FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2019/10 | 11
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



本日の日本株は、再開されたち中国市場が上昇したことや、米金利上昇を受けた円安、米株先物高などが追い風となり、外需株などの買い戻しが増加。日経平均、TOPIXとも反発して終了。
 今日から中国上海市場の売買が再開されました。とりあえず反発して終わったものの、米中通商協議に加え、新たに8社がウイグル自治区の人民圧迫を手助けしたとの理由で米ブラックリストに掲載されたことなどを受け、頭の重い展開でした。中国政府は報復を示唆しており、米中協議への影響が懸念されます。まあ、協議で合意を引き出すための圧力だと思われますが、中国は脅されて相手に屈するような国でないことは、これまでの交渉で分かっているはずです。何故このタイミングでやるのかわかりません。交渉をまとめる気はないのでしょうか。まあ、今週末には結果はわかることですが、中国側は再選に焦るトランプ大統領の足元を見ており、果たして市場が満足するような合意が出てくるかどうか…。構造改革問題など重要事項は継続協議にして、時間稼ぎに持ち込まれそうな気がしますがl…。

 今日の日本株は、昨日の米金利上昇を受け円相場が107円台に下落したことを好感。朝方は、CME日経平均先物終値(2万1485円)にさや寄せする先物買いから日経平均は119円高の2万1494円と、CME終値と同水準で始まってきました。この日から再開された中国本土市場が高く始まったことや、米株先物が堅調に推移。米債券先物市場で金利が上昇し、円安が進んだことも好感。外需株に買い戻しの動きが入ったほか、韓国サムソン電子の決算が予想を上回ったこと、半導体市況に回復の兆しが見られたこともあり半導体株も上昇。引け近くにはこの日の高値2万1629円(前日比254円高)をつける場面も…。結局、日経平均、TOPIXとも反発して終了。

 日経平均終値は、212円53銭高(0.99%)の2万1587円78銭、TOPIX終値は、13.75ポイント高(0.87%)の1586.50ポイント。NT倍率は、13.59倍→13.61倍に上昇。4月来のレンジ下限付近で変化。日経平均優位の動きになるか…。出来高は1.92億株増の11億1328万株、売買代金は任天堂やユニクロなど値嵩株が買われたこともあり3853億円増の1兆9104億円。騰落状況は、値上がり1711、値下がり372と、買いが優勢。
 日経平均とTOPOXサイコロは、ともに6勝6敗で変わらず。日経平均RSIは、27%→36%(TOPIXは35%→39%)に、ともに上昇。底打ちを意識した動きになりました。25日線かい離率は、日経平均が+0.036%、TOPIIXが+0.40%と、ともに25日線上を回復してきました。25日線の上昇が続いているうちに、一気に上げておきたいところですが…。騰落レシオは131%→129%に低下。やや物色範囲が広がりすぎ、対象を絞りこむような動きになるか…。

 日経平均は、13週、26週、52週という中期移動平均線が集まるゾーンで下げ止まる動きを見せています。また、先週の下げで週一目均衡表の雲内に入ってしまいました。海外情勢次第ではありますが、当面は、この雲内でもみあいレンジを形成する動きになるか…。景況感が悪化しており、補正予算の編成が急がれますが、新たに関電問題や憲法改正審議に関する大島衆院議長発言などの問題が浮上。野党が騒ぎ出していることから、編成が遅れる懸念も出てきました。このところの底堅い動きの背景に大型補正への思惑があり、早急に打ち出してもらいたいところ。

 米中通商協議の行方は予断を許しませんが、今日は、欧州でジョンソン英首相が提案したEU離脱案に、EU側が難色を示している…と伝わり、ポンドが下落。また、米中通商協議次官級会合で米国に滞在している代表団が滞在を短縮するとの報が伝わり、一時上昇していた米金利も、債券が買われ金利は低下。円相場が106円台に押し戻されるとともに米株先物も174ドル安と下落に転じています。CME日経平均も下げ幅を拡大しています。やはり、新たに8社をブラックリストに追加。ウイグル問題など内政に干渉したことへの報復をしてきたのでしょうか。今回の相場自体は強いとみていますが、今の相場はどこから悪材料が飛び出してくるかわからない不透明感があり、ちょんまげつかみはしないなど自分なりのリスク管理をしておいた方がよさそうですね。今日のローツェは3000円大台を超えていましたが、決算前に修正発表が出ていませんので、一旦利確することを考えてもいいかもしれませんね。それにしても、何でこのタイミングで8社もエンティティリスト入りさせるかな~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



週明けの米国カ株は、米中通商協議に関する好悪ニュースが飛び交い、乱高下する中、引けにかけ売られ主力3指数とも3日ぶりに反落して終了。
 おはようございます。
 
 7日の米国市場動向
 ニューヨークダウ       2万6478ドル02セント     -95ドル70セント(0.36%)
 NASDAQ総合指数      7956.29ポイント        -26.18ポイント(0.33%)
 S&P500             2938.79ポイント        -13.22ポイント(0.45%)
 CME日経平均先物      2万1485円           +105円
 10年物国債金利       1.563%             +0.33%
 ニューヨーク原油       52.75ドル            -0.06ドル
 GOLD              1498.80ドル          -14.10ドル
 ドルインデックス        98.98              +0.17 
  

 週明けの米国株は、米中通商協議に関するニュースに振り回される展開となり、主力3指数とも小幅に反落して終了。朝方は、中国の劉鶴副首相が「産業改革や国有企業への補助金削減など構造改革問題は提案しない」と述べたことが嫌気され、売りが先行。ニューヨークダウは71ドル安と反落してスタートしました。寄り後にこの日の安値2万6424ドル(前週末比149ドル安)をつける場面もありました。ただ、同副首相が「農産物とエネルギー輸入に集中する…」と述べたことで部分合意への期待感が高まったことや、この日から始まった次官級会合で来年の協議へ向けての工程表を作成する計画があると伝わったことも好感され、次第に下落幅を縮小し昼頃にはプラス圏に浮上。FOXニュースが「中国商務省が部分的合意に前向き」と伝えると、上げ幅を拡大。午後の取引半ばにこの日の高値2万6655ドル(同82ドル高)をつけていました。しかし、トランプ大統領が部分的な合意に不満な姿勢を示すと、警戒的な売りが出て引けにかけ急速に上げ幅を縮小。主力3指数そろって反落していました。
 
 ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1093、値下がり1821(NASDAQ市場は、1314-1802)と、ともに売りが優勢。VIX指数は18.52ポイントまで上げた後、0.82ポイント高の17.86ポイントと中立ゾーンで終了。NYダウ採用30種は、値上がり8、値下がり22。ベライゾンが0.58%、ユナイテッドヘルスが0.66%、シスコシステムズが0.53%、それぞれ上昇するなどディフェンシブ系が堅調。一方、スリーエムが1.48%下落。単独で指数を15ドル分押し下げ。原油安を受けエクソンが1.38%、トラベラーズが1.25%、IBMが1.2%、それぞれ下落。5銘柄が1%超え下落し指数の足を引っ張りました。キャタピラーが0.65%、マイクロソフトが0.72%、それぞれ下落するなど、景気敏感株の弱さも目立ちました。
 
 主力3指数とも3日ぶりに反落。ともに200日線を支えに反発したものの、下落に転じた25日線や50日線に頭を押さえられ伸び悩んだ格好。当面、200日線と50日線で挟まれたゾーンでもみ合いながら、米中協議の結果や来週から始まる決算発表を見守る転展開になりそう。今のところ、第3四半期は3%減益予想と厳しい数字が出ていますが、弱気のコンセンサスを上回る数字を出してこれるかどうかがポイントになりそう。NYダウとS&P500は日足一目均衡表の雲上に出ているものの、NASDAQ総合指数は雲抜けを果たせずに終わっています。バリュー株が多いニューヨーク市場では52週来高値更新銘柄数が安値更新銘柄数を上回る状態が続いているものの、NASDAQ市場では、このところ安値更新銘柄数が上回っている状態。バリュー株志向が強まるか。

 米国株は反落。円は、米債券市場でイベント前のポジション調整売りがあり金利が上昇したことを受け、対ドルは107円20銭台、対ユーロは117円60銭台に、それぞれ下落。CME日経平均先物は大証先物終値を105円上回る2万1485円で帰ってきました。レンジは、2万1290円~2万1600円。本日の日本株は、CME日経平均先物にサヤ寄せして高く始まった後は、今日から再開される中国本土市場や米株先物、米債先物市場睨みの神経質な展開になりそう。依然、CTAにつながる欧州系証券の日経平均先物に偏った売りが続いており、週末のオプションSQや米中通商協議をにらんだイベントドリブン筋の動きが懸念されます。引き続き、前週から続く品薄株など、短期筋が仕掛けるかさ上げ的な動きが続きそう。指数は、仕掛け的な動きに警戒。そろそろ、大型補正をにらんだ動きも始まりそう。  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ