FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
02 | 2018/03 | 04
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



週明けの日本株は、公的年金の買い支えの思惑や、米株先物高を好感。権利取りの動きもあり、反発して終了。
 先週は、ありすぎるくらい色んな事がありました。昨日のレポートで、個別に検証してみましたが、マクマスター安全保障担当補佐官の解任や、対中知財権侵害への制裁など、事前に想定されていたもので、まあ、市場は知っていたものと思われます。意外だったのはフェイスブックのユーザーデータ5000万件の流出問題。情報プラットホームを通じて集められた情報は誰のものか…という議論が盛んになってきた時だけに、大きな問題になる可能性があります。欧州でデジタル課税の構想も浮上。片や、中国生産→米国輸入というサプライチェーンへの影響も浮上してきており、IT企業への逆風になるかもしれません。また、データ流出先が、トランプ大統領が選挙時に使った選挙コンサルタントのケンブリッジ・アナリティカ(CA)だったことから、選挙へのデータ不正使用の問題も出てくるかもしれません。英国の報道会社が、スリランカの選挙に影響を及ぼしたいとの名目で、社員を潜入させ、おとり取材を行いました。この時、同社のCEOが、政敵を追い落とすには「娼婦を怒り込めばいい」とか「賄賂を渡しているところの映像を取ればいい」などと、述べたことが放送され、CEOがj解任されるという事態も起きています。いろいろ問題のあるコンサルタントのようですが、一昨年の大統領選で、元CEOが言ったような強引な手段が取られたのではないか…などの疑問も起きてきそう。これまで自由にやってきた感があるWEB関連に逆風が吹き始めるのかも…。

 また、中国への制裁については、先週過剰反応した感じがしますが、中国企業の米国内投資に制限を設ける措置には、60日の調査期間が設けられており、即日実施では無い点に注意が必要。また対中制裁関税についても昨年8月に大統領がUSTRに知財権侵害について調査するように指示を出しており、市場はある程度織り込んでいたはず。ちょっと過剰反応だったのかもしれません。先週初めから悪材料が続き、VIX指数が20ポイントの警戒ゾーンを超えてきましたので、リスク資産の見直しがあった、という見方もできます。まあ、通商法301条は相手を交渉のテーブルに着かせるものですから、これから、丁々発止でやりあってウインウインの妥協点を見出すことになるんでしょう。まだまだ、時間がかかります。ただ、今年の運気を見ると、安倍首相とトランプ大統領は下り運。習近平主席とプーチン大統領は、上昇運…今後の交渉でどうなるんでしょうね。日本だって円高が苦しいからと言って下手に口先介入や円安に誘導するような動きをしたら、4月末か5月初めに予定される財務省の半期為替報告書で為替監視国から為替操作国に指定替えされる可能性も出てきます。貿易交渉は苦労しそうですね。

 週明けの日本株は、前週末の米株急落の流れを受け、売り先行でスタート。CME日経平均先物終値にさや寄せする先物売りから、裁定解消売りが出て、日経平均は寄り後まもなくこの日の安値2万0347円(前週末比270円安)をつけていました。ただ、朝方、公的年金とみられる大口のバスケット買いが入ったことが伝わると、公的資金が株価の下支えに動いたとの期待感から次第に押し目買いが増加。GLOBEX市場の米株先物が上昇すると、先物にまとまった買い戻しの動きが増加。次第に右肩上がりの展開になるとともに、先物買い戻しにともない円が売り戻されたことも、買い安心感につながり、引け近くにはプラスに転換。日経平均、TOPIXとも高値引けして終わっています。

 日経平均終値は、148円24銭(0.72%)高の2万0766円10銭、TOPIXは6.38ポイント高(0.38%)の1671.32ポイントと、ともに反発。NT倍率は、12.38倍→12.42倍に上昇。日経平均型の先物買い戻しの影響が大きかったようです。出来高は、3.4億j株減の15億7728万株、売買代金は7700億円減の2兆8309億円にともに減少。騰落状況は、値上がり1175、値下がり835と買いが優勢。
 今日の終値での日経平均とTOPIXサイコロは、ともに7勝5敗に上昇。日経平均RSIは41%→45%に上昇。25日線かい離率は、-4.8%→-3.97%にマイナスかい離が縮小したものの、200日線はまだ上の方。騰落レシオは97%→93%に低下。上向きのモメンタムは強まっているものの、まだ、明確にはなっていません。

 まあ、明日が権利付き最終ですから、今日は権利取りの動きも下値を支えたようです。レポートでも、当面は昨年5月から7月末にかけてもみ合ったゾーンに来るので、先物筋も一旦は買い戻す可能性が強い…としましたが、やはり、想定通りの動きになったようです。3月期末に支払われる配当金総額は13兆円に達するといい、機関投資家は配当分を再投資に回しますので、どしても相場が底固くなります。海外投機筋は年初来、先物を5兆円以上売っていますが、この裏には、ヘッジの円買いがあり、本格的に買い戻せば為替の動きが変わる可能性も出てきます。例年4月は海外投資家の現物は買い越しになりますが、先物筋の動きはバラバラ…。安倍首相が窮地に陥っており、先物筋が買い戻しに動くとみるのも早計。引き続き、先物筋がカギを握りそう。今の状況は、2016年の年初からの動きとよく似ています。この時は6月に2番底を付けましたが、この時の空売り比率は当時の過去最大の47.1%。先週末は過去最大を更新し50.3%…。一度、この時の相場を米国の金融当局の動きを絡めて検証してみては…。今日は小物がしっかりでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ