FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2016/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



週末の日本株は、円高や米株安を嫌気し、外需株や主力株が下落。週明けのイベント控えから見送り気分も強く、日経平均、TOPIXとも反落して終了
 英BBC放送が6月中旬に収録した「黒田日銀総裁のヘリコプターマネー否定発言」を今になって放送したことへの影響が懸念された今日の日本株でした。朝の書きこみでは、週末(G20財務相・中銀総裁会合)、週明け(FOMC、日銀禁輸政策決定会合)に大きなイベントを控え、海外投機筋も悪さはできないのでは…としましたが、今日の日経平均の終日値幅は129円と狭いレンジの動き。また、出来高も16億株割れにとどまっており、放送の影響は小幅にとどまったようで、一安心でした。先週の日経平均の1400円近い上げは、元FRB議長でヘリコプターベンの異名を持つバーナンキ氏が安倍首相、黒田日銀総裁と会見したことがヘリコプターマネーの散布を海外投機筋に抱かせることになったもの。それを頭から否定したことで、売りに回るのでは…との懸念も持たせましたが、BBCが、6月中旬に収録されたものであることを、あとからフォロー的に公表。21日の発表までの間に、英国のEU離脱という大きな材料が出ており、6月時の発言をそのまま受け取ることはできない…として、来週末の日銀会合に追加緩和の期待をつないだことが、相場の落ち着きにつながったようです。果たして29日に、海外投機筋の期待を満足させられるだけの材料を日銀が提供できるか…。

 今日の日本株は、BBS放送が放送した日銀総裁のヘリコプターマネー否定発言が、為替市場に大きなマイナスの影響をもたらし、円相場は105円40銭台まで急伸。これを嫌気し、CME日経平均先物は1万6500円台まで下落して帰ってきていました。ただ、BBCの収録時期に関するフォローがあったことに市場も安心感を持ち、先物買いを入れる投資家もあり日経平均は、CME終値(1万6560円)を上回る1万6612円(前日比198円安)でスタート。寄り後も大きく売り込むような動きはなかったものの、円高を嫌気した外需株への売りから、じり安する展開に…。この日から日本国内でも「ポケモンGO」」のリリースが始まったことで関連株が人気化したことも支えとなりました。欧州市場が開く2時過ぎに、一時、まとまった先物売りが持ち込まれ、日経平均は、この日の安値1万6566円(同244円安)をつける場面もありましたが、売りが続かず、引けにかけては、やや下げ幅を縮小。反落して終わったものの、日経平均、TOPIXとも小幅な陽線で終了。相場の強さを示しました。

 日経平均は、182円97銭安(1.09%)安の1万6627円90銭、TOPIXは11.88ポイント安(0.89%)安の1327.61ポイントで終了。出来高は、前日比4.15億株減の15億9104万株と20億株の大台割れ。売買代金は、同1521億円減の2兆4289億円と、ともに減少。騰落状況は、値上がり515、値下がり1322と、売りが優勢。
 今日の終値での日経平均、TOPIXサイコロは、ともに7勝5敗で変わらず、日経平均RSIは、73%→67%に低下。25日線かい離率は、+5.7%→+4.4%に低下。指数系のモメンタムは低下傾向に…。一方、騰落レシオは125%→131%に上昇。昨年11月26日の133%以来の水準に上昇。やや警戒的な動きが出てきました。

 まあ、週足MACDがシグナルラインを上回り買いシグナルを発信して終わった点はよかったといえます。また、週明けには13週、26週の各移動平均線の対応点が時価を下回り、移動平均が上向きに転換してくることも予想され、全体は底堅くなってきそうです。今日発表された投資主体別売買動向は、現物が3603億円、先物は日経平均型、TOPIX型を合わせて6432億円と合わせて1兆円の買い越し。一方個人の現物の5050億円売り越しなど、国内投資家は総売り越し。日経平均1390円高、TOPIX107ポイントの上げは、海外投資家、特に、先物にリードされていたことが分かります。このところ書いてきたように、イベントに向けてポジションを積み上げていくイベントドリブン型ヘッジファンドと思われ、来週29日の日銀会合付近は値動きが荒くなるかもしれませんね。ただ、裁定買い残がそれほど積み上がっていませんので、破壊力はそれほど強くないはずですが…。

 今週は、レポート注目株も結構しっかりでした。五洋建設や、ディップ、リクルートホールディングスなどが高値を更新。その他、今期から来期にかけて業績好調が予想されるとして注目してきたものも、今週引け値で週MACDが買いシグナルを出すなど、強気シグナルを出しているものも多いようです。詳しくは、日曜日発信のレポートで解説しますが、週明けから決算発表が本格化してきます。まだ、第1四半期なので、通期見通しを据え置くものが多く、好決算でも叩き屋の被害にあうものも出てきます。ただ、進捗率が前期の実績を上回るのもは、たたかれたところは、絶好の買い場になってきそうです。まあ、ポケモン祭りもいいですが、開発企業に関して任天堂の利益を押し上げるのは、いったいいくらの売上高が必要なのか…など、そろそろ冷静な計算もされてきそう。理想買いから現実買いに移った時に割高だった場合は、適正価格まで押し戻されることがあるかも知れません。
 全体相場の先行きに不透明感があるようですが、一度、場ぶり崩壊前の高値からの為替、株価の動きをトレースしてみては…。目先の懸念材料に振り回されていますが、すでに全体の流れは大きく変化しているようですよ。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



昨日の米国株は、主力企業のさえない決算や原油価格の下落を嫌気。高値警戒感が強まり、NYダウは10日ぶりに反落。NASDAQ総合指数、S&P500 も反落して終了
 おはようございます。昨晩は、久しぶりにきついダンピング症状が出て、寝込んでしまいましたので、休載しました。ご容赦!

 昨日の日本株は反発しましたが、指数は、終日上げ幅を縮める展開に…。ドル・円相場が日足一目均衡表の「雲」に接近。前回はこの水準から跳ね返されており、警戒感が強まったことが、先物筋の手じまい(株先物売り・円買い)につながったのかもしれません。日本市場の終了後、英国BBC放送が、黒田日銀総裁のインタビューを放送。同総裁がヘリコプターマネーに関し「必要性も、可能性もない」と発言。このところの円安、株高がヘリコプターマネーへの期待感から上げていたところも多かっただけに、海外市場で円相場は急騰。日経平均先物も、一時は350円下げるなど、大荒れの展開に…。のちに、同インタビューが6月中旬に収録されたものであることを報じていますが、なぜ今頃流したのか疑問符が付きます。もし、投機筋がこの放送があることを知って、先物を売っていた、としたら、大問題。4月の日銀会合を前に、ブルームバーグがマイナス金利による日銀貸し出しを報じ、円安、株高が進んだものの、結局のところ「誤報」で、その後株価が急落。報道姿勢が問われました。インタビュー後、英国のEU離脱など大きな変化が起きており、放送する前に日銀に確認するなど慎重な報道が必要だったように思われますが、実際にはどうだったのでしょうか。
 昨日発表された11日~15日売買分の裁定取引にともなう裁定買い残は、前週比2069億円増の7841億円と、やはり、裁定買い残を積み増す動きが強まってきました。この裏には、海外投機筋が先物買いを増やしたことがあります。おそらく、イベントに向けてポジションを積み上げていく、イベントドリブン型の投機筋の動きが活発になっているんでしょう。日銀としては、変な緩和期待を市場にもってもらいたくない…ということで、期待感を冷やすための発言だったかもしれませんが、来週の会合で何もしなかったら、また、投機筋が暴れる姿を見ることになるかもしれません。

 21日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        1万8517ドル23セント       -77ドル80セント(0.42%)
 NASDASQ総合指数      5073.90ポイント          -16.03ポイント(0.31%)
 S&P500               2165.17ポイント         -7.85ポイント(0.36%)
 CME日経平均先物       1万6560円             -250円
 10年物国債金利         1.558%              -0.027%
 ニューヨーク原油         44.75ドル             -1.00ドル
 GOLD                1331.20ドル            +11.70ドル
 ドルインデックス         96.89                -0.25    


 昨日の米国株は、ECBが金融政策を据え置いたことから欧州株が高安まちまちとなるなか、ガソリン在庫の増加などを嫌気しエネルギー株が売られたことを受け、売りが先行。反落スタートになりました。前日引け後に発表されたインテルやAMEXの決算が予想を下回って下落すると、前日までNYダウが9連騰するなど高値警戒感が強まっていたことから、次第に売りが優勢となり、下落幅を拡大。昼過ぎに、この日の安値1万8469ドル(前日比126ドル安)をつける場面も…。ただ、中古住宅販売が予想を上回ったことや、フィラデルフィア連銀製造業景況指数で製造業の底入れ感が確認されたことなどを好感。引けにかけては、やや買い戻されたものの、結局、NYダウは10日ぶりに反落。NASDAQ総合指数、S&P500は反落して終了。公益株が買われたほか、GMやイーベイなど好決算銘柄が買われる一方、決算が予想を下回った空運が売られるなど、決算内容に敏感な動きが続いてます。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1287、値下がり1751(NASDAQ市場は、1058-1769)と、売りが優勢。

 NYダウは10日ぶりに反落。この日は終日マイナス圏で推移していました。日足サイコロは、まだ10勝2敗(81%)と警戒ゾーンの75%を超えて推移。短期的な調整が必要になっています。この日は、株安や原油安を嫌気し、ややリスクオフの動きが強まり、債券市場に資金が流れたことも、さえない動きにつながったようです。新高値を更新していたことから、いずれ下値調べの動きが出てくることは以前から想定していましたので、この調整は歓迎。当面、昨年5月高値の1万8300ドル付近での値固めの動きに移るか…。

 米国株は反落。円は、英BBC放送が流した一か月前のヘリコプターマネーに関する黒田日銀総裁発言を受け急伸。対ドルは一時105円40銭台まで急伸したあと、105円80銭台、対ユーロは116円60銭台にともに上昇。CME日経平均先物は、円の急伸を嫌気し、大証先物終値を250円下回る1万6560円で帰ってきました。レンジは、1万6460円~1万6925円。出来高は、前日比約2万4000枚増の7万1247枚。本日の日本株は、下値を探る展開に…。引き続き、海外先物筋次第の展開になりそうで、為替、GLOBEX市場の米株先物睨みの展開になりそう。週明けに明日からG20財務相・中銀総裁会合を控えているほか、週明けには、FOMC、日銀会合を控えており、投機筋としても無理な仕掛けはしにくいところ。BBC放送が、反響の大きさに、収録が6月中旬(17日?)に行われたものであることを公表。市場も落ち着きを取り戻し、円は106円台を回復。CME日経平均先物も1万6600円台に入るなど、落ち着きを取りも度しています。週末にともなうポジション調整の売りなどが懸念されますが、当面、日足一目均衡表の雲上辺、26週移動平均線などが下値を支持しそう。決算発表が本格化してくることから、好決算物に注目。このところ減益ながら、コンセンサスが引き上げられている東京製鉄…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ