろそろ政治の出番ですが、国会の動きを見ると、7月の参院選を思惑しているのか、景気対策論議は後回しにして、政権の足を引っ張ることに野党は終始しています。黒田日銀総裁が、マイナス金利という毒薬を飲んででもデフレへの後退を避けたいとしているのに、政権側は、もう一つ経済への関心が薄いように思われます。海外投機筋は、この温度差を突いてきているのではないでしょうか。そろそろ、消費税をどうするか…安倍首相の決断を市場が催促しているよなきがします。

 10日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         1万5914ドル74セント      -99ドル64セント(0.62%)
 NASDAQ総合指数       4283.59ポイント         +14.83ポイント(0.35%)
 S&P500             1851.86ポイント         -0.35ポイント(0.02%)
 CME日経平均先物       1万5545円            -125円
 10年物国債金利         1.7050%              -0.0240%
 ニューヨーク原油         27.45ドル             -0.49ドル
 GOLD               1194.60ドル            -4.0ドル
 ドルインデックス         95.88                -0.17


 昨日の米国株は、欧州金融不安の焦点だったドイツ銀行が、高リスク社債の買戻しを検討している、と伝えられたことを好感。欧州株が上昇した流れを受け継ぎ、反発してスタート。イエレンFRB議長の議会証言に先立ち公表された準備原稿で、3月利上げ懸念が後退したことから、一段と買い進まれニューヨークダウは、寄り後まもなくこの日の高値1万6201ドル(前日比187ドル高)をつける場面もありました。ただ、議会証言で、米景気は強く、ゆっくりとした利上げを容認する、としたことや、議員の利下げ要求を否定したことなどがイヤケされ次第に上げ幅を縮小。前日引け値を固めるような動きになりましたが、引け近くに、OPECの統計で2015年が日量202万バレルの供給超だったことが伝わると、エネルギー株が売られ、引けにかけ下落。引け間際に1万5899ドル(115ドル安)をつけていました。結局、ニューヨークダウとS&P500は4日続落。NASDAQ綜合指数は4日ぶりの反発で終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1664、値下がり1466(NASDAQ市場は、1411-1418)。VIX指数は、0.25ポイント下げ26.29ポイトに小幅に低下。

 ダウ30種は、値上がり10、値下がり20。業績好調なナイキが3.11%、ドル安好感のVISAが2.66%、それぞれ上昇。ディフェンシブ系のユナイテッドヘルスが2.42%、ファイザーが1.34%、メルクが0.75%、それぞれ上昇。一方、好調な業績を発表したものの系列のCATV子会社の懸念からディズニーが3.76%下落。WEB関連投資への懸念から、IBMが3.3%、インテルが2.1%、それぞれ下落するなど、9銘柄が1%超え下落し指数の足を引っ張りました。業種別は、タイヤ、生活必需品、空運、医薬品、ヘルスケア・同サービスなどが上昇。エネルギー、貴金属、半導体・同製造装置、非鉄などが下落。

 NYダウは、4日続落。引き続き下落中の25日線を上値抵抗として意識する展開が続いています。この日は1月25日以来の1万6000ドル大台割れでの終わり。下げ止まり感を見せていた原油価格が再び軟調になり始めたことが、下落圧力に変わり始めたようです。NASDAQ総合指数は、プラスで終わったものの、3日前に空けた窓を閉めた後、陰線で終了。下値不安が強い終わりになっています。決算発表後に材料不足となるため、そろそろ、ポジティブな材料が欲しいところ。

 米国株は高安まちまち。円は、米国の3月利上げ懸念が後退したことや、米株下落にともなう安全資産買いから、対ドルで113円50銭台に続伸、対ユーロも、128円10銭台に急伸。円の独歩高の色彩が強まりました。CME日経平均先物は、円高の進行を嫌気し大証先物終値を125円下回る1万5545円で帰ってきました。レンジは、1万5415円~1万6215円。出来高は、前日比1万5000枚増の12万7752枚。これまで、CME市場で安値を更新させ、翌日の日本市場で指数を押し下げる動きがありましたが、この日は久しぶりに、昨日の大証安値(1万5410円)を下回らずに取引されていました。なにか、投機筋の動きに変化が起きているのでしょうか。今日の日本市場は休場ですが、明日の朝にオプションSQを控えており、引き続きGLOBEX市場の動きを注視しておく必要がありそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

本日の日本株は、欧米株安や円高を材料にした売り仕掛けから、見切り売りが増加。大幅続落して終了
 今日も良く下げましたね。朝の書き込みで週末のオプションSQがらみの仕掛けをするのは、明日が休みのため今日が最終になる…としましたが、予想通り、寄り後しばらくして、「株先物売り・円買い」のウリ仕掛けをしてきましたね。円が買われ114円台に入るとともに、裁定解消売りで指数が下げ始めると、きっちり投機筋の思惑通り、恐怖心にさいなまれた国内投資家の投げが始まり、今度は追証の発生を恐れた個人が信用を投げ売りし、さらに下落する…という、スパイラルな下げ相場になりました。今日の先物の値幅は750円。昨日は、寄り付きから安かったので380円しか値幅が出ませんでしたが、今日のCME日経平均先物を、1万5820円まで、売り込んでおきましたので、今日は、これを目標に売り仕掛けができた、ということですね。おそらく、それ以下の1万5410円までの下げは、投げ商いや機関投資家のヘッジの先物売りで作ったものかもしれません。

 ただ、朝の書き込みでも、今晩、イエレンFRB議長の議会証言を控えており、引けにかけてはポジション調整の買戻しが入るかもしれない、としましたが、やはり買戻し的な動きから引けにかけては284円の戻しをやっていました。今日、引けにかけ戻りが出るかどうか注目していましたが、想定通り買戻しの動きがでてということは、この相場は投機筋が裏で動いていることになります。レポートでも書いていますように、昨年8月21日の中国元切り下げショック以来の海外投資家の先物売買を日経平均に限って追跡していますが、1月末売買分までに3兆7540億円売りに対し、1兆3040億円の買い。累積で2兆5570億円の売り越し残がありました。おそらく、8月だい3週から8月末にかけて売った1兆9500億円が種玉みたいな扱いになって、売り仕掛けをしているものと思われますが、これだけ相場の下落に弾みがついてくると、ヘッジの先物売りや投げも増加しますから、どんなにまとまった玉も容易に買戻しができるはず…。昨日、今日の相場はもしかしたら、こんな動きが始まっているのかもしれません。もしそうだったとしたら、あちこちから流れてくる弱気材料に踊らされて一生懸命売っている人が、投機筋には「○○」に見えているかもしれませんね。

 まあ、まだ一週間が終わったわけではありませんから、どうなるかわかりませんが…。ただ、同じように仕掛け的な動きがあって下落した時の、底値圏での日経平均予想PERですが、14年5月底は13.46倍、昨年9月21日時点では13.32倍で、投機筋は買戻しに動いています。今日の安値(1万5410円)ではじいたPERは13.58倍…同じような水準から相場は反転していますが、今日勢いに乗って空売りした人、ちょっと背中がむづ痒くないですか…。まあ、今晩のイエレンさんも大した話はしないかもしれませんが。今のGLOBEX市場の日経平均先物は、あと55円で1万6000円というところまで来ていますね。それと、休みの間に、一度、マイナス金利が企業の資本政策に及ぼす影響を考えてみてはどうでしょうか。これから起こることがわかれば、弱気なんかしておれないと思うのですが…。

 …ということで、今日の日経平均は、372円05銭安(2.31%)の1万5713円39銭、TOPIXは39.37ポイント安(3.02%)の1264.96ポイントと、ともに続落。出来高は、前日比6.75億株増の38億4903万株、売買代金は4800億円増の3兆5368億円と、今日は、結構な投げ商いがあったようですね。騰落状況は、値上がり131、値下がり1780。VI指数は、高値48.35ポイントと昨年8月の中国ショック以来のレベルまで上昇。44.15ポイント(+1.68ポイント)で終わってきました。一つの節目になるかもしれませんね。

 日経平均とTOPIXサイコロは4勝8敗(33%)に低下。RSIは、日経平均が47%→47%、TOPIXは46%→46%と、横ばいですが、休み明けから上昇分が落ちていきますので、大幅に低下していくはず。25日線かい離率は、日経平均が-6.9%→-8.8%、TOPIXが-7.06%→-9.25%に拡大。いつ反発が起きてもおかしくない状態。騰落レシオは62%→58%に低下。1月21日の53%以来の数字に低下。また、日経平均の週RSIは22%、TOPIXは23%と、ともに2012年6月(20%)以来のレベルに低下してきました。
 GLOBEX市場はあと5円で大台乗せです…。まあ、ここからは、相場観ではなく、人生観で勝負するところ…。窮地で楽になりたいと逃げる人…。立ち向かって残存者利益をつかむ人…人生いろいろありますからね。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

昨日の米国株は、原油価格は続落したものの、強い雇用関連指数や今晩のイエレンFRB議長の議会証言を思惑したポジション調整から売り買いが交錯。主力3指数とも小幅に続落して終了
 おはようございます。
 欧州では、ドイツ銀行に加えイタリアのウニクレディットの経営不安も伝えられるなど、犯人探し的な動きが拡大してきました。ドイツの財務相は、ドイツ銀行に関して「心配していない」とし、同行の最高経営責任者も「利払いには問題ない…」と会見。火消しに躍起になっていますが、嵩にかかった投機筋の勢いをそぐことはできないようです。また、前日のチェサピーク・エナジーに続き、この日は独立系石油ガス生産のアナタルコが8割減資を発表して売られ、エネルギー関連企業への融資の焦げ付きを懸念して米株が下落するという悪い流れが続いています。昨日も書きましたように、いろんな悪材料が並べられ、今の市場の波乱を説明しようとしていますが、どれも納得いく説明にはなっていません。以前から、書いているように、今回の様々な市場出の崩れが始まったのは、2014年の半ばから…。市場への影響を懸念し、1年実施が延期されていた(銀行の自己売買や、リスク資産保有を大幅に制限する)ボルカールールが、この時期に予定通り1年後(2015年7月21日)に実施されることが決まっています。銀行では、影響の大きさから、さらに延期されるのでは…として、対応が遅れていましたが、予定通り実施されることになり、慌ててリスク資産の縮小に走っています。この時期から、原油や新興国の通貨下落が始まると同時に、資金が米国に還流していることから、強烈なドル高に
なりました。この流れを見るだけでも、波乱の根本原因が何かがわかります。オバマ政権は、今回の予算教書で、証券取引委員会や商品関連の監督庁の予算を増やし、さらに金融規制を強化する方向で動いています。本来なら、市場の混乱の際には、大手銀行などの自己売買が買い向かい市場が安定するものですが、ここが規制されていては…。結局、逆張り投資家がいないなか、追い込まれたヘッジファンドなどの投機筋がレバレッジを最大に膨らませて、市場の矛盾を突いているのが、今の状態なのでしょう。「羹に懲りてなますを踏む」ではないですが、金融危機の原因を作った金融機関を無理やり「座敷牢」に閉じ込めようとしているところに、危機の原因があるということに米政府が気づくべきだと思うのですが…。世界の金融市場は窒息しかかっている…。

 9日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        1万6014ドル38セント      -12ドル67セント(0.08%)
 NASDAQ総合指数      4268.76ポイント         -14.99ポイント(0.35%)
 S&P500            1852.21ポイント         -1.23ポイント(0.07%)
 CME日経平均先物      1万6115円            +55円
 10年物国債金利        1.7290%             -0.0060%
 ニューヨーク原油        27.94ドル             -1.75ドル
 GOLD              1198.60ドル            +0.70ドル
 ドルインデックス        96.01                -0.67 


 昨日の米国株は、ドイツ銀行など欧州の問題銀行への懸念から欧州市場が下落した流れを受け、売りが先行。国際エネルギー機関の弱気の需給見通しを受け原油価格が下落しエネルギー株が売られたこともあり、ニューヨークダウは寄り後まもなくこの日の安値1万5881ドル(前日比46ドル安)をつけています。その後、昼にかけ何度か安値をトライする動きがあったものの、下値が堅かったことから、次第に買いが増加。明日のイエレンFRB議長の議会証言を控えポジション調整の買戻しも入り、引けにかけ上げ幅を拡大。一時は、1万6136ドル(同109ドル高)をつける場面も…。ただ、前日に続き、この日もシェール関連企業が大幅な減資を発表して売られるなど、エネルギー関連企業への懸念が継続したことから引けにかけ上げ幅を縮小。結局、主力3指数とも小幅に続落して終わりました。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり965、値下がり2191(NASDAQ市場は、966-1852)。VIX指数は0.54ポイント26.54ポイントと高止まり。

 ダウ30種は、値上がり16、値下がり14。ホームデポが1.8%、ファイザーが1.89%、デュポンが1.6%、ユナイテッドヘルスが1.04%、それぞれ上昇。一方、原油安を受け、シェブロンが3.57%、キャタピラが1.01%、それぞれ下落。ウォルマートが1.63%下落。ハイテクのIBMが1.29%、ベライゾンが1.16%、シスコシステムズが1.22%下落。エネルギー関連を除いては、物色動向に特色は見られませんでした。業種別は、運輸、公益事業、ヘルスケア、住宅、金山、建設資材などが上昇。エネルギー、ギャンブル、メディアなどが下落。

 NYダウは3日続落。1万6000ドル大台を挟んだ攻防戦が続いています。下落中の25日線が上値圧迫となり、上値が切り下がっていることが気になります。25日線の対応点が急速に切り下がり、10日前後で移動平均線の改善が始まりますが、それまで限水準で踏ん張れるかがカギに…。NASDAQ総合指数、S&P500は昨年8月高値を上値抵抗として意識し始めており、そろそろポジティブサプライズがほしいところ…。

 米国株は続落。円は、リスク回避の動きが強まりスイスフランとともに買われ、対ドルは115円10銭台に上昇。対ユーロは、ECBの緩和思惑が強まり130円台に下落。CME日経平均先物は、大証先物終値を55円上回る1万6115円で帰ってきました。レンジは、1万5820円~1万6425円。一時は、1月21日に付けた安値1万5790円に迫る場面もありました。出来高は、約2万4000枚増の11万2730枚に増加。本日の日本株は、引き続き為替やGLOBEX市場の原油、米国株先物にらみの展開になりそう。海外先物筋の仕掛けで国内機関投資家の動揺が続いていますが、東芝などの特殊な赤字計上が利益の一時的な下押し要因となっており、そろそろ冷静な判断で日本株を再評価するところ。国内のバーゲンハント専門の投資家の動きに期待。週末のオプションSQを控えた最終売買日になることから、一時的に波乱する動きも予想されますが、明日の休日に、今晩イエレンFRB議長の議会証言を控えていることから、引けにかけてはポジションの手仕舞いから堅調な展開になるか…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

本日の日本株は、欧米株安や円の114円台への上昇を嫌気した売りに加え、週末のオプションSQを意識した思惑的な売買に振らされ、換金売りが増加。大幅反落して終了
 複雑骨折みたいな相場になってきました。いろんな悪材料が多すぎて、何が本当の下げの理由かわかりにくくなっています。海外要因では、欧州の金融危機が再来するかもしれない…とどこかから流れてきています。以前から経営に問題ありと指摘されてきたドイツ銀行が、高リスク社債の利払いに、来年にも窮するかもしれないと、懸念されているほか、一部には、原油に関するデリバティブ商品で大きな損失を抱えているというもの。調べたらわかりそうなものですが、ご丁寧に、簿外で運用されている…との注釈付き。 また、ギリシャの、救済プログラムの審査が立ち往生していることから、南欧高債務国への懸念に拡大するなど、欧州が、「いつか来た道」をたどり始めてきたことから、銀行株を中心に売られ始めています。

 また、米国市場では、決算内容を見ると、EPSは自社株買いで予想を上回っているものの、売り上げが減少している企業が多く、景気への懸念が生まれています。また、先週末発表されたWEB関連企業の業績や受注が悪化したことから、米企業が守りの経営に転換。IT投資などの費用を節約し始め、米経済が後退期入りしたのではないか…との疑念も生じています。さらに、朝も書きましたように、大手シェールオイル開発企業の経営破たん懸念問題まで起きてきましたが、この点については銀行への規制強化で、融資にあたっては十分な担保が確保されていること。また、直接、開発にかかわるリスクの高い資金調達については、開発企業が社債(ジャンク債)を発行し、ヘッジファンドなどが引き受けており、破たん時の銀行への影響が限られることについては書きました。
 
 日本に関しては、円高への反転、株価下落の只中で決算発表シーズンを迎え、経営者の弱気見通しが相次ぎ、通期見通しが下方修正(日経平均予想EPS1270円→1136円)されたことに加え、円高の進行から来期見通しの下方修正の可能性も強まったことから、下方修正分を織り込む動きになっていること。また、日銀のマイナス金利採用による銀行経営の悪化(?)を売り材料にしたほか、一部には、三菱UFJフィナンシャルもドイツ銀行と同じように原油デリバティブで損失を抱えている…などの思惑材料も流されています。

 まあ、様々な弱気材料が流されていますが、何が本当のところかはわかりません。原油相場についても、このところ、強気と弱気が交錯。シカゴの先物取引所では、売り、買いとも過去最高水準に残高が積み上がり、綱引き状態で膠着状態を強めています。世界中が不透明感を強める中で、リスクオフの動きから、債券買いやリスク回避の円やスイスフラン買いを進めているのですが、日本株に関しては円高に弱い特長があり、不透明感に付け込んだCTAなど投機筋が売り攻勢を強めているという状態です。

 今日の日本株も、昨日の欧米株安や円の115円台への上昇を嫌気した売りが先行。CME日経平均先物終値(大証先物終値比540円安の1万6460円)にさや寄せする先物売りに、急反落してスタート。先物筋の売り仕掛け(株先物売り・円買い)にともなう円上昇で、あっさり壁とみられた115円40銭台の壁を下抜けると、ストップロスの円買いも巻き込んで一気に114円台まで上昇。外需株や主力株に換金売りが集中。裁定解消売りも加わりスパイラルに下落。日経平均は1万6025円と、大台割れ寸前まで追い込まれていました。相場の変動率の大きさから、まともな投資家の見送りが続くなか、ほとんど、この日の安値付近で終わっています。

 結局、日経平均は918円86銭安(5.4%)の1万6085円44銭、TOPIXは76.08ポイント安(5.51%)の1304.33ポイントと、ともに急反落して終了。出来高は、前日比4.35億株増の31億7335万株、売買代金は4565億円増の3兆586億円と、ともに増加したもののセリングクライマックスのボリュームとしては足りない感じ。騰落状況は、値上がり27、値下がり1904。8月24日の急落時の値上がり数8以来の数字。VI指数は、9.71ポイント上げ、42.47ポイントに上昇。投資家の先行き不安はピークに近づいています。

 日経平均とTOPIXサイコロは、ともに5勝7敗(41%)に低下。RSIは、日経平均が49%→47%、TOPIXは49%→46%に、それぞれ低下したものの、依然、調整未了感。25日線かい離率は、日経平均が-1.7%→-6.9%、TOPIXは-2.21%→-7.06%と、ともに反発が期待できる水準に拡大。騰落レシオは、63%→62%と売られ過ぎ圏で横ばい。この日の大幅安で、日経平均の三本新値は陰転、MACDも売りサインをだし、短期的な弱気相場入り…。ただ、今週このペースで行くと,日経平均の週足サイコロは3勝9敗(25%)、TOPIXは2勝10敗(16%)と、ここ数年無い低い数字をだしてきます。また、週足RSIも昨年9月底時の水準を下回ってくる可能性もあります。大台替わりに要した日数も減り、下げに勢いがついてきたことから、そろそろ、底入れ型に注意する必要がありそうです。先物手口を見ても、このところ、CTAの機関店の動きとみられる証券会社の買い戻しが続いているほか、今日は、先物の売り持ち水準が多い証券会社の買い越しも目立っており、手仕舞いをする動きが出てきたことにも注意。

 今回の相場では、内部要因と外部要因が交互に出てくることに絡めた投機筋の売り仕掛けがあるほか、裁定解消売りや機関投資家の換金売り、ヘッジの先物売りなどが複雑に絡み合っており、底値を計算ではじき出すのは困難。おまけに、今週はオプションSQがあり、思惑的な売買も強まることもあり、勇み足はご法度。以前から書いているように、裁定解消売りを吸収できる個人など国内投資家が本格的に動き出すことがカギ…。おそらく、年間に一度か2度しか売買しないような投資家は、買いのタイミングを計っているものとおもわれます。下値で商いが膨れだしたら要注意。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

週明けのの米国株は、金融不安を映す欧州株安や原油価格の下落、WEB関連企業の業績悪化などを嫌気し、続落して終了
 おはようございます。
 海外では、週明け早々から悪材料のオンパレードのようです。欧州ではかねてから財務の悪化が懸念されていた、ドイツ銀行に対し、一部のアナリストから「高リスク社債の利払いが、来年にも支払えなくなる可能性がある…」と指摘され急落。倒産リスクを表す同社のCDS価格は、昨年末の187bpから、438bpに上昇。市場は破たんリスクの高まりを予想。影響は南欧の高債務国債券下落などに広がりを見せ始めました。また、米国では、シェル開発のパイオニア、チェサピーク・エナジーが、企業債務の見直しのため、アドバイザーを採用したことが、破産へ向けての準備を進めているととらえられ、売りが殺到。売買停止措置を受け、投資家の不安心理をあおっています。「破産申請の意図はない…」との会社側の説明で、いったんは落ち着きを取り戻したものの、再度、売りなおされていました。また、オバマ大統領は、予算教書に金融規制強化に向け監督官庁の予算を増やす計画とされたことも、市場の拒否反応を強めたようです。まあ、つぎから、次と足を引っ張る材料が出てきますね。特に、オバマ大統領は、金融規制の強化が今回の危機の根幹にあることをわかっているんjでしょうか。
 
 8日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         1万6027ドル05セント      -177ドル92セント(1.10%)
 NASDAQ総合指数       4283.75ポイント         -79.39ポイント(1.82%)
 S&P500             1853.44ポイント         -26.91ポイント(1.42%)
 CME日経平均先物       1万6460円            -540円
 10年物国債金利         1.7350%             -0.0130%
 ニューヨーク原油         29.69ドル             -1.20ドル
 GOLD               1197.90ドル            +40.2ドル
 ドルインデックス          96.69               -0.36      


 週明けの米国株は、一部銀行への経営不安や3月にも予想されるECBの追加緩和策への疑問から欧州株が急落した流れを受け継ぎ、先週末から続落してスタートしました。前週末のWEB関連企業の決算で、米企業の投資抑制姿勢が強まったことがイヤケされ、WEB関連企業が続落したほか、大手シェールオイル関連企業が経営不安から、株価が急落。一時、売買停止になったことも投資家の不安心理を煽り、下落幅を拡大。ニューヨークダウは、昼過ぎに、この日の安値1万5803ドル(前週末比401ドル安)をつける場面もありました。ただ、経営不安が伝えられたシェール会社が「破産申請をするようなことはない…」と市場に流れる噂を否定したことから、市場も落ち着きを取り戻し、引けにかけては買い戻されて下落幅を縮小していました。結局、主力3指数とも続落。NASDAQ総合指数は、昨年8月24日の中国ショック時の安値を下回っています。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり645、値下がり2524(NASDAQ市場は、820-2051)。VIX指数は2.62ポイント上げ26.0ポイントに上昇。再び、先行き懸念が強まっています。

 ダウ30種は、値上がり9、値下がり21。大手シェール会社の経営不安を受けたシェアの拡大期待からシェブロンが3.75%、エクソンが1.35%、それぞれ上昇。J&Jが1.75%、P&Gが1.75%それぞれ上昇。高配当、業績安定株が上昇。一方、欧州銀行不安の流れを受けGSが4.6%下落。VISAが5.27%、AMEXが2.93%、それぞれ下落するなど金融関連の下げが目立ちました。また、住宅への懸念からホームデポが3.97%下落。8銘柄が2%超えの下落となり指数の足を引っ張りました。業種別は、エネルギー、生活必需品、金鉱山、貴金属などが上昇。住宅、パイプライン運営、携帯電話、不動産所有、不動産投資などが下落。

 NYダウは続落。指数寄与度の大きい金融株の下落が指数の足を引っ張っています。下落中の25日線の下落圧力を受けている形ですが、1万6000ドルの大台割れ局面では、押し目買いが入るなど、底堅い動きも…。当面、大台固めの動きが続きそうですが、ニューヨーク市場の52週来安値更新銘柄数が前週末の169から、446に急増(NASDAQ市場は、169→531)するなど、投資家心理が弱気に傾きつつあるのは懸念材料。当面は、市場に漂う不透明感の払しょく待ちか。

 米国株は続落。円は、欧米株安や欧州金融不安の再燃懸念を受けたリスク回避資産買いの一環で買われ、対ドルは115円60銭台に、対ユーロは129円50銭台に、それぞれ急伸。CME日経平均先物は、大証先物終値を540円下回る1万6460円で帰ってきました。レンジは1万6205円~1万7085円。出来高は、前週末比1万4000枚増の8万9093枚。本日の日本株は、欧米株安の流れやCME日経平均先物終値にさや寄せする先物売りから、急落スタートになりそうです。引き続き、GLOBEX夜間取引市場の原油、米株動向を横目で見ながらの展開になりそうですが、原油価格は30ドルの大台を回復して推移しており、売り一巡後は底堅い動きになるか…。昨晩も書きましたように、週末にオプションSQを控え、1万7000円のプット建玉が多いことから、先物を使った売り圧力がかかりやすいことが懸念材料。引き続き、内需がらみの好業績かつ週足の崩れていないもの…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

週明けの日本株は、海外株安を受け下落スタートも、雇用統計結果を受けた利上げ懸念の再燃から円が下落したことを好感。買戻しなどから、5日ぶりに反発して終了 
 今日は家内の術後検査の付き添いで半日病院でした。組織検査も異常なしで、ひとまず無罪放免。とりあえず、一安心でした。

 さてレポートでも触れましたが、日経平均日足一目均衡表の変化日である「雲」のねじれができています。おまけに、今日は「新月」ということで、こちらも変化日。今日の日足は陽線包み足で終わってきましたので、変化を期待したいところですが、果たしてどうでしょうか。今週末にオプションSQを控えていますが、先週末の時点で、1万7000円のプットの建玉残高が最も多く、清算を優位に進めようと先物を使った空中戦を仕掛けられる可能性もあり、まだまだ、安心はできないかもしれませんね…。
 
 今日は、前週末の米株安を受け、CME日経平均先物終値(1万6560円)にさや寄せし、安寄りして始まったものの、米雇用統計で時給が上昇したことや、失業率が2008年2月来の4.9%に上昇。完全雇用の状態になったことから、インフレ懸念が強まるとして、金利上昇懸念が再燃。ドルが買われ、円が下落したことが好感され、内需系主力株を中心に買戻しの動きが強まり、前引けにかけ上昇。前週末引け値水準を回復しています。後場に入ると、GLOBEX夜間取引市場で、原油先物が小幅高で推移。これを好感し米国株先物が上昇して推移したことが好感され、先物に買戻しの動きが入るとともに円相場も下落幅を拡大。外需系の株も値を戻す展開となり、引けにかけ上げ幅を拡大。日経平均は、引け近くにこの日の高値1万7099円(前週末比280円高)をつけていました。引けにかけてはやや上げ幅を縮小したものの、結局、日経平均、TOPIXとも、6日ぶりに反発。日経平均は、1万7000円の大台を回復して終わりました。

 日経平均は、184円71銭高(1.10%)の1万7004円30銭、TOPIXは11.44ポイント高(0.84%)の1380.41ポイントで終了。出来高は、前週末比6.5億株減の27億3803万株、売買代金は2955億円減の2兆5991億円と、ともに減少。騰落状況は、値上がり1464、値下がり407。業種別は、紙パルプ、建設、情報通信、化学、倉庫運輸などを上位に24業種が上昇。ガラス・土石、非鉄、証券、石油石炭などを上位に9業種が下落。(先行きの不安度を示す)VI指数は、4.11ポイント下げ32.76ポイントに低下。
 今日の終値での日経平均、TOPIXサイコロは、6勝6敗(50%)にともに上昇。RSIは、日経平均が48%→49%、TOPIXは48%→49%に、ともに強含み横ばい。25日線かい離率は、日経平均が-3.3%→-1.7%、TOPIXは-3.48%→-2.21%に、それぞれ縮小。騰落指数は62%→63%と横ばい。売られ過ぎ状況からは抜け出してきたものの、25日線の対応点は、やっと下げ相場が始まった1月4日時点。これから下げ相場に向うため25日線の下落圧力をどうしのぐかがカギになってきそう。

 それにしても、先週末の銀行株への売りはすさまじかったですね。裏でCTAのウリ仕掛けがあり、これに国内のデイトレの連中が相乗りして、厳しい下げになったものと思われます。いろいろ問題はあるのでしょうが、それほど銀行の経営者は信頼されていないのでしょうか。日銀の国債買取に応じて、入った売却資金は、日銀の当座預金に回し、経営努力なしに0.1%の付利をもらう。日銀が一生懸命国債を買い取っても市中に出回る資金の量は思ったより増えない…という状態でした。ただ、今後は銀行で増えた資金は、安易に日銀には預けられず、独自に運用対象を開拓し、利回りを確保しなければなりません。一般の企業が、必死に頭を使って利益を得ようと努力しているにも関わらず、銀行は当座預金への付利に甘え、経営努力をしてきませんでした。今後は、必死になってリスクを享受し、利回りを確保に動かねばなりませんが、それができない銀行は、ノウハウを持ったところに吸収されても仕方がないということでしょう。

 今のところ、マイナス金利は新規の預け入れ資金ということになっていますが、経営方針を変えるには新年度入りを待たねばならず、3月~4月ころには、もしかしたらマイナス金利の範囲を拡大。強制的に市中に資金を流し込むような動きに出てくるかもしれません。新年度に向け、証券会社やリートを組成するノウハウを持った会社は、地銀向けに利回り商品を供給できるような体制づくりに入るのでしょうが、地銀側では、値下がりしても評価損を計上しなくてもいいような商品が欲しいなどの虫のいい要望を出しているところもあるようです。まあ、考えようによっては、今回のマイナス金利によって、銀行もようやく普通の業界に脱皮できることになるといえるんでしょう。

 現状は、相変わらず担保依存の融資ばかりですが、地銀や信用金庫などを見た場合、果たして内部に何人の中小企業診断士の有資格者を抱えているのか…。記者時代に調べたことがありますが、信金クラスで数名というところもありました。これでは、事業の将来性の目利きもできませんので、結局、担保付の融資に頼ることになります。これでは、京都銀行のように成長企業を育て、自ら融資先を確保していくというよな動きはできず、低成長に甘んじねばなりません。むしろ、今回のマイナス金利は、銀行の淘汰を図る意味では、非常に有意義だと思うのですが…。当事者はたまらないでしょうけど。まあ、お互い、大人になって投資をやりましょうや。
中小企業の経営支援関連は、今日も堅調でした。あれあれ、堅調だったGLOBEX市場の米国株ですが、原油先物が下げると、なんと三桁の下げになっていますね。このところ、月曜日は堅調ですが、海外が動き出すとコテンパンにやられる動きが続いていますが、明日は…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

週末の米国株は、原油安や雇用統計結果を受けた利上げ懸念の再燃を嫌気。NASDAQ市場のWEB関連株の暴落も足を引っ張り、主力3指数とも反落して終了
 おはようございます。 二度寝してしまい、目が覚めたら7時近くになっていました。昨晩の米雇用統計結果を見て、時間給が上昇していましたので、嫌な感じだな…として、床に就きましたが、やはり、利上げ懸念が再燃。米国株は反落していました。利上げ懸念が再燃したことで、ドルは主要通貨に対し上昇したものの、欧米株安や原油安を受け、円はリスク回避資産買いでドル以外の通貨に対して上昇。市場は、金利差の拡大よりもリスクをどう回避するかの方に傾き始めているようです。世界の投資家心理は、「触れなば落ちん」ではないですが、微妙な状態になってきたようです。そろそろ、政治的な動きが前に出る必要があると思うのですが…。まあ、シカゴIMM通貨先物の取り組みを見ると、投機筋の円買いポジションは減っていたようですから、とりあえず、悪さする可能性は減った…?

 5日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        1万6204ドル97セント      -221ドル61セント(1.29%)
 NASDAQ総合指数      4363.14ポイント         -146.42ポイント(3.25%)
 S&P500            1880.05ポイント         -35.40ポイント(1.85%)
 CME日経平均先物      1万6560円            -160円
 10年物国債金利        1.8480%             -0.0160%
 ニューヨーク原油        30.89ドル             -0.83ドル
 GOLD              1157.70ドル            +0.20ドル
 ドルインデックス        96.96                +0.41 
 

 昨日の米国株は、朝方発表された1月雇用統計で非農業部門就業者数が予想を下回ったことから、売りが先行。小幅に軟化して始まりました。当初は、利上げ懸念の後退材料と捉えられましたが、労働時間の増加や時間給の上昇、5%を割り込んだ失業率が、利上げを正当化する者との見方に変化。一転して利上げ懸念が強まり、次第に下落幅を拡大する展開に…。また、この日決算を発表したリンクトインやタブロー・ソフトウエアナドノWEB関連企業の業績が予想を下回り、株価が半値になるほどの急落になったことから、割高株への警戒感が高まり、アマゾンやテスラなど人気先行企業の株価が下落したことも嫌気されたことも、ハイテク株に波及。ニューヨークダウは、引け近くにこの日の安値1万6129ドル(前日比287ドル安)を付けていました。週末のポジション調整の売りもあり、主力3指数とも反落して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり746、値下がり2387(NASDAQ市場は、544-2313)。VIX指数は、1.54ポイント上げ23.38ポイントに上昇。

 ダウ30種は、値上がり9、値下がり21。消費関連のマクドナルドが4.36%、ナイキが4.99%、J&Jが3.23%、ホームデポが3.86%、それぞれ下落。WEB関連の暴落を受けマイクロソフトが3.54%、アップルが2.67%下落。12銘柄が2%超えの下落になり、指数の足を引っ張りました。業種別は、通信、公益、非鉄、鉄道、基礎資材などが上昇。テクノロジー、消費財、小売り、住宅、半導体・同製造装置などが下落。

 NYダウは反落。下落中の25日線を意識し頭の重い展開が続いているものの、先月29日に日銀のマイナス金利採用を受けて急伸した時の長大陽線の中の動きで、基調はしっかりしているといえそう。三本新値とMACDの強気サインは継続中。引き続き、材料待ちの展開。ただ、NASDAQ総合指数は、この日のWEB関連企業の急落が響き、引値ベースでは一昨年10月来の安値を更新。三本新値も陰転し、短期的な弱気相場に入りました。まだ、ザラバベースでは、昨年8月安値、1月20日安値は下回っていないものの、週明け相場でこのゾーンを維持できるかが焦点になりそうです。テスラ、アマゾン、セールスフォース・ドットコムなど人気企業が多いだけに、崩れた場合は投資家心理を悪化させることになりそう。

 米国株は反落。円は、雇用統計結果を受け利上げ懸念が強まったものの、リスク回避の円買いで相殺され、対ドルは116円80銭台と強含み横ばい。対ユーロは130円30銭台に上昇。CME日経平均先物は、大証先物比160円安の1万6560円で帰ってきました。レンジは1万6475円~1万6850円。出来高は、6000枚減の7万5456枚。週明けの日本株は、欧米株安や強含みの円相場を嫌気。CME日経平均先物にさや寄せし軟調な動きになりそう。週末にオプションSQを控えており、先物の動きも活発になるか…。今後の動きや注目株については明日発信のレポートで解説します。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

週末の日本株は、円高や業績下方修正銘柄の続出を嫌気した売りに加え、銀行株などへの売り崩しの動きもあり、4日続落して終了
 やっと一週間が終わりました。先週末の日銀の当座預金へのマイナス付利の大英断があり、今週の相場に期待して始まったんですが、米国の景気指標がガタガタになるとともに、FRB関係者が、「金融市場は資金ひっ迫位に陥っている…」なんて、今更の発言をし、急に利上げ懸念が後退。ドルが主要通貨に対し、下落を始めたことから、週はじめの相場環境が逆転。投機筋の売り攻勢もあり、週間では大幅反落して終わりました。マイナス金利が経営にマイナスに作用する…として、銀行株が売りまくられ、今日は東証1部上場の銀行株で70社くらいが新安値を更新していました。ただ、銀行株については、マイナス金利の採用前から継続的に売られており、今更感もあります。別に日本だけが売られているわけではなく、米国、欧州でも集中的に売られており、ヘッジファンドなどの投機筋が、政策変更の意図をもって売り崩しに来ているようです。一昨日から、昨日にかけてのFRB関係者の金融ひっ迫発言は、投機筋の催促に答えたものかもしれません。

 以前から、今回の市場の混乱は、米政府が銀行への規制を急ぎ過ぎたことにある…と書いてきました。昨年7月21日から銀行の自己売買やリスク資産保有に関し制限を設けるボルカールールが施行されましたが、銀行は施行日までにリスク資産の保有を制限内に収めるべく、1年前から、リスクの高いヘッジファンドや新興国への融資、デリバティブへの投資を急いできました。2014年半ばから、ドルの上昇が始まっていますが、ボルカールールに適合しようと、ものすごい勢いで資金の引き上げ(貸し剥がし的な…)が行われ、米国内に資金が還流したためでしょう。そのため、資金が流出したことで、原油をはじめとするリスク資産の市場が崩れていった、というのが本当のところでしょう。米国政府は、金融危機を起こした金融機関への制裁的な意味も含め、さらに、自己資本比率を引き上げるなどの措置を講じる予定で、さらに、世界から資金が引き上げられる恐れも出てきます。

 市場の波乱は、米国の利上げのように言われていますが、2004年の利上げの際には、今回のような混乱は起きていません。結局、短期間に世界から資金が引き上げられたことで、市場が窒息状態に陥っているとみることもできます。おそらく、ヘッジファンドなどの投機筋は、混乱の原因が銀行への過剰な規制であるとみて、催促的な意味も含めて銀行株を売っているんでしょう。ただ、投機筋といってもいろいろ。相場観など関係なしに、コンピューターでトレンドの出たところを徹底して売るCTAなどが介入。味付的に売り物を出すと、それに国内の短期筋が売りで提灯をつけるという格好で、売りが売りを呼ぶ流れになっているんでしょう。まあ、上場している銀行株のほとんどが新安値になるという、事態をまともな相場とみるかどうかです。国の信用の根幹をなす銀行が暴落しているという状況は、やはり政治的な介入で止めないと、危ないですね。おそらく、先進国にお中銀の間では何らかの話し合いも行われているものと思われます。銀行への過剰規制が、危機を深めた、という例は大恐慌の後にもあったようですから、優秀な中銀のメンバーなら、このまま放置したら、何が起きるくらいはわかるはずです。

 まあ、今の日本株には、CTAという背後霊がつきまとい、これに、たちの悪い売り屋が世界から集まり暴れまわっているという感じです。まあ、先物のレバレッジを下げない限り、背後霊は付きまとい続けますし、市場の動きに流されて経営者は、次々と、通期見通しを引き下げ、結果、割高になり、下落で修正されるという動きになっています。今日は、トヨタが決算を発表し、通期見通しを上方修正していますが、この数字がアナリストの勝手予測に届かなかったことから、週明けには叩き売られることになるんでしょうね。このところ、決算発表前に下方修正を見越して、事前にから売りをするために下落、数字が発表されると、さらに他の投資が売ってきて下落する…というパターンで、歯止めが効か無い下げになるケースが増えています。三菱UFJフィナンシャルは、一時、PBRが0.5倍を割り込んだほか、PERは7倍台、配当利回りは3.3%になっています。まさに異常値ですね。こんな状態が続くと、今度は解体屋みたいなのが上陸してきて、株を買い占め。企業を解散させ、資産を売却して設けるというような輩も出てくるかもしれません。まさに、世界のガラの悪い投資家が、日本に集結して企業を食い散らかすことにもなりかねません。まあ、考え過ぎですが、無限の資金があったら買い占めて、企業資産を売却したら、投下資本の数倍を濡れ手に粟でつかめるかもしれませんね。

 まあ、極論を書いていますが、これだけ暴力的な相場になっているのに何の手も打たない当局に腹が立って、勢いで書いてしまいました。
 結局、今日の日経平均は225円40銭安(1.32%)の1万6819円59銭、TOPIXは19.84ポイント安(1.43%)の1368.97ポイントと、ともに4日続落して終了。出来高は、2.7億株増の33億8965万株、売買代金は360億円増の2兆8946億円。騰落状況は、値上がり359、値下がり1515。VI指数は、3.2ポイント高の36.87ポイントと上昇。
 日足のテクニカル指標は、RSIが40%台にあるなど、まだ整理未了感が残ったまま…。ただ、弱気の淵に追い込まれたような格好ですが、日経平均の三本新値は陽転したまま、MACDも強気のままの状態。また、今週の終値で、TOPIXの週足サイコロは3勝9敗、週のRSIは29%に低下。昨年9月安値時の水準にきています。まあ、完全に海外の投機筋に動きを牛耳られていますが、何もしないで0.1%の付利がもらえる当座預金から追い出された銀行は、今後、嫌でも金利裁定やリスクを考えた資金運用をしなければならなくなります。個人だって、同様…。いくら投機筋が、巨大でも、国内の投資家が金利裁定を意識して動き出したら、抵抗することはできないはず…。以前から、国内投資家が動き出すことが立ち直りのカギ…と書いていますが、一体何をビビッているんでしょうかね。
 今日は、レポートで注目してきたヤマハが増額修正、増配、自社株買いのそろい踏みで、一時、ストップ高してきました。日本M&Aセンター、日本ユニシス、ミロク情報サービス、M3など。なんとか、レポート銘柄は日替わりで頑張ってくれましたね。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

昨日の米国株は、原油価格の動きに一喜一憂したものの、結局、ドル安の進行を好感した多国籍企業や外需企業の上げを支えに続伸して終了
 おはようございます。
 一昨日の、ニューヨーク連銀のダドリー総裁に続き、昨日はダラス連銀のカプラン総裁が、金融市場の資金ひっ迫に言及しています。このところ、景気指標が急速に悪化してきたことから、FRB関係者もやや浮き足立ち、ドル安に誘導するような発言が目立ってきました。日本やドイツなど通貨安に依存する国には厳しいですが、ドル高が是正されれば高債務の新興国には、一息つける材料でもあります。でも、注意しないと、通貨安競争になる可能性もあり、早急に國際協調の大勢を整えたほうが良いような気がします。昨年から続く海外投機筋の高水準の円買いと株先物売りは、まだ維持されたまま。この調子で、ドル安誘導されると、投機筋の思う壺にはまってしまうようなことになりそうです。

 4日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        1万6416ドル58セント      +79ドル92セント(0.49%)
 NASDAQ総合指数      4509.56ポイント         +5.32ポイント(0.12%)
 S&P500            1915.45ポイント         +2.92ポイント(0.15%)
 CME日経平均先物      1万6815円            -255円
 10年物国債金利        1.8640%             -0.0170%
 ニューヨーク原油        31.72ドル             -0.56ドル
 GOLD              1157.50ドル            +16.20ドル
 ドルインデックス         96.50               -0.81 


 昨日の米国株は、朝方発表された新規失業保険申請件数が予想を上回ったことを嫌気。製造業受注など冴えない景気指標藻」嫌気され、前日引け値付近で模様眺め気分の強い始まりになりました。この日も、FRB関係者から金融引き締めに関する慎重な見方が出され、ドルが下落。これを受け、一時、原油価格が上昇したことを受け昼にかけ買いが増加。ドル安を好感した多国籍企業が買われたことも指数の上げに寄与。ニューヨークダウは昼ごろこの日の高値1万6485ドル(前日比149ドル高)をつける場面もありました。昼から、イランの原油増産計画やロシアのOPEC担当部署のメンバーから、生産調整のための会合を否定するような発言があったことなどが嫌気され原油価格が下げに転じると、次第に上げ幅を縮小。前日引け値付近まで下げた後は、ドル安と原油価格が綱引き状態となり、指数は一進一退。引けにかけドル安が進むと、次第に上げ幅を回復。結局、ニューヨークダウとS&P500は続伸。NASDAQ総合指数は反発。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1987、値下がり1139(NASDAQ市場は、1679-1150)。VIX指数は、0.19ポイント上げ21.84ポイントに上昇。

 ダウ30種は、値上がり19、値下がり11。ドルインデックスが昨年10月水準まで低下したことを好感し、キャタピラが5.23%、IBMが2.35%、ユナイテッドテクノロジーが2.5%、それぞれ上昇。ドル安メリットを受ける多国籍企業の上げが目立ちました。このほか、GSが2.5%、JPモルガンが1.7%上昇。11銘柄が1%超えの上げとなり指数の上昇に寄与。一方、大統領候補のクリントン氏の政策にある薬価引き下げを嫌気し、メルクが2.92%、ファイザーが2.26%下落。ホームデポが2.16%、ナイキが3.7%、VISAが0.94%、それぞれ下落するなど、消費関連の下落が目立ちました。業種別は、運輸、住宅、エネルギー、素材bなどが上昇。医薬品、装飾品、水道、個人用品、公益事業などが下落。

 ニューヨークダウは続伸。ドル安を受けた多国籍企業の上げを受け、主力3指数のなかでも上昇率が大きくなっています。一時、上値抵抗線としてきた25日線を上回る場面もありましたが、引けでは同水準で終了。引き続き、25日線を意識した動きが続いています。ドル安が原油価格や多国籍企業の業績に好影響を与えているものの、原油に関しては、テクニカルな上値抵抗線が意識されているほか、OPECと非加盟産油国との会合の行方が混とんとしており、当面は、底固めの動きになるか…。ドル安の持続性が焦点に。

 米国株は上昇。円は、利上げ懸念の後退から、ドルが主要通貨に対して軟化。対ドルは116円70銭台に上昇。対ユーロは130円90銭台で横ばい。ドルは、対ユーロでも前日の1.1095から1.1215に下落。これを嫌気しドイツのDAX指数は下落。CME日経平均先物は、円上昇や企業業績の悪化を受け、大証先物終値を255円下回る1万6815円で帰ってきました。レンジは、1万6695円~1万7205円。出来高は、3万5000枚減の8万1611枚。本日の日本株は、CME日経平均先物終値にさや寄せして下落スタートした後は、底値を模索する展開になりそう。一昨日のCMEレンジ下限1万6620円が意識されており、先物筋のウリ目標にされる可能性も。昨日発表の、投資主体別売買動向で、海外投資家の先物売りの残高は減少しておらず、日銀マイナス金利サプライズでも、買戻しは限定的だったようです。引き続き、海外先物筋の動向が焦点に…。相場が波乱すれば、波乱するほど、基本に立ち返るのがセオリー。実需に裏付けされて業績を伸ばし、かつ、チャートの崩れていないものが対象。変に色気を出して、値ごろ感からリバウンド狙いの買いを入れたりすると、最近の主力株のように「藪から棒」の売りが出てきて一段安するリスクもあります。利バンド狙いは、相場が枯れ切って考えれば良い…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ