FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



週末の米国株は、突然の予算決議案の可決による税制改革期待から幅広く買われ、主力3指数とも最高値を更新して終了。
 おはようございます。明日は衆院選の投票日です。台風が接近しており風雨が強まりそうですが、選挙結果への影響はないのでしょうか。記者時代に有権者へのアンケートをしたことがありますが、高齢の方が、○○先生のために無理をしても投票に行かなければ…と、回答する方が多くありました。保守系はこういう層に支えられているところがありますが、果たして風雨をおして投票に出かけることができるのでしょうか。市場は与党勝利を確信しているようですが、天気次第では何が起きるかわからないことも想定しておく必要があるかもしれませんね。これまで運の強さで乗り切ってきた安倍首相ですが、この台風の接近…果たして吉と出るか巨と出るか。

 20日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         2万328ドル63セント      +165ドル59セント(0.71%)
 NASDAQ総合指数        6629.05ポイント        +22.99ポイント(0.36%)
 S&P500               2575.21ポイント         +13.11ポイント(0.51%)
 CME日経平均先物        2万1555円           +105円
 10年物国債金利         2.381%              +0.06%
 ニューヨーク原油         51.47ドル            +0.18ドル
 GOLD                1281.80ドル           -8.20ドル
 ドルインデックス          93.66              +0.51 
  

 週末の米国株は、前日夜に税制改革につながる2018年度予算案が可決されたことを好感。買いが先行し大幅高してスタートしました。予算案で27年度までの10年間で1兆5000億ドルの減税が容認されたことから、成長企業にとり有利になるとしてハイテク株が買われたほか、財政の悪化を懸念し長期金利が上昇したことを受け金融株が買われるなどし、終日上げる展開になりました。また、トランプ大統領が次期FRB議長人事に関し、イエレン議長を含め、パウエル理事、テイラー・スタンフォード大教授を候補者名として挙げ、いずれもハト派だったことも安心買いにつながっていたようです。銀行や住宅、素材など幅広く買われ、週末のポジション調整売りも吸収。引けにかけ上げ幅を拡大しニューヨークダウは、高値引けしています。主力3指数ともそろって最高値を更新。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1793、値下がり1168(NASDAQ市場は、1772-1116)と、ともに買いが優勢。

 NYダウは6日続伸。採用30種は、値上がり27、値下がり3。ボーイングが2.2%、ユナイテッドヘルスが2.0%、GSが1.98%、それぞれ上昇。突出して上げたものはなく、8社が1%超え上昇し指数の上げに寄与。ボーイング(約40ドル)、GS(32ドル)、ユナイテッドヘルス(29ドル)の3社でNYダウを100ドル押し上げ。一方、予想を上回る決算だったものの、部門別で売り上げが低下している事業が多かったことが嫌気されP&Gが3.65%下落。同社だけで22ドル指数を押し下げています。この日は、NYダウ、S&P500 と主力株を主とする指標が高値圏で終わったものの、NASDAQ総合指数は、引けにかけ上げ幅を縮めるなど、最近の動きと同様グロース株の動きの鈍さが目立ってきました。長期金利の上げでリスク許容度が低下していることを示唆している動きかもしれません。今月初めの10年債金利2.402%を抜き、金利の上昇色が鮮明になった時の割高株の動きが警戒されます。

 米国株は上昇。円は、米長期金利の上げを受け、対ドルは113円50銭台、対ユーロは133円70銭台に、それぞれ下落。CME日経平均先物は、大証先物終値を105円上回る2万1555円で帰ってきました。レンジは2万1310円~2万1565円。出来高は、前日比2万5000枚減の3万8110枚に減少。週明けの日本株は、CME日経平均先物終値へのサヤ寄せや円安を好感して堅調な始まりが予想されます。昨晩も書いたよいうに、総選挙を目当てに買った先物筋の動きが警戒されるものの、CMEの出来高が急減したように、既にポジション調整は終えており、大きな影響はないか…。むしろ、結果を織り込む動きから続伸する動きも…。詳しくは、明日発信のレポートで解説します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ