FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
02 | 2018/03 | 04
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



米国株は、貿易摩擦の激化を嫌気し下落して始まったものの、予想を上回る雇用関連指標や堅調な米景気指標を好感して下げ幅を縮小。主力3指数は高安まちまちで終了。
 おはようございます。
 トランプ大統領は、コーンNEC委員長の身を挺しての諫言にも関わらず、今日中にも大統領令に署名するようです。ロス商務長官がNAFTA交渉でカナダやメキシコが譲歩するなら、関税適用を除外すなど、複数の国が除外される可能性を示唆していますが、EUは対抗措置としてオレンジジュースなど米農産物に対しても完全の適用を検討するなど、態度を硬化させつつあります。市場では、適用除外国があるとして、今回の措置が中国を狙ったものと観測。日用品や衣類など中国で生産して米国に輸入している企業を狙い撃ちして売り始めました。ナイキや、ホームデポ、P&G、ウォルマート、アップル、GEなど、いわゆる多国籍企業といわれるグループです。長年かけて構築されたサプライチェーンが危機にさらされようとしています。不動産の交渉術を国際政治の場に持ち込むこと自体が問題なのですが…。ベージュブックによると、米国への鉄鋼輸出が手控えられ、製品供給が絞られてきたことから、価格を引き上げる動きも出てきたようです。自動車用鋼板などが入らず、製造過程でプレスしたら割れた、なんてことは起きないでしょうね。

 7日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        2万4801ドル36セント     -82ドル76セント(0.33%)
 NASDAQ総合指数       7396.65ポイント        +24.64ポイント(0.335)
 S&P500              2726.80ポイント        -1.32ポイント(0.05%)
 CME日経平均先物       2万1440円           +240円
 10年物国債金利        2.883%             -0.07%
 ニューヨーク原油        61.15ドル            -1.45ドル
 GOLD               1327.60ドル          -7.9ドル
 ドルインデックス         89.57              +0.14 


 昨日の米国株は、ロスNEC委員長辞任を受けこれまで構築されてきた貿易ルールがゆがめられるとの懸念から、海外市場が安くなった流れを受け、売りが先行。ナイキやウォルマートなど貿易摩擦の影響を受けやすい多国籍企業が売られ、下げ幅を広げる展開に…。ニューヨークダウは昼頃この日の安値2万4535ドル(前日比349ドル安)をつけていました。ただ、関税適用に関し例外措置が設けられるとの観測や、(雇用統計の先行指標とされる)ADP全米雇用報告で民間部門の就業者数が予想を上回ったことも好感され次第に下落幅を縮小。内需企業が多いNASDAQ市場がWEB関連株中心に買われプラス圏に浮上したことも好感され、引け近くにはこの日の高値2万4849ドル(同35ドル安)をつけていました。結局、貿易摩擦への懸念が払しょくできなかったニューヨークダウとS&P500は小幅に反落。NASDAQ総合指数は4日続伸して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1543、値下がり1408(NASDAQ市場は、1821-1083)と、ともに買いが優勢。VIX指数は、一時20ポイント台に乗せたものの、0.6ポイント安の17.76ポイントに続落。次第に変動リスクは落ち着いてきたようです。

 NYダウは反落。採用30種は値上がり11、値下がり19。NASDAQ市場のWEB関連の上げを受け。IBMが1.67%、インテルが1.20%、それぞれ上昇。一方、原油安を受けエクソンが2.52%安と、採用銘柄中最も大きい下げ率に…。中国に生産拠点を持つナイキ、ホームデポ、ウォルマート、GEなど多久関企業が売られ、それぞれ1%超え下落。指数の足を引っ張っています。NYダウに関しては、上昇中の100日線と、下落中の25日線に挟まれた動き…としましたが、昨日の動きは、このゾーン内の動きでした。三角持ち合いの煮詰まり型になっており、近々、どちらかに放れる可能性も…。NASDAQ市場は、措定通り全体をリードする動きに…。この日はWEB関連が全体をリードしたほか、52週来高値更新銘柄数が漸増しており、基調的な強さも感じられます。インテルの高値更新など、半導体関連のSOX指数は1400ポイントの大台に乗せてきました。グロース株重視の流れに…。

 米国株は高安まちまち。円は、対ドルでユーロが買われたものの、対ドルは106円台、対ユーロは131円60銭台と、前日水準で推移。CME日経平均先物は、米株がコーン氏辞任ショックを無難に織り込んだことを受けて買い戻され、大証先物終値を240円上回る2万1440円で帰ってきました。レンジは、2万1190円~2万1485円。本日の日本株は、反発して推移しそう。明日のメジャーSQの決済を意識し、オプション弱気筋の攻勢から波乱も予想されますが、下値を崩すのは難しいか…。個人を中心にした材料株相場は持続しそう。インテルの高値更新やSOX指数の大台乗に比べ国内半導体関連の出遅れが目立ち、押し目買いの動きも始まるか…。引き続き、先物の動きに警戒。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ