FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2019/08 | 09
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



三連休明けの日本株は、米株安につれ安して始まり、反落したものの、円相場の安定や国内投資家の押し目買いから、底堅く終了。
 米中摩擦の拡大、イタリア政局の混乱、アルゼンチンの大統領予備選で野党候補が勝利したことによる、通貨、株価の暴落…と、外部環境が不透明感を強めるなか、円も安全通貨として買われ、昨日のロンドン市場では105円割れ寸前まで上昇。まさに日本に接近する大型台風10号のような相場環境で3連休明けの相場が始まりました。
 朝方は、急落した米国株につれ安したCME日経平均先物終値にさや寄せする先物売りから日経平均は前週末から252円下落してスタート。円の上昇や外部環境の悪化を嫌気した売りが幅広く入り、寄り後まもなくこの日の安値2万0369円(前週末比315円安)をつけていました。ただ、円が105円台を割り込まずに円安方向に動いたことや米株先物が上昇して推移したことを受け、一段と売り込む動きは無く、その後、アジア株が軟調なスタートを切ったものの、PBRやPERから見た割安感に注目した押し目買いがはいり引けにかけては値動きの少ない動きになり、結局、日経平均、TOPIXとも反落して終了。日経平均の終日値幅は、134円と狭いレンジの動きになりました。

 日経平均終値は、220円38銭安(1.11%)の2万0455円44銭、TOPIX終値は、17.27ポイント安(1.15%)の1486.57ポイント。出来高は9685万株増の12億8249万株、売買代金は356億円増の2兆1822億円。新興国通貨不安から銀行株が売られたことが商いの増加につながったようです。騰落状況は、値上がり444、値下がり1655と、売りが優勢。
 日経平均、TOPIXサイコロは、ともに4勝8敗に低下。日経平均RSIは31%→20%(TOPIXは29%→18%)に、ともに低下。日経平均の25日線かい離率は、-3.1%→-4.0%に拡大。騰落レシオは79%→74%に低下。ともに、底値圏に接近。昨年末のVIXショック時のクリスマス底の騰落レシオは65%ですから、テクニカル的な底値は近いようです。今日は、日経平均三本新値の4本目の陰線が入りました。(陽転値は2万0720円29銭)

 円の105円付近には輸入企業などのドル買いが厚く這わされており、なかなか、壁を突破できないようです。ただ、昨晩のアルゼンチンの通貨と株価の暴落は他の新興国からの資金流出につながる可能性もあり、海外市場で円が105円台を割り込んで帰ってくる可能性があります。株価の方は、2万1000円付近、2万0500円と節値をとらえて国内個人投資家が買い向かっており、底堅い動きになっています。ただ、依然、CTAにつながる欧州系証券の日経平均先物に的を絞った売りの積み増しが続いており、海外要因の波乱が続くことを見越しているのかもしれません。政府の意向を受け公的年金などが外債投資を活発化させ、円の上昇を防いでいるものと思われますが、アルゼンチン通貨の暴落が他の新興国に波及するような動きが出ると…。何らかの政策的な対応が必要なところにきていると思いますが、支持者の集会で親友と思っていたトランプ大統領から小ばかにされたような発言をされるようでは…。安倍首相も憲法改正なんて言っている場合ではないよな気がしますが…。

 今日は、社長の経営巻き返しにかけレポートで注目したリユース関連のシュッピンが続伸。高いITレベルを要求される受注体制に応じるため人材の能力アップに努めてきた豆蔵ホールディングが本日は値上がり第2位。赤字決算になったものの、電子ビーム露光装置の受注が大幅増になったほか、電子顕微鏡への引き合いが多かったものの、まだ第一四半期のスタートラインに立ったばかりで受注に至らなかったことが赤字の原因になった日本電子は売られたところを注目としましたが、寄り安で陽線引け。5G関連のヨコオも堅調を持続。まあ、悪い中でも光るものはありました。ただ、中小企業支援委関をテーマとしてきましたが、このところ対前年比での伸び率が鈍化し始めたほか、月次受注では減少する月も出始めるなど、景気減速の影響が企業の発注姿勢に出てきたようです。外注コストも上昇しているようですし、今後は、高いレベルが要求される発注に自社で対応できるような高いIT技術を持つような企業しか設けられなくなっていくかもしれませんね。好調業種にも景気減速の影が差してきたようです。
 まあ、今の日本株は海外要因次第…。今のところ、債券先物は金利が低下、米株先物も小安く推移。何とか無事に帰ってきてほしいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



週明けの米国株は、米中摩擦の激化を嫌気したほか、イタリア政局、通貨が暴落したアルゼンチン情勢なども嫌気。薄商いの中売り急ぐ動きが出て、大幅続落して終了。
 おはようございます。 トランプ大統領が登場し、友好国、敵対国に関係なく対立色を強めていることに刺激されたわけではないでしょうが、世界中が騒然としてきました。犯罪人引渡し条例への反対を機に起きた抗議活動は空港占拠でアジアのハブ空港としての機能をマヒ状態に追い込み、中国本土からの権力の干渉懸念が強まっています。また、ヨーロッパでは、イタリアの連立政権が崩壊の際に立っているものの、いまだに次期総選挙の日程も決まらない状態。また、昨日は、アルゼンチンの大統領予備選で、IMFの支援で進めている財政再建に反対する野党候補が現職大統領に勝利。アルゼンチンペソは20%下落。主要な株価であるメルバル指数は終値で38%近く暴落。一時、ドル建てでは世界でも2番目となる48%の暴落になっていました。また、聖地エルサレムではイスラエルの治安部隊と巡礼に来ていたパレスチナ人などイスラム教徒と衝突するなど、騒然としてきました。アルゼンチンの通貨急落は、このところ通貨安を目指す新興国が増えていることから、今後の展開によっては新興国からの資金流出を招き、通貨危機の引金を引きかねません。一時、世界の富が集中した香港も然り…。世界の資金の流れが大きく変わるリスクが高まってきました。

 12日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        2万5896ドル44セント    -391ドル00セント(1.49%)
 NASDAQ総合指数       7863.41ポイント       -95.73ポイント(1.20%)
 S&P500              2882.70ポイント       -36.95ポイント(1.23%)
 CME日経平均先物       2万0265円          -385円
 10年物国債金利        1.649%            -0.099%
 ニューヨーク原油        54.93ドル           +0.43ドル
 GOLD               1522.70ドル         +13.80ドル
 ドルインデックス        97.41              -0.08 


 週明けの米国株は、米中対立が通貨安競争に発展してきたことを嫌気。中国関連株が売られ、二ユーヨークダウは前週から188ドル安と続落してスタート。米中通商協議開催への不安、香港空港の閉鎖、イタリアの政局懸念と不透明材料が重なるなか、アルゼンチンの大統領予備選で財政再建の反対する野党候補が勝利。金融市場が波乱したことも嫌気され、GSなど金融株が下落。次第に下げ幅を広げる展開に…。リスクヘッジの動きが強まりVIX指数が再び20ポイント超えに上昇してくるとリスク資産を減らす動きが加速。引け近くにこの日の安値2万5824ドル(前週末比462ドル安)をつける場面も…。ただ、大手証券が、9月、10月と連続して利下げが行われる可能性が大きいとのレポートを出すと、売りが一服。落ち着きを取り戻していました。主力3指数とも前週末から続落。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり904、値下がり2040(NASDAQ市場は、1004-2110)と、ともに売りが優勢。VIX指数は、21.26ポイントまであり、3.10ポイント高の21.07ポイントで終了。

 NYダウ採用30種は、値上がり1(J&J、+0.05%)、値下がり29。通貨不安を受けGSが2.88%、JPモルガンが1.99%、それぞれ下落。両社で指数を55ドル分押し下げ。米中摩擦のエスカレートを懸念しキャタピラーが2.48%、ダウが2.34%、それぞれ下落。業種に関係なく幅広く売られ、17銘柄が指数の下落率を上回る1.5%超え下落。指数の足を引っ張りました。
 主力3指数とも続落。ともに13週線が下落に転じ頭抑えに…。ただ、下値は日足一目均衡表のj雲が支えに…。主力投資家が夏休みで不在となり出来高が減少。悪材料に対する振れ幅が大きくなっています。当面、先週付けた安値に対する2番底を確認できるかがカギに…。次々に未消化の不透明材料が出てきており、しばらくは安全資産に逃避する動きが強まりそう。

 米国株は続落。円は、米金利低下や安全資産買いの動きから買われ、対ドルは105円20銭台(欧州では、一時、105円05銭)、対ユーロは118円付近に、それぞれ上昇。CME日経平均先物は、先週末の大証先物終値を385円下回る2万0265円で帰ってきました。レンジは、2万0210円~2万0580円。本日の日本株は、CME先物終値にサヤ寄せして安寄りした後は、人民元基準値の決定、中国株の動向、米株先物、米債券先物などの外部要因睨みの展開に…。リスク回避の円買い圧力が高まっており、何らかの政策的な対応が必要な段階に…。日本株買いの大きな障害になっている消費税上げへの対応が急がれるところ。海外投機筋の円買いを絡めた仕掛け的な動きに警戒。先週末の決算発表を受けた個別の決算プレー相場。予想外に決算が良かった豆蔵ホールディングス…。  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ