FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2019/10 | 11
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



昨日の米国株は、企業業績を個別に織り込む動きから、個別企業の決算が明暗を分け、主力3指数は高安まちまちで終了。
おはようございます。 出遅れ感が目立っていた世界の景気敏感株、ドイツ市場と日本市場の上げが目立っています。ドイツDAX指数は、ほぼ1年半ぶりの高値に上昇。日経平均も昨年12月のVIXショック時に付けた月足長大陰線を10カ月ぶりに上抜き、上昇基調を取り戻そうとしています。ただ、日独とも日足サイコロが9勝3敗(75%)と警戒ゾーンまで上昇。短期的な変化点に近づいてきたようです。昨日の日経平均RSIは前日の66%→71%に上昇しましたが、今日は米ISM製造業景況指数ショックや米雇用への懸念から急落した3日の436円87銭安が外れてきますので、RSIが急伸し警戒ゾーンの80%を超えてくる可能性があります。

 週足サイコロは7勝5敗、週RSIは62%と過熱感はなく、戻りトレンドに変化はなさそうですが、短期的にはRSIの上昇が警戒材料にされるかもしれません。ただ、重要な節値を次々に抜いたことから、外資系証券では先物売り残を抱えていたところが買い戻しに入っているほか、トレンドフォロー型のヘッジファンドが先物買いに動いており、2017年後半型の踏み上げ相場に移行する可能性も捨てきれません。来週は、28日から中国「四中全会」が31日までの日程で開催され、対米通商協議や人事などを議題に話し合われるようです。さらに、米FOMC、日銀金融政策決定会合、月替わりの1日には雇用統計、10月初めにショックを引き起こしたISM製造業景況指数があります。昨日発表の10月製造業PMIは、2か月連続で上昇しており、ISM製造業景況指数が上ぶれる可能性が強まってきました。膠着していた金利が動く可能性があり、調整があっても短期か…?

 24日の米国市場動向
 ニューヨークダウ       2万6805ドル53セント     -28ドル42セント(0.11%)
 NASDAQ総合指数      8185.79ポイント        +68.00ポイント(0.81%)
 S&P500             3010.29ポイント        +5.77ポイント(0.19%)
 CME日経平均先物      2万2815円           +35円
 10年物国債金利       1.768%             -0.001%
 ニューヨーク原油       56.23ドル            +0.36ドル
 GOLD              1505.30ドル          +9.60ドル
 ドルインデックス        97.66              +0.16 
  

 昨日の米国株は、前日好決算を発表していたマイクロソフトやテスラなどが買われ、ニューヨークダウは60ドル高と続伸してスタート。この日、予想を上回る決算を発表したVISAが買われて上げ幅を拡大。寄り後まもなくこの日の高値 2万6931ドル(前日比98ドル高)をつけていました。ただ、指数寄与度の大きいスリーエムがアジア事業の不振から決算が予想を下回ったほか、利益見通しを引き下げ下落すると、益出しの売りが増加。朝方発表の耐久財受注の減少も嫌気され、昼にかけ下げ幅を拡大。昼頃にはこの日の安値2万6714ドル(同119ドル安)をつけています。ダウが中国事業の好調で業績が予想を上回ったほか、ユナイテッドテクノロジーも好業績で買われ、引けにかけて下げ幅を縮める展開に…。予想外の黒字決算を計上したテスラの上昇や半導体関連の上げなどからNASDAQ総合指数、S&P500 は続伸したものの、スリーエムの下げ分を埋めきれずNYダウは反落。高安まちまちの終わりに…。

 ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1334、値下がり1570(NASDAQ市場は、1425-1718)と、ともに売りが優勢。VIX指数は、0.30ポイント下げ13.71ポイントに低下。NYダウ採用30種は、値上がり8、値下がり22。業績が予想を上回ったダウが4.74%上昇。VISAが2.83%、マイクロソフトが1.97%、それぞれ上昇。好業績株が買われ、3社で指数を65ドル分押し上げ。一方、スリーエムが4.07%下落。単独で指数を47ドル分押し下げ。J&Jが1.85%、ユナイrテッドヘルスが1.33%、下落するなど、ディフェンシブ系が冴えませんでした。引け後にインテルが決算を発表しましたが、実績、見通しとも予想を上回ったほか、200億ドルの自社株買いを発表し、4%近い上げになっています。

 主力3指数は高安まちまちの動き。業績を個別に織り込む動きから、指数は横ばいの動きが続いています。この日も、冴えない耐久財受注の数字を受けたほか、7年債入札が好調に推移したことを受け、10年債金利は横ばい。金利に方向感が出ないことから、指数も横ばいで推移。引き続き、8月第一週の週足陰線内の動きでした。弱いISMの数字とは別に製造業PMIは2か月連続で上昇。製造業は意外と底堅い動きをしています。10月ISMの数字が、金利を動かす要因になりそう。

 米国株は高安まちまち。円は、弱い耐久財受注の動きを映し108円50銭台、対ユーロは120円60銭台に、それぞれ小幅上昇。CME日経平均先物は、大証先物終値を35円上回る2万2815円で帰ってきました。レンジは、2万2725円~2万2865円。本日の日本株は、先物リードで堅調に推移しそう。インテル決算が予想を上回りSOX指数が上昇したことから半導体関連が注目されそう。また、大成建設の決算が上振れそうなことから、国土強靭化関連の見直し買い、さらに、株価面で出遅れ感のある景気循環株のかさ上げ的な上げなど、物色範囲が広がりそう。来週に大きなイベントを控えた週末でもあり、短期筋のポジション調整から指数は昼から波乱も…。かさ上げ的な動きが続きそうですが、決算発表が迫っており、業績重視も忘れずに…。次の日経平均のポイントは2万2851円付近。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ