FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



本日の日本株は、円の安値更新を好感。決算発表への期待感から好業績主力株や出遅れ株が幅広く買われ、続伸して終了。
 本日の日本株は、ETFの配当金支払いが集中する7月10日を通過。再投資など需給関係の好転や、円相場が5月11日の114円36銭を上回る114円47銭を付けたことを好感。日経平均、TOPIXとも続伸して終了。TOPIXは、6月29日のザラバ高値、引け値をともに上回り、年初来高値を更新してきました。
 朝方は、米国株が高安まちまちの展開になったほか、円の対ドル相場も昨日の国内相場を上回って帰ってきたことから、日経平均は弱含んでスタートしました。ただ、円相場が114円を割り込まなかったことから、一段の円安進行を期待して電機や精密など外需株を買う動きが強まり、すぐにプラス圏に浮上。相場が崩れなかった安心感から、出遅れ株や新興市場株に短期資金が向かったほか、決算発表時期の接近から好業績株を買う動きも強まり、次第に上げ幅を拡大。後場に入り、ドル円相場が急所だった114円36銭を抜いてくると、好業績の外需系主力株に買い物が向かったほか、売り仕掛けの買い戻しもあり、次第に上げ幅を拡大。日経平均は、引け近くに、この日の高値2万0200円(前日比120円高)をつけています。

 結局、日経平均終値は、114円50銭高(0.57%)の2万0195円48銭、TOPIXは11.66ポイント高(0.72%)の1627.14ポイントで終了。出来高は、前日比1億株減の14億3621万株、売買代金は319億円減の2兆0673億円と、ともに薄商いが継続。騰落状況は、値上がり1494、値下がり392と、買いが優勢。情報通信、空運、繊維、電気機器などを上位に29業種が上昇。電気ガス、その他金融、水産・農林の3業種が下落。全体にまんべんなく買われた格好。
 今日の終値での日経平均、TOPIXサイコロは、ともに7勝5敗で変わらず。日経平均RSIは、42%→52%に上昇。25日線かい離率は、+0.21%→+0.74%に拡大。騰落レシオは101%→112%に上昇。指数の強気モメンタム、物色範囲とも拡大傾向にあります。

 短期筋が手掛ける出遅れ株買いに加え、決算発表が近づくにつれ、何度かコンセンサスが引き上げられてきた主力株に中長期資金が入りだしたことが、上値志向を強めさせることになりました。また、円が大きな節値だった114円36銭を抜いてきたことで、先物で弱気ポジション(先物売り。円買い)を取っていた投機筋がポジションを解消したことが裁定買いを通じ指数を押し上げた側面もあるようです。今日のGLOBEX市場で、米債券先物は下落(金利は上昇)しており、円売りを促した形です..。週末にオプションSQを控え、清算値を下げるため売り仕掛けのタイミングを計っている投資家も多いと思われますが、実需買いが入っており、売り仕掛けのタイミングを見失っているようです。明日の水曜日は、SQを前に相場が荒れやすい日…。海外相場次第ですが、明日も警戒は解けません。

 レポートでは、指数は当面膠着感を強めそう…として、個別株を重視。短期的には、日立製作所や大和ハウス工業、SONYなどが面白いとして注目株で取り上げましたが、直近号では、特に、大きな節値を抜いてきたSONYが面白いとして取り上げました。この二日間の動きは想定通り。今日はNT倍率は、TOPIX型銘柄の頑張りで12.43倍→12.41倍に低下しましたが、このゾーンの抵抗は強く、再度、拡大に向かう公算も…。しばらくは日経平均型の銘柄を追っていくべきか…。次は、上げの⑥ポイントの2万0985円付近が急所に。大きく伸びたものは、いったん益出しをし、次の買い場を待つ…という姿勢で。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください 。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



週明けの米国株は、IT主力関連株の見直し買いから入ったものの、週半ばのイエレンFRB議長魏j会証言を警戒し、高安まちまちで終了。
 おはようございます。早朝からセミが鳴き始めています。今日も暑くなりそうです。パソコンが悲鳴を上げていたので、エアコンをつけたのですが、まだ、一度も使っていません。パソコンは生き返っても、なんだか、人間様の体力が落ちそうな気がして、なかなか、エアコンのスイッチに手が伸びません。こんなことで、悩む必要もないと思いますが…。相場の方は、次第に夏休みモード(世間では、夏枯れ相場ともいうみたいですが)に…。

 10日の米国市場動向
 二ユーヨークダウ        2万1408ドル52セント      -5ドル82セント(0.03%)
 NASDAQ総合指数       6176.39ポイント         +23.31ポイント(0.38%)
 S&P500               2427.43ポイント         +2.25ポイント(0.09%)
 CME日経平均先物       2万0055円            -45円
 10年物国債金利         2.376%              +0.05%
 ニューヨーク原油         44.40ドル            +0.17ドル
 GOLD               1213.70ドル            +4.0ドル
 ドルインデックス         96.05                +0.03  
 

 週明けの米国株は、好調だった米雇用統計やドイツの輸出増加を好感して欧州市場が全面高したものの、米金利の頭打ち感を映し金融株が売られたことから、反落してスタートしました。売り一巡後は、この日、30時間限定の大型セール「プライムデー」を開催することからアマゾンが買われたことを機に、IT関連株への見直し買いが入り、次第に上げ幅を拡大。ニューヨークダウは、昼頃、この日の高値2万1446ドル(前週末比34ドル高)を付けていました。その後は、アマゾンの大型セールを嫌気して、ウォルマートなどの小売株が売られ、売り買いが交錯。引けにかけては、12日に行われるイエレンFRB議長の議会証言やオバマケア代替え法案の採決をめぐる不透明感から、医薬品、ヘルスケア関連などが売られ、ニューヨークダウは反落。IT関連の見直し買いから、NASDAQ総合指数、S&P500は続伸して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1505、値下がり1127と買いが優勢だったものの、NASDAQ市場は、値上がり1152、値下がり1701と、売りが優勢。

 NYダウは小反落。採用30種は、値上がり14、値下がり16。アマゾンのネットでの販売が始まったナイキが1.29%上昇。クラウド部門で新サービスが始まるマイクロソフトが0.75%上昇、ボーイングの0.8%、キャタピラーの0.86%、各上昇など値嵩株の上げが指数を下支え。一方、アマゾンの大型セールを嫌気し、ウォルマートが2.8%下落。オバマケア代替法案の採決が近いことを受け、保険大手トラベラーズが1.1%、ユナイテッドヘルスが0.54%、それぞれ下落。金利の頭打ち感を受けJPモルガンが0.7%下落したことなどが指数の足を引っ張りました。NASDAQ総合指数は、WEB関連主力株の見直しで続伸したものの、小型株指数のラッセル2000が反落。NASDAQ市場には割高株が多く、イエレンFRB議長の議会証言を懸念する動きもあるようです。NYダウは、依然、6月29日の長大陰線を抜けきれず、NASDAQ総合指数も、高値、安値を切り下げる下落バンドを形成し始めており、ともに、しばらくはもたついた動きか…。

 米国株は、高安まちまち。円は、ドイツの好調な景気指標からユーロが買われた流れを受け、対ドルは114円付近の動き。対ユーロは129円98銭と、それそれ週末水準からは下落。CME日経平均先物は、大証先物終値比45円安の2万0055円で帰ってきました。レンジは、2万0015円~2万0120円。本日の日本株は、方向感のない始まりになりそう。12日のFRB議長の議会証言を控え、模様眺め気分が強まりやすいなか、週末にオプションSQを控え、仕掛け的な動きが懸念されます。為替、GLOBEX先物市場の米株、債券先物の動きによっては、波乱局面も…。内需、外需に関係なく、業績面で伸びしろのあるものを買おうという動きが出ており、個別物色の動きを強めそう。自動車、エヌビィディアの株価目標引き上げを受けた半導体関連に注目。大和ハウス工業、下値支持線上で値固めが始まってきた五洋建設も…。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ