FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
02 | 2018/03 | 04
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



週明けの米国株は、米中貿易摩擦の激化懸念が緩和したことや、半導体関連に好材料が続き、ハイテク株が買い戻されたことを受け、4立会日ぶりに反発して終了。
 おはようございます。 市場のネガティブな反応が大きかったことへの配慮か、ムニューシン財務長官やピーター・ナバロ国家通商会議委員長らから、「既に対中交渉のテーブルについている」などの発言が相次ぎ、ウォールストリートジャーナル交渉が始まっていると報道。米中対立の激化を懸念していた市場に安ど感が生まれています。昨晩も書いたように、昨年の8月に大統領がUSTRに調査を指示。中国とのすり合わせも進んでいるはずですから、市場の反応はやや冷静さを欠いていたようです。やはり、VIXの上げに伴うリスク資産減らしの動きが先週の下げの要因だったのでしょうか。また、北朝鮮の金正恩委員長が北京を電撃訪問したようですが、米朝が中国抜きで接近することへの警戒感から、何らかの爪痕を残そうとの中国の配慮があったようです。今回の、トランプ大統領の対中貿易関係の改善要求も、米朝の対話窓口が開いたことによるもの。中国としても貿易交渉の切り札として中朝関係の修復をしたかったこともあったのでしょう。トランプ大統領の動きで国際関係も大きく動き始めた感じです。それにしても、NAFTA交渉にも進展があったといい、韓国との交渉も鉄鋼輸入の上限を設けるなど、先に進んでいるようですが、対日交渉の声が聞こえてきません。実績を示すには日本が一番やりやすい相手でもあり、そのうち、大きな恫喝の声が聞こえてくるのでは…。自動車、農産物は厳しいか…。

 26日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        2万4202ドル60セント     +669ドル40セント(2.84%)
 NASDAQ総合指数       7220.54ポイント        +277.88ポイント(2.26%)
 S&P500              2658.55ポイント        +70.29ポイント(2.72%)
 CME日経平均先物       2万0680円           +200円
 10年物国債金利        2.855%             +0.038%
 ニューヨーク原油        65.55ドル            -0.33ドル
 GOLD              1359.4ドル            +3.7ドル
 ドルインデックス        89.07               -0.37 
  

 週明けの米国株は、米中の要人から貿易摩擦に関し前向きな発言が出たことや、既に水面下で交渉が始まっていると報道されたことを好感。朝方から買い戻しの動きが活発になり反発してスタートしました。寄り後に戻り売りから上げ幅を縮める場面がありましたが、中国が米国製半導体の輸入拡大を検討していることが報じられると、ハイテク関連にも買い戻しが入り次第に上げ幅を拡大。インテルやマイクロソフトの投資判断上げが相次いだことも好感され上げ幅を拡大。主力3指数とも先週から反発。ほぼ高値圏で終了しました。ニューヨークダウの騰落状況は、値上がり2317、値下がり690(NASDAQ市場は、2119-856)と、ともに買いが優勢。VIX指数は、3.84ポイント上げ21.03ポイントで終了。まだ警戒ゾーンの20ポイントは上回ったまま。

 NYダウは4日ぶりに反発。採用30種は、値上がり29、値下がり1(GE -0.18%)。モルガンスタンレーが投資判断を引き上げたマイクロソフトが7.57%と採用銘柄中最大の上げ。指数を45ドル分押し上げました。また、インテルが6.32%上昇。ウィンテルが指数の上げをリード。金利上昇を受けGSが3.92%上昇。単独で指数を66ドル押し上げています。上昇銘柄中11銘柄が3%超え上昇。指数の上げに寄与しました。200日線が下値支持として意識されたほか、VIXショックの安値を切らなかったことから、2番底が意識され、買い戻しの動きが強まったようです。当面、戻りの限界を試すことになりそうですが、短期的な急所である3月2日の安値2万4217ドルに届いたことから、強弱感も対立しそう。26週線上を維持しているNASDAQ総合指数の強さに期待。

 米国株は反発。円は、米株反発を受けたリスクオフの後退から対ドルは105円40銭台に、対ユーロは131円20銭台にそれぞれ下落。CME日経平均先物は大証先物終値比200円高の2万0680円で帰ってきました。レンジは2万0130円~2万0705円。今日森友学園への国有地払い下げに関する公文書書き換え問題の証人喚問が予定されていることから、反発力が弱かったようです。今日の日本株は、証人喚問が、参院が午前中2時間、衆院が午後2時間行われる予定で、見送り気分が強まりそう。ただ、検察が捜査中の事案でもあり、新たな材料が出てくる可能性は少なく、権利取りの動きなどから底堅い動きになりそう。アナリストが一斉に弱気に傾き、コンセンサスの下方修正が続き整理が進んだ半導体関連の買い戻しに注目。ソニー。引き続き、GLOBEX市場の米株先物動向と海外投機筋の動きにも配慮を…。  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ