FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2019/10 | 11
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



昨日の米国株は、好調な企業決算を好感した買いとFOMC結果発表前のポジション調整売買が交錯。主力3指数は小反落して終了。
 おはようございます。引っ越しを来週に控え、荷造りに時間を取られるようになってきました。とにかく、次から次に、物が出てきます。今日からは、転出届や電気、ガスの手配、電話の移転手続きもしなければなりません。ネットだけで済ませることはできないのでしょうか。子供のゲーム機、ゲームソフトなど、どんどん廃棄品が増えていきます。しばらくは、体力勝負になりそうです。

 昨日の日本株は、日経平均が7日続伸。TOPIXは反発して終わりました。日経平均の終日値幅は、前日の66円に続きこの日も73円と狭いレンジの動き。日経平均日足サイコロが11勝1敗(91.6%=75%超えは警戒)、RSIは92%と前回高値を付けた9月24日の97%以来の水準に上昇。25日線かい離率は+4%と今年ピークを付けた水準が多かった3%を大きく上回り、テクニカル的には過熱感が強い状態。つい最近まで消費税上げや円高懸念から「日本株オワコン」みたいな論調が強く、弱気のポジションを取る投資家が多く、 レバレッジ付きのベア型ETFの残高は急増していました。米中合意など相場環境の好転から、株価は上げに転じていますが、じり高のため引かれ越しが弱くなり、売りをためらっていたものの、耐えられず売りに回っていることから、指数はじり高になっているんでしょう。弱気投資家の心理状況を映すような上げ方です。大手証券の日経平均先物の売り残は、3万枚を超えていますが、むしろ増加傾向にあり個人の弱気が続いていることを示唆していますが、この相場、何か好材料が出て一気に踏み上げるようになったら、一体どこまで上がるんでしょうか。米国は、債券に入った投機筋の巨額の資金、日本の個人を中心にした逆張りの資金…ともに、じりじりと担ぎ上げられていますが…。株価が調整すると、安心してさらに売りが増えるという事も…。

 29日の米国市場動向
 ニューヨークダウ       2万7071ドル46セント      -19ドル26セント(0.07%)
 NASDAQ総合指数      8276.85ポイント         -49.14ポイント(0.59%)
 S&P500             3036.89ポイント         -2.53ポイント(0.08%)
 CME日経平均先物      2万2930円            -40円
 10年物国債金利       1.839%              -0.008%
 ニューヨーク原油       55.54ドル             -0.27ドル
 GOLD              1489.90ドル           -5.90ドル
 ドルインデックス        97.68               -0.08 
  

 昨日の米国株は、前日引け後に予想を下回る決算を発表していたアルファベットが下落したことを受け、アップルなどハイテク株が売られ、ニューヨークダウは29ドル安と小幅に下落してスタートしました。売り一巡後に製薬大手のメルクとファイザーが決算を発表。ともに予想を上回っただけでなく通期見通しを増額修正したことを好感して買われると、他のヘルスケア関連にも買いが波及。昼にかけ上げ幅を拡大し、この日の高値2万7165ドル(前日比75ドル高)をつけていました。ただ、ロイター紙が政府高官の話として「米中気合意の文書作成に手間取っており、APECでの首脳調印ができない可能性がある…」と伝えると、一気に警戒感が台頭。マイナス圏に沈む場面も…。しかし、すべての作業が円滑に進めば17日のAPECサミットで署名する可能性がある」と伝わると、市場は落ち着きを取り戻し、再びプラス圏に浮上。今度は、英議会が12月12日の総選挙実施を暫定的に承認した…と伝わると、引けにかけ嫌気売りが出て下げに転換。引け近くにこの日の安値2万7039ドル(同51ドル安)をつけるなど、好調な企業業績と外部環境の不透明感で売り買いが交錯。結局、主力3指数とも反落して終了。

 ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1545、値下がり1382と買いが優勢だったものの、NASDAQ市場は、値上がり1548、値下がり 1598と、ほぼ半々の状態。VIX指数は、0.09ポイント上げ13.20ポイントに小幅上昇。NYダウ採用30種は、値上がり11、値下がり19。好業績のメルクが3.56%、ファイザーが2.49%、それぞれ上昇。経営トップの議会証言であく抜け感が出たとしてボーイングが2.36%上昇。単独で指数を55ドル分押し上げ。一方、アルファベット決算や米中合意の不透明感を嫌いアップルが2.31%下落単独で指数を31ドル分押し下げ。中国関連のナイキが1.73%、ホームデポが1.12%、ウォルマートが1.74%、それぞれ下落。6銘柄が1%超え下落し、指数の足を引っ張りました。

 主力3指数とも反落。NASDAQ総合指数、S&P500は高値更新に伴う、益出し売りでの反落。NYダウは三角持合いの上値抵抗線が頭抑えになっています。この日は、米中合意の不透明感、英総選挙の可能性など外部環境の不透明案を受け債券が買われたことも投資家の手控えを強めたようです。今晩のFOMC(事前の利下げ織り込みは97%に達しており、見送りはできない?)結果発表、7~9月期GDP発表など重要イベントを控えており、ポジション調整の売りが先行した面もありそう。引き続き、金利の動きが焦点。

 米国株は小反落。円は、米中合意調印への不透明感を映し、対ドルは108円80銭台、対ユーロは120円90銭台と、ともに横ばい。CME日経平均先物は大証先物終値を40円下回る2万2930円で帰ってきました。レンジは2万2895円~2万2995円と狭いレンジの動き。本日の日本株は膠着感を強めた展開になりそう。今晩のFOMCに向け海外先物筋がポジションを作りに行く可能性があるものの、昨日の日立建機やファナックの底堅い動きに見られるように、市場の底流にある景気回復期待はかなり強いようです。引き続き買い戻し主導の展開が続きそう。当面は、業績を個別に織り込みながら過熱感の解消をする動きか…。今日は、半導体のアドバンテスト、5G関連のアンリツ、系列再編に取り組む日立製作所の決算が焦点に…。
※レポート購読会員を募集しております。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ