FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



昨日の米国株は、英中銀の大幅利上げ懸念や金利上昇を受けたVIX指数の上昇が、機械的な売りを誘発。主力3指数とも大幅続落して終了。
 おはようございます。

 8日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        2万3860ドル46セント      -1032ドル89セント(4.15%)
 NASDAQ総合指数       6777.16ポイント         -274.82ポイント(3.90%)
 S&P500              2581.00ポイント         -100.46ポイント(3.75%)
 CME日経平均先物       2万1170円            -770円 
 10年物国債金利        2.851%              +0.07%(2年債は2.110% -0.016%)
 ニューヨーク原油        61.15ドル             -0.54ドル
 GOLD               1320.8ドル            +6.2ドル
 ドルインデックス        90.29                -0.05 


 昨日の米国株は、金利上昇懸念を嫌気し欧州株式市場が全面安になった流れを引き継ぎ、売りが先行。続落してスタートしました。予算枠の拡大による財政赤字の拡大を嫌気し長期金利が上昇したことや米国内の原油生産がここ最大に膨らんだことを嫌気し原油価格が下落したことなどが嫌気され、次第に下落幅を拡大する展開に…。ただ、朝方からVIX指数が21ポイント台で落ちついた動きをしていたことから、売り急ぐ動きはなく、じり安の展開でした。一時、株安が債券買いを促し長期金利が軟化する場面では、買い戻され下げ幅を縮める場面があったものの、この日行われた国債入札結果が思わしくなかったことや、この日開催された英中央銀行金融政策決定会合で「早期で大幅な利上げ」が示唆されたことを受け、長期金利が再び上昇に転じると、それまでじり高していたVIX指数が30ポイント台に上昇。これを見て売り急ぐ動きが出て、引けにかけ急速に下落幅を拡大。主力3指数とも大幅続落して終了。引き続きVIX指数の動きに敏感な相場が続いています。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり342、値下がり2683(NASDAQ市場は、453-2525)と、ともに全面安商状。VIX指数の終値は5.73ポイント上げ33.46ポイントに上昇。

 ダウ採用30種は、すべて下落。AMEXが5.63%下げ、採用銘柄中最大の下落。キャタピラーが5.41%、GEが5.25%、インテルが5.42%、それぞれ下落するなど7銘柄が5%超えし、指数の足を引っ張りました。この日は、ボーイングが単独で指数を116ドル、GSが75ドル、ホームデポが70ドル、スリーエムが70ドル、それぞれ指数を押し下げるなど、指数寄与度の大きい銘柄の下げが、下落幅の拡大につながりました。ボーイングなど一部の銘柄の上げで押し上げられたニューヨークダウでしたが、2009年の金融危機後の安値を基点にするレンジ相場の上限ラインからは、まだ、上方かい離しており、まだ下げ余地を残している点が毛根kされます。また、昨日は、S&P500 がレンジ相場の上限ラインを割込み、以前のレンジ相場内に押し戻されてしまいました。今月末までにレンジ上限ライン上を回復できない場合は、下振れリスクも出てきそうです。株価下落の経済への影響が懸念されますが、地区連銀総裁の発言は、株安に対する警戒心はなく、市場の動きと金融当局の見方がかい離してた点が気になります。市場は、フレンドリーな発言を期待しているのに、利上げを加速するような発言が出ては…。

 米国株は続急落。円は、欧米株の急落を受けた安全資産買いの動きが強まり、対ドルは108円70銭台、対ユーロは133円10銭台に、それぞれ上昇。独歩高の様相を示してきました。CME日経平均先物終値は、大証先物終値を770円下回る2万1170円で帰ってきました。レンジは2万1075円~2万1995円。本日の日本株は下値調べの動きになりそう。引き続き、2015年6月高値2万0953円が下値のメドとして意識されそうですが、3連休控えであることから、ポジション整理の売りも先行しそう。ただ、昨日発表された投資主体別投資家動向で、国内投資家の買い姿勢が高まっていることや、特に、個人の現物が買い越しに転じた点が注目されます。海外投資家の現物売りは、昨年11月以来、1兆6000億円を超えており、10月に買った2兆2000億円の買いは、今週分をふくめると、」ほとんど処理された可能性も…。引き続き、GLOBEX市場睨みの展開になりそうですが、さらに米株が下がるようなら、FRB新議長の英断が下される可能性も…。VIX指数の動きと連動した機械的な売りだけに予想は難しいのですが、買いの心づもりだけはしておいた方が良いかも…。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ