FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



週末の日本株は3連休控えで商いは盛り上がらなかったものの、米株高の流れを受けた主力株の堅調に支えらえれ、日経平均、TOPIXとも続伸して終了。
 注目の10月第一週が終わりました。9月後半の先物買い戻しの仮需相場から、実需買いの上げ相場にスイッチできるかが焦点でした。その先駆けになるのか、9月第4週の海外投資家(現物)は、10週ぶりに2017億円の買い越しになりました。例年通り10月~12月にかけての買い継続につながるのか、大いに注目されます。(先物の方は相変わらず、おかしな動きが続いていますが…)10月の北朝鮮リスクを承知のうえで買ったのでしょうから、本気の買いと思っていいのかもしれません。レポートでも、例年通り海外投資家が買いに来るかどうかで、米国が軍事力で北朝鮮を抑え込むかどうかがわかる…としましたが、今のところは武力衝突には至らないと読んでいるのでしょうか。来週木曜日発表の投資主体別売買動向が注目されます。

 ただ、ちょっと心配な点も…。今週の日経平均は週間で1.64%上昇。一方、TOPIXは0.74%と上昇率は半分以下。海外投資家が本気で買いに来るなら、TOPIX100採用銘柄などをまとめ買いしてくるはずですが、全体の出来高もTOPIXの上昇率も今一つでした。米朝間の緊張を材料に売り仕掛けした投機筋は、突然浮上してきた「解散・総選挙」を受け買い戻しを急ぎましたが、この踏み上げであっさり2万円を挟んだ持ち合いの壁を突破。これを見て、トレンドフォロー型のヘッジファンドが動いた可能性もあります。昨日も書いたように、裁定買い残の増加の勢いが強く、相場全体に先物買いが先行していることを示しています。今日の相場をみても、日経平均への指数寄与度が最も大きいファーストリテーリング1社で日経平均を42円も押し上げており、何か、思惑的な感じがしないでもありません。レポート8月27日号で、今回の下落相場は、海外投機筋の売り仕掛けで下げており、立ち直りは4月底のように、投機筋の踏み上げになる…として、ファーストリテーリングを注目しましたが、ちょうど10%の上げになっています。まあ、来週の投資主体別売買動向を見て判断をしても遅くはないはずです。

 本日の日本株は、昨日の米国株が急伸したことを受け、買い先行でスタートしたものの、3連休前のポジション調整の売買もあり、尻すぼみの動きに…。ただ、ユニクロが外資系証券の株価目標の引き上げを受け終日堅調に推移。指数は底堅い動きとなり、5日続伸して終わりました。終日レンジは、2万0659円~2万0721円で、62円幅の狭いレンジのの動き。米国で規制緩和期待から銀行株が買われた流れを受け、保険や銀行、その他金融などが堅調でした。
 結局、日経平均終値は62円15銭高(0.30%)の2万0690円71銭、TOPIXは、4.67ポイント高(0.28%)の1687.16ポイントの終わり。出来高は、前日比8000万株増の14億5979万株、売買代金は、同2803億円増の2兆2743億円と増加しましたが、この内1469億円が任天堂1社分。騰落状況は、値上がり954、値下がり959と、ほぼ半々。

 今日の終値での日経平均サイコロは8勝4敗、TOPIXは6勝6敗と、ともに変わらず。日経平均RSIは84%→83%に小幅に低下。25日線かい離率は、+3.06%→+3.155%に拡大。RSIの警戒ゾーン入りが気になります。騰落レシオは、119%→117%に低下。かだかさ上げ的な動きも残っており、物色の方向感は出ていません。先週は、TOPIXの週足MACDが買いシグナルを出しましたが、今週末で日経平均の週MACDが買いシグナルを出してきました。
 米国市場でもバリューかグロースかの味方の相違がありますが、日本でも、東証マザーズ指数の調整色が強まっているほか、このところ大型株指数の上昇率が小型j株を上回るようになっており、昨年末から続いてきた小型株球威の流れに変化が出てきたのか注目されます。週明け相場は、北朝鮮の動きにもよりますが、物色の方向感が出るかどうかが焦点になりそう。詳しくは、月曜日発信のレポートで解説します。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください 。  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

昨日の米国株は、税制改革へ向けての前進や金融規制緩和へ期待感など、好材料が続き主力3指数とも続伸。そろって最高値を更新して終了。
 おはようございます。帰省していた間、あちこち飛び回っていましたので、疲れが一気に出てきたようです。昨晩は、睡眠薬代わりにアレルギー薬を飲んで寝ましたが、目が覚めたら6時過ぎ…。海外市場のチェックを始めたら、米国株はそろって高値を更新しており、想定外の動きを始めています。プロの投資家心理を見る「FEAR AND GREED(恐怖・歓喜)指数」は、95%(75%以上は買われすぎ…)と、強気の針が振り切れそうな状態。投資家も、それなりの対処の仕方を考える時期に来ているようです。

 5日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        2万2775ドル39セント      +113ドル75セント(0.50%)
 NASDAQ総合指数       6585.36ポイント         +50.73ポイント(0.78%)
 S&P500              2552.07ポイント         +14.33ポイント(0.56%)
 CME日経平均先物       2万0700円            +60円
 10年物国債金利        2.349%               +0.024%
 ニューヨーク原油        50.79ドル             +0.81ドル
 GOLD               1270.60ドル            -6.20ドル
 ドルインデックス         93.91               +0.41 
 

 昨日の米国株は、朝方発表された新規失業保険申請件数が予想を下回ったことを好感し買いが先行。プーチン・ロシア大統領が協調減産について来年末まで延長する可能性について言及したことも好感されエネルギー株が上昇。続伸してスタートしました。また、この日、FRB副議長に金融規制緩和派のメンバーが任命されたことも金融株への買い材料となり、次第に上げ幅を拡大。さらに、議会下院が2018年度予算決議案を承認し、税制改革が進むとの見方もハイテク株への買いを誘い、上げ幅を拡大。ニューヨークダウは引け近くにこの日の高値2万2777ドル(前日比116ドル高)をつけていました。結局、主力3指数とも続伸。そろって最高値を更新して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1803、値下がり1144(NASDAQ市場は、1794-1098)と、ともに買いが優勢。

 NYダウは、7日続伸。採用30種は、値上がり23、値下がり6、変わらず1(メルク)。金融規制緩和への期待からGSが2.39%、JPモルガンが1.34%、それぞれ上昇し指数の上げをけん引。税制改革でメリットを受けるとしてハイテクのアップルが1.2%、マイクロソフトが1.71%それぞれ上昇。ボーイング(+1.2%)、マクドナルド(+1.0%)などとともに指数を押し上げました。一方、ユナイテッドヘルスが1.3%下落し、指数の足を引っ張ったものの、他の銘柄の下落率が小さく、指数への影響は限定的でした。この日は、好材料が多く、幅広く買われ指数を押し上げていました。NYダウは2009年に金融危機の安値を付けた後、右肩上がりのレンジ内を動いてきましたが、8月にレンジ上限に届いた後、一か月もみ合い。その後、9月にレンジを上抜け、新たな局面に入ったきました。以前から、このレンジ抜けから、バブル的な動きが意識される局面に入る、としてきました。指数は買われすぎゾーンにあるものの、主要3指数が揃って高値を更新するなど、上げの勢いは止まらなくなってきました。投資家心理を表す指標は、異常値を出してきており、今後は、株価の振れ幅が大きくなることもありそう。NYダウは、一旦、抜け出したレンジの上限ラインへの下値調べの動きが出てくるはず…。

 米国株は続伸。円は、FRB関係者の12月利上げへの前向き発言を受け金利が上昇したものの対ドルは112円80銭台と弱含み横ばい。対ユーロは、ECB議事録のハト派的な内容を受け132円10銭台に上昇。CME日経平均先物は、大証先物終値を60円上回る2万0700円で帰ってきました。レンジは、2万0600円~2万0705円。本日の日本株は、CME終値にさや寄せして高寄りした後は、3連休や北朝鮮のイベントを控え見送り気分の強い展開になりそう。このところ、米金利の上昇とドル円相場の関連性が薄れており、需給悪が円下落を妨げている可能性も…。指数は、3連休や北朝鮮の示威行為をヘッジする動きに波乱することもありそう。GLOBEX市場の米株・債券先物の動きを見ながらの神経質な展開。引き続き、材料株とそろそろ観測記事が増え始めた中間決算関連銘柄。米ハイテク株上げの流れを受けた電子部品などが注目されそうですが、SOXの動きが鈍っており、半導体までは買いの手が回らないか…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

本日の日本株は、連休控えや北朝鮮情勢への懸念などから見送り気分の強い展開でしたが、ポジション調整の売買が交錯。高安まちまちの終わりに…
 だんだん動けなくなってきました。今日も訳の分からない防衛関連株が動いていましたが、連休明け10j日に「朝鮮労働党創記念日」を控え、刈り上げ君が何かやるのでは…との、懸念を市場がもっているようです。ただ、翌11日に中国7中全会(第18期中央委員会第7回全体会議)が開催されますが、仕切るのは習近平氏…。翌18日の中国共産党大会を前にした大事な会合です。刈り上げ君がやりたい放題やってこれたのも、中国政権内の権力闘争が熾烈になっていたことから、北朝鮮問題に真剣に取り組めなかったというところもあります。権力基盤固めが終わり、新たなスタートを切るときに、果たして、習総書記の顔に泥を塗るような真似ができるかどうか…。ただでさえ、厳しい制裁を課しており、おかしなことをすれば、今度はただでは済まないはず…。まあ、あまり心配し過ぎるのもどうでしょうか。

 また、明日夜には米雇用統計の発表を控えていますが、週明け9日は、日本は「体育の日」、米国は「コロンブスデー」で、それぞれ3連休になります。まあ、動きたくても動けないのが本当のところでしょう。今日の出来高は、13億株台…。まあ、仕方がないところです。レポートでも10月以降は、先物買い戻しから、海外中長期投資家の実需買いにシフトできるかがカギになる…としました。ここ3年分遡ってみると、2014年は、11月、12月で約1兆4560億円、2015年は、10月、11月、12月の三か月間で約1兆1740億円、2016年は、10~12月にかけて、約2兆5000億円のそれぞれ買い越しになっていました。今回は、地政学要因に加え、解散・総選挙という不透明要因が出てきたことで2014年のように11月にまとまった買い越しになるかもしれません。もっとも選挙結果にもよりますが…。どうも、最近の動きを見ていると「希望の党」に見掛け倒しの評価が高まりつつありますし、北朝鮮リスクという、これまで日本が経験したことのない局面になっており、もし政権交代があった場合、果たして有事に対処できるのかどうか…。まあ、いろんなことが杞憂に終わりそうな気がしないでもないですが、かといって、手放しで強気になるのも考えもの。上方修正期待のあるものを、徹底した逆張りで買い、決算発表を待つというのが一番良いのではないでしょうか。

 3日も休載し、内外のデータ収集ができなかったので、今日は、これに追われた格好です。米国の方も、3連休や雇用統計結果、北朝鮮情勢を気にして尻すぼみの相場になっていましたが、日本も、CME日経平均先物終値にさや寄せする先物買いに小幅に増進して始まった後は、3連休前のポジション調整の動きに終始した格好。米ISM製造業・非製造業景況指数とも、記録的な水準に上昇、これで、明日の夜に発表される雇用統計で平均時給が上昇でもしようものなら、12月利上げが確定的となり、長期金利が一段高。割高感の強い新興市場株や小型グロース株には逆風となることから、流れの変化に備えたポジション調整の動きが出ているようです。大型株や景気循環のバリュー株へのシフトですね。今日の動きを見ていると、何か流れの変化を怖がっている感じがします。…ということで、高寄り後は、終日、前日引け値を挟んだ水準で小動きの展開に…。引け近くに先物の買い戻しが入った影響で、日経平均はわずかにプラスになったものの、小型株の冴えない動きが影響しTOPIXは、マイナスで終わっています。

 日経平均終値は、1円90銭高(0.01%)の2万0628円56銭と、4日続伸。TOPIXは、2.07ポイント安(0.12%)の1682.49ポイントと、小幅に続落。出来高は、前日比2.82億株減の13億7835万株、売買代金は、4060億円減の1兆9940億円と、閑散商状になってきました。騰落状況は、値上がり597、値下がり13441と売りが優勢。NT倍率は、9月8日の12.10倍を底にm、本日は12.26倍に上昇。日経平均型先物売買の影響が強まっていることがわかります。

 今日の終値での日経平均サイコロは、8勝4敗で変わらず。TOPIXは、6勝6敗に低下。日経平均RSIは、80%→84%に上昇。買われすぎ感が出ています。25日線かい離率は、+3.282%→3.059%にややかい離が縮小。騰落レシオは、127%→119%に低下。警戒ゾーンから低下したものの、依然、かさ上げ的な動きの中に…。指数間の強弱感の対立が目立ってきました。裁定買い残の増加に見られるように、先物筋は裁定買い残を積み上げさせるように動いており、日経平均の強さが目立ちます。過去の相場では、仕掛け的な売りの買い戻し一巡後は、10週間を超える持合い相場に移行する傾向があり、今回も、同様のパターンをたどるのでは…としましたが、これを抜け出すカギが中長期投資家の実需買いにつなげられるかどうか、としました。個人の場合、マイナンバーによる資産状況の把握を怖がり、現物売りが続いており、財務省がマイナンバーを止めるとでも言わないj限りあてにはできないようです。その分海外投資家への期待感が高まるわけですfが、前段でも書いたきたように、これだけ不透明要因を抱えていたのでは、簡単には動けないか…。もっとも、以前から指数なんか見ていては、今の相場はわからない…としてきましたが、今後は、これだけ裁定買い残が急増してくると裁定解消売りを気にしないわけにはいきません。とりあえずは、業績上方修正期待銘柄を、厳しい値段でエントリーし、決算発表を待つ、という姿勢で良いのでは…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください 。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

昨日の米国株は、予想を上回る雇用の数字やサービス業の強い景気指標を受け、主力3指数とも続伸して終了。高値警戒的な動きも…
 おはようございます。昨晩は遅くに北九州の実家から戻ってきました。弟の入院と母の介護施設への一時入所が重なり、やむをえない帰省でしたが、弟は内臓疾患が重なり、入院が長引きそうです。あちこち飛び回っておりましたが、相場の方は、毎日、アイパッドで確認しておりました。10月は、海外投資家の実需買いがポイントになる…としましたが、今のところは想定通りの動き。ただ、この買いが実需なのか仮需なのかで相場の見方は大きく変わってきます。まだ、結論を出すには時間がかかりそうですね。

 4日の米j国市場動向
 ニューヨークダウ        2万2661ドル64セント       +19ドル97セント(0.09%)
 NASDAQ総合指数       6534.63ポイント          +2.91ポイント(0.04%)
 S&P5600             2537.74ポイント           +3.16ポイント(0.12%)
 CME日経平均先物       2万0655円             +25円
 10年物国債金利        2.324%               +0.003%
 ニューヨーク原油        49.98ドル              -0.44ドル
 GOLD               1277.50ドル            +2.90ドル
 ドルインデックス         93.48                -0.14   


 昨日の米国株は、この日発表の(雇用統計の先行指標となる)ADP全米雇用報告で、民間部門の雇用者数が予想をやや上回ったことを好感し買いが先行。続伸してスタートしました。辞任が噂されたティラーソン国務長官が、報道を否定し、現職に留まると述べたことも好感され、寄り後も買いが継続。販売底入れの可能性が強まった自動車などが買われて上げ幅を拡大。ニュークダウは昼ごろこの日の高値2万2685ドル(前日比4ドル高)をつけ、ザラバでの最高値を更新しています。ただ、この日発表のISM非製造業景況指数が、週明け発表のISM製造業景況指数に続き12年ぶり水準に上昇したことから利上げ懸念が強まるとともに、高値警戒感も台頭。利益を確保する動きも強まり引けにかけては、上げ幅を縮小する動きに…。ただ、全体に値動きの乏しい展開で、ニューヨークダウの終日値幅は53ドルと、狭いレンジの動きにとどまっていました。結局、主力3指数とも小幅に続伸して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1423、値下がり1485(NASDAQ市場は1423-1441)と、ともに売りがやや優勢。

 NYダウは、6日続伸。採用30種は値上がり16、値下がり14.ナイキが1.2%上げ、指数をリード。住宅関連で3Mが0.91%、キャタピラーが0.98%それぞれ上昇。ユナイテッドヘルスが0.93%上げ指数を下支えしました。一方、経営への懸念からGEが1.29%下落。金利の頭打ち感を受けJPモルガンが10%、GSが0.54%、それぞれ下落し指数の足を引っ張りました。採用銘柄中1%超え変動したのは3銘柄のみ。全体に小動きの展開。NASDAQ総合指数のサイコロジカラインが75%に達するなど短期テクニカル指標に一部過熱感がみられるものの、中期指標は落ち着いた動き。ただ、プロの投資家のセンチメントを表す指標が、買われすぎゾーンを大幅に上回る水準まで上昇するなど、やや、強気に傾き過ぎていることが心配。ニューヨーク市場、NASDAQ市場とも、52週来安値更新銘柄数が増えず、押し目があれば買いたい投資家の多さを示しています。最近の高値付近への調整があれば相場の息も長くなるのですが…。

 米国株は続伸。円は、12年ぶり水準へのISM非製造業景況指数の上昇にもかかわらず、金利の反応が鈍く、対ドルは12円70銭台で横ばい。対ユーロは、132円50銭台と、このところの膠着した動きが継続。CME日経平均先物は、大証先物終値を25円上回る2万0655円で帰ってきました。レンジは、2万0585円~2万0685円。本日の日本株は、方向感の無い展開になりそう。レポートでも解説しましたように、ここ数年、10月~12月は海外投資家の投資姿勢が高まるアノマリーがありますが、実際、10月に入り大型株のパフォーマンスがよくなっており、彼らの実需買いへの期待感が高まります。ただ、依然、地政学要因を抱えたままですし、一方で、政治的な安定への懸念も高まっており、素直に信じて良いかは疑問。昨日発表の、裁定買い残は、4137億円の増加で買い残は2兆4758億円まで、積み上がってきました。イベントドリブン型の海外投機筋が、裁定買い残を積み上げさせるように先物買いを優勢させている可能性もあります。来週10日の「北朝鮮労働党創建記念日」や総選挙の結果によっては、裁定解消売りが下げのエネルギーになる可能性もあります。9月後半から市場エネルギーが減少していることから、解消売りを吸収できないかも…。今日発表の投資主体別売買動向での海外投資家の現物、先物売買動向、来週発表分の10月に入っての彼らの動きを把握して判断するのが賢明か…。今日も大型株(指数採用銘柄)主導になりそうですが、9月までは、大型株反発の持続性は短く、小型シフトへのタイミングを計るところ。引き続き、業績重視で。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ