FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2019/08 | 09
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



本日の日本株は、米中通商協協議の再開期待を受けた米株高、中国株高を好感。日経平均、TOPIXとも反発して終了。
 米株高、金利上昇を受けた円安の支援を受けた今日の日本株でしたが、トランプ大統領の米中通商協議再開に関するコメントがあやふやだったことから、投資家はもう一つ強気になり切れなかったようです。米国と直接交渉にあたってきた劉鶴副首相が講演で冷静な交渉を呼びかけたことが中国に交渉意思があるように受け取られたようです。ただ、5月初めに交渉が決裂した時、習近平首席は、対米タカ派色を強める常務委員会を抑えるために、全責任を取るから…として、同副首相に合意内容を翻意することを指示。この時から、中国は経済よりも政治を優先する方向に舵を切り換えており、米国の脅しには屈しない方針を固めたはずです。来年の大統領選でのトランプ不利を予想。時間稼ぎに打って出た可能性があります。交渉に当たっては、完全に攻守が入れ替わったような感じです。大統領選に向け、選挙民に対し体裁を取り繕うような合意が得られるかどうかの条件闘争に入りそうですが、習主席は、5月に経済より政治を優先することを決めた際、国民に米国との経済摩擦で苦しい局面を迎えるが、国民党との主導権争いがあったころの「長征」を思い出して耐えようと呼びかけており、長期戦を覚悟しています。トランプさん、ケンカする相手とやり方を間違えたかもしれませんね。9月の協議再開が実現できるかが、ポイントになりそう。

 本日の日本株は、米株高を受けCME日経平均先物終値(2万0540円)にさや寄せする先物買いが先行。日経平均は200円超え反発して始まったものの、CMEの終値を下回る2万0467円で始まりました。個人のレバレッジ型ETF買いが主導したほか、中国株が高く始まったことを受け先物買いが増加。裁定買いも入り、上げ幅を拡大。前引け近くにはこの日の高値2万0529円(前日比268円高)をつけていました。ただ、朝方から米株先物が軟調に推移していたことや、米債券先物が買われ金利が低下したことを受け、じりじりと円が水準を切り上げたことが嫌気され、後場に入ると次第に上げ幅を縮小する展開に…。結局、日経平均、TOPIXとも反発したものの、前場の高値を上回れず、この日の寄付き水準で終わっています。

 日経平均終値は195円04銭高(0.96%)の2万0468円08銭、TOPIX終値は、11.66ポイント高(0.79%)の1489.69ポイント。NT倍率は13.71倍→13.73倍に上昇。日経平均型の先物買いが有力だったことを思わせます。出来高は9732万株減の10億4296万株、売買代金は、2149億円減の1兆7695億円に、ともに減少。模様眺めが続いているようです。騰落状況は、値上がり1480、値下がり556と、買いが優勢。短期のリバウンド狙いの買いが幅広く入ったようです。
 日経平均サイコロは、8勝4敗で変わらず。TOPIXは、8勝4敗に上昇。日経平均、TOPIXともRSIは38%→46%に上昇。日経平均25日線かい離率は、-3.33%→-2.25%と、セオリー通りの反発。騰落レシオは81%→86%に上昇。モメンタムは上向きになっていますが、依然、米国先物の動きを横目で見ながらの展開で主体性を欠いた流れが続いています。まずは、独自の力で3連騰はしてほしいところ。

 まあ、米国市場もトランプ大統領のツィートや発言をフォローし、市場への注文の速さを競うアルゴ売買が主導。ボラティリィティの高い展開が続いています。週明け2日はレーバーデーで米国は休場になりますが、3日から長期休暇明けのファンドマネージャーらが市場に復帰。少し長い目でのポートフォリオの入れ替えなどが始まり、相場の物色の方向も見えてきます。本当に悩まなければならないのは、9月に入ってから…。鉱工業生産指数の電子部品・デバイスの在庫がマイナスに転じたほか、半導体製造装置の米国向け輸出が底打ち反転するなど、大きな変化が起きていますが、市場に復帰したマネージャーがどう動いてくるか…。ここからが一番大事なところに入ってきます。まあ、業績のいいものを買うという流れに変化はありませんが、今日は、レポート注目のシュッピン、カカクコムが年初来高値を更新。半導体関連、中小企業支援も堅調でした。米株先物は下落幅を縮小しているものの、債券先物が買われ金利が低下しています。明日も指数は、米国株次第の展開。
※レポート購読会員を募集しております。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



週明けの米国株は、米中通商協議の再開や米国・イラントップ会談への期待感から買い脅しが入り、主力3指数とも反発して終了。
おはようございます。 米株価が下落すると、トランプ大統領が動く…というのは定説になってきましたが、先週末のトランプツィートショックを受けた昨日は、米中で電話協議し「中国が貿易交渉の再開を求めてきた…」と発言。市場はこれを好感して先物先行で上昇しましが、中国外務省や政府機関紙の環球時報編集長は、電話会談は無かった、と発言を否定。一時、上げ幅を急速に縮める場面もありました。すると、今度は「条件さえ整えば、イランの大統領と会談する要因がある…」と、きました。思惑通り、引けにかかけて上昇。ほぼ寄り付き水準まで上げ幅を回復しましたが、いやはや、何が本当のことやらわからなくなってきました。まあ、中国も政治の季節に入り、経済よりも政治優先になっていますから、「中国側から頭を下げて交渉再開をお願いした…」なんて、絶対認めないでしょうし…。まあ、具体的な日程が決まって考えてもよさそうですが、トランプ大統領の発言を売買の要素として日々追跡しているアルゴ売買筋がいますので、乱高下する動きは、まだまだ避けられないのかもしれませんね。

 26日の米国市場動向
 ニューヨークダウ       2万5898ドル83セント     +69ドル93セント(1.05%)
 NASDAQ総合指数      7853.73ポイント        +101.96ポイント(1.32%)
 S&P500             2878.38ポイント        +31.27ポイント(1.10%)
 CME日経平均先物      2万0540円           +240円
 10年物国債金利       1.5401%            +0.013%(2年債金利 1.5432%)
 ニューヨーク原油       53.64ドル           -0.53ドル
 GOLD              1536.90ドル          -0.70ドル
 ドルインデックス        98.05              +0.40 


 週明けの米国株は、G7サミットの場でトランプ大統領が米中貿易交渉再開の可能性に言及したことを受け、先物買いが先行。先物価格にさや寄せする買いや前週末急落した分の買い戻しなどが入り、ニューヨークダウは198ドル反発してスタート。寄り後にこの日の高値2万5941ドル(前週末比313ドル高)をつけていました。ただ、中国外務省などが交渉再開を要請したとする電話会談を否定する中、投資家は上値を買い上がることに慎重になり、寄り付きの買い一巡後は頭の重い展開に…。午後の取引半ばには上げ幅を88ドル高まで縮小する場面もありました。引け近くに、トランプ大統領がイラン大統領の会談に前向きな発言をしたことを好感。引けにかけ上げ幅を回復し寄付き水準を上回って終わりました。貿易交渉再開を期待し、ナイキやアップルが買われたほか、金利の上げを受け金融株も上昇。幅広く買われ、主力3指数とも反発して終わったものの、半値戻しも達成できず頭の重さが目立ちました。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1968、値下がり972(NASDAQ市場は、2054-1064)と、ともに買いが優勢。VIX指数は、高値21.33ポイントまであり、0.55ポイント安の19.32ポイントに下落したものの、先行き警戒は残ったまま。

 NYダウ採用30種は、採用30社が全て上昇。ナイキが2.25%、ディズニーが2.23%、それぞれ上昇。対中協議再開期待から、アップルが1.9%上昇。単独で指数を26ドル分押し上げ。コカ・コーラが1.49%、P&Gが1.7%、ベライゾンが1.41%、それぞれ上昇するなど、ディフェンシブ系も買われています。15社がNYダウの上昇率(1.05%)を上回り、指数の押し上げに寄与。
 主力3指数とも反発。ともにレンジ内で下値を探る動き…。NYダウは200日線が、NASDAQ総合指数は150日線が、それぞれ下値支持線として意識されており、当面、下値を模索しながら上げの手掛かりを待つ展開か…。米中の関税の応酬で製造業の出荷や設備投資の落り込みが始まっており、テコ入れが必要な段階に…。

 米国株は反発。円は、金利の反転上昇やリスク回避の後退から売られ、対ドルは106円台に、対ユーロは117円70銭台に、それぞれ前週末水準から下落。CME日経平均先物は、大証先物終値を240円上回る2万0540円で帰ってきました。レンジは、1万9845円~2万0600円。本日の日本株は、CME終値にサヤ寄せし高寄りした後は、再び、米株と米債券先物睨みの展開に…。このところ2万0700円付近で上値の壁が出来つつあり、昨日下値を支えた個人のETF買いの動きも注目されます。個別物色の流れが続きそうですが、米中協議再開の真偽が不明で、短期筋主導の流れになりそう。 米株先物はやや軟化、10年債先物金利も低下気味…。半導体関連機器の米国への輸出に回復の兆しがあるものの、まずは指数の下値確認を優先したい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ