FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



週明けの日本株は、中国株への警戒感から主力株中心に売られ指数は4日ぶりに反落したものの、個人の出遅れ株買いから、かさ上げ的な動きが強まり底堅い動きに…。
 風邪が治りません。微熱が続きますし、せきも止まりません。昨日は、レポートづくりの日でしたから、風邪薬も飲めず大変な思いをしましたが、何とか無事に発信でき、まずは一安心でした。こんなひどい風邪をもらったのは久しぶりです。日頃の体力作りが大切と、思い知らされました。夜の散歩を再開しようと思います。

 さて、週明けの日本株は、前週末、NASDAQ総合指数、S&P500 が引け値での最高値を更新。米金利低下に歯止めがかかり円が下落したことを好感。CME日経平均先物が週末の大証終値を70円上回る2万2650円で帰ってきていたことを受け、朝方から先物買いが先行。日経平均は前週末比107円高の2万2657円と、ほぼCME先物終値と同水準で始まってきました。週明けで海外投資家の動きが鈍いことや、このところ、軟調な動きが続いている中国株への懸念もあり、寄り後は模様眺めとなり値動きの乏しい展開に…。中国株株が下落して始まると、先物売りとともに円を買う動きが強まり、急速に上げ幅を縮小。中国関連株などが売られ、前引けはマイナス圏で終了。後場にかけても中国株が下げ止まらなかったことから、指数先物を売る動きが強まり、2時頃にはこの日の安値2万2433円(前週末比127円安)をつけていました。GLOBEX夜間取引市場で、国債先物が下落(金利は上昇)して取引されていたことから、円高に歯止めがかかり、引けにかけ押し目買いや先物の買い戻しが入り、下げ幅を縮小したものの、下落分を埋めきれず、日経平均、TOPIXとも4日ぶりに反落していました。

 結局、日経平均終値は54円86銭安(0.24%)の2万2495円99銭、TOPIX終値は3.83ポイント安(0.22%)の1776.73ポイント。NT倍率は、12.67倍→12.66倍にわずかに低下。出来高は、前週末比4270万株増の13億7234万株、売買代金は、同327億円増の2兆4323億円と、薄商い。騰落状況は、値上がり945、値下がり999と、売りがやや優勢。
 今日の終値での日経平均サイコロは、5勝7敗で変わらず。TOPIXサイコロは、5勝7敗に低下。日経平均RSIは50%→48%に低下。底値暗示の40%割れに近づいてきました。25日線かい離率は+1.38%→+0.95%に、プラスかい離が縮小。騰落レシオは112%→113%に小幅に上昇。指数(主力)の過熱調整が進むなか、出遅れ株を循環的に買い上げる動きが強まっています。

 まあ、バブル高値からの半値戻し、ゾーンBの上限ライン付近まで来たこと、また、大目標だった1996年6月高値2万2750円という、テクニカルな大目標を達成したわけですら、しばらくは虚脱商状になるのも仕方がないところでしょう。先週末の段階で、日経平均、TOPIXとも週足サイコロは10勝2敗(81%)、日経平均の週RSIは84%を超えていました。米国の主要3指数の週足サイコロは9勝3敗(75%)、NYダウの週RSIは78%ですから、日本株の方が過熱していることになります。しばらく日柄をかけて調整してもおかしくはないところでしょう。
 ただ、指数が調整しても、動きだした個人は、指数の半値戻しで買われた主力株を避け、上げ相場で出遅れていた新興市場株や、中小型株を買うなど冷静な動きをしています。レポートでも書いていますように、中長期の海外投資家は10月第4週までに玉の手当てを終えており、あとは、海外短期筋が、NT倍率を使った売買やVI指数先物を使った仕掛け的な動きで、相場をかく乱させた…ということですね。週RSI が80%を超えるような過熱状態を示した後は、小動きになる傾向が強いようですから、しばらくは、高値持ち合いで日柄をかけて過熱感を解消するというところでしょうか。ただ、昨年1年間に海外投資家は3兆7000億円近く日本株を売りましたが、今年の累計では、まだ1兆5430億円しか買い越しておらず、まだ、昨年売却分の半分にもいっていません。いずれ、買いの第2弾が始まることになるんでしょうね。とにかく、国内勢も海外勢も金が余っており、下値はどんどん固くなるばかりですね。

 まあ、ゾーンBからゾーンCへの移行の可能性が出て来たら、緊張してやらなければなりませんが、それまでは、以前から書いているように、決算発表を終え、アナリストの企業取材が開始されており、コンセンサスの引き上げが株価刺激材料になる…としました。それも、発表されて乗っかったのでは意味がありません。ある程度、上方修正確率の高いものを待ち伏せ的に買っておくのが効果が上がるようです。アルゴ売買でたたかれたものに多いようですが、待ち伏せ的に注目したスタートツディに、画期的な採寸スーツの話が出てきましたし、山一電機やアウトソーシング、タケエイ、SONYなども同様。不適切会計があった福島工業も、本業の好調で損失分の穴埋めができる、として買い向かいましたが、1000円を超える値上がりになりました。まあ、しばらくは、この待ち伏せ作戦が効果を発揮すると思いますね。

 今週は、明日の米議会でのパウエル次期FRB議長への公聴会、翌29日は両院合同経済委員会でのイエレン議長の証言、30日は、OPEC総会、来週になると、週初めから米韓空軍合同軍事演習(~8日)、週末の雇用統計発表と、ビッグイベントが続きます。特に米韓空軍の演習では、金正恩委員長が一番警戒するステルス戦闘機も参加するといい、緊張が高まる可能性も…。そのうち、中旬にはFOMC、ECB理事会、ときますので、嫌でも警戒的な気分が強まるかもしれません。しばらくは各論重視…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください 。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ