FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2019/10 | 11
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



本日の日本株は、米株安に引きずられ安寄りし、反落して終わったものの、中国株の続伸、米中協議への期待感を背景に底堅い動き…。
 そんなに離れていない場所に転居するだけなのに、毎日、時間に追われるように飛び回っています。今日は朝から使わなくなった大型のプリンターや家電製品などを粗大ごみ収集の場所に運んだほか、銀行にも出かけ、その後は、食料品の買い出しと肉体労働が続いています。
 まあ、相場の方は米中通商協議の結果次第の展開で、じたばたしても仕方がありませんが、協議が始まる寸前になって、米国は、中国が最も嫌がる人権問題を持ち出して対決色を強めています。今までの中国なら交渉の席を立って引き上げるところですが、これ以上関税を引き上げられては国内的な影響も大きいので、協議には応じるようです。投資家はこれだけ攻められたら、合意に至ることはないだろうと、半分投げやりな姿勢でしたが、先ほどから円が下落し、米株先物は200ドルを超える上げになっています。どこかが「中国は米国がさらなる関税を発動しないことを条件に部分的な合意を受け入れる」と報じたことを好感したようです。大統領は部分的な合意は受け入れられないとしており、また、逆ねじを食らわせるようなことが出てくるかもしれません。まだまだ、流動的。朝方は、トランプ大統領が米軍をシリアから撤退させるといったことを、他の政権幹部が否定して回るという事態も起きおており、静観は一枚岩になっていないことがうかがえます。

 今日の日本株は、米中摩擦に関するニュースを受けて、米国株が大幅安した流れを引き継ぎ、売り先行でスタート。リスク回避で円が上昇したことや米市場でSOX(フィラデルフィア半導体株指数)が急落したことを受け、先物売りや外需株売りが重なり日経平均は228円安の2万1359円と反落してスタートしました。ただ、半導体関連が売られる一方、円高を受け電力・ガス、食料品、水産など内需系に買い物が入り、底堅い動きが継続。中国株が続伸して始まったことや、日銀ETF買いへの期待感から、前引けにかけ下げ幅を縮小する動きに。後場に入るとしばらくは小動きの展開が続きましたが、引けにかかけ先物買い戻しも入り引け近くにはこの日の高値2万1467円(前日比120えんやす)をつける場面も…。結局、日経平均、TOPIXとも反落したものの、ともにこの帆の高値圏で取引を終えています。

 日経平均終値は、131円40銭安(0.61%)の2万1456円38銭、TOPIX終値は4.80ポイント安(0.30%)の1581.70ポイント。NT倍率は、TOPIX型銘柄が買われたこともあり、13.61倍→13.57倍に低下。レンジ下限に近付いてきました。出来高は、6804万株減の10億4524万株、売買代金は1069億円減の1兆8035億円と薄商いが持続。指数が底堅い状態が続くとともに、次第にかさ上げ的な動きが強まり、騰落状況は、値上がり1070、値下がり982と買いが優勢でした。
 日経平均とTOPIXサイコロは、ともに5勝7敗(41%)に低下。日経平均RSIは、36%→34%に低下。TOPIXは39%→40%に上昇。TOPIX型銘柄の強さが目立ちます。日経平均25日線かい離率は、-0.27%と25日線を鋏んだ膠着した動き。騰落レシオは129%→135%に上昇。指数の動きと物色の強さのかい離が目立ちます。

 日経平均は、75日線、150日線、200日線などが集まるゾーンで膠着した動きになっています。TOPIX型銘柄の堅調にみられるように品薄株を中心に短期筋が出遅れ株を買う循環的な動きが強まっています。重要イベントを控え主力投資家が動けないことからあだ花的な動きの様に見えます。すべて明日から始まる米中通通商協議の結果次第の展開ですが、このところ、日本株の底堅さが目立っています。消費税引き上げのマイナス影響を避けるために、大型j補正を組む計画があり、この期待感が下値を支えているところもありそうです。国土強靭化計画、5Gなどテーマ性のあるものの中で業績を伴っているものを注目したい。市場の関心が高いせいもありますが、ニュース配信各社のスクープ合戦の様相を呈しており、しばらくは、振り回されることになりそう。新値を取り一服中の銘柄の押し目買い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



昨日の米国株は、FRBの緩和的な姿勢を好感する場面があったものの、民族弾圧に対応したビザ発給制限や対中資本規制の動きなど対立のエスカレートを懸念。リスク回避の動きから続落して終了。
 おはようございます。 昨晩の書き込みで、中国のイスラム系少数民族圧迫に対し、米国が協力企業と判断した監視カメラメーカーなど8社、20団体を米企業との取引を制限するエンティティリストに掲載したことを受け、中国は内政干渉と批判。米中協議の代表団の米滞在期間を短縮することを示唆。協議の先行きが怪しくなってきました。追い打ちをかけるように、少数民族圧迫に関わったとされる複数の政府高官や共産党員に対しビザ発給を制限する方針を示唆。何らかの合意を期待していた市場は、リスク回避に動き、株価は下落しています。また、ブルームバーグが「政府は、公的年金基金などを通しての中国市場への投資に規制を検討している」と、前日報道したのと同様な対中資本規制に関する記事を配信。10日からの米中通商協議閣僚級会合の再開を前に、両国のさや当てが強まっています。市場は、まだ何らかの合意を期待しているようですが、トランプ大統領の弾劾気運が高まって以来、北朝鮮や中国の態度が豹変しています。中国は持久戦に持ち込むかもしれません。 

 8日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        2万6164ドル04セント      -313ドル98セント(1.19%)
 NASDAQ総合指数       7823.77ポイント         -132.51ポイント(1.67%)
 S&P500              2893.06ポイント         -45.73ポイント(1.56%)
 CME日経平均先物       2万1335円            -285円
 10年物国債金利        1.533%              -0.030%
 ニューヨーク原油        52.63ドル             -0.12ドル
 GOLD               1510.9ドル            +6.50ドル
 ドルインデックス         99.12               +0.16 


 昨日の米国株は、米中摩擦に関する一連の動きを受け、リスク回避の売りが先行。米中間の対立がエスカレートしたことで欧州市場が全面安になったこともあり、ニューヨークダウは202ドル安と大幅続落してスタートしました。中国関連株が売られたほか債券への資金移動で金利が低下したことを嫌気。金融株が売られたこともあり、終日、マイナス圏で推移。下値を模索する動きが強まりました。この日コロラド州で行われた講演で、パウエルFRB議長がバランシートの拡大に言及。景気の維持に前向きな姿勢を示したことも好感され買い戻しが増加。午後の取引半ばには57ドル安(この日の高値2万6421ドル)まで下落幅を縮める場面がありましたが、IMF専務理事が世界経済成長率見通しを下方修正する方針を示したことや、ブルームバーグの対中資本規制報道を嫌気。引けにかけて売られ、引け近くにはこの日の安値2万6139ドル(前日比339ドル安)をつけていました。イベント接近で買い向かう投資家も少なく、主力3指数とも続落して終了。

 ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり737、値下がり2204(NASDAQ市場は、709-2414)と、ともに売りが優勢。NYダウ採用30種は、値上がり1(ウォルマート +0.3%)、値下がり29。対中協議の決裂懸念から、ダウが2.92%安と最大の下落率。金利低下を嫌気しJPモルガンが2.23%GSが1.51%、それぞれ下落。2社で指数を38ドル分押し下げ。18銘柄がNYダウの下落率1.19%を上回り、指数の足を引っ張っています。
 主力3指数とも続落。通商協議再開を前にした米中両国のさや当てに、市場は不安感を強め、リスク回避の動きを強め始めたようです。リスクヘッジでVIX指数を買う動きが強まりこの日は高値20.38ポイントまで上昇。警戒ゾーンの21ポイント越えが近づいてきました。再度、前回下値を支えた200日線を試す動きになっていますが、ここ数日の米中の動きが交渉を有利に進めるためのものか、内政干渉は許さないという国家の威信をかけたものかの判断が難しく、当面は、結果を待つしかなさそうです。市場では、「またか…」というムードが漂っていますが、慣れが怖い…。

 米国株は続落。円は、対ユーロでドルが買われた流れを受け、対ドルは107円付近に、対ユーロは117円20銭台に、ともに上昇。CME日経平均先物は、大証先物終値を285円下回る2万1335円で帰ってきました。レンジは、2万1320円~2万1630円。本日の日本株は、CME日経平均先物終値にサヤ寄せして安寄りした後は、再び、米株先物や中国株など外部要因睨みの展開になりそう。週末に控えたオプションSQがらみの先物筋の動きも気になるところ。2万1000円プットの残が多く、先物を使った仕掛け的な動きも警戒されます。ただ、個人投資家の逆張りの買いが期待されるほか、大型補正への期待もあり下げは限定的か…。イベと通過待ち。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ