FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



本日の日本株は、先物筋のポジション調整の売りや、指数の目標達成感の動きから売買が交錯。乱高下したあと日経平均、TOPIXとも小幅な下落で終了。
 直近レポートで、今週は先物筋の動きとテク二カルな目標達成感がポイントになる…と書きました。NT倍率の上昇を利用したNTロング(日経平均先物買い・TOPIX先物売り)の積み上がりが、NT倍率が今年前半の持ち合い場面だった12.6倍に達したことから、解消(日経平均先物売り・TOPIX先物買い戻し)リスクが出てくるとしました。すでに昨日からその動きが出ていましたが、今日は、内外市場にそれほどの好材料もないのに、朝方からユニクロやファナックなど指数寄与度の高い銘柄を買い煽り指数を持ち上げるような不自然な動きが出ていました。明日のオプションSQを控えていることや、NT倍率を使った売買に解消リスクがあったことから警戒的に見ていましたが、案の昼から下げに転じてきました。おそらく前場の動きはまとまった先物売りを出すために、後場に先物買いを誘うための動きだったのでしょう。このところ、個人など国内勢にも先物を買う動きが強まっていましたので、怒涛の売りを見て、慌てて投げにに入り、裁定解消売りが出て指数を押し下げることになったようです。ただ、この下げ局面ではCTAにつながる欧州系証券はしっかり押し目を拾っていましたね。引けにかけ下落幅を縮めたのも、この辺の買いがあったからでしょう。今日の先物の出来高は、15万7300枚。昨日に比べ8万枚も多い大商いでした。今日の相場の波乱は、先物市場の動きが波及したものですね。

 また、レポートでも想定していたように、売り物が出るには出るだけの理由があります。以前から、計算上の⑧ポイントが2万325円にあることは書いてきましたが、レポートでは、日経平均の史上最高値の3万8915円から、米金融危機後の安値からの半値戻しが2万2954円にあること…。また、上昇初期の基本波を使った目標値が2万3509円にあるなど、テクニカルな目標数値が集まっていること。さらに、以前から、ゾーンBの上限ラインに接近する場面では、次のゾーンCに移行する動きを観察する必要があるとしました。今日の前場の上げで、すべての目標値を一気にクリアしており、投資家心理が変化しやすいところを、先物筋が突いてきた…ということではないでしょうか…。結構、強気の目標値を出してくる株しい関係者もふえていましたしね。ここは、個別に中心をおいて、指数に関しては、ゾーンBからゾーンCへの移行(ゾーンについてはレポート参照)を見守るところかと思います。
 
 結局、今日の日経平均終値は、45円11銭安(0.20%)の2万2868円71銭と続落。TOPIX終値は、4.49ポイント安(0.25%)の1813.11ポイントと、反落。NT倍率は16.1倍→16.1倍と横ばい。日経平均のレンジは、2万2522円~2万3522円で、860円幅の値動きでした。出来高は、前日比8億7953万株、売買代金は同1兆6553億円増の4兆9935億円に急増。騰落状況は、値上がり858、値下がり1111と、売りが優勢。まあ、1996円6月高値2万2750円の頭をたたき、その上で終わっていますから、問題はないと思います。
 今日の終値での日経平均サイコロは8勝4敗、TOPIXは、7勝5敗にそれぞれ低下。警戒ゾーンを下回ってきました。日経平均RSIは、93%→90%に低下。25日線かい離率は、+6.46%→+5.5%にプラスかい離が縮小。騰落レシオは122%→1178%に低下。過熱感の解消は順調に進んでいるようです。

 今日の後場からの下げをみると、円の上昇を伴っていますから、海外先物筋が買いポジションを解消した動きがあったようです。まあ、この変動率の大きさが、まともな海外投資家を日本株から遠ざけ、投機的な投資家を日本市場に集める結果になっているのですが、以前から、ガラガラと崩れていったのに、踏みとどまった動きは評価されます。投機筋に対しても売り仕掛けをしても「だめかもしれない」と思わせたことは、12月のメジャーSQを控え良かったのではないでしょうか。個別は、相変わらず、アルゴ売買が席捲している感じですが、TOWAと山一電機は今日も上昇。進捗率92%、通期見通しの増額修正で売られたオプテックスとレオン自動機は反転。他の売られたものも修復過程にはいっています。まあ、今日も同じような動きで急落しているものがありますが、まずはこれまでのトレンドを重視。アルゴ売買による下げはノイズとみて強気で対処すればいいと思いますが…。指数に関しては、ちょっと頭の重い展開になるかも…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください 。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



昨日の米国株は、法人税減税実施時期の先延ばしを嫌気したものの、大統領外遊のトップセールスへの期待感や出遅れ株買いに、主力3指数とも引け値での最高値を更新して終了。
 おはようございます。相変わらず冬時間の移行による早朝作業の遅れに悩まされています。決算チェックなどが遅れ気味です。たまりすぎると、精査ができなくなる可能性も…。時間配分を考え直さないと…。

 8日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        2万3563ドル36セント       +6ドル13セント(0.03%)
 NASDAQ総合指数       6789.12ポイント          +21.34ポイント(0.22%)
 S&P500              2594.38ポイント          +2.74ポイント(0.14%)
 CME日経平均先物       2万2945円             +5円
 10年物国債金利        2.325%                +0.018%
 ニューヨーク原油        56.81ドル              -0.39ドル
 GOLD               1281.50ドル            +5.70ドル
 ドルインデックス        94.87                 +0.03   


 昨日の米国株は、法人税減税の実施時期が2018年から2019年にずれ込みそう…との報道を受け、朝方から売りが先行。反落してスタートしました。在庫の増加を嫌気し原油価格が軟調だったこともエネルギー株を圧迫。ニューヨークダウは、寄り後まもなくこの日の安値2万3510ドル(前日比47ドル安)をつけています。この日は主要な景気指標の発表もなく全般に小動きでしたが、物色意欲は強く、トランプ大統領外遊時のトップセールスへの期待感もあり、医薬品や食品など出遅れ株中心に買いが入り、次第に株価は持ち直し、昼過ぎにはこの日の高値2万3575ドル(同18ドル高)をつけていました。ただ、長短金利差の縮小を嫌気し銀行株がさえない動きだったことから、引けにかけては売り買いが交錯。前日引け値を挟んだ動きが続き、結局、主力3指数とも引け値での最高値を更新して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1446、値下がり1439とわずかに買いが優勢。NAASDAQ市場は、値上がり1420、値下がり1469とわずかに売りが優勢。

 NYダウは7日続伸。採用30種は、値上がり13、値下がり17。ウォルマートが1.47%、メルクが1.78%上げ、指数をリード。J&Jが1.1%、アップルが0.82%上昇。一方、長短金利差の縮小を嫌気しJPモルガンが1.2%下落。キャタピラーが1.11%下落。それぞれ指数の足を引っ張りました。この日は値下がり数の方が多かったのですが、値下がり銘柄のうち14銘柄の下落率が0.5%以下にとどまる一方、値上がりでは指数寄与度の大きいアップル(+9ドル)やGS(+9ドル)、ウォルマート(+9ドル)、J&J(+10)が、それぞれ上げたことが指数の続伸に寄与。決算発表がほぼ一巡し、手掛かり材料難になっていますが、騰落状況を見るとNY市場、NASDAQ市場とも52週来安値更新銘柄数が増加。決算結果を受けて持ち株の入れ変えが行われている可能性も…。共和党上院は、9日までに税制改革案を提示する方針のようですが、当面は売買が交錯するなか、膠着した動きが続きそう。

 米国株は上昇。円は、サウジ、イラン間の緊張増幅や法人税実施時期の延期を嫌気しドルが売られ、対ドルは113円80銭台に小幅に上昇。対ユーロは132円付近で横ばいの動き。CME日経平均先物は大証先物終値を5円上回る2万2945円で帰ってきました。レンジは、2万2760円~2万2980円。出来高は前日比1万4000枚減の3万9549枚。本日の日本株は、出遅れた投資家の買いに底堅い展開になりそう。昨日に続き、指数売買の動きに振り回されそうですが、米10年債金利に底打ち感が出ており、円の先安期待から外需株への買いが続きそう。本日もアルゴ売買に翻弄されそうですが、売り込まれたもので通期見通しに対する進捗率が高いもの(50%以上)や来期見通しの明るいものは、引き続き買い方針。あまり、目先の動きを気にしないこと…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ