FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2019/10 | 11
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



週明けの日本株は、米中が合意へ向け前進していることや、米SOX指数の最高値更新やインテル決算を好感して、日経平均は6日続伸して終了。
 週明けの日本株は、週末から米中双方から発信された協議内容で交渉が順調に進んでいることが確認できたことや、データセンター向け半導体需要の好調を受けインテルが急伸。フィラデルフィア半導体株指数が最高値を更新したことも好感。朝方から東京エレクトロンなど関連株が買われ、日経平均は55円高と続伸してスタートしました。半導体関連が全面高したほか、主力景気循環株にも幅広く買いが入ったものの、円安に振れたことを嫌気。前週まで買われた内需株に益出しの動きが入り、寄り後に上げ幅を縮小する場面もありました。ただ、中国株が上げ幅を拡大したことや、他のアジア市場も堅調に推移したことを好感。後場も、半導体関連に加え米中摩擦の緩和期待から、建機や工作機械など中国関連も買われ、上げ幅を拡大。ご場半ばにはこの日の高値2万2896円(前週末比97円高)をつけていました。引けにかけNT売買に絡む仕掛け的な動きからTOPIXが売られ、小型株が軟調に推移する場面もありましたが、結局、日経平均は6日続伸。TOPIXは5日ぶりに弱含んで終わっています。

 日経平均終値は、67円46銭高(0.30%)の22867円27銭、TOPIX終値は0.01ポイント安(同0.00%)の1648.43ポイント。NT倍率は13.83倍→13.87倍に上昇。半導体関連の上げを受け、日経平均先物に買い圧力がかかったようです。出来高は、8620万株減の10億1465万株、売買代金は2553億円減の1兆8180億円とともに、薄商い。半導体関連の勢いが良く、短期筋が内需関連を売り乗り換えた可能性もあります。騰落状況は値上がり1096、値下がり958と、買いがやや優勢。
 日経平均サイコロは、10勝2敗で変わらず。TOPIXは7勝5敗に低下。日経平均RSIは89%で前週から横ばい。TOPIXRSIは、86%→85%に低下。日経平均25日線かい離率は、+3.55%→ 3.69%に、かい離が拡大。過去、1年平均の3%を上回った状態が続いています。日経平均3本新値は陽線8本目(陰転値は2万2625円38銭)。騰落レシオは、120%→125%に上昇。トレンドは10月2日の141%をピークに低下傾向。レポートでもチャート内に書きましたが、本日上げの③ポイント2万2851円のゾーンに到達。

 まだ、売買代金が増えないことから、相場に柱が出来てくると、もう一方が売られて下がる…という、ヤジロベーみたいな展開になってしまいます。レポートでは、6月最終号から鉱工業生産指数の電子部品デバイスの在庫状況変化から半導体関連を強気し、ローツェやトリケミカル研究所、日本電子、イビデンなど関連株を取り上げ、14日号で半導体製造装置に不可欠なLMガイドやボールネジの主力メーカーTHKを取り上げましたが、やっと、半導体関連相場が広がりを見せてきました。まだ、前工程と後工程で受注に差があるほか、NAND型、DRAM型でも差があり、一律に回復しているとみることはできないようです。米国で、半導体メーカーのテキサスインスツルメントの冴えない業績とクラウドサーブビスの好調を受けたデータセンター向け半導体が伸びたインテルの違いを把握しておかねばなりません。まあ、今日あたり、無差別に買っているようなところもありますし、そろそろ警戒しておいた方が良いかも…。

 また、直近レポートでも、海外投機筋の話を書きましたが、8月くらいから売買手口と日経平均の天底が一致していることから、買い越しが1万2000枚に近づいてきたことから、そろそろ警戒しておきたいところ。先週まで買い越しを続けていましたが、今日は、売り越しに転じており、今週どんな動きをしてくるかに指数の動きはかかってきそうです。今週はFOMCがありますが、市場はパウエル議長が、「微調整が済んだので年内の利下げは10月で終わり…」というのを、怖がっているようです。また、先週発表された製造魚PMIは2カ月続けて上昇しており、1日に発表されるISM製造業景況指数が50ポイントを回復してくる可能性があります。債券市場場はこのあたりを先読みしているのか、今日は先物市場で1.83%台に上昇。日足一目均衡表の雲からニケ出しそうな状態になっています。まあ、ファンダメンタルのところで、変化の予兆が出始めており、あまり、目先につられて動かないほうが良いような気がしますが…。米国株も持合い相場から離れてくるかもしれませんね。
※レポート購読会員を募集しております。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ