FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



本日の日本株は、米金利低下を受けた円高を嫌気し、外需株が売られたものの、好業績の内需系銘柄に短期筋の買いがシフト。日経平均、TOPIXとも、小幅に反発して終了。
 明日の日銀金融政策決定会合、その夜のECB理事会…ともに大きな政策変更はなさそうですが、ともに会合後の総裁の会見に関心が集まりそう。特に、今回の世界的な金利上昇の引き金を引いたドラギECB総裁が、引き続き、タカ派の姿勢を貫くか、金利上昇でそわそわし始めた南欧のの銀行や景気に配慮した、ややハト派寄りの発言をするか…注目されます。本来なら、金融政策決定会合を控え、イベントドリブン型のヘッジファンドなどが、仕掛け的な動き(日銀プレー)をしてくるのですが、今のようにボラティリィティが低い状態では、仕掛けても値幅が取れる可能性もなく、仕掛け的な動きはなかったみたいですね。
 まあ、ドラギ総裁としては、自分の発言に対し、世界中の市場が反応したところを見ても、政策変更には、まだ時間をかけて市場に浸透させていく方がいいと考えたかもしれません。もともと、9月会合で、米FOMCがバランスシートの縮小を発表。ECBもこれを受け来年からのQEの縮小手法を発表する…というストーリーを描いていたのですが…。それにしても、ドラギ総裁の発言後、投資家は債券売り、ドル買い(円売り)のポジションを作ってきましたが、イエレンFRB議長の超ハト派発言で、完全に梯子を外された格好…。トランプラリーの需給整理がつき、やっと円安に動き始めたと思ったら、また、今回の変化でしこりを抱えてしまいました。

 本日の日本株は、小幅に反発して終了。朝方は、冴えない米景気指標を受けた金利低下から、円が上昇して帰ってきたことを嫌気。自動車株など外需か売られたほか、CME日経平均先物終値(1万9970円)にサヤ寄せする先物売りが入り、日経平均は安寄りしてスタート。裁定解消売りなどから、下げ幅を拡大寄り後すぐに、この日の安値1万9947円(前日比52円安)を付けていました。ただ、円高が進んだとみるや、短期筋を中心に好業績が期待できる建設株や食品、サービスなど内需系銘柄に買いが入り下落幅を縮小。イベントを前にした先物うあ売りポジションの買い戻しなどが入り、上げに転換。前引け近くには、この日の高値2万0032円(同34円高)を津得る場面も…。後場からは2万円大台を下値に膠着した動きとなりました。その他製品、水産農林、情報通信など内需系を上位に15業種が上昇。海運、その他金融、証券、輸送用機器なを18業種が下落。

 日経平均終値は、20円95銭高(0.10%)の2万0020円86銭、TOPIXは、1.39ポイント高(0.09%)の1621.87ポイントと、ともに反発。出来高は、前日比1.76億株減の16億4142万株、売買代金は912億円減の2兆0208億円と、ともに薄商い。騰落状況は、値上がり1136、値下がり760と、買いが優勢。円高進行にも関わらず、相変わらずの物色意欲の強さを示しています。
 今日の終値での日経平均サイコロは、7勝5敗、TOPIXは6勝6敗と、ともに上昇。日経平均RSIは、39%→44%に上昇。25日線かい離率は-0.34%→-0.25%にややかい離が縮小。今のところは、25日線の上昇が続いていますが、近々、対応点の上昇から横ばいに転じる可能性もあり、早い時期の株価の上昇が期待されます。騰落レシオは111%→111%と横ばい。指数に方向感がでm無い中、高水準の物資の広がりを保っています。

 まあ、いつもより注目度が高い金融イベントを控えては、身動き取れないということでしょうか。ただ、為替が円高に転換すると、」すかさず内需系銘柄に買いが入ることから、指数に大きなブレが出てきません。以前にも9月の米FOMCやECB理事会の前くらいまでは、政策変更を織り込むためじめじめした展開がつづきそう…としましたが、一方、指数の変化を気にせず、業績に伸びしろがある銘柄を買うのがベストとしてきました。想定通り、業績の増額修正が続いた、日立製作所やSONYなどが堅調に推移。他の半導体関連なども堅調に推移しています。また、今日あたりは、好業績期待で先行して買われた後、調整に入っていた日本ユニシスなど中小企業支援株、人材関連も」出直る気配を着せています。まあ、あれこれ、目移りする必要はありませんので、今期の増額修正期待、来期増益銘柄を押し目押し目で買うようにすれば、そこそこの利益は上がってくるはずですが…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください 。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



昨日の米国株は、オバマケア代替え法案の挫折や金利急落を嫌気した売りが出る一方、WEB関連主力株への見直し買い続き、高安まちまちで終了。NASDAQ総合指数が最高値を更新。
 おはようございます。
 共和党のオバマケア代替え法案は、これを主導するマケイン議員が、急に、手術を受け静養することになり、帰趨が危ぶまれていましたが、党内から新たに2名の離反者がでて、採決の見通しが立たなくなり、再度、棚上げにされることになりました。また、昨日、共和党が提出した2018年度予算では、省庁向け予算のカットを指示したトランプ大統領の意向は無視された内容になっており、党と大統領府の間に溝ができていることを示しました。夏休み入りを延期してまで代替え法案成立に力を注いでいましたが、これで、白紙…。おかげで予定通り夏休み入りできると、議員さんたちはホッとしていることでしょう。それにしても、共和党案では防衛費は大統領計画の180億ドル増を、上回る780億ドル増を計上しています。来年、なにか始めるつもりでしょうか…。日本のマスコミも安倍叩きをいい加減にしておかないと、海外投資家の嫌気売りに拍車がかかることにもなりかねませんが…。彼らが頑張るたびに日本は悪くなっているような気がします。

 18日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         2万1574ドル73セント      -54ドル99セント(0.25%)
 NASDAQ総合指数        6344.31ポイント         +29.88ポイント(0.47%)
 S&P500               2460.61ポイント          +1.47ポイント(0.06%)
 CME日経平均先物        1万9970円            -10円から
 10年物国債金利         2.259%               -0.059% 
 ニューヨーク原油         46.40ドル              +0.38ドル
 GOLD                1241.60ドル            +7.80ドル
 ドルインデックス          94.65                -0.50 
  

 昨日の米国株は、前日発表されたゴールドマンザックスの決算で債券トレーディング益が大幅減になったことを嫌気し、売られたことから、続落してスタートしました。この日発表された住宅建設業者指数が予想を下回り住宅への懸念が強まったほか、輸入物価が続落したことを受けインフレ懸念が後退。長期債金利が急低下したことも金融株の足を引っ張り、GSが下落幅を拡大。共和党内部から離反者が出てオバマケア代替え法案の採決が断念されたことも、政策推進への不透明感を強めるとして、景気敏感株が売られ、下げ幅を拡大。寄り後まもなく、ニューヨークダウはこの日の安値2万1471ドル(前日比158ドル安)をつける場面も…。ただ、好調な決算を受けJ%&Jが買われたほか、金利低下を受け、公益株や高配当株が買われ、引けにかけては下げ幅を縮める展開に…。結局、ニューヨークダウは続落。金利低下によるリスク許容度の増加からWEB主力株などが買われ、NASDAQ総合指数は続伸し、過去最高値を更新。6月9日急落の穴を埋めました。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1422、値下がり1519(NASDAQ市場は、1281-1587)と、ともに売りが優勢。

 NYダウは続落。採用30種は、値上がり12、値下がり18。通期見通し引き上げを好感しジョンソンアンドジョンソンが1.75%上昇、P&Gが1.25%、ディズニーが0.92%、それぞれ上昇し、指数を下支え。一方、決算への失望や金利低下を嫌気し、GSが2.6%下落指数の足を引っ張りました。冴えない住宅関連指標を受け穂ホームデポが1.12%、デュポンが0.78%、それぞれ下落。原油価格が上昇したにもかかわらず、シェブロンが0.47%、エクソンが0.22%、それぞれ下落。いずれも指数への影響が大きい値嵩株だったことから、指数を押し下げています。この日は、原油価格の上げにも関わらず、エネルギー株が売られていました。昨日も書いたように、レンジ上限やテクニカルな節値に近づいており、警戒的な動きが強まってきたようです。先週末で、週足サイコロが9勝3敗に上昇。中期的に過熱感が出ていることも嫌気されたか…。当面、高値持ち合いの動き。一方、NASDAQ総合指数は、6月9日にGSのアナリストがWEB主力5銘柄を名指しして、買われすぎを警告。急落したFAANG銘柄が、個々に高値を回復し、指数も最高値を更新してきました。レポートで注目中の、アマゾンドットコム、マイクロソフトとも、最高値を更新しています。指数の週足サイコロは8勝4敗と、NYダウに比べ、過熱感はなく、決算への期待感もあり、全体をリードすることになりそう。

 米国株は、高安まちまち。円は、米金利低下を受け、対ドルは112円付近(一時、111円69銭)に上昇。対ユーロは129円40銭台に小幅に軟化。CME日経平均先物は、大証先物を10円下回る1万9970円で帰ってきました。レンジは1万9890円~2万0075円。出来高は、前日比2万枚増の3万5300枚。本日の日本株は、軟調な展開で推移しそう。日米ともに政権に対する不安が高まっており、投機筋が漬け込む余地ができています。このところ、CME日経平均先物のレンジ下限を狙う売り仕掛けが強まっていることも警戒。ただ、今日から始まる日銀会合、明日のECB理事会を控え、投機筋も無理はできないところ…。引き続き、業績に的を絞り第一四半期から高い進捗率が期待できる企業を狙うところ。昨日の米国市場で、SOX(フィラデルフィア半導体株指数)が反発したことから、今日も半導体関連に注目。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ