FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
01 | 2016/02 | 03
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -



本日の日本株は、米株安・円高にくわえ、立会時間中のGLOBEX市場の原油、米株安を嫌気した先物売りなどから、大幅続落して終了
 「CTA(商品投資顧問)のコンピューターの電源を落とそう」という運動でもやりたい気分ですね。せっかく立ち直ってきた相場も、つぶされそうな感じです。円が高くなれば、それに伴って自動的に株先物売りが出てきますし、おそらく債券先物が上昇すれば、これに伴って株先物売りが出るようにもプログラムされているんでしょう。先物売りが出てくれば、今度は、裁定業者のコンピューターが自動的に裁定解消売りを出して、指数が下落。指数が下落すれば、今度は機関投資家がヘッジの先物売りを出し、それが、また指数を押し下げる…という悪循環を生みます。これに、オプションが絡み、価格を上げるために先物で仕掛けをしているという話もあります。また、最近ではGLOBEX市場の原油相場が下げれば、自動的に円を買い、先物を売るようなプログラムもあるかもしれません。

 連日、300円、400円という値幅を出して動いている相場を、取引所などは異常と思わないのでしょうか。たかが数百億の現ナマがあれば、現物市場の売買代金を上回る数兆円の先物売買ができるということで、日本株を操作することも可能なはず…。そろそろ、レバレッジの見直しなどを行って、投機色を薄めるべきだと思うのですが…。取引所では、先物売買で「流動性」が増す、なんて言っていますが、現状は流動性よりも操作可能な「投機性」といいなおした方が適当な気がします。もっとも、CTAのコンピューターは、世界のあらゆる市場、商品とつながり、24時間売買をしているわけで、日本株の次の日動きはCME市場で決まってしまっています。日本市場では、CMEで決まった方向性に基づいて、どれだけ値幅が出るかということだけ…。まあ、こんないびつな市場で良いと当局は考えているんですから、何も言うことはありませんが…。

 まあ、ぼやいても仕方がありませんが、今日の日本株は、前段に書いたようなスパイラルな下げで、日経平均は559円43%(3.15%)安の1万7191円25銭、TOPIXは45.77ポイント安(3.15%)の1406.27ポイントと、ともに続落。出来高は、前日比3.3億株増の31億0382万株、売買代金は、1932億円増の3兆1396億円と、ともに増加。銀行株への売りが出来高の増加につながりました。騰落状況は、値上がり164、値下がり1735と、全面安。VI指数は5.28ポイント上げ32.97ポイントに上昇。こんな数字では、まともな投資家は近づきませんね。

 銀行や証券株には、本気の売りが入っているようですが、本来、マイナス金利はインフレを招くためにとる策のはず。0.1%に日銀付利に頼って、貸し出しや有利な資産運用をしない銀行に、経営努力をして市中への資金還流を促すもので、将来の収益にはプラス。また、証券会社や大手銀行の場合、資金運用難に陥る地銀など地方金融機関向けに金融商品を組成して販売する大きなチャンスになるはず…。今回のマイナス金利は、2月16日以降の預け金に対して適用されるもので、これまでの分には0.1%の付利は継続します。将来的に、既存の預け金への付利撤廃もあるかもしれませんが、いつになるかわからない話。今銀行株を売っている投資家は、どの時点での付利撤廃を売っているんでしょうか…。

 以前にも書きましたが、今の世界的な市場の波乱は、米国政府が金融危機を引き起こした銀行に過剰な規制を強め、短期間に資金が米国に還流。窒息状態に陥ったことに起因します。ヘッジファンドなどは世界的に銀行株売りを強めていますが、株価を下げることで、米政府から過剰な銀行規制を緩和させようという狙いがあるのかもしれません。世界規模の大手銀行三菱UFJフィナンシャルグループのPBRが0.51倍…。売っている投資家は、マイナス金利の適用で、同行が経営破たんするとでも思っているんでしょうか。それとも、年初来の下げのように、投機筋から針小棒大に喧伝された悪材料に乗せられ、踊っているだけなのでしょうか…。銀行だって、真剣に貸出先の開拓や有利な資金運用について、考えな直すはず…。ちょっと頭を冷やして考えるところに来ているのではないでしょうかね。日経平均の下値については、朝の書き込みでも、1万7200円付近の持ち合いゾーンが下値抵抗になりそう…としましたが、ほぼ、このゾーンで終わってきました。原油先物も30ドル大台を回復しているようですから、明日は、ちょっとはましな相場になるかもしれません。ミロク情報が増配と自社株買いを発表してきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



昨日の米国株は、OPECと非加盟産油国との会合不調との予想で急落した原油価格を嫌気。さえない企業決算が続いたことも売りにつながり、主力3指数とも大幅下落して終了
 おはようございます。
 今日は「節分」。朝刊に入っているチラシを見ると、恵方巻きの広告でいっぱい。今年の恵方は「南南東」ということで、恵方を向いて無言で巻きずしをほおばることになります。誰が考えたのかしれませんが、なんだか、バレンタインデーのチョコレートや、土用の丑の日のウナギと同様に、業界の思惑を感じます。まあ、縁起物ということで、あえて逆らうこともありませんが…。明日の「春分」から、暦の上では「二黒土星」年に入りますが、金融の星である「七赤金星」が困難を意味する「坤」に入ることから、多難が予想されるといいますが、早速マイナス金利の洗礼を浴びてきました。ただ、日銀当座預金に預けるだけで、濡れ手に粟の0.1%の金利を得られるという、安易な経営姿勢から、もっとリスクを取る経営に専念しろ…という警告でもあるような気がします。昨日の米国10年債金利は急落していますが、もしかして邦銀の買い…?

 2日の米国市場動向
 ニューヨークダウ           1万6153ドル54セント       -295ドル64セント(1.80%)
 NASDAQ総合指数         4516.95ポイント          -103.42ポイント(2.24%)
 S&P500               1903.03ポイント          -36.35ポイント(1.87%)
 CME日経平均先物         1万7470円             -310円
 10年物国債金利           1.8640%              -0.1020%
 ニューヨーク原油           29.88ドル              -1.74ドル
 GOLD                 1127.20ドル             -0.80ドル
 ドルインデックス           98.86                 -0.18  
 

 昨日の米国株は、OPECと非加盟産油国との会合が不透明となり原油価格が下落したことを嫌気。欧州株が下落した流れを引き継ぎ、売り先行で下落スタートになりました。エネルギー関連が売られたほか、石油関連融資の不良債権化を嫌気しゴールドマンザックスなど金融関連も下落。この日決算を発表した企業にも予想を下回るものが多く、終日売られる展開に…。ニューヨークダウは、引け近くに、この日の安値1万6108ドル(前日比341ドル安)をつけています。原油価格が引けにかけ下げ幅を拡大したこともあり、結局、ニューヨークダウとS&P500は続落。NASDAQ総合指数は、4日ぶりに反落して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり641、値下がり2509(NASDAQ市場は、597-2264)。VIX指数は、2.0ポイント上げ21.98ポイントに上昇。

 ダウ30種は値上がり1、値下がり29。決算、見通しとも予想を上回ったデュポンが5.4%上昇。一方、エネルギー関連への融資を懸念しGSが約5%、JPモルガンが3.11%、下落。原油価格の下落を嫌気しシェブロンが4.75%、エクソンが2.22%、キャタピラが3.2%、それぞれ下落。全体で12銘柄が2%超えの下落となり指数を押し下げました。業種別は、公益事業、石炭、医療サービス、貴金属などが上昇。半導体・同製造装置、エネルギー、銀行、レジャーサービス、運輸などが下落。

 主力3指数とも下落。NYダウとS&P500は下落中の25日線に到達したことから短期的な目標達成感が出ています。25日線の対応点は1万7500ドル付近にあり、当面、移動平均線の下落基調が続き、下押し圧力が強まるところ…。ただ、1万6000ドルを挟んだゾーンは、踊り場を形成したポイントでもあり、下値抵抗が強まるところ。当面、このゾーンでもみ合いながら、原油価格の動きなどを見守る格好か…。

 米国株は下落。円は、安全通貨買いに加え、米長期金利の低下を受け、対ドルは119円80銭台に上昇。対ユーロは、130円90銭台に上昇。CME日経平均先物は、円急伸もあり大証先物終値を310円下回る1万7470円で帰ってきました。レンジは、1万7365円~1万7865円。出来高は、1万4000枚増の7万2532枚。本日の日本株は、米株安、円高を嫌気した売りに軟調な始まりになりそう。ただ、CME日経平均先物終値にさや寄せして安く始まったあとは、GLOBEX市場にらみの神経質な展開に…。先物筋のウリ仕掛けが懸念されるものの、先週までにポジション調整を終えており、大規模な仕掛けは考えにくいところ。せいぜい1万7200円台の踊り場を確認するくらいか。引き続き、決算にらみの個別物色の動きに。政策テーマ関連の買い場探し。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ