FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2019/10 | 11
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



本日の日本株は、手掛かり材料難の中、円の上昇を受けた内需関連株買や日銀ETF買いを思惑。反落したもののゲラk幅は縮小。
 引っ越しの件で、バタバタしています。引っ越しといっても現在の場所から2キロも離れていない場所で生活圏自体は変化ありませんが、好きな法隆寺が近くになりますので散歩が楽しみです。明日からネットや引っ越しの業者が連日きますので、対応に追われそうです。

 さて、本日の日本株は、昨晩の米ISM非製造業景況指数ショックを受け、売りが先行。日経平均は141円安と反落してスタートしました。景気の先行きへの懸念から株式から債券への乗り換えがあり、長期金利が低下。為替が円高に振れたことで昨日買われた電機や機械など設備投資関連が売られ、寄り後にこの日の安値2万1725円(前日比160円安)をつけていました。ただ、米株先物が堅調に推移していたことから新たに売り込むような動きは無く、2万1700円をはさみ膠着した展開が続きました。後場にかけては日銀ETF買いへの思惑もあり、朝方、CME日経平均先物にさや寄せする思惑で先物を売った投資家が買い戻しを入れたことや内需系銘柄に買いが入り、次第に下落幅を縮小。引け近くには、この日の高値2万1795円(同90円安)をつける場面もありました。ただ、米中通商協議を来週に控えているほか、今晩のADP全米雇用報告、明日のISM非製造業景況指数、週末の雇用統計と、重要な景気指標の発表を控え長期のポジションを取れない投資家も多く、日経平均の終日値幅は70円と狭いレンジの動きになりました。

 日経平均終値は、106円53銭(0.49%)安の2万1778円61銭、TOPIX終値は6.71ポイント安(0.42%)の1596.29ポイント。NT倍率は13.65倍→13.64倍に低下。円高を受け内需系が強くTOPIX優位の展開。出来高は600万株増の11億7164万株、売買代金は898億円増の2兆0872億円。市場への新規資金の流入は無く、短期資金が波乗り相場をしている形か…?騰落状況は、値上がり1057、値下がり」1007と、わずかに買いが上回った格好。
 日経平均、TOPIXサイコロは、ともに7勝5敗に低下。日経平均RSIは70%→63%(TOPIXは、67%→63%)に、それぞれ低下。日経平均25日線かい離率は、+2.38%→+1.61%に乖離が縮小。騰落レシオは131%→141%に上昇。指数のテク二かル指標の調整が遅れているものの、下値が堅いことから出遅れ株のかさ上げ的な動きが強まり、物色範囲が拡大している格好。指数の底堅さが、かさ上げ的な銘柄物色を強めているようです。140%という数字は、ちょっと行き過ぎの気がしないでも…。

 まあ、レポートで書いた下値ゾーンで動いているようですが、投資家の間ではなんだか売りづらいムードが漂っているような感じがします。ただ、昨日のISM非製造業景況指数が、金融危機後のレベルまで落ち込んだことで、忘れていた景気への警戒感も出てきた感じです。日米とも、一時は、戻り高値に接近しましたが、運用下半期や最終四半期に入ると、まず利益を確定する動きが先行します。今日の米国の動きは多分それでしょう。これまでの発表されてきた他の景気指標を受け、今回のISM製造業景況指数が悪いものになることは予想できたはずですね。

 それよりも、気になるのは10月中旬にかけての動き…。例年この時期になると11月月末のヘッジファンド決算を意識。解約45日前ルールから、解約に備えた現金化の動きが話題になってきます。今年度の運用では、うまくいったところと、波に乗れなかったところの運用格差が大きいようで、運用成果の悪いところは解約増の憂き目を見ることになりそう。ドル建て、ユーロ建てで日経平均を見てみると、いずれも今年の最高値圏にあり、益出しの対象にされやすい位置にあることには注意しておいた方がよさそう。市場に漂う楽観的なムードが嫌な感じです。まあ、今の市場は新規資金の流入が少ないことから、上がった株は次の日には売られ、新しい銘柄に乗り換えられていきます。ここでは、売られた好業績株の方に的を絞って押し目買いし、次の出番を待つ方がリスクが少ない気がしますが…。今のところ、米10年債先物は買われ金利は低下しているようです。これが上昇してこないと、日米とも本格的なお戻りに入れない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



昨日の米国株は、ISM製造業景況指数が2009年6月来の水準に低下したことや大統領を巡るスキャンダルの広がりを嫌気した売りに、反落して終了。
 おはようございます。

 1日の米国市場動向
 ニューヨークダウ       2万6573ドル04セント     -343ドル79セント(1.28%)
 NASDAQ総合指数      7908.68ポイント        -90.65ポイント(1.13%)
 S&P500             2940.25ポイント        -36.49ポイント(1.23%)
 CME日経平均先物      2万1680円           -290円
 10年物国債金利       1.638%             -0.029%
 ニューヨーク原油       53.62ドル            -0.45ドル
 GOLD              1485.20ドル          +12.30ドル
 ドルインデックス        99.16              -0.22 
 

 昨日の米国株は、米中通商協議への期待感に加え、前日上昇した流れを引き継ぎ、買いが先行。ニューヨークダウは、46ドル上昇してスタート。前日目標株価の引き上げがあったアップルが買われたこともあり、寄り後にこの日の高値2万7046ドル(前日比130ドル高)をつけていました。ただ、注目のISM製造業景況指数が発表され2009年6月来の水準に落ち込んだことがわかると、景気の先行きへの懸念が台頭。益出しや安全資産の債券に乗り換える動きが増加。景気敏感株や金利低下を嫌気した金融株などが売られ、下落幅を拡大。引け近くにはこの日の安値2万6562ドル(同354ドル安)をつける場面も…。週内にISM非製造業景況指数や雇用統計の発表を控えているほか、ウクライナスキャンダルに広がりが出始めたことも嫌気され、買いう買う動きが後退。主力3指数とも反落。この日の安値圏で取引を終えています。

 ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり761、値下がり2195(NASDAQ市場は、732-2396)と、ともに売りが優勢。VIX指数は2.32ポイント上げ18.56ポイントと約1カ月前の水準に上昇。やや警戒的な気分が強まっています。NYダウ採用30種は、値上がり4、値下がり26。VISAが1.33%上昇。アップルが0.28%上昇と健闘したものの、景気の先行き懸念からスリーエムが3.66%下落。谷戸で指数を41ドル分押し下げました。同じく、ダウが3.53%、キャタピラーが3.12%、それぞれ下落。金利低下を嫌気しGSが2.19%、JPモルガンが1.82%、それぞれ下落。2社で指数を46ドル分押し下げへ。10銘柄が2%超え下落し、指数の足を引っ張りました。
 主力3指数とも反落。NYダウは25日線や50日線75日線などが集まるゾーンが下値支持の役割を果たしてきましたが、この日の下げで25日線や50日線を切り、100日線や150日線など新たな下値支持線を試す動きに入ってきました。8月に1か月にわたるレンジ相場を形成しており、レンジ上限が下値めどとして意識されてきそう。

 米国株は反落。円はリスク回避の動きや米金利低下から買われ、対ドルは107円70銭台に上昇。対ユーロは117円70銭台と横ばい。CME日経平均先物は大証先物終値を290円下回る2万1680円で帰ってきました。レンジは、2万1655円~2万2020円。本日の日本株は、CME終値にサヤ寄せして安寄りした後は、米株先物や債券先物市場睨みの神経質な展開になりそう。引き続き、中間決算で増額修正が期待できそうな銘柄の逆張り買い方針を持続したい。当面の動きはレポートで予想したレンジ上限を鋏んだもみ合いの動き。
米景気への警戒感が高まりそうですが、昨日発表のISM製造業景況指数を項目別にみると新規受注は前月並み水準を維持。一方、生産が49.5→47.3、輸出が43.3→41.0に落ち込んだのが目立ちました。これに関しては、737MAXの製造や輸出が止まっているボーイングの影響が強いといわれ、特殊な要因が絡んでいる可能性があります。また、輸入が46.7→48.1に拡大。米経済は内需中心に堅調に推移している可能性もあります。昨日は、運用最終四半期のスタートになりますが、不透明材料が増加したことから、まず益出しで利益を確保したことが、下落幅の拡大につながった側面もありそう。明日のISM非製造業景況指数の内容が注目されます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ