FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2018/08 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



米国株は、中国市場の落ち着きを好感したアジア欧州株の上げを好感。金利上昇を受けた金融株などの上げに支えられ、主力3指数とも続伸して終了。
 おはようございます。
 米政権が知財権侵害に対する制裁関税500億ドルのうち、まだ執行されていなかった160億ドル分について、23日から発動すると決めました。米政権では、中国との間で高レベルの協議が進んでいる、としましたが、ここで追加分を発動するところを見ると、さらに圧力をかけることが必要になっている(協議がうまくいっていない?)ことを示すのかもしれません。中国では共産党幹部や長老が集まり、人事や党の政策を決める北たい河会議が行われているようですが、ただでさえ習体制の足元がふらついているときに、弱みを見せられるはずもなく、米国もあまり強硬に出過ぎると、かえってまずい結果につながらないとも限りません。トランプ大統領は、このところ、「中間選挙で共和党をよろしく…」というだけでなく、「2年後の大統領選もよろしく…」といい始めているようで、今後もディール外交が続くかもしれません。世界の首脳が、同大統領のごり押しに疲れ果てて、とんでもない反発にでなければいいのですが…。 

 7日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         2万5628ドル91セント      +126ドル73セント(0.50%)
 NASDAQ総合指数        7883.66ポイント         +23.98ポイント(0.31%)
 S&P500               2858.45ポイント          +8.05ポイント(0.28%)
 CME日経平均先物        22675円              +45円
 10年物国債金利         2.9767%              +0.039%
 ニューヨーク原油         69.17ドル             +0.16ドル
 GOLD                1218.8ドル             +1.1ドル
 ドルインデックス         95.18                -0.18 
  

 昨日の米国株は、景気刺激策への期待感から中国株が下げ止まったことを好感。アジア、欧州株が上昇した流れを受け買いが先行。中国関連やイランへの制裁発動を受け原油価格が上昇したことからエネルギー関連株も買われ、高寄りしてスタート。ニューヨークダウは午前の取引半ばにこの日の高値2万5692ドル(前日比190ドル高)をつけていました。ただ、、S&P500 が最高値まで後9ポイントに迫ると、高値警戒感が強まったことや米中通商協議の動きを見たいというムードも支配的になり、引けにかけては上げ幅を削る展開に…。結局、主力3指数とも続伸して終了。NASDAQ総合指数は6日続伸。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1566、値下がり1382(NASDAQ市場は、1660-1287)と、ともに買いが優勢。VIX指数は、0.34ポイント下げ10.93ポイントと、VIXショック前の水準まで低下。

 NYダウは3日続伸。採用30種は、値上がり22、値下がり8。中国の景気刺激策への期待からキャタピラ―が2.08%、ボーイングが1.21%、スリーエムが0.9%、ナイキが1.28%、それぞれ上昇。中国関連5銘柄で指数を68ドル分押し上げ。金利上昇を受けGSが0.81%上昇。単独で指数を13ドル分押し上げ。一方、アップルが0.94%下落したものの、他の下げはいずれも限定的。
 NYダウは、6月11日の戻り高値を抜いた後の調整過程にありましたが、この日は、7月26日に付けた高値を抜き、調整一巡から上値を目指す動きに変わってきました。次は2月27日の戻り高値25800ドルを目指す動きへ…。NASDAQ総合指数は、引き続き年初から続くレンジ相場の上限ライン付近での動き。昨日は3年国債の入札不調から長期金利が上昇。これがハイテク株の動きを圧迫したようです。金利の上昇は金融関連の上げを通じ、NYダウとS&P500 を支援しますので、金利の動きが焦点に…。

 米国株は続伸。円は、人民元の下げ止まりを受けユーロが買われた流れを受け、対ドルは111円30銭台と横ばい、対ユーロは129円10銭台に下落。米株高を受けCME日経平均先物は大証先物終値を45円上回る2万2675円で帰ってきました。レンジは2万2515円~2万2680円。本日の日本株は、週末のオプションSQを巡り思惑的な動きを警戒する必要がありそう。プット残高は2万2000円が多いほか、7月オプションSQ値(22452円35銭、TOPIXは1721.13ポイント)からかい離し始めており、オプション関係者が先物を使った仕掛け的な動きに走る可能性も…。関係者の夏休み入りで先物出来高も減少しており、値が飛びやすいこともあります。引き続き、中国株式市場の動きが焦点に…。米国が、中国への160億ドル分の制裁完成の発動を今月23日からと決めたことが、総絵狂してくるか…。引き続き、決算結果を受けた個別の流れ。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ