FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
05 | 2019/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



週明けの日本株は、米中摩擦の拡大や急速に進んだ円高を懸念した売りに、日経平均、TOPIXとも4日続落して終了。
 トランプ大統領が関税政策を通商交渉以外に使ったことで、今後の海外との交渉で関税政策が乱発されるのでは…との懸念から週末の米国株が急落。中国が国内企業に脅威となる海外企業のブラックリストを作成。日本企業もリストアップされる懸念があるなど、米国への対抗姿勢を鮮明にしました。また、景気の先行き懸念からリスク資産を安全資産に移す動きが強まり、10年債価格が急伸。週明けの相場で、金利が2.1%を割り込んだことやリスク回避の円買いからドル円相場が108円台前半に上昇するなど、週明けの日本株を巡る環境は四面楚歌の状態になり、売りが先行。日経平均は、先週末のCME日経平均先物終値(2万0425円)を下回る2万0327円(前週末比273円安)で始まってきました。寄り後に、このこの日の安値2万0305円(同296円安)をつけ、相場の急所となる2月8日安値(2万0315円)をあっさりと割り込んでしまいました。ただ、安値を割り込んだことによる買い戻しの動きも入り、前引けにかけては下落幅を縮小する場面も…。ニューヨークダウ先物が、終日、三桁の下げで推移していたことから今晩の米国株安を警戒。積極的に買いを入れる動きは無く、2万0400円をはさんだ小動きの展開に…。

 結局、日経平均終値は、190円31銭安(0.92%)の2万0410円88銭、TOPIXは13.32ポイント安(0.88%)の1498.96ポイントと、ともに4日続落。TOPIXは大発会以来の1500ポイント割れ。NT倍率は、13.62倍で横ばい。出来高は、2.1億株減の12億2894万株。売買代金は、2200億円減の2兆1136億円と、ともに薄商い。騰落状況は、値上がり312、値下がり1782と売りが優勢。
 日経平均、TOPIXサイコロは、ともに5勝7敗で変わらず。日経平均RSIは31%→30%(TOPIXは35%→33%)にともに小幅低下。日経平均25日線かい離率は、-4.01%→-4.5%に拡大。騰落レシオは77%→72%に低下。テクニカル指標的には底値圏にあるものの、まだサイコロが高止まりしているほか、昨年12月末の水準と比べると整理未了感が残ります。日経平均三本新値は陰線11本目(陽転値2万1003円37銭)と依然弱気が継続中。週足ベースでのテクニカル指標の底値ゾーン入りが望まれます。

 TOPIXは、今年の値上がり分を吐き出した格好。昨年10月の段階で、TOPIXの頭が切り下がり、2009年から始まった上昇レンジは修正されています。日経平均は、まだ、2009年底来の右肩上がりのレンジは維持していますが、これを見ると、結局、アベノミクスは、日銀の異例の緩和によってもたらされた円安と、たまたま世界景気が上向いたことで増加した輸出に支えられたものだったことがわかります。本来、一番大事になるはずだった規制緩和などによる内需振興という三本目の矢が不発となり、TOPIXの方から腰が折れた、という格好。世界の景気減速や日銀の異例の緩和効果も米国の急速な金利低下で効果も半減。円高が進み輸出の先行きにも影が差し始めた…というのが現状。結局、アベノミクス最大の功労者は日銀で、政治家は内需を強くするために何をしてきたのか…という姿勢が問われます。まあ、相変わらず、目先の選挙対策ばかりで日本経済を根本から変えることは何もできなかった、という事ですね。

 ただ、今日2月の安値を切ったことから短期的には買い戻し主導で反発する動きが出るかもしれません。もちろん米国株次第という限定条件付きですが…。10連休明けから日経平均先物の売りを積み増しているCTAにつながる欧州系証券は、今日もトータルでは大幅な売り越し。 彼らは、先物売りとともに円も買ってきますから、これが売り方の買い戻しを誘い、円が一段高するという構図。以前から、レポートでもシカゴIMM通貨先物市場に滞留する8万枚超えの円売りポジションが買い戻しで円高圧力になるのでは…と警戒してきましたが、どうやら、踏み上げが進んでいるようです。投機筋も、日本株の先物を売りながら、円買い戻しを誘うような動きをしてきます。短期的には円高が株式市場を圧迫する可能性が強まりそうです。
 目先的にはテクニカル要因での買い戻しが強まりそうです。今回の下げ相場は、5月19日の満月から始まりましたが、今晩が新月で変化日になります。今のところ、米国株先物は下げ幅を縮小しているようですが…。
 ヘッジの銘柄や日立、NTTなどは堅調。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ