FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



本日の日本株は、先行き懸念から不安定な動きが続くなか、米株先物高を受けた買い戻しから、続伸して終了。
 薬の処方箋をもらいにかかりつけ医のところに行ってましたが。まだ1時間半待ちということで、戻ってきました。相変わらず、インフルエンザの患者と予防注射の接種にきている人が多いようです。明日来ます…ということで帰ってきましたが、明日行っても、果たして何時間待たされることやら…。

 今日の日本株は、続伸。朝方は、CMEの日経平均先物高を受け、高寄りしてスタート。買い戻しなどから寄付きから上げ幅を拡大したものの、中国本土株が続落して始まったことやGLOBEX市場の米国株先物が下落したことを嫌気。先物に散発的な売りが続いたこともあり、前引けにかけ上げ幅を縮小していました。日銀ETF買いへの期待感から後場は高寄りしたものの、買いものが続かず、寄り後まもなく日経平均はこの日の安値2万1649円(前日比4円高)をつけていました。しかし、昼からGLOBEX市場の米株先物が、急速に上げに転じると、先物に買い戻しが入るとともに裁定買いが増加。セットで買っていた円が売られ円安になったことを好感。主力株中心に買い戻しの動きも入り引けにかけ上げ幅を拡大。日経平均、TOPIXとも、続伸して終わりました。方向感が出ない中、米株先物に反応する先物筋次第の展開が続いています。

 日経平均終値は、245円49銭高(1.13%)の2万1890円86銭、TOPIX終値は15.78ポイント高の1765.69ポイント。NT倍率は、12.37倍→12.4倍に上昇。日経平均型先物に買い戻しの動きがあったことをうかがわせます。出来高は、5.16億株減の18億2042万株、売買代金は9765億円減の3兆5495億円。商い面からは、落ち着きを取り戻しつつあるようです。騰落状況は、値上がり1485、値下がり509と買いが優勢。
 今日の終値での日経平均サイコロは3勝9敗、TOPIXは4勝8敗と、ともに変わらず。日経平均RSIは、21%→27%に上昇。サイコロジカルラインは明日から、6日続落分が落ちていくほか、週明けからは、RSIのマイナス分が落ちていくことから、ともに指数の上げに向かいそうです。25日線かい離率は-7.66%→-6.47%にマイナスかい離が縮小。指数のモメンタムは上昇に向かう可能性が出てきました。騰落絵レシオは88%→91%に上昇。短期的なリバウンド期待も…。

 世界規模で大きな資金を、様々な投資対象に入れている投資家が、今回のVIX指数の急伸で、リスク資産の配分の見直しを進めねばならず、まだしばらくは余震みたいな動きが続きそうです。米株については、朝の書き込みで、当分、レンジ内の動きになる可能性を書きましたが、日経平均については、ポイントにした昨年11月高値付近まで下げたことで、値幅は十分になったものの、昨年11月の波乱相場以降の下値を支えてきた支持線を切っており、当面、このラインが上値抵抗線になりそう。米国次第…という字要件があるものの、しばらくはこのラインを上限とする持合い相場に入っていくかもしれません。

  まあ、しばらくは米国を見ながらピリピリした動きが続きそうですが、最近の動きを見ると、決算プレーといわれる、売り叩きの動きもかなりあるようです。どこかから、株券を調達してきて売り叩くやつですが、3月決算の分は、来月末までに市場から買い戻して、返却しなければなりません。中には、今期見通しを増額修正し、増配までしたのに、しつこく売り叩かれ、1年先のEPSで見るとPER10倍を切るような売られ方をしているものもあります。目先的には売り叩かれていますが、いずれ買い戻さなければならず、買って待っていれば、買い戻しで上げるときもきそうです。決算が終わり機関投資家が動けるようになれば、最初に買いを入れてくる可能性もあります。まあ、お急ぎでない方向けのやり方ではありますが…。ニューヨークダウの先物は日足一目均衡表の「雲」上辺でもみ合っていますが、プラスになったり、マイナスになったりで不安定な動きが続いています。まだ、VIXの上げの後遺症が残っていそうですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



昨日の米国株は、金利の動きを巡って神経質な動きを繰り返した後、予算上限の引き上げ方針を受けた金利上昇を嫌気し、主力3指数とも反落して終了。
 おはようございます。
 最近のレポートで、ユーロドル相場に変化の兆しがある…としてきましたが、高値圏で攻防戦を繰り返していたものの、昨日、大きくユーロが売られてきました。完全な持合い下放れとなり、短期的にユーロ安(ドル高)が進む可能性が出てきました。一時は、ECBのテーパリングを警戒してユーロ買いが続いていましたが、市場の注目点が米金利に移ったことから、需給調整が始まったようです。本来なら、日米金利差拡大で円も売られていいはずですが、ユーロとのクロス取引の影響で円高傾向になるという流れになっています。しばらくは、ドルとユーロの間で、不安定な動きをすることになるのかも…。為替先物市場にたまり込んだ、投機筋の円売り残の多さが、円下落の重しに…。

 7日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        2万4893ドル35セント     -19ドル42セント(0.08%)
 NASDAQ総合指数       7051.98ポイント        -63.90ポイント(0.90%)
 S&P500              2681.66ポイント        -13.48ポイント(0.50%)
 CME日経平均先物       2万1830円           +220円
 10年物国債金利        2.837%             +0.034%
 ニューヨーク原油        61.79ドル            -1.60ドル
 GOLD               1319.6ドル           -9.9ドル
 ドルインデックス         90.28              +0.61 
 

 昨日の米国株は、米国内原油生産の増加を嫌気した原油価格の下落や米株先物安を受け、売りが先行。反落してスタートしました。エネルギー株の下げが響きニューヨークダウは、寄り後にこの日の安値2万4785ドル(前日比127ドル安)をつけています。売り一巡後は、ドイツ連立政権の成立が前進したことを受け欧州株が上昇していたことや、値ごろ感からの押し目買いも入り昼にかけ上げ幅を拡大。昼頃にはこの日の高値2万5293ドル(同391ドル高)をつける場面も…。ただ、このところの金利上昇を嫌気し、NASDAQ市場が軟調に推移し、ハイテク株が売られたことから前日引け値付近まで下げるという値動きの荒い展開。引け近くに暫定予算交渉が前進したとの報を受け上げ幅を拡大する場面があったものの、予算上限が拡大されていたことを受け、金利が上げに転じると、引けにかかけ売られ、結局、主力3指数とも反落して終了。まだ余震が続いています。ニューヨーク市場の騰落状況は、」値上がり1555、値下がり1435(NASDAQ市場は、1550-1410)と、ともに買いがやや優勢。VIX指数は、2.25ポイント下げ27.73ポイントに低下。

 NYダウ採用30種は、値上がり13、値下がり17。指数寄与度が最も大きいボーイングが2.11%上昇。単独で指数を50ドル分押し上げ、ダウを下支え。ウォルマートが1.93%、ユナイテッドテクノロジーが1.66%、それぞれ上昇。一方、業績への懸念からアップルが2.11%下落。指数を24ドル分押し下げ。資源関連の市絵部論が1.79%、エクソンが1.8%、キヤタピラ―が1.32%、それぞれ下落。NASDAQ安を受け、マイクロソフト(-1.9%)、IBM(-0.96%)などハイテク株も安く、指数の足を引っ張りました。
 この日のNYダウのレンジは508ドルと、依然、不安定な動きが続いています。テクニカル的には、週初めに付けた長大陰線抜けが焦点になりましたが、昨日はこの寄付き(2万5337ドル)に接近したところで売り物を浴びて下げ転換しており、この陰線が意識されていることがわかります。ただ、前日は本体が800ドルを超える長大陽線をつけており、このゾーンが下値となることから、長大陰線の寄り付き(2万5337ドル)と長大陽線の寄付き値(2万4085ドル)の間でもみ合い、玉整理をすることになりそう。

 米国株は反落。円は、ユーロがドルに対し売られた流れを受け、対ドルは109円30銭台に小幅上昇。対ユーロは134円10銭台に急伸。CME日経平均先物は、大証先物終値を220円上回る2万1830円で帰ってきました。レンジは、2万1450円~2万2350円)。本日の日本株は、昨日同様、CME先物高につれて高寄りした後は、GLOBEX市場の米株先物睨みの展開になりそう。明日のオプションSQに絡む動きが一巡したとすれば、先物買い戻しなども期待できますが、今日も引き続き先物次第の展開か。決算発表の期間中で、主力投資家が動けず、相場の方向感がつかめないのが残念。すでに期末の決算期に入っており、焦点を4月~5月の決算発表に合わせて、植えられすぎの銘柄を仕込むところ…。今日は、決算が予想を上ぶれてきたレポート銘柄に日本空港施設…。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ