FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2018/08 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



週明けの日本株は、中国株の動きや、日米通商協議など今週のイベントを警戒した売買が交錯。日経平均、TOPIXとも下落して終了。
  先週末までに決算発表は約半数が終了。最終利益は9.5%増と好調なスタートを切ってきました。米国の24%台の増益率に比べると見劣りします。米国では、第1四半期に25%増をピークに増益率の伸びが鈍ってくるのでは…との懸念から、慎重な見方が増えていたようですが、6月末の段階で20%だった予想は24%台に拡大。前期の25%に接近してきたので、業績のモメンタムが頭打ちになる、との懸念が消え、さらに業績相場が続くことへの期待感が高まっています。日本の場合、通期見通しになると、相変わらず経営者の慎重な見方が多く、日経平均のPERは予想ベースで13.49倍に対し、前期の実績ベースでは12.64倍とPERは下回っており、日本企業は今期は減益になる…と予想していることになります。

 日本企業は増額修正含みだと、良いいずれ予想EPSは上昇してくると、國尚関係者は言いますが、短期売買の投機筋にとっては現在の数字が全て…。外部環境の悪さはわかりますが、もう少し積極的な見方をした方が良いように思います。今回の決算発表を見ると、通期見通しに対する進捗率の高い企業が目立ちますが、前期決算発表で大弱気の見通しを出し、そのままにしているので、進捗率が高くなるという事なんでしょう。今回、進捗率を評価するには、企業の今期見通しと合わせて評価しないと、間違える可能性も出てきますね。消費者も経営者もどっぷりつかったデフレ心理から抜け出せないようです。

 本日の日本株は、先週末の米株高を受け、買いが先行。しっかりした始まりになりました。米株先物が高く始まったことも好感され、一時、上げ幅を広げたものの中国株や今週から始まる日米通商協議への懸念から売りが増加。前週末引け値水準でもみ合い中国市場のオープンを待つ展開に…。中国株が安寄り後にプラスに切り返すと、先物を買い戻す動きが入り、前引けにかけ上げ幅を拡大。日経平均は前引け近くにこの日の高値2万2635円(前週末比110円高)をつけていました。ただ、昼休み中に中国株がマイナス圏に沈むと、後場から警戒的な売りが増加。下げ幅を拡大するとともに日経平均もさえない動きとなり、引け近くにこの日の安値2万2486円(同39円安)をつけていました。この日も前週に続き、NTショートの解消が続きTOPIXの下げが大きくなっていました。

 日経平均は、17円86銭安(0.08%)の2万2507円32銭と反落。TOPIXは、9.68ポイント安(0.56%)の1732.90ポイントで3日続落。NT倍率は12.93倍→12.99倍に上昇。出来高は、4882万株減の13億5067万株、売買代金は2406億円減の2兆0858億円。騰落状況は、値上がり540、値下がり1486と、売りが優勢。
 日経平均サイコロは6勝6敗、TOPIXは5勝7敗と、ともに変わらず。日経平均RSIは、47%→43%(TOPIXは54%→43%)にそれぞれ低下。25日線かい離率は、+0.76%→+0.6%に縮小。騰落レシオは、100%→95%に低下。指数、物色の広がりとも、モメンタムが低下気味。

 今週は、今晩6日が米国の核開発疑惑に対するイラン制裁の猶予期限最終日。米国が新たな制裁を発表するといいます。また、9日からは日米通商協議の開始、週末は4~6月期のGDP成長率の発表(予想 +1.4%)とオプションSQ。米国で選挙が続くことから、選挙民へのアピールを狙って、トランプ爆弾がさくれつする可能性もあり、主力投資家は動けないのが実態。短期投資家ががバタバタやっているだけというところ。大体、例年この時期は、有力ファンドのマネージャーは長期のバカンスに入っており大きな動きは期待しづらいところ。9月3日のレーバーデーあたりまで休暇が続き、この間、米国株もさえない動きになるのがアノマリーになっています。まあ、あまりバタバタしても仕方がないということ。ただ、年後半に向けてはここからの押し目が重要なポイントになることも確か…。しばらくは、指数より、好材料銘柄の落穂ひろいに徹したほうが良いのでは…。
 今日は、このところレポートで取り上げてきた、サトーホールディングが約17%の上げ、同じく日本システム技術が約13%の上げ、福井コンピューターが11%上昇と、それぞれ予想を上回る決算で買われました。ただ、電子部品の弱さが気になります…。
※新規レポート購読会員を募集しております。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ