大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
02 | 2017/03 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



週明けの日本株は、円上昇を嫌気し反落スタートも、内需系主力株に買いが入り、TOPIX主導で、3日続伸して終了。
 メジャーSQが終わり、決算対策もほぼ確定。あとは、よほどの事態でも持ちあがらない限り、主力投資家の売買は手控えられることになりそうです。新年度入りまでの間に、新しい投資方針やポートフォリオを考えるんでしょうが、先週までの動きを見ると、不動産株や電力など金利敏感株が売られ、一方で、来期も増益が期待できる銘柄は連日じり高するなど、海外投資家の組み込み銘柄の入れ変えとみられるような動きも始まっており、上の印鑑が無いと動けない国内機関投資家は、また、一歩遅れを取ることになるかもしれません。まあ、国内勢が売買を手控えるなか、今週以降の動きを見ていると、新年度の相場の方向性を暗示するようなヒントがあるかもしれませんね。
 
 さて、今週は、できるかどうかわかりませんが今晩、米予算教書の提出があります。政権の実務スタッフもそろっていないので、内容を期待するのは無理なんでしょう。また、14日は、水と油の米独首脳会談が行われ、米抜きのTPP関係国会合もあります。15日は、FOMC結果が分かるほか、オランダ総選挙が実施されます。この日は、中国全人代が閉幕し、李克強首相が演説します。続く16日には、米国務長官と安倍首相の会談、日銀会合の結果もわかります。17日からはG20 財務相・中銀総裁会合がドイツで開催されます。さらに18日土曜日には、米国務長官が中国を訪問…よく、これだけ、重要なイベントがそろったものです。いずれも為替へに影響を及ぼす可能性があり、目が離せないものですが、特に、今回の米FOMCは注目度が高そうです。

 今回は、3か月に一度の参加者による金利見通し(ドット・チャート)が発表されますが、年内の金利見通しで、利上げの回数が予想できるだけに目が離せません。これまで市場は年内に2回の利上げで動いてきましたが、金利見通しが年2回の利上げを肯定するものなら、材料出尽くしでドルが売られることになるかもしれません。しかし、金利見通しの上限が4回を示唆するものになれば、再度ドルが上昇することになるんでしょう。まだ、トランンプ政権の具体的な政策も決まっておらず、参加者も金利見通しが立てられないのが本音のところ。正直、どちらに転ぶかはわかりません。先週、火曜日現在のシカゴIMM通貨先物市場の取り組みを
見ると、売り買いとも、それぞれ1万枚以上増えており、市場の見方も割れているようです。結果次第では、どちらかに大きく振れてくるかもしれませんね。まあ、こんな状態では、動きにくいのが本当のところでしょう。

 週明けの日本株は、強弱感が対立する動きを象徴するような展開で、朝方は、米金利下落を受けた円高を嫌気。売り先行で始まったものの、売り一巡後は内需系業種を中心に買いが入り、前引け近くにプラス圏に浮上。後場は手掛かり材料難から大きな値動きもなく、膠着相場が継続。結局、小幅に続伸。終値ベースの年初来高値を更新していました。
 日経平均終値は、29円14銭高(0.15%()の1万9633円75銭、TOPIXは3.39ポイント高(0.22%)の1577.40ポイント。出来高は、メジャーSQによる増加分が剥げ、前週末比約8億株減の14億7180万株、売買代金は、同1兆1700億円減の1兆7724億円と、もとの薄商いに戻りました。騰落状況は、値上がり998、値下がり849と買いが優勢。
 
 今日の終値での日経平均サイコロは6勝6敗に、TOPIXは、7勝5敗に、それぞれ上昇。日経平均RSIは62%→59%に低下。25日線かい離率は、+1.66%→1.67%と、強含み横ばい。騰落レシオは、125%→123%に弱含み。指数系のモメンタムは上向いていますが、物色の広がりを見る騰落レシオは、警戒ゾーンの120%越えで足踏みしています。内需系大型株が動いたことで、新興市場や小型株への警戒感が出たようです。まあ、年内の利上げ回数は、2回なのか、それとも3回…?まさかまさかの4回…。これがはっきりして為替の方向性が決まらないと、物色の流れもわからないまま。

 3月からAIを使った政府肝いりのビッグデータ活用事業が始まった関連株、オリンピック実需の取り込みが始まった建設廃棄物処理関連、中小企業支援関連など、順調に高値を伸ばしています。他の、業績増額修正期待株も堅調を持続。あとは、アナリストのコンセンサス引き上げを待つばかりのところ…。派手さはありませんが、材料が出れば一気に値幅が出ることを期待しています。それにしても、これだけいろんな材料がある週も、久しぶり…。また今晩から欧米市場は夏時間に移行。立会が終わり時間が1時間早くjなりますから、朝寝坊しないように気を付けないと…。 
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト


プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ