FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
08 | 2019/09 | 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



本日の日本株は、米株先物安はあったものの、中国株の上げを好感したほか、半導体関連買いに広がりが出てきたことを受け、小幅に反発して終了。
 用事があって町まで出ていました。久しぶりに大勢の人のところ出たせいか、人酔いした感じもあります。急いで書きます。

 本日の日本株は底堅い動きを見せました。朝方は米中通商協議担当の高官が9月協議の日程で合意ができずにいる…と情報紙が伝えた影響で時間外の米株先物が急落していたことから、大幅に下げて始まるとみられていましたが、小幅に売りが先行し、日経平均は39円安と比較的落ち着いた始まりになりました。TOPIXコア型銘柄が買われたほか、半導体関連も堅調。朝方からアドバンテストが高値を更新するなど新たな流れに即応する動きも出ていました。ただ、リード役になってきたアドバンテストが高値を更新した後、マイナスに転じると半導体関連人気は素材など小型株に移っていたようです。前日に続き、指数はこの日も頭の重い動きが続き、2万0600円付近で戻り売りにあたまを押さえられ、伸び悩んで終わっています。日経平均、TOPIXとも小反発したものの、日経平均の終日値幅は79円と今日も狭いレンジの動きに…。

 日経平均終値は4円97銭高(0.02%)の2万0625円16銭、TOPIX終値は、5.58ポイント高(0.37%)の 1510.79ポイント。NT倍率は、13.70倍→13.65倍に低下。指数の底堅さを見て個人の短期筋が小型株や新興市場に資金を移し短期的な値幅撮りに動いていることや、TOPIXコア型への買いを受けTOPIXの上げが日経平均をリードしてきたようです。出来高は 3842万株増の8億4123万株、売買代金は575億円増の1兆3874億円と、ともに小幅増になったものの、依然、薄商い。騰落状況は、値上がり1485、値下がり 561と買いが優勢。
 日経平均とTOPIXサイコロは、ともに8勝4敗で変わらず。日経平均RSIは54%→49%(TOPIXは、57%→54%)に、それぞれ低下。 日経平均25日線かい離率は、-0.61%→-0.4%にややかい離が縮小しましたが、NT倍率の動きが示すようにTOPIX優位の展開から25日線かい離率は+0.24%と、日経平均に先駆けて25日線を回復してきました。騰落レシオは81%→ 85%に拡大。指数は頭打ち感が出ているものの、指数の底堅さを見て小型株や新興市場株を短期筋が買う動きが始まってきたようです。指数の安定を条件に、小型もののかさ上げ的な動きが出るかもしれません。

 ただ、9月中の米中協議開催に暗雲が生じていることから、米株先物は210ドル超え下落。リスク回避の動きから米債券先物も買われ10年債金利は1.5%を割込み、1.4%台に低下。円は一時、106円割れます買い上げられています。今日はTOPIXが最近のレンジの高値を更新。TOPIXリードでレンジ抜けを達成すると思いましたが、早速、米株先物下落の試練を受けることになります。結局、レンジ相場が続くことになるか…今晩の米国市場で復帰してきた中長期投資家がどんな行動をしてくるかが焦点に…。
 今日もトリケミカル研究所は6200円まで上昇。先週紹介したレポート候補銘柄の東京応化工業が200円超え上昇。いずれも順調に値を伸ばしています。他の、好業績小型株も待ち伏せが成功したようです。まあ、アルゴ売買ができない身としては洞察力を生かして先回りするしかありません、。この欄でも、6月鉱工業生産の発表以来何度も書いてきた電子部品・デバイス関連はやはり一相場出てきました。まあ、みんなが提灯をつけ始めたので一旦は引き始めましたが、需給の好転の次に来るのは市況の好転、業績に反映されて買うようでは、おいしいところはみんな持っていかれています。まあ、とにかく明日は米国市場の動き次第…。無事に始まってほしいですね。
※レポート購読会員を募集しております。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



昨日の米国株は「レーバーデー」で休場。欧州市場はユーロ安や中国の景気てこ入れ策を好感し全面高。
 おはようございます。 週明けの米国市場は「レーバーデー」で休場。米国は休み明けの3日から、学校は新学期を迎えるほか、投資の世界でも、年後半の運用へ向けてのスタートダッシュの時となります。企業のIPO(新規公開)などファイナンスラッシュが始まり、活性化してきますが、今年は米中貿易摩擦のエスカレート、合意なきEUからの離脱を目指すジョンソン政権が成立するなど、不透明要因が多く、夏休み明けで市場に復帰した投資家が例年通りの動きができるかは不明。また、中国は10月に建国70周年のアニバーサリーイヤーを迎えるほか、トランプ大統領も再選へ向けてのキャンペーンが始まるなど、「政治の季節」を迎えることも不透明感が持続する流れに…。中国共産党、米共和、民主両党ともに、交渉にあたり政権の弱腰な姿勢に批判的。米大統領選の決着がつくまで、長引くかもしれません。ただ、経済は両国の思惑を別に動いており、景気後退に陥り株価の下落などで国民の懐が寒くなってくれば、お互いの強気の姿勢を維持できなくなってくる可能性も…。まあ、今晩から市場に復帰してくる大手運用機関のマネージャーらが、どういう投資スタンスで臨んでくるか…。今は、この見極めが重要。

 2日の米市場動向(先物含め判明分)
 ニューヨークダウ     2万6177ドル    -229ドル      NASDAQ100     7635.0ポイント   -54.75ポイント
 S&P500           2898.75ポイント  -26ポイント    CME日経平均先物  2万0575円     -15円
 10年物国債金利     1.5002%       横ばい       ニューヨーク原油   54.77ドル      -0.33ドル
 GOLD            1538.30ドル    +8.90ドル      ドルインデックス   99.03         +0.11
 

 週明けの米国市場は休場。米中が相互に関税を引き上げた影響が懸念されたものの、欧州市場は中国の景気てこ入れ策を好感。合意なき離脱への反対論に対し総選挙で応ずるとしたジョンソン英首相の方針を懸念しポンドが下落。ユーロも売られたことから通貨安でメリットを受ける輸出企業が上昇。米中摩擦の不透明感を受け公益株も買われ堅調に推移。英FTSE100 が1%超え上昇するなど、欧州主要市場は全面高でした。
 米株先物も底堅く推移していましたが、米中の政府高官が、9月通商協議の日程を巡り合意できないでいるとの報道(ブルームバーグ)があると、急速に下げ幅を拡大していました。

 米株先物は、主要3指数そろって下落したものの、CME日経平均先物は、大証先物終値を15円下回る2万0575円で帰ってきました。円は、ユーロが売られたものの対ドルは106円20銭台と前週末水準で横ばい。対ユーロは116円50銭台に上昇。本日の日本株は、前日に続き、膠着感を強めた展開になりそう。引き続き、米株、米債券先物市場睨みの展開になりそうですが、重要な米景気指標の発表を控え、投機筋も仕掛けづらく指数はレンジ内の動きを維持か…。引き続き、実需をともなう5G関連、需給に改善から先行きの市況好転を織り込み始めた電子部品・デバイス業界の動きに期待…。  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ