FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
01 | 2016/02 | 03
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -



本日の日本株は、欧州株高に加え、中國株高や円安を好感して続伸したものの、自社株買いで急伸したソフトバンクの上げが、指数をかさ上げ。
 今日の動きは、目先的なポイントになるとみましたが、ややこしい終わり方になりました。1万6000円の大台をキープ、かつ、陽線で終わったことは、評価できますが、昨日、今日と二日にわたり相場の急所である1月21日安値(1万6017円)付近で上影を残して終わって入りことをみても、かなりこのゾーンを意識していることがわかります。今日も、昼過ぎに、この日の高値1万6341円を取ったあと、急に円が上昇をはじめ、同時に先物が下落をはじめ、日経平均が急速に上げ幅を縮める展開になっていました。昨日の、先物手口で、海外投機筋の機関店と思われる外資系証券の売りが目立つ、としましたが、今日も、日経平均、TOPIXとも先物は売り越し…。しつこく売りを続けているようです。先週一週間で約4000枚ほど売り玉が減っていましたので、安心していましたが、どうやら今週に入ってまた、売りを積み始めたようです。先週まで、無茶な売り仕掛けをやって、今後の政策遂行の障害になるような位置まで下げてきましたので、今後は、政治を敵に回すことになりますので、余り、無茶はしないと思っていたのですが…。まあ、警戒しながら動きを追跡していきますか。

 とりあえず、明日の相場で三本目の陽線をつけ、底型である「赤三兵」をつけられるかどうかが、勝負になります。今のところ、原油先物価格の上げを受け、欧州株は3日続伸。3連休明けになる米国株も、今のところGLOBEX市場では、ニューヨークダウ先物は240ドル高で推移。明日の相場への期待感を強めていますが、日経平均先物は、大証先物終値を80円下回る1万5960円で推移。出来高も8万枚を超える商いになっており、欧米株が強いのに、日本は弱いと言う格好になっています。投機筋はこれまで、CMEの日経平均先物の動きを操作し、翌日の日本株を誘導する動きをしてきています。心配し過ぎかもしれませんが、警戒しておくに越したことはありません。別に、弱気を書いているわけではありません。今回の下落の意味合いなど、今後の流れについては、レポート直近号でも書いていますので、参考にしておいてください。ただ、昨年、9月~10月の戻り相場でも、先物売り越し玉はそのままになっていて、その後、12月以降の売り仕掛けにつながっていますから、警戒しておくに越したことはありません。おかしな話が流れだし、マスコミが追随するような動きが出てくると、また、国内投資家がマリオネットの操り人形みたいになってしまう恐れがでてきます。まあ、しっかりした自分の相場観で行動することが大事ですね。

 本日の日本株は、GLOBEX市場の日経平均先物が、大証先物終値を15円下回っていたことや、前日、1000円を超える上げ幅になっていたことから、売り先行でスタート。売り一巡後は、買戻しや短期筋の目先狙いの買いに、前日引け値水準を回復。中国市場待ちの動きになりましたが、中國人民銀行が人民元基準値をわずかに引き下げたものの、上海市場株が、融資の記録的な伸びなどを好感して上昇すると、これまで下落のきつかった金融や不動産などに買いが入り上げ幅を拡大。昼過ぎには、この日の高値1万6341円(前日比319円高)をつけていました。後は、前段でも書いたように、「先物売り・円買い」の売り仕掛け的な動きも入り、上げ幅を縮めていました。

 結局、日経平均は31円80銭高(0.20%)の1万6054円43銭、TOPIXは4.71ポイント高(0.37%)の1297.01ポイントと、ともに小幅続伸。出来高は、前日比1.21億株減の31億5864万株、売買代金は2688億円減の2兆8848億円と、減少。騰落状況は、値上がり965、値下がり873。業種別は、食料、電気ガス、空運などこれまで堅調だった業種を中心に14業種が下落。一方、保険、不動産、証券、銀行などこれまで売られてきたものを上位に19業種が上昇。リターンリバーサルの動きが強まったようです。VI指数は、1.97ポイント下げ、38.75ポイントに低下したものの、依然、高水準。

 今日は、5000億円規模の自社株買いを発表したソフトバンクグループの上げで指数を82円かさ上げ。実質的には、日経平均はマイナスでした。海外で、円相場が113円台に上昇。GLOBEX市場の日経平均先物は、次第に上げ幅を縮小。1万5820円台(大証終値比220円安)をつけています。まあ、海外投機筋の連中、まだ、ごちゃごちゃと動いていそうですね。景気対策の一環として、中国のように政治が投資筋と対決する姿勢を示したらどうでしょうかね。もっとも株安が、需給要因で下げているという意識はないでしょうけど…。今回のレポートで、マイナス金利の効用について書きました。ソフトバンクの自社株買いは、本来は、ベンチャー企業への出資など将来への投資に使うとしていたはずですが、急に自社株買い転換してきました。このほかにも、新日鉄住金、ファナックなど急に増えてきましたね。もしかしたら、レポートで書いた動きが始まってきた野かも…。とにかく、全体は、明確な底入れサイン確認することを最優先にするところ…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



米国市場は休場だったものの、欧州市場やGLOBEX市場の米株先物は、銀行株への見直し買いや中国の人民元高維持を好感し、大幅続伸して週の取引をスタート。
 おはようございます。 昨晩は体調不良で病院に行っていましたので、書き込みができませんでした。どうやら、久しぶりにダンピング症状がでたようでした。株価が急伸した安堵感もあったのでしょうか。

 さて、昨日の米国市場は、「プレジデンツデー」で休場。欧州市場は、通常通りの立ち会いでしたが、ECBのイタリアの不良債権買い上げ方針、追加利下げ方針に加え、中国人民銀行が元相場を維持する方針を示したことや、李克強首相が「危機の前兆があれば、すぐに手を打つ…」と発言したことなど、中国への懸念が薄らいだことも支えとなり、イタリアやギリシャの銀行株が主導して、上昇。英国FTSE指数は、2.04%、ドイツDAX指数は、2.67%、フランスCAC指数は、3.01%それぞれ、続急伸しています。
 これを受け米国株先物も堅調に推移。主な動きは下記の通り(ブログ書き込み時点)。
 15日の米先物市場動向
 ニューヨークダウ         1万6214ドル      +211ドル
 S&P500             1885.26ポイント    +27.0
 CME日経平均先物       1万5925円       -15円
 ニューヨーク原油         29.76ドル        +0.32ドル
 GOLD               1209.1ドル        -30.0ドル 
 ドルインデックス          96.68          +0.48


 リスクオフ気運の後退から、円の対ドル相場は114円60銭台に下落。対ユーロは127円80銭台に小幅に下落。CME日経平均先物は、大証先物終値を15円下回る1万5925円で帰ってきました。レンジは、1万5460円~1万6155円。出来高は、5万5700枚。
 本日の日本株は、前日、急伸した後だけに、模様眺め気分が強まり、中国市場やGLOBEX市場の米国株、原油先物を見ながらの神経質な動きになりそう。昨日は、大型主力株への買戻しが全体をリードしましたが、決算発表の一巡で好業績株の見直し買いの動きが強まりそう。今期、来期にかけ収益見通しのの明るい人手不足関連、中小企業支援関連の押し目買い。

 昨日の日本株は、ドイツ銀行の債権買戻し方針を受け金融機関への不安が後退。欧米株が急伸した流れを受け、買戻しが増加。先週までの、投機筋の売り仕掛け→裁定解消売り→機関投資家の先物ヘッジ売り→個人投資家の信用見切り売りという負の連鎖による動きが逆回転した影響が大きいものと思われます。ただ、これまでにも書いてきましたように、昨年8月から売りを積み重ねてきた海外投機筋にとっては、どこかで買戻しの場を演出する必要がありましたが、先週前半から流れてきた、ドイツ銀行の高リスク社債(COCO債)の利払い懸念(今年は大丈夫だが、来年は危ない…という、わけのわからない情報)が台頭。加えて、最近、業界紙の親玉みたいな動きが目立つ経済専門誌がネット記事で、(簿外でエネルギー関連のデリバティブの巨額な含み損があるのでは…といわれる)ドイツ銀行に関する記事で、550兆ドルのデリバティブ取引に関する警戒的な記事を併載。550兆ドルという金額は、世界銀行がまとめた世界のデリバティブの総額ですが、この記事がドイツ銀行に関する過剰な警戒感を産み、「日本の銀行も含み損を抱えている…」とありもしない噂を投機筋に流されて、国内投資家まで邦銀株を売り出す始末に…。

 まさに、投機筋の思惑通りに、国内投資家は、先週、総弱気となりました。先週末の日経平均先物売買は、ラージとミニを合わせ25万枚の出来高…。為替が思ったほど円高に進ま無かったところを見ると、海外投機筋が国内投資家fが総悲観になって先物や銀行株に売り物を出すなか、悠々と「円売り・株先物売り」のポジションを手仕舞ったのでしょう。まさに、術中にはまった、という感じですね。昨日の急伸は、先週、恐怖感に駆られて先物でヘッジ売りした国内投資家が、外部環境が一転したために、慌てて、買戻しをした、ということではないのでしょうか。ただ、昨日の手口を見ると、CTA(商品投資顧問)につながる欧州系証券の売り手口が目立っており、まだ、売りから撤退したかどうかは、不透明…。昨日の上げに安心して、政策当局が手を抜くと、また、アルゴリズム取引が動きだし、下押し圧力がかからないとも限りません。まあ、しばらくは、指数売買と関係のないところで、今期、来期の業績見通しの明るいところを、丹念に拾うことでしょうね…。でも、海外の投機筋は、思うようにツボにはまる日本の投資家は「カモ」ですね。まず、取引所などの監督当局が、投機筋が過剰な動きをしないように、レバレッジの引き下げなど先物取引の投機性を減らすことから始めるべきでしょうね。取引所は「流動性」を強調しますが、ただでさえ操作性がある欠陥商品の高いレバレッジを維持するのは、流動性以上の損失を市場にもたらしています。早く、何とかしてほしいですね。

 まあ、せっかく立ちなおりそうな相場に水を差すつもりはありませんが、これだけ上げても、海外投機筋のコンピューター売買が市場を支配している構造には何の変化もありません。個人投資家は、流動性のないところに活路を見出すのが懸命な策かもしれませんね。とりあえず、一日で1万6000円の大台を回復したことは、上出来でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ