FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
05 | 2018/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



本日の日本株は、米国の対中追加制裁検討による対立激化や円の上げを嫌気。先物筋の売り仕掛けもあり、大幅続落して終了。
 世界の株がガラガラと音を立てて崩れてきた感じです。知財権の侵害に対し、米国が制裁関税を適当したことに対し、中国が報復関税で対応する姿勢を示したことに、人の国の技術を盗んで成長してきたのに、自らを変えるつもりはないのか…と、新たに2000憶ドルの制裁関税を上乗せすることを検討するよう通商代表部に指示。これまで中国が考えてきた、「対米貿易黒字が減ればいいんだろう」的な考えではなく、不正なことをせずに自らを世界の貿易ルールにのっとった形で通商を行う体制に変革することを求めているようです。先ごろも書きましたが、単なる貿易収支の帳尻合わせではなく、中国という国のいい加減な体質を改めさせたいとの、天の声が働いたようです。それが狙いなら、中国が音を上げるまで制裁を発動し続ける可能性もあり、ようやく市場もこのリスクを意識し始めたというところでしょうか。

 ただ、この動きは下げの一要因ではあるものの全部ではないと思われます。0.441%(11日)→0.412%(12日)→0.40%(13日)→0.367%(14日)→0.350%(15日)→0.346%(18日)…判じ物の数字のようですが、米10年国債と2年国債の金利差を時系列で並べたものです。13日のFOMCへ向け金利差が縮小。FOMCで年内4回利上げの方針が示されると、金利差は縮小(フラット化)に向かっています。ゆっくりとした引き締め方針を継続する方針が示され短期金利に上昇圧力がかかる一方、長期金利見通しは2.9%付近に据え置かれたことから、フラット化に拍車がかかった感じです。このままいけば、長短金利の逆転の可能性も出てきますが、これは景気減速のサインと見做されており、景気への警戒感が強まる原因となります。また、ゆっくりとした金融引き締め方針を続けることは、短期金利に上昇圧力がかかりますが、これを受け、ドル建て債務が多い、新興国の債務不履行リスクが高まるとして、新興国からの資金流出が再燃してきました。FOMC前から、米金利上昇やドル高を受けて、新興国通貨の下落が始まっていましたが、FOMCのタカ派的な内容が止めを刺したような格好になりました。このところ中国株も不振ですが、米中貿易摩擦も要因としてあるものの、民間のドル建て債務への懸念を市場が抱いているという見方もできます。中国が、通商体制を関亜ルールに則って行わないなら、米国最大の武器である金融面まで踏み込んでいく可能性があるかもしれません。

 本日の日本株は、朝方報じられた米国の対中追加制裁方針を嫌気して、売りが先行。続落してスタートしました。一時は、売られすぎを意識して中国関連株を買い戻すような動きがありましたが、連休明けの中国株が大幅安で始まってくると、他のアジア株も追随して下落。米株先物も急落したことも嫌気され、次第に売りが広がる展開に…。日経平均が25日線をTOPIXが一目均衡表の雲内に入るなど、テクニカルな節値を切ると、先物筋の売り仕掛け(先物売り・円買い)も入り、裁定解消売りがユニクロなど指数寄与度の大きい銘柄に入り、下げ幅を拡大する展開に…。指数が大きく崩れたことから、短期筋も積極的な売買を手控えたことから、材料株にも益出しの動きが強まり、引けにかけては全面安の展開に…。

 日経平均終値は401円85銭安(1.77%)の2万2278円48銭、TOPIXは27.51ポイント安(1.65%)の1743.92ポイント、とともに続落。NT倍率は、12.8倍→12.77倍に低下。出来高は、1.41億株増の14億9463万株、売買代金は、4107万株増の2兆6675億円に、ともに増加したものの、ろうばい的な売りは無かったようです。騰落状況は、値上がり218、値下がり1827と、売りが優勢。
 今日の終値での日経平均サイコロは、8勝4敗で変わらず。TOPIXは8勝4敗に低下。日経平均RSIは、57%→55%に低下。25日線かい離率は、+0.15%→-1.53%と、25日線を大きく割り込んできました。騰落レシオは、86%→81%に低下。売られすぎの80%割れに接近してきました。本日、日経平均三本新値は陰転。短期的な弱気相場入りしています。日足MACDも売りシグナルを出してきました。

 まあ、外部環境の悪化を受け、指数売買が下落幅を拡大した格好。先物売りと円の上げが同時に起きており、投機筋が売り仕掛けをしたことが下落幅の拡大につながったようです。当面、米国市場次第の展開ですが、GLOBEX市場のニューヨークダウ先物は、一時、450ドル近く下落しています。欧米市場に先駆けて下げたこともあり、明日は落ち着いてくるものと思わrてますが、5月30日の安値を割り込んでくるようだと、トレンフォロー型のヘッジファンドが売り乗せしてくる可能性もあり、当面、この安値を維持できるかどうかが焦点になりそう。米金融政策が下げの一因でもあり、FRB関係者の発言に注意したい。VIXショックの週足長大陰線を抜けきれなかったことで下向き圧力がかかったままの状態が気になる。まずは、米国株が歯止め役になれるかがカギ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



週明けの米国株は、対中貿易摩擦懸念やドイツ連立政権への不安から売られ、高安まちまちで終了。指数の動きをよそに、物色意欲の強さは健在。
 おはようございます。
 昨日の後遺症からか、家がきしむ音が聞こえるたびに目が覚めてしまいます。地震の速報は流れませんが、おそらく、小規模の地震が続いているんでしょうね。昨日の説明を聞くと、生駒断層帯の北で発生したようですが、今住んでいるところは、断層帯を山で挟んだ反対側。同断層帯と並行して走る平群断層の上に当たります。しばらくは、落ち着いて寝られない日が続きそうです。移民政策を巡ってドイツ連立政権内で、メルケル首相と連立相手の党首でもあるゼーフォーファー内相の間がぎくしゃくしているようです。ドイツの動きによってはEUの難民政策に影響を及ぼしかねません。なんだか世界中で群発地震が多発しているような…。 

 18日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        2万4987ドル47セント      -103ドル01セント(0.41%)
 NASDAQ総合指数       7747.03ポイント         +0.65ポイント(0.01%)
 S&P500              2773.75ポイント         -5.91ポイント(0.21%)
 CME日経平均先物       2万2660円            +40円
 10年物国債金利        2.920%              -0.005%
 ニューヨーク原油        65.85ドル             +0.79ドル
 GOLD               1280.60ドル           +2.10ドル
 ドルインデックス        94.75                -0.13 
  

 週明けの米国株は、米中貿易摩擦の激化懸念や移民政策でのドイツ閣内対立などを嫌気し欧州株が全面安になった流れを受け、売りが先行。続落してスタートしました。ボーイングやキャタピラーなど中国関連株が売られ、ニューヨークダウは寄り後にこの日の安値2万4825ドル(前週末比264ドル安)をつけていました。売り一巡後は、対ユーロでドル安になったことを受け原油価格が堅調となりエネルギー株が上昇したことやNASDAQ市場でWEB関連主力株に最高値を更新する銘柄が相次ぎハイテク株が買われたこともあり、次第に下落幅を縮める展開に…。引け近くにはこの日の高値2万5003ドル(同87ドル安)をつけ、大台を回復する場面もありました。しかし、対中貿易摩擦への懸念は根深く、中国関連株が売り直されたことから、ニューヨークダウは5日続落。S&P500は続落。NASDAQ総合指数は、小反発…と、主力3指数は高安まちまちの動き。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1671、値下がり1304(NASDAQ市場は、1526-1423)と、ともに買いが優勢。VIX指数は、0.33ポイント上げ12.31ポイントに上昇。

 NYダウは続落。採用30種は、値上がり8、値下がり22。原油価格の上げを受けシェブロンが1.56%上昇し、指数を13ドル分下支え。マイクロソフトが0.73%、VISAが0.81%、それぞれ上昇したものの、他は小幅な上げにとどまりました。一方、投資判断の下げがあったインテルが3.43%下落、同じく判断の下げがあったディズニーが1.64%、ぞれぞれ下落。この2社で指数を25ドル分押し下げました。このほか、P&Gが1.99%、メルクが1.68%、トラベラーズが1.38%、それぞれ下落するなど、8銘柄が1%超え下落。指数の足を引っ張っています。対中貿易摩擦では、ボーイングが0.88%、キャタピラーが0.89%、それぞれ下落。2社で31ドル分指数を押し下げています。
 NYダウは、25日線や直近安値を結んだラインをそれぞれ下値抵抗線として意識し、買い直されていました。ただ、米金利が伸び悩み、かつ、対中貿易摩擦の激化懸念から、指数寄与度の大きい金融株や多国籍企業の株価の上げが期待しづらく、当面は、下値固めの動きになるか…。一方、NASDAQ総合指数は堅調を持続。この日はフェイスブック、アマゾン、セールスフォースドットコム、アカマイテクノロジーなどが最高値を更新しています。ニューヨーク市場、NASDAQ市場とも、騰落状況は買いが上回っており、指数の見かけ以上に物色意欲が強いことを示しています。米国でも指数より個別…という流れになっているようです。

 米黙株は高安まちまち。円は、ドイツ連立政権の維持懸念や米中貿易摩擦を受けて買われ、対ドルは110円50銭台に小幅上昇。対ユーロは128円40銭台と前週末から横ばい。CME日経平均先物は、大証先物終値を40円上回る2万2660円で帰ってきました。レンジは、2万2540円~2万2820円。本日の日本株は、神経質な動きになりそう。日経平均は底堅い動きを維持しているものの、TOPIXは、25日線を割込み、日足一目均衡表の雲上辺まで下落するなど弱さが目立っており、主力株への売り圧力が強いことを思わせます。引き続き、個別の材料株中心の展開に…。本日はメルカリのIPOに注目が集まりそうですが、値が付かない可能性ももあり、他の銘柄で代替えするような動きが出る可能性も…。小野薬品、アンリツ…。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ