FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
08 | 2019/09 | 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



週明けの日本株は、景気対策を受けて上昇した中国株と、対中関税の発動を嫌気して売られた米株先物の間で、膠着感を強め小反落して終了。
 週明けの日本株は、米中が互いに掛け合った関税が昨日から発効したことの投資家への影響を懸念。今晩の米国株がレーバーデー休場になることもあり、手掛かり材料難から、膠着感を強めた展開になりました。朝方は前週末のCME日経平均先物終値(2万0655円)にサヤ寄せする先物売りが入り、日経平均は80円安の2万0625円とCMEの終値を下回ってスタート。寄り後にこの日の安値2万0614円(前週末比90円安)をつける場面も…。米国株先物が下落して推移していたことから、中国株の始まりが注目されましたが、インフラ開発プロジェクトによる景気テコ入れ、財新製造業PMIが予想を上回り(判断の分かれ目になる)50を上回り上昇して始まると、これを好感した買いが入り、下げ幅を縮小。前引け間際にはこの日の高値2万0667円(同37円安)うぃつけていました。しかし、休み時間中に米株先物が下げ幅を拡大すると、昼からは模様眺め気分が強まり、相場は弱含みへ。結局、日経平均、TOPIXとも反落して終了。終日膠着感を強めた展開で、日経平均の終日値幅は、53円にとどまっていました。

 日経平均終値は84円18銭安(0.41%)2万0620円19銭、TOPIX終値は、6.65ポイント安(0.44%)の1505.21ポイント。NT倍率は、13.69倍→13.70倍に小幅上昇。出来高は約4億株減の8億0281万株、売買代金は6916億円減の1兆3299憶円と閑散商い。今年最少のボリュームになってしまいました。騰落状況は、値上がり506、値下がり1569と、売りが優勢。
 日経平均とTOPIXサイコロは、ともに8勝4敗で変わらず。日経平均RSIは50%→54%(TOPIXは、52%→57%)に、それぞれ上昇。日経平均25日線かい離率は、-0.40%→-0.61%。騰落レシオは82%→81%に低下。先週末、わずかな差で3本新値が陽転できなかったことから、再び、レンジ相場に押し戻されてしまいました。まあ、まだ、個人投資家が安値で買ったレバレッジのかかったETFが残っており、この分の消化が課題になりそう。

 いよいよ、9月相場入りです。海外では学校も新学期を迎えますが、家族とともに長い休暇を取っていた大手機関投資家の市場復帰が始まります。まずは、上がり過ぎたものを売って、これから活躍しそうな株を仕込む「リターンリバーサル」の動きが始まってきます。今日の日本株も内需株が弱く外需やTOPIXコア銘柄が強かったようですが、一方で5G関連にも買いが入るなど、前向きな動きもあったようです。まあ、米国株が一気にレンジ相場を抜け出すような動きにうならないと、指数がレンジを上放れることは無く、しばらくは個別株重視の流れが続くことになりそう。レポートでは、需給関係の変化が始まった電子部品・デバイス業界を評価し、関連銘柄を取り上げてきましたが、前週のレポート休載お願いの際に、相場観とともに掲載した注目株候補を示しましたが、その時のトリケミカル研究所が本日好業績を背景に6100円超えになってきました。ちょっと変わった業態のピックルスコーポレーションや五洋建設も順調に値を伸ばしています。まあ、個人投資家が徹底した逆張り姿勢を続けている間は、指数より個別…という流れが続きそう。

 とにかく、今週の注目ポイントは、市場に復帰してきた投資家が、どんな行動をとってくるか…。例年、中長期投資家が休暇に入ると米金利が低下。彼らが筆記してくると、債券が売られ金利が上昇を始めてきます。まあ、例年通りの動きになるか。今週は、観察、観察…です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ