FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2018/08 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



本日の日本株は、円安や中国株高を好感した買いがあったものの、重要イベントを前にした調整売りもあり、高安まちまちで終了。
 昨日の米FOMC議事録は、トランプ大統領の圧力にも関わらず、粛々と利上げを継続する方針を示していました。また、当面の懸念材料として、通商問題が「不確実性とリスクの重大な根源になる可能性がある…」と制裁と報復で過熱する対外貿易交渉の行方に懸念を投げかけています。まあ、大統領は聞く耳は持たないでしょうが、このところ10年国債と2年国債の金利差が急速に縮まっており、FRBとしても、先行きの景気減速を気にしないわけにはいかなくなってきたようです。FRB内部でも後3~4回で利上げは打ち止めにすべき、との発言も出始めており、前回FOMCでも、政策変更(緩和)の枠組みを巡る討議が再開されたようです。エコノミストの中には、12月の利上げは無理ではないか…との意見も出てきています。米金利上昇が新興国の通貨下落という副作用も呼び始めており、明日の夜、ジャクソンホールの経済シンポジウムで行われるパウエルFRB議長の講演はいつも以上に関心が集まりそうです。

 本日の日本株は、米株は高安まちまちだったものの、NASDAQ市場でハイテク株が買われたことや、対ドルでユーロが買われた流れを受け円が下落したことを好感。朝方から先物買いが先行し日経平均は続伸してスタート。前日に続き、重要イベントを前にした先物買い戻しが続き、裁定買いからファーストリテーリングが急伸するなどし、前引け近くにはこの日の高値2万2463円(前日比101円高)をつけていました。この日、中国が反発して始まったことも買い安心感を誘ったようです。ただ、前引けにかけ中国株がマイナス圏に下落すると、上げ幅を縮小する神経質な動きに…。後場からは、中国株が下落していたことや、米株先物が軟調に推移していたことから、売り買いとも手控えられ、引けにかけ小動きに推移。ファーストリテーリングの上げが支えた日経平均は3日続伸となったものの、TOPIXは反落と高安まちまちの展開に…。日経平均の終日値幅はわずか86円にとどまっていました。

 日経平均終値は48円27銭高(0.22%)の2万2410円82銭、TOPIX終値は、0.15ポイント安(0.01%)の1698.22ポイント。NT倍率は、13.17倍→13.2倍に上昇。高値を更新してきました。出来高は、3941万株減の10億8192万株、売買代金は1634億円減の1兆8214億円と、閑散商状が継続。騰落状況は、値上がり1317、値下がり678と、買いが優勢。
 日経平均サイコロは5勝7敗で変わらず。TOPIXは、3勝9敗に低下。再び底値ゾーンに入ってきました。日経平均RSIは、46%→ 47%(TOPIXは35%→37%)に、ともに上昇。日経平均25日線かい離率は、-0.44%→-0.16%(TOPIXは、-1.9%→-1.83%)に、それぞれかい離が縮小。一時は、日経平均が25日線を上回る場面も…。引けで200日線を上回って終わり、日足MACDが買いシグナルを出したのは収穫でした。騰落レシオは83%→86%に上昇。物色範囲が広がりだしたことも明るい材料。

 今日の先物手口を見ると、日経平均、TOPIX先物を買い越すところが多く、これがユニクロを押し上げ、円を押し下げた側面があるようです。NT倍率の上昇もパウエルFRB議長の講演を前に、ポジション整理をしておきたいというところがあったのでしょう。今日発表された13日~17日売買分の投資主体別売買動向(先物)は3434億円の売り越し。年初からの累計は5兆円を超えてきました。昨日からの動きは、売り過ぎたポジションを重要イベント前に買い戻しておこうという事なんでしょう。何とか、これを踏み上げさせるような好材料が出てこないものでしょうか…。ただ、今回の投資主体別売買動向(現物)で注目されたのは、前週、海外投資家の現物と先物を合わせ6900億円ちかい売りに、個人の1650億円を超える現物買いなど国内勢が向かったこと…。海外投機筋の売り崩しに国内勢が買い向かえば売り崩せないことが分かった点では大きな収穫だったのではないでしょうか。まあ、この動きを見て下値リスクが少ないとみれば、様子見している投資家も徐々に戻ってくるでしょうから、次第に商いも回復してくるんでしょう。今日は24節気の「処暑」。今度の日曜日は「満月」で変化日に当たります。NT倍率が記録的な水準のままで上昇を続けていくのか、それともNTロングの解消から、TOPIXが盛り返してくるのか…それによって物色対象が異なってきますので、ここは観察が大事。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



昨日の米国株は、米政局リスクやFOMC議事録のタカ派的な内容を嫌気したものの、ハイテク株の見直し買いから、主力3指数は高安まちまちで終了。
 おはようございます。 急な原稿依頼があり奈良市内まで出ていました。帰りが遅くなり、書き込みの時間が取れませんでした。
 まあ、場味は良いほうに変わりつつあるような感じがしますので、ご容赦!

 22日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         2万5733ドル60セント      -88ドル69セント(0.34%)
 NASDAQ総合指数        7889.10ポイント         +29.93ポイント(1.38%)
 S&P500               2861.82ポイント         -1.14ポイント(0.04%)
 CME日経平均先物        2万2365円            +45円
 10年物国債金利         2.8207%              -0.023%
 ニューヨーク原油         67.86ドル             +2.02ドル
 GOLD                1202.5ドル            +2.5ドル
 ドルインデックス         95.10                -0.11 
 

 昨日の米国株は、原油在庫が予想を上回ったことを好感したエネルギー株の買いが先行。続伸してスタートしました。ニューヨークダウは、寄り後にこの日の高値2万5836ドル(前日比14ドル高)をつけています。ただ、買い一巡後は、大統領の元個人弁護士が大統領選前の金銭のやり取りにつき、選挙資金法違反だったことを認めたうえ、大統領の支持も示唆。元選対本部長が脱税で有罪判決を受けるなど、政治的なリスクが高まったことや、この日午後に控えているFOMC議事録の公表も懸念。ポジション調整の売りが増加し、次第に右肩下がりの展開に…。公表されたFOMC議事録では、利上げに前向きな姿勢が示されたほか、通商問題が不確実性とリスクの重大な根源になる…の見方を示したことから、関連株に売りが波及。引けにかけ下落幅を拡大し、引け間際にこの日の安値2万5722ドル(同100ドル安)をつけていました。ただ、ハイテク株には見直し買いが入り、NASDAQ総合指数は続伸。主力3指数は高安まちまちで終わりました。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1507、値下がり1403(NASDAQ市場は、1759-1181)と、ともに買いが優勢。VIX指数は、0.61ポイント下げ12.25ポイントに低下。不透明材料は多いものの、先行きを楽観する動きが強いようです。

 NYダウは5日ぶりに反落。採用30種は、値上がり7、値下がり22、変わらず1(アップル)。原油価格の上げを受け、エクソンが1.43%、シェブロンが0.83%、それぞれ上昇。ハイテク株の買い戻しからマイクロソフトが1.02%上昇。一方、保険大手トラベラーズが1.75%、通信のベライゾンが1.4%、それぞれ下落。ユナイテッドテクノロジーが2.01%、ボーイングが1.06%、それぞれ下落。中国関連の2社で指数を44ドル分押し下げていました。採用銘柄中1%超え変動したものは6銘柄しかなく、まんべんなく売られた印象。
 NYダウは反落。昨日も書いたようにNYダウとS&P500は、重要な節値を上回ったことから、想定通りの調整。幕間つなぎでNASDAQ市場の動きがポイントになるとしましたが、やはり、買いが入ってきたようです。半導体のエヌヴィディアが新たな画像処理半導体を出すなど、刺激材料が出始めハイテク株に見直し買いが入っているようです。ただ、流れはNYダウとS&P500に向かっており、小休止後は再度買われる展開になるか…。

 米国株は高安まちまち。円は、米政治リスクを受け一時買われた上昇したものの、FOMC議事録のタカ派的な内容を受け、対ドルは110円50銭台に小幅下落。ドルがユーロに対し売られた流れを受け、対ユーロは128円20銭台に下落。このところ対ユーロでの下げが目立ってきました。CME日経平均先物は大証先物終値を45円上回る2万2365円で帰ってきました。レンジは、2万2140円~2万2445円。本日の日本株は、引き続き不安定な動きになるか…。昨日の上げは、中国株安、米株先物安の中で起きており、FOMC議事録発表前に、海外投機筋が先物を買い戻したことから起きた面もありそう。特に、TOPIXに買い圧力がかかったことで小型株が幅広く買われており、今日の中国株や米株先物の動きを受けての先物筋の動きがポイントに…。明日夜に、パウエルFRB議長の講演を控え、投機筋の先物買い戻しが続けば、昨日の流れが持続するが…。トランプ大統領は、共和党勝利のために40日間の応援キャンペーンを張るようですが、選挙戦の状況によっては過激な発言が飛び出す可能性も…。いよいよ、ここから、ふるい落とされるか、生き残れるかの正念場に入ってきます。視線は年末位に置いた方がよさそう。レポート直近号のトップ銘柄。経過良好…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ