FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
05 | 2019/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



昨日の米国株は、米中再交渉や対メキシコ関税問題の解決への期待感に加え、FRBの利下げ思惑から、買い戻しの動きが強まり、主力3指数とも急伸して終了。
 おはようございます。やはり、昨日の米国市場は大荒れの展開になりました。中国商務省が「交渉によって解決しよう」と提言。不法流入者対策への不満からトランプ大統領がメキシコにかけた関税に関し、メキシコ大統領が10日の期限前に解決する見通し…と楽観的な観測を述べています。また、IT大手に対する民主党による寡占問題に関する調査に関しても、昨日の反応は過剰ではないか…との見方が強まりました。さらに、シカゴでの学識経験者を含めた金融政策討論会での講演で、パウエルFRB議長が「米中貿易摩擦など動向を注視している…」とし「景気拡大持続のため適切な行動をとる」と発言。景気腰折れの兆候が出れば利下げに踏み切ることを示唆。前日まで、市場を圧迫してきた懸念材料が緩和したことから、リスク回避で買われてきた債券が売られ金利が上昇。一方、リスク回避で売られてきた株式に買い戻しの動きが入り急伸。前日までとは正反対の動きが出てきました。まだ、トランプ大統領の出方がわからず、不透明感はぬぐえませんが、やはり3日の「新月」から潮目が変化してきたようです。次の「満月」は17日月曜日。あと8日でどこまで戻せるか…。レポートでは6月前半高、後半安…と想定しましたが、今のところは想定通りの動きに…。

 4日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        2万5332ドル18セント      +512ドル40セント(2.06%)
 NASDAQ総合指数       7527.12ポイント         +194.16ポイント(2.65%)
 S&P500              2803.27ポイント         +58.82ポイント(2.14%)
 CME日経平均先物       2万0730円            +360円
 10年物国債金利        2.1296%              +0.049%
 ニューヨーク原油        53.48ドル             +0.23ドル
 GOLD               1328.70ドル            +0.80ドル
 ドルインデックス         97.12               -0.02


 昨日の米国株は、市場の懸念材料だった米中摩擦に関し、中国側が話し合い解決を提言したことや、メキシコへの関税問題に関し同国大統領が課税期限前解決の楽観的な観測を述べたことなどが好感され買い戻しが先行。ニューヨークダウは、前日から140ドル超え上昇してスタート。ナイキ、アップルなど中国関連株が買われたほか、午前中に行われたパウエルFRB議長講演で、「景気拡大持続のため適切に行動する…」と発言。利下げに含みを持たせたことも好感され、買い戻しが加速。金利が上げに転じたことから金融株が買われるなどし、次第に上げ幅を拡大する展開に…。引け前にはこの日の高値2万5343ドル(前日比523ドル高)をつける場面も…。結局、ニューヨークダウは大幅続伸。今年2番目の上げ幅で終了。NASDAQ総合指数、S&P500は3日ぶりに反発。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり2436、値下がり555(NASDAQ市場は、2383-732)と、ともに買いが優勢。VIX指数は、1.89ポイント下げ16.97ポイントに急低下。

 NYダウ採用30種は、値上がり29、値下がり1(ベライゾン -0.28%)。中国との摩擦緩和期待からナイキが4.69%高と採用銘柄中最大の上げ。景気敏感のダウ・ケミカルが4.11%上昇で続きました。中国関連のアップルが3.66%上昇。単独で指数を43ドル分押し上げ。金利の反転上昇を好感し、GSが3.65%、JPモルガンが3.08%、それぞれ上昇。2社で指数を67ドル分押し上げ。採用銘柄中14銘柄が2%超え上昇。指数の上げに寄与しました。
 主力3指数とも大幅上昇。レポートでも今週は潮目が変わる可能性があるとしましたが、市場の緊張を緩和するような材料が続いたことで買い戻しの動きが加速したようです。債券市場も昨日書いたように、やや、感情的になって買われすぎたところもあり、株価の上げを見て慌てて買い戻され2.15%近くまで上昇する場面も…。とりあえずだらだら下げには歯止めがかかりましたが、大統領選のことで頭がいっぱいのトランプ大統領は、予定通りメキシコへの関税をかける方針であるほか、為替操作国への新たな関税措置の導入も考えており、過剰な期待感は持たないほうがよさそう。まずは、3日続伸が成るか…など底入れサインを確認したいところ。

 米国株は急伸。円は、利下げ気運を映し買われたものの、株価の上げでリスクオンの動きが強まり、対ドルは108円10銭台に、対ユーロは121円70銭台に、それぞれ小幅に下落。CME日経平均先物は大証先物終値を370円上回る2万0730円で帰ってきました。レンジは、2万0285円~2万0730円。本日の日本株は、CME日経平均先物終値にサヤ寄せして高寄りした後は、指数は米株先物の動きをにらんだ神経質な動きになりそう。ただ、下値不安がなくなったことで、短期筋中心に出遅れ株や売り込まれている株を買う動きが強まり、昨日同様のかさ上げ的な動きに…。日立、富士電機のほか、裁定買いから指数寄与度の大きいソフトバンクやユニクロ、東京エレクトロンなども…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ