大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
02 | 2017/03 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



本日の日本株は、米株急伸や円安を好感した買いに3日続伸したものの、米新政権の貿易制裁措置復活方針を嫌気し、上げ幅は縮小。
 今期二けた増益、米国株に比べて割安…などと、言われながらも、自立性を欠き米国市場次第の動きを続けてきた日本株でしたが、ニューヨークダウの360ドル近い上げに蹴っ飛ばされる格好で、ようやく、大発会翌日に付けたザラバ高値(1万9615円)を上抜き、年初来高値を上回ってきました。ただ、トランプ大統領の姿勢方針演説への米国市場の反応を見ていた短期筋が、予想外の上げになったことで、買い戻しに動いたほか、来週のメジャーSQを控え、オプションで弱気ポジションをとっていた投資家の損失カバーの先物ヘッジ買いなどが寄り付きに 集中し、裁定買いも含め一気に年初来高値を更新しています。まあ、昨日の米国株の急伸も、基本的な上げ要因は同じだと思われます。

 ただ、来週のメジャーSQまでは、決算対策が頭抑えになるため、どうしても戻りが売られてしまいます。また、昨日の施政方針演説では、日本を名指しした貿易問題には触れられませんでしたが、昨日、米通商代表部は議会に「通商政策報告書」を提出。今後、制裁関税などを課して提訴され、世界貿易機関(WTO)の紛争解決手続きが不利益になる場合は、国内法を優先し、WTOの最低には従わない…と、しています。選挙戦中には、WTOからの脱退も…としていましたが、米国ファーストを実現するため、条約よりも国内法を優先すると、国際法の常識を無視した方針を示しています。今日、高値を取ったあと、外需株から急速に伸び悩んだところを見ても、この報告書の提出が嫌気されたところがあるようです。また、GLOBEX市場の米株先物が小安く推移していたことも、r強気で買い上がる姿勢を鈍らしたようで、結局、個人投資家は、もとの新興市場や出遅れ株のかさ上げの方へ戻ってしまった感じです。主力株かどうかはわかりませんが、大引けでかなりまとまった売買があったようですね。

 じり貧になったものの、結局、日経平均は171円25銭高(0.88%)の1万9564円80銭、TOPIXは、11.60ポイント高(0.75%)の1564.69ポイントと、ともに3日続伸して終了。出来高は前日比2.2億株増の22億1038万株、売買代金は、1438億円増の2兆5328億円と、ともに増加しましたが、持続的な上げには不十分か…。騰落状況は、値上がり1457、値下がり421。
 今日の終値での日経平均サイコロは6勝6敗、TOPIXは7勝5敗と、ともに上昇。日経平均RSIは62%→55%に低下。25日線かい離率は、+0.91%→+1.77%に拡大。RSIの低下は、10日の471円高が外れたことによる特殊要因。指数系のモメンタムは上向きに…。物色の広がりを見る騰落レシオは113%→111%と小幅に低下。警戒ゾーンの120%超えには余裕があります。

 日経平均と、TOPIXの日足MACDはともに買いシグナルを発信。日経平均三本新値は陽線3本目と、強気サインを持続。以前から、レポートでは相場のレンジが、12月初旬に上のレンジに移動。当面は、レンジの下値を固める動きになる…としましたが、どうやら、次のレンジ上限(レポート参照を目指す動きに入ってきたようです。一応、昨年12月から続いてきたレンジ相場を抜け出すような動きになっていますが、やはり、決算が確定する来週のメジャーSQまでは頭の重い動きが続くのかも…。

 トランプラリーによる金利上昇で、国内地銀などは債券の評価損を抱え込みましたが、この穴埋めによる売りが続きそう。今日発表された投資主体別売買動向(現物)で都銀・地銀は2月初めから4週連続の売り越し。金額は700億円を超えています。個人の現物売りも今週発表分は416億円の売り越しでした。やはり、決算対策が終わらないと、新しい相場に入れないのかも…。ただ、国内投資家は売りを優先してきたことで、新年度入りでの買い付け余力はもっており、全体相場を弱気する必要はありません。引き続き、決算睨みの仕込み方針で…。中小企業支援関連が良い動きです。また、派遣時給の頭打ちから様子を見ていた人出不足関連の動きが変わってきたような印象があります。
 GLOBEX市場の米国株は方向感のない動き…。為替は、円安気味に推移していますから、どうやら米国株は3月利上げを心配しているようです。金利先物市場が織り込む3月利上げ確率は1日で35%→69%に増加しましたが、この点に関し株式市場の織り込み度合いは…?
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト
昨日の米国株は、施政方針演説の融和的な内容や強気景気指標を受けた金利上昇を好感。トランプラリーが再開し主力3指数とも急反発。そろって高値を更新して終了。
 おはようございます。
 注目された施政方針演説への米投資家の反応は、議員に融和を訴えたことが好感され、株価は急伸しています。この日発表のISM製造業景況指数が前月水準、予想を大きく上回ったことも買い安心感を誘いました。ただ、この日も、ダラス連銀のカプラン総裁が早期利上げが適当と発言。3月利上げ確率が高まり、短期市場が予想する3月利上げ確率は、前日の35%から69%に上昇しています。これを受け、10年債金利が上昇し、日足一目均衡の雲を抜け出してきました。1月の2.305%と今回の2.310%でダブル底をつけた格好になっており潮目が変化しそうな感じになってきました。ドル・円相場にとっては明るい材料です。ただ、昨日のベージュブック(地区連銀経済報告)で、「ドル高が輸出、観光に及ぼす悪影響」に言及。明日予定されているイエレンFRB議長や同フィッシャー副議長の講演内容に警戒が必要になりそう。とにかく、今日は、週末でもなく精一杯やれる日。証券会社も膠着感を抜け出すため、年初来高値更新へ向け全力投球してくるのでは…。

 1日の米国市場動向
 ニューヨークダウ       2万1115ドル55セント     +303ドル31セント(1.46%)
 NASDAQ総合指数      5904.03ポイント        +78.59ポイント(1.35%)
 S&P500             2395.96ポイント        +32.32ポイント(1.37%)
 CME日経平均先物     1万9565円            +175円
 10年物国債金利       2.458%             +0.064%
 ニューヨーク原油       53.83ドル            -0.18ドル
 GOLD              1250.00ドル          -3.9ドル
 ドルインデックス        101.72             +0.36


 昨日の米国株は、米トランプ新大統領の施政方針演説が事前予想の範囲だったものの、対立から融和へと方針を転換したことが好意的に受け取られ買いが先行。一連の地区連銀総裁の利上げへの前向きな発言から金利が上昇したことを受け金融関連が買われたこともあり、大幅高してスタート。寄り後まもなくニューヨークダウは、初の2万1000ドル大台に乗せていました。インフラ関連やエネルギー関連などトランプ政策関連株も買われたほか、買い戻しの動きも活発化。終日高値圏での売買となり、昼頃にはこの日の高値2万1169ドル(前日比356ドル高)をつけていました。この日発表されたISM製造業景況指数やベージュブック(地区連銀経済報告)がいずれも米経済の強さを示すものになったことも強気に買いを刺激。結局、主力3指数とも大幅高し、そろって史上最高値を更新していました。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり2052、値下がり994(NASDAQ市場は、2161-715)。VIX指数は、0.38ポイント下げ12.54ポイントに低下。

 NYダウは急反発。採用30種は、値上がり28、値下がり2(インテル-0.75%、ウォルマート-0.68%)。値上がりのうち6銘柄が2%超えの上昇。金利上昇を受け、JPモルガン(+3.29%)、トラベラーズ(+2.25%)、AMEX(2.32%)、GS(+1.87%)、それぞれ上昇。いずれも指数寄与度が大きく、ダウを押し上げました。また、インフラ投資のキャタピラー(+1.99%)、3M(+1.88%)も上げに寄与しています。NUダウは、青天井状態で強気投げを続けています。以前から、レポートでは、2009年3月安値を基点にする右肩上がりのレンジ相場の上限ラインを目指す…としていましたが、そろそろポイントに近づいてきました。いずれ、このゾーンも抜け出すと考えていますが、まだ余裕はあるものの、目標設定に迷っている投資家も多く、意識されてくるかも…。

 米国株は反発。円は、米金利上昇を受け、対ドルは113円70銭台、対ユーロは119円90銭台に、それぞれ軟化。CME日経平均先物は、大証先物終値を175円上回る1万9565円で帰ってきました。レンジは1万9155円~1万9620円。出来高は、前日比2万6000枚増の6万1328枚。本日の日本株は、米国市場が施政方針演説を好意的に受け止たことから、続伸。大発会翌日に付けたザラバ高値高値1万9615円に挑戦することになりそう。当面、米市場の流れを受け金融関連やインフラ投資関連など主力株が物色の中心に…。先物主導色は抜けず、指数寄与度の高いソフトバンク、ファナックのほか、三菱UFJなど銀行株。インフラ関連のコマツなどが買われそうですが、米市場に強いタダノも…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ