FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
11 | 2016/12 | 01
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



週末の日本株は、3連休前のポジション調整の売りに小幅に続落したものの、先高期待から出遅れ株を買う動きが強まり、この日の高値圏で終了。
 用事があり、町まで出かけていました。意外に手間取り、帰宅が遅れました。簡単にまとめておきます。

 日本市場は、クリスマスを挟んで3連休に入ります。米国市場も週末から、来週月曜日のクリスマス代替え休日まで連休になりますので、投資家のやる気を削いだような展開になりました。朝方は、昨日の米株安や円高を嫌気し続落してスタート。連休を控えたポジション調整の売りが最近にぎわった銀行や保険などに入り、日経平均は、寄り後まもなく、この日の安値1万9327円(前日比117円安)をつけていました。海外投資家がクリスマス休暇に入り、参加者が減少していることから、売り一巡後もマイナス圏での方向感のない展開が続きました。投資判断の引き上げがあったスバルやグーグルと無人運転車の共同開発が伝えられた本田など自動車が堅調株が堅調に推移したほか、米SOXX(フィラデルフィア半導体株指数)の高値更新を受けた半導体関連などが買われたものの、日経平均は終日マイナス圏で推移。引けにかけ買い直され、この日の高値で終わったものの、結局、日経平均、TOPIXとも小幅に続落して終了。繊維やガラス土石、ゴム製品、金属製品など出遅れ株に買いが入ったものの、主力株の動きが冴えず、商いは尻すぼみ状態に…。

 結局、日経平均終値は、16円82銭安(0.09%)の1万9427円67銭、TOPIX終値は1.2ポイント安(0.07%)の1543.82ポイント。出来高は前日比2.3億j株減の18億7138万株、売買代金は2600億円減の2兆1590億円と、薄商い状態。海外投資家の動きが鈍かったことを思わせます。騰落状況は、値上がり852、値下がり980と、売りが優勢。NT倍率は12.58倍と昨日の12.59倍から、やや低下。
 今日の終値での日経平均サイコロは9勝3敗、TOPIXは8勝4敗に、それぞれ低下。日経平均RSIは80%→84%に上昇。25日線かい離率は、+4.1%→3.7%に低下。騰落レシオは147%→138%に低下。テクニカル指標は買われすぎゾーンでの持ち合いが続くものの、かさ上げ的な動きにはやや陰りが見え始めたか…。

 日経平均は今週も小幅に上昇。7週連続の上昇で、週足日経平均サイコロは10勝2敗(81%)に上昇。日経平均週足RSIは、81%超えまで上昇。戻り高値を付けに行った昨年4月来の水準に上昇。中期指標面でも過熱感が出てきました。今回は、トランプラリーという外的な要因がエンジン役になりましたが、円安が背景になった上げは2012年末~2013年相場と同じ。この時には、日経平均週足サイコロは12勝0敗、週足RSIは98%まで上昇しており、今回が、この当時のパターンと同様の相場になるかどうかが、注目されます。朝も書きましたように、欧州時間お今日午後2時にイタリア大手銀行モンテバスキの公募増資の期限がきますが、予定されていたカタール投資庁が出資を渋っており、今のところ、公的資金の導入が有力になります。公的資金の導入時、EUは債券者や株式保有者、預金者などにも一定の負担を課すペールインを義務付けていますが、同行の社債保有者には個人が多く、しゃくし定規にEUの規定を適用できるかどうか…。EUが変に口出ししてくれば、一波乱あるかも…。ただ、今日のところは、銀行救済用の基金として200億ユーロの拠出を議会が承認しており、今のところ、欧州市場は冷静に受け止めているようです。

 まあ、基本的に、週明けも業績増額修正、来期増益銘柄を買う流れは変わらないと思います。このところ半導体関連に注力していますが、今日は増額修正を期待してレポート直近号で注目したJASDAQ銘柄が値上がり上位に入っていましたね。他の銘柄も堅調に推移しています。また、中小企業のITインフラ構築の支援をする企業も堅調に推移しています。早ければ、決算発表前に、」コンセンサスの引き上げや、業績見通しの修正で上げる可能性もあり、案外短期で勝負がつくケースもありそう。詳しくは、日曜日に発信予定の年内最終のレポートで解説します。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



昨日の米国株は、クリスマス休暇入りから参加者が減少するなか、節税用の損失確定の売りなどから、主力3指数とも反落して終了。
 おはようございます。 市場は出来高も減少し、完全にクリスマスモードに入ってきました。イタリアの銀行増資問題はありますが、今日は、クリスマスソングでも聞きながら、来年の相場でも考えておいた方がいいかも…。、

 21日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         1万9941ドル96セント     -32ドル66セント(0.16%)
 NASDAQ総合指数        5471.43ポイント        -12.51ポイント(0.23%)
 S&P500                2265.18ポイント        -5.58ポイント(0.25%)
 CME日経平均先物        1万9410円           -20円 
 10年物国債金利         2.537%             -0.022%
 ニューヨーク原油         52.49ドル            -0.88ドル
 GOLD                1133.20ドル           -0.40ドル
 ドルインデックス          103.03              -0.22    
 

 昨日の米国株は、イタリア大手銀行の経営不安やスペイン銀行への過剰な住宅ローン金利の返還判決を嫌気。欧州株が高安まちまちになった流れを受け、売りが先行。反落してスタートしました。前日好決算を発表していたナイキが買われたことから、ニューヨークダウは、寄り後にこの日の高値1万1万9986ドル(前日比12ドル高)をつけ、再び史上最高値に迫る場面もありました。ただ、市場はクリスマス休暇モードに入り、参加者が減少するなか、薬価の引き下げが懸念される医薬品が売られ、次第に下落幅を広げる展開に…。この日は中古住宅販売件数が、減少予想を覆し、2007年2月来の水準に増加したものの、特に材料視されず、益出しの動きが薄く広く出され、引けにかけて下落幅を拡大。結局、この日の安値圏で取引を終えています。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1418、値下がり1500(NASDAQ市場は、1093-1765)と、ともに売りが優勢。

 NYダウは反落。ダウ採用30種は、値上がり8、値下がり21、変わらず1(マイクロソフト)。医薬品のメルクとファイザーがそれぞれ1%超え下落したものの、そのほかは上昇、下落とも小幅な値動き。NYダウの終日値幅は、45ドルという狭いレンジの動き。指数寄与度の大きいゴールドマンザックスが0.7%下げたのが足を引っ張ったようです。引き続き、2万ドル大台を目前にし、売り買いが交錯しているようです。このところ医薬品やバイオ株の軟調が目立ちますが、年末特有の節税のための損出しの対象になっているか…。ドレッシングの動きが始まる来週までは小動きの展開が続きそう。

 米国株は、小反落。円は、米金利上昇の一服感や欧州銀行への懸念から買われ、対ドルは117円50銭台に上昇。対ユーロは横ばい。CME日経平均先物は、大証先物終値を20円下回る1万9410円と小動きで帰ってきました。レンジは1万9335円~1万9555円。出来高は前日比5000枚減の2万7370枚。投機筋もクリスマス休暇に入ったようです。本日の日本株は方向感のない展開になりそう。明日から3連休に入るほか、今晩、イタリアの大手銀行モンテ・バスキの公募増資の期限を迎えることが懸念材料となり、ポジション調整売りが増える可能性も…。イタリア議会が、200億ユーロの銀行セクター支援計画を承認。公的資金の導入体制を整えているものの、公的資金投入に当たっては、株主や債券者、預金者への損出負担を求めており、イタリア政府とEUとの対立が加速する可能性も…。昨日同様、材料株中心の展開。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ