大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
01 | 2017/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



週末の米国株は、予想を上回る雇用統計結果やトランプ大統領の金融規制緩和に関する大統領令署名などを好感。主力3指数とも大幅高して終了。
 おはようございます。昨晩は、急な用事で町まで出かけ書き込みができませんでした。まあ、想定通り決算銘柄が堅調に推移していますのでご容赦!それにしても、日米の金利で株式市場が揺さぶられるようになってきましたね。

 3日の米国市場動向 
 ニューヨークダウ         2万0071ドル46セント      +186ドル55セント(0.54%)
 NASDAQ総合指数        5666.77ポイント         +30.57ポイント(0.94%)
 S&P500               2297.42ポイント         +16.67ポイント(0.73%)
 CME日経平均先物        1万9050円            +110円
 10年債金利            2.469%              -0.006%
 ニューヨーク原油         53.83ドル             +0.29ドル
 GOLD                1220.80ドル           +1.4ドル
 ドルインデックス         99.73                -0.09  
  

 週末の米国株は、朝方発表の雇用統計(1月)で非農業部門雇用者数が、予想を上回ったものの、平均時給の伸びが鈍化したことから、利上げのペースが緩やかになるとの観測から、買いが先行。前月水準を大きく上回ってスタートしました。この日、トランプ大統領が経営者との会合で金融規制緩和に言及。銀行の自己勘定取引の見直しなどの緩和策を含む大統領令に署名したことも、市場がもともと期待していた政策が忘れられていなかったことに安心。金融株などトランプ関連株が買われ上げ幅を拡大。ニューヨークダウは、引け近くにはこの日の高値2万0081ドル(前日比196ドル高)をつける場面も…。ドルが主要通貨に対し下落したことも、多国籍企業や外需依存企業への買いにつながり、主力3指数とも上昇して終了。NASDAQ総合指数は、6日ぶりに引け値での最高値を更新していました。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり2378、値下がり645(NASDAQ市場は、2096-744)と、ともに買いが優勢。

 NYダウは反発。採用30種は、値上がり25、値下がり5。前日好決算を発表していたカード大手VISAが、4.59%上昇。金融規制緩和への期待からGSが4.57%、JOモルガンが3%、AMEXが2.0%それぞれ上昇。この4社で指数を120ドル以上引き上げていました。このほか、原油高を好感したシェブロン(+1.2%)、財政刺激期待のUT(+1.2%)なども買われ指数の押し上げに寄与。NYダウは、前週比では小幅なマイナス。依然、持ち合い圏にあるものの、NASDAQ総合指数は続伸。右肩上がりの動きを維持しています。IOTやAI、自動運転などIT技術を駆使した新産業が勃興してきており、市場は素直に反応し買われているようです。決算発表中で、アマゾンやフェイスブックなどが、予想を下回り売られていますが、売上は前年比二ケタ増になるなど好調が続いています。引き続き、IT関連の動きを中心に、米金利状況を見ながら金融株を買う流れになるのでしょうか。それにしても、当初の上げの手掛かりになっていた、減税、財政出動、規制緩和の賞味期限が切れそうになっていたところに、すかさず、材料を出してくる…GSのスタッフが入ったせいでもないでしょうが、なかなか、味なことをしますね。

 米国株は、上昇。円は、米賃金伸び悩み受けた金利低下から、一時、対ドルで112円30銭台まで上昇したあと、FRB関係者のタカ派発言を受け、112円50銭台にもどし小幅上昇。対ユーロは121円40銭台で横ばい。CME日経平均先物は、大証先物終値を110円上回る1万9050円で帰ってきました。レンジは、1万8805円~1万9095円。出来高は、前日比2000枚減の5万2335枚。
 昨日の日経平均終値は、3円62銭高(0.02%)の1万8918円20銭、TOPIXは4.58ポイント高(0.30%)の1514.99ポイントと、ともに小反発。出来高は21億1697万株(前日比-110万株)、売買代金は、2兆6288億円(同+500億円)。騰落状況は、値上がり996、値下がり744。VI指数は0.14ポイント上げ20.68ポイントに上昇。

 昨日の終値での日経平均、TOPIXサイコロは、ともに7勝5敗で、変わらず。日経平均RSIは、42%→46%に上昇。25日線かい離率は、-1.5%→-1.3%。騰落レシオは93%→95%と、強含み横ばい。引き続き、方向感のない展開が継続。ストキャスティクスなど目先のテクニカル指標に売られすぎを暗示する指標があるものの、全体は方向感のない動き。懸念されていた13週移動平均線を維持して終わったことは朗報。このところ、トランプ政権からの日銀緩和策への批判などから、国債買い取りの縮小などが言われ、金利が上がりやすい状況にありますが、昨日は、日銀買いオペを巡って市場が混乱。異例の指値買いを実施したものの、金利が乱高下する場面がありました。これに伴い円相場も乱高下し、先物売買の影響から株式指数も乱高下する動きに…。1月後半以降は、米国からの為替圧力が強まりやすい時期でもあり、当面、為替、指数とも神経質な動きが続きそう。通貨先物市場での投機筋のポジションは、円買い持ちが増加する一方、売り持ちは依然9万枚超え…。買い戻しによる円高リスクは残ったまま。

 昨日は、山一電機が決算を発表。想定通り通期の経常利益を21.3億円から28億円に上方修正するとともに、5円増配を発表してきました。期初の減益見通しから、増益見通への転換です。2日前、同様に増額修正と増配を発表し、急騰した扶桑化学工業と同じパターン。待ち伏せ方針で注目しましたが、週明け相場の反応が期対されます。リタイア層のワクワク消費関連で注目したヤマハも増額修正してきました。全体相場など詳しいことは明日発信のレポートで解説します。
 ※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト


プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ