FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



週明けの日本株は先週末の米株高やGLOBEX市場の米株先物高を好感。主力に加え材料株も買われ、日経平均、TOPIXとも続伸して終了。
 トランプ爺さん、またまた、やらかしてくれました。中間選挙でキリスト教保守派の支持を取りつけるためとは言え、2019年としていたイスラエル大使館のエルサレムへの移転を大幅に前倒しし、イスラエル建国70周年記念の5月14日に行うと、報道されました。シリア情勢が混沌とし、イラク内のIS勢力が世界に拡散。テロが頻発する中で、敢えてパンドラの箱を開けることはないと思うのですが…。この人、目的を達成するためには手段を択ばないところがあり、北朝鮮問題もあまり甘く見てかからないほうが良いかもしれません。パラりンピックが3月9日から18日まで開催されますが、終了後に米韓合同軍事演習を開催するかどうか、緊張が高まるのはここからが本番かもしれません。昨年までは、春と秋の米韓合同軍事演習に向けて、北朝鮮が威嚇的な行動をとることが多く、投機筋も、日本株の売り仕掛けをすることが多かったのですが、今年は、どうなんでしょうか。投機筋が危機感を煽り立て、株先物売り・円買いの売り仕掛けをして日本の株価が下落しているのに、肝心の韓国株は平静だった、とバカみたいな動きもありましたが…。

 ちなみに、今年に入って海外投資家は、1月15日~19日の400億円買い越しを除いて、先物の売り越しを続け、2月16日の週までの累計は3兆9500億円を売り越しています。昨年9月以降に買った分は、とっくの昔に消化してしまいました。VIXショックによる、単なるポジション調整なのか、何か含むものがあっての売りの積み上げなのか…正体がわからず、気持ちの悪い動きです。裁定買い残が、ピークから8000億円以上減り1兆5708億円程度なので、そんなに破壊力はない…という見方もあるようですが、中国の元切り下げショックから始まった調整が底を打った2016年の9月ごろには3385億円まで減少したことがあり、まだ、裁定仮称売りの圧力がなくなったわけではありません。まあ、現物を主体にする個人投資家が動き始めており、昨年までとは需給面が変化しているという違いはありますが…。ちょっと、円高がしつこくなっているので、先物売りの積み上がりに関しては、仕掛けもあるかもしれない、として頭の片隅に留めておけばいいと思います。CTAにつながる欧州系証券は、今日も売り越し。

 週明けの日本株は、先週末発表されたFRBの「金融政策と経済情勢に関する半期報告書」が、景気の拡大基調を認めながら、緩やかな利上げ方針を示したことを好感。米国株が大幅高になった流れを引き継ぎ、買いが先行。CME日経平均終値(2万2025円)にさや寄せする先物買いや、半期報告書がタカ派の内容になった場合のヘッジの先物買い戻しなどから、高寄りしてスタート。日経平均は寄り付き直後にこの日の高値2万2226円(前週末比334円高)をつけていました。裁定買いが主力株に幅広く入り指数は上げたものの、買い一巡後は新たな買いが入らず、前引けにかけ次第に上げ幅を縮める展開に…。後場はGLOBEX市場の米国株が高く推移したことから、売り込むような動きはなく、値動きの少ない展開になりましたが、資金は、値動きのいい材料株へと移行。前週と同じような短期筋が主導するリバウンド取りの流れにシフト。結局、日経平均、TOPIXとも続伸したものの、焦点ボケの感は否めません。主力投資家は、相場環境の不透明感を嫌っているようです。

 日経平均終値は、260円85銭高(1.19%)の2万2153円63銭、TOPIX終値は、14.28ポイント高(0.81%)の1774.81ポイント。NT倍率は2.44倍→2.48倍に上昇。先物が主導し裁定買いが指数の上げの原動力になったことがわかります。出来高は、前週末比4454万株増の12億4254万株、売買代金は同45億円減の2兆2469億円と、薄商い状態。騰落状況は、値上がり1352、値下がり621と買いが優勢。
 今日の終値での日経平均サイコロは、7勝5敗、TOPIXは6勝6敗と、ともに変わらず。日経平均RSIは34%→43%に上昇。通常相場に復帰しましたが、明日は、1000円以上下げた分が落ちますので指数は大幅に上昇してきます。25日線かい離率は、-3.0%→-1.55%にマイナスかい離が縮小。下落しながら接近してくる25日線との勝負になる場面が接近。日経平均は先週21日にMACDが買いサインを出しましたが、今日は、日経平均3新値が陽線3本目をつけてきました。上向きのモメンタムは着実に強まっています。騰落レシオは95%→95%と横ばい。

 今回の相場では、2月6日に付けた日経平均の日足長大陰線(寄付き値2万2267円)を抜けて終わることがポイント…としましたがこのポイントに来ると押し戻されてしまいます。この陰線を抜けても、まだ週足の長大陰線をクリアしなければなりませんが、まずは、日足の長大陰線のクリアから、順番に達成していけばいいでしょう。まあ、ついこの間までアナリストがガンガンの強気だった半導体関連に弱気になりはじめ、関連株に投資判断の下げやコンセンサスの引き下げの動きがでてきましたので、物色の柱がなくなった格好。為替の方も、1年間続いたレンジ相場の中にも戻れず押さえこまれた格好になっているだけに、当面は、方向感をつかみ切れないようです。しばらくは、動きの良いものにイナゴが群がって相場を作る動きが続きそう。まあ、最大のポイントは為替…ですね。当分、為替と関係のない銘柄が循環物色される流れ…か。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ