FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
08 | 2019/09 | 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



本日の日本株は米中通商協議の進展期待から買われたものの、ECB理事会やメジャーSQ控えから上値を買う動きは無く、続伸したものの高値膠着の動きに…。
日経平均株価は先週3日から8連騰。海外主力投資家が夏休み明けで市場に復帰して以来、日本株は様変わりの状態になってきました。9月に入れば米債券市場で金利が上昇に転換。これを受け為替が円安気味に推移し、海外投資家の日本株に対す見方が変化する…とレポートで予想してきましたが、やはり、想定通りの動きになってきました。今日発表された投資主体別売買動向で、海外投資家の現物は1284億円の買い越し。先物は3422億円の買い越し。一方、個人投資家は現物だけで2273億円の売り越し。先週は2万1000円大台が変わったところですから、個人投資は律義に大台を上値とするレンジ相場が続いている…とみたようです。ただ、債券市場の動きが変化するとともに、リターンリバーサルで米株式が買われたことや、円安が進んだことで日本b株を売り込んできた投機筋が売り仕掛け(先物売り・円買い)を解消してきたようです。以前から、円安になると投機筋が先物買い戻しに動いてくる…としましたが、米債券の動きは投機筋のポジションまで影響を与えたようです。

 今日は、7月25日の戻り高値(2万1823円)を抜いたことを評価していたようですが、トレンドが変わるためには、4月高値(2万2362円)抜けの方が大事です。せっかくいい相場になってきたのに、水をかけるようで悪いですが、レポートでは、アベノミクス以来の上昇トレンドは維持されているものの、今の相場は2018年末の月足長大陰線内の動きであり、依然、下向き圧力を受けていることは変わりません。2016年にも2月の月足長大陰線内に8か月閉じ込められましたが、9カ月目に陰線を脱出。その後上げ足を速めています。同様に、現在は9カ月目に入っており、昨年末のVIXショックの呪縛から抜け出せるかどうかの正念場に入っています。まあ、レポートでは、アベノミクス相場スタート以来の、ゾーンAの上限を目指す動き…と、強気を維持してきましたが…。まあ、最近の主力株の動きを見ると小刻みに連続して上げるような動きをしていますが、海外の中長期投資家がポートフォリオを作る時に一定の金額に達するまで連続して買うやり方に似ています。しばらくはバリュー株買いが続くかもしれません。9月の潮目の変化に備え、レポートで継続注目してきた日立製作所は7月高値に接近してきました。NTT、東京海上も堅調。

 今日の日本株は、昨日の米国株がバリュー株やアップル、マイクロンテクノロジー高にリードされ、上昇した流れを受け、買いが先行。朝方、トランプ大統領が中国が抗がん剤など16品目を制裁関税から外したお礼ではないですが、2500憶ドル分の追加関税を25%→30%に引き上げることを、10月15日まで2週間延期する…と発表。米中協議前進への材料と前向きにとらえられ買いが先行。米株先物、中国株とも上昇して推移したことも強気の買いを支え、日経平均は終日高値圏での推移となりました。ただ、今晩ECB理事会を控えていることや、明日のメジャーSQへの対応を終えたことから、相場は膠着感を強め、終日のレンジは2万1743円~2万1825円とわずか82円の値幅にとどまりました。

 日経平均終値は161円85銭高(0.75%)の2万1759円61銭と8連騰。TOPIX終値は、11.44ポイント高(0.72%)の1595.10ポイントと、6連騰。NT倍率は、13.64倍で横ばい。一時、13.63倍に低下し、トヨタが下落する場面がありましたが、NTロング(日経平均先物買い・TOPIX売り)の仕掛けをしたところがあったのかも知れません。ただ、実需筋が買ってきており、売り分は吸収されたようです。出来高は、1億株減の15億8230万株、売買代金は 330億円増の2兆7701憶円。騰落状況は、値上がり1247、値下がり810と買いが優勢。
 日経平均サイコロは10勝2敗(81%)、TOPIXは9勝3敗(75%)と、ともに警戒ゾーンの75%に達しています。日経平均RSIは、73%→74%(TOPIXは77%→78%)に、それぞれ上昇。明日は、先月26日に日経平均が約450円安した分が落ちますのでRSIは急伸。警戒ゾーンの80%を超えてくる可能性があります。25日線かい離率は、日経平均が+4.8%、TOPIXは+5.4%と、ともに反落懸念があるゾーンに拡大。騰落レシオは、117%→119%に上昇。日経平均三本新値は陽線6本目(陰転値は2万1318円42銭)。まあ、テク二カル的には一番おいしいところかもしれませんが、今日、一応戻しの急所を上回ったことでもあり、短期筋は売りで向かってくるかもしれません。

 とにかく、日本株は米債券の動き次第…。今のところは、やや値上がり(金利は低下)しているようです。まあ、今日は、NTT、東海上を始め、イビデン、トリケミカル研究所など、最近のレポートで取り上げた8銘柄が年初来高値を更新。日立なども堅調に推移しています。主力株は待ち伏せ的に注目しましたが、正解でした。まずは、すべての流れを映す米債券の動きに注目。
 ※レポート購読会員を募集しております。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



昨日の米国株は、米中通商協議の進展期待に加え、好材料が出たボーイングやアップル高が指数の上げを支え、NYダウは6日続伸して終了。
 おはようございます。

 11日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        22万7137ドル04セント     +227ドル612セント(0.85%)
 NASDAQ総合指数       8169.68ポイント         +85.92ポイント(1.06%)
 S&P500              3000.93ポイント         +21.54ポイント(0.72%)
 CME日経平均先物       2万1665円            +105円
 10年物国債金利        1.745%              +0.011%
 ニューヨーク原油        55.75ドル             -1.65ドル
 GOLD               1505.10ドル           +5.90ドル
 ドルインデックス         98.63               +0.31


 昨日の米国株は、このところの連騰から利益確定を優先する動きがあり、小幅に売りが先行。ニューヨークダウは寄り後に24ドル下げるなど軟調な始まりになりました。ただ、前日、アイホン新製品や動画配信サービスを発表していたアップルが買われたほか、ボーイングの経営トップが第4四半期(10~12月)中の737MAXの運航再開の可能性を示唆したことも好感され、次第に上げ幅を拡大する展開に…。半導体製造のマイクロンテクノロジーの投資判断が引き上げられ買われるとハイテク株全般に買いが波及。引けにかけ上げ幅を拡大。中国が追加関税リストから16品目を除外したことも、通商協議への前向きの姿勢と捉えられたことも投資家の先高期待を強めました。結局、ニューヨークダウは6日続伸。前日に続きこの日の高値で取引を終えました。NASDAQ総合指数は反発。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり2100、値下がり828(NASDAQ市場は、2342-793)と、ともに買いが優勢。VIX指数は、0.59ポイント下げ14.61ポイントに低下。

 NYダウ採用30種は、値上がり21、値下がり9。737MAXの運航再開期待が高まったボーイングが3.64%上昇。単独で指数を91ドル分押し上げ。新サービスへの期待が高まったアップルが3.18%上昇。単独で指数を47ドル分押し上げ。キャタピラーが.2.15%、ウォルグリーンが2.07%、それぞれ上昇するなど11銘柄が1%超え上昇。指数の押し上げに寄与。一方、IBMが1.00%、VISAが0.78%、それぞれ下落したものの、他の下げは限定的。
 主力3指数とも上昇。ともに7月高値へ向け順調な戻り足をたどっています。ただ、NYダウの日足サイコロが10勝2敗、S&P500が9勝3敗と、警戒ゾーンに入る中、まだ、6勝6敗にとどまっているNASDAQ総合指数を見直す動きも出ています。ただ、中期の週足で見ると、NYダウのサイコロジカルラインは6勝6敗と過熱感はなく、押し目買い基調は不変。当面、8月第1週の週足長大陰線抜けがポイントに…。フィラデルフィア半導体株指数は1606.19ポイントに上昇。過去最高値の1625.11ポイントに接近。短期的にはグロース株志向も強まるか…。

 主要3指数はそろって上昇。円は、金利上昇やリスク回避姿勢の後退を受け、対ドルは107円80銭台に下落。対ユーロは118円70銭台で横ばい。CME日経平均先物は、大証先物終値を105円上回る2万1665円で帰ってきました。レンジは、2万1445円~2万1675円。本日の日本株は、CME高を受け堅調に推移しそう。短期指標に過熱感が見られるものの、米市場と同様、中期指標に過熱感はなく、押し目買い基調は不変。昨晩も書いたように、NT倍率がゾーンの下限に近付いており、物色対象の変化に注目したい。この日は、アップルやマイクロンテクノリジー高を受け、米国でハイテク株が買われたほか、SOX指数が史上最高値に接近しており、半導体関連も…。ヤフーのZOZO買収話が浮上しており、今日の主役になりそう。今日も裁定売り残の解消が指数押し上げに寄与するか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ