FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
05 | 2019/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



週末の日本株は米株高や為替の安定を好感。米株先物高を支えに先物への買い戻しが継続。日経平均、TOPIXとも反発して終了。
 今週の日本株は、週間では5週間ぶりに上昇。令和時代が始まって初の上昇になります。週初めの4日、FRBのパウエルFRB議長が、「景気拡大持続のため、適切に行動する…」と利下げに含みを持たせたリップサービスをして以来、米国株が上昇。それに引きずられる格好で、日本株も上昇しています。日米とも、5月中旬以降、特殊な需給要因も絡み調整を余儀なくされましたが、米中摩擦がくすぶり続けるなか、トランプ大統領は、新たに、不法移民の流入に関し、メキシコ側にも負担を負わせる奇手にでてきました。突然の政策を消化しきれないまま、相場が底抜けするところを、FRBのリップサービスが救った、という見方もできます。

 ただ、昨日発表のチャレンジャー人員削減計画は約5万9000人となり、前月の約4万人から大幅に増加。例年、4月~6月は増加する傾向がありますが、企業が、景気の変調に対し間接部門を削減。機動的な経営ができるよう舵を切り換える動きがでるなど、企業が身構える動きを始めたことは要注意です。ウォールストリートジャーナルは、再来週開催のFOMCで利下げを行うための条件などを検討すると伝えていますが、市場は、年内3回の利下げを想定するなどやや過剰な期待感が出ており、FOMCの声明文で利下げを急がないような表現があった場合、失望が出る可能性もあるかもしれません。まだ、米国の景気指標はまだら模様の状態ですので、利下げを急ぐ必要はなさそうですが…。まあ、FOMC(18日・19日)までは、利下げ期待感が市場を支えることになりそうです。
 
 週末の日本株は、米株高を好感し買いが先行。米株先物がプラス圏で推移したこともあり、終日堅調な動きでした。すでに来週末のメジャーSQに向け、9月限りにロールオーバーする動きも始まり、先物に仕掛け的な動きが無かったことも、終日穏やかな相場になった要因か…。値上がり上位業種を見ても、内需系、外需系が混在。ロング&ショートポジションの解消など、政策的な動きが背景にあることを思わせます。日経平均は、80円超え上昇してスタートした後、前場半ばにこの日の安値2万0816円(前日比42円高)をつけています。その後、米雇用統計という重要イベントを控え、週末のポジション調整から先物が買い戻され、引け近くにこの日の高値2万0907円をつけていました。しっかりした引け方をしたものの、終日値幅は91円と狭いレンジの動きでした。

 日経平均終値は、110円87銭高(0.53%)の20884円71銭、TOPIX終値は、7.48ポイント高(0.49%)の1532.30ポイント。NT倍率は13.62倍→13.63倍に小幅上昇。出来高は、6246万株減の10億0595万株、売買代金は、2068億円減の1兆6359億円と、閑散商いが継続。騰落上昇は、指数の安定を受け出遅れ株物色が強まり、値上がり1499、値下がり560と買いが優勢。
 日経平均サイコロは4勝8敗(33%)で変わらず、TOPIXサイコロは、6勝6敗(50%)に上昇。日経平均RS1は35%→37%(TOPIXは37%→40%)に、それぞれ上昇。日経平均25日線かい離率は、-2.02%→-1.24%に縮小。騰落レシオは、80%で横ばい。指数の上向きのモメンタムが強まってきました。

 やはり、「新月」から潮目が変わってきました。次は、FOMCが始まる前日の17日が「満月」。FOMCに対しては警戒的な見方をしていますが、変化日に潮目がどう変化してくるか…。また、朝も書いたように、自民党は消費税引き上げを参院選の公約に盛り込むことを決めました。これに海外投資家が、どう反応してくるかが注目されます。自民党では、やる以上は手厚い対策を講じる…といいますが、1996年の時には、対策は半年で息切れ、当時の大蔵省がいつの間にか、財政を絞り、需要が減少しているところにアジア通貨危機が来て、日本経済を新深刻なデフレに落とし込み、倒産や人員削減の嵐が吹き荒れました。今回は、米中摩擦の新興国経済に与える影響は未知数。財政均衡主義にこだわる官庁の背信行為も心配されます。まあ、どうせ、安倍首相は交代するんだから引き上げに伴う失敗は、全部安倍首相に押し付ければいいという考え方も…。まあ、海外投資家がどう判断してくれるか…。来週以降の動きは要注目。
 詳しくは、日曜日のレポート6月9日号で解説します。  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



昨日の米国株は、利下げ期待が株価を支えたほか、対メキシコ関税の発動延期報道などが支えとなり、主力3指数とも続伸して終了。
 おはようございます。 自民党は、消費税引き上げについて、参院選の公約として明記する方針を固め、今日行われる政調審議会と総務会に諮り決定される運びに…。すったもんだした、消費税論議でしたが、ようやく決着したようです。まあ、正しい選択か、間違った選択だったかは、後の歴史が証明することになるのでしょうが、世界的に金利を下げて景気へのテコ入れをしようとしているときに、需要を縮小させる逆向きの政策をとることは確か…。財政均衡のために実施するといいますが、引き上げによる景気後退で、税上げで入ってくる歳入を大きく上回る歳出が必要になり、帰って財政を悪化させることにならなければいいのですが。財務省の寄り切り勝ち…というところでしょうか。

 6日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        2万5720ドル66セント       +181ドル09セント(0.71%)
 NASDAQ総合指数       7615.56ポイント          +40.08ポイント(0.53%)
 S&P500              2843.49ポイント          +17.34ポイント(0.61%)
 CME日経平均先物       2万0880円             +140円
 10年物国債金利        2.1220%              -0.024%
 ニューヨーク原油        52.59ドル              +0.91ドル
 GOLD               1342.7ドル             +9.1ドル
 ドルインデックス         97.01                -0.31 
   

 昨日の米国株は、朝方発表の新規失業保険申請件数が予想を上回り、今晩発表の雇用統計への懸念が強まり、軟調な始まりになりました。ニューヨークダウは寄り後まもなく、この日の安値2万5518ドル(前日比21ドル安)をつけていました。ただ、ウォールストリートジャーナルが、6月FOMCで、利下げに関する議論が始まる…との観測記事を載せたことを受け、買いが増加。次第に上げ幅を拡大する展開に…。午後に入り、ブルームバーグ通信が「政府が、追加関税の発動を遅らせることを検討…」との記事を掲載するとこれを好感し、株価は急伸。引け近くにこの日の高値2万5800ドル(同260ドル高)をつける場面もありました。この日はは原油価格の反発を受けたエネルギー株の上げや、大手半導体株メーカー(AMD)への投資判断上げが好感されたハイテク株の上げが全体の上げをリード。主力3指数とも3日続伸して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1708、値下がり1240と買いが優勢だったものの、NASDAQ市場は、値上がり1367、値下がり1717と売りが優勢。VIX指数は0.16ポイント下げ15.93ポイントに低下。  

 NYダウ採用30種は、値上がり26、値下がり4。原油価格の反発を受けシェブロンが2.58%、エクソンが1.82%、それぞれ上昇。2社で指数を30ドル分押し上げ。ハイテク株買いを受けマイクロソフトが1.58%、アップルが1.47%、インテルが1.23%、それぞれ上昇。マクドナルド(+1.46%)、コカ・コーラ(+1.22%)などディフェンシブ系も買われ、10銘柄が1%超え上昇。指数の上げに寄与しました。一方、ユナイテッドヘルスが0.93%、トラベラーズが0.57%、それぞれ下落したものの、いずれも下げは限定的。
 NYダウは4日続伸。NASDAQ総合指数とS&P500は3日続伸。NYダウは、下落中の25日線を回復してきました。この日の上げの要因は、ブルームバーグの対メキシコ関税の適用延期記事でしたが、後にサンダース報道官が「追加関税の発動準備を進めている…」とコメント。米株先物は軟調に推移しています。NYダウは、25日線という当面の目標を達成してきたことや、到達した水準は過去半年の出来高最多帯でもあり、戻り売りを浴びやすいところ…。今晩の雇用統計結果を受けた金利の動きが焦点に。

 米国株は続伸。円は、対メキシコ関税適用延期報道を受けたものの、後の政府の否定コメントで対ドルは108円30銭台に小幅上昇。対ユーロは122円20銭台に軟化。CME日経平均先物は、大証先物終値を140円上回る2万0880円で帰ってきました。レンジは、2万0660円~2万0910円。本日の日本株は、CME終値にサヤ寄せする先物買いに高寄りした後は、週末控えでもあり米株先物の動きを見ながらの神経質な展開になりそう。これまで相場の下値を支えてきた消費税問題に決着がつきそうなことから市場のあく抜け感につながるかが焦点に…。引き続き、受注環境が良好な好業績銘柄の押し目買い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ