FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



週明けの日本株は米中協議の進展期待から米国株が上げた流れを受けて買いが先行。景気敏感株などが買われ日経平均、TOPIXとも続伸して終了。
 前週末、中国の習近平主席が「相互の尊重と平等を原則に合意できるように努めたい」と述べ、交渉の前面に出てきたことに市場は交渉の前進への期待を持ったようです。劉鶴副首相は、現在、閣僚級の会合が電話で行われていることから「月内にライトハイザーUSTR代表が訪中するように要請」。直接対話により交渉を進めようと提案しています。今年5月の段階では、ほぼ合意に至っていました。しかし、中国共産党政治局常務委員会の対米強硬派のメンバーから反対意見があったことで、習主席が自らが責任を負う格好で、劉鶴副首相に卓袱台返しを指示した…という経緯があったようです。このところの交渉では、5月合意時点に戻り、その後に発動された制裁関税を撤廃、ないしは縮小する…という、条件闘争になっていたようです。米国は合意の履行状況に応じて制裁を段階的に緩和するよう主張して対立していたようですが、習主席が表に出てきたことで何らかの進展があった可能性が強まってきました。今日は政府系の環球時報が「米中は第一段階の合意に非常に近づいている…」と報道。近々、何らかの答えが出てくるかもしれません。

 週明けの日本株は、米中通商協議の進展へiの期待に加え、香港の区議会議員選挙で民主派が圧勝したことを好感。先物買い戻しが先行。裁定買いが入り日経平均は前週末比 180円高の2万3292円と窓をあけてスタート。世界景気の回復期待から景気敏感株などが買われたほか、中国株が上昇して始まったことも好感され、前引けにかけ上げ幅を拡大。前引け近くにこの日の高値2万3347円(前週末比235円高)をつけていました。ただ、「第2段階の合意交渉は困難を極めそう」との報道があったことや、益出しの売りもあり、後場からは上げ幅を縮める展開に…。 感謝祭休日を控え海外投資家の動きを見たいというムードも強かったようです。

 日経平均終値は179円93銭(0.78%)高の2万3292円81銭、TOPIX終値は11.62ポイント(0.69%)高の1702.96ポイント。NT倍率は13.67倍→13.68倍。出来高は、1.06億株減の10億1101万株、売買代金は、2040億円減の1兆6991億円と薄商い。騰落状況は、値上がり1555、値下がり508と、買いが優勢。
 日経平均サイコロは、6勝6敗、TOPIXは7勝5敗で、ともに変わらず。日経平均RSIは56%→51%(TOPIXは、62%→55%)に、ともに低下。日経平均25日線乖離率は、+0.31%→+0.94%に拡大。騰落レシオは113%→121%に上昇。過熱していた短期テクニカル指標は順調に調整が進んでいるものの、騰落レシオは高止まりしており、個別株のかさ上げ的な動きが強まっていることが予想されます。

 日経平均は、ほぼ十字足で終わりました。2万3300円を挟んで、上下50円の狭いレンジの動き。後場にかけて上げ幅をちぢ得ましたが、明日の引けに行われるMSCIの銘柄入れ替えにともなうリバランスの動きを警戒する投資家も多かったようです。前回の大型入れ替えは5月でしたが、この時は3000憶円を超える売り要因になるとみられ警戒されましたが、今回も同様な規模になることが予想され、イベントドリブン型のヘッジファンドが明日の下げに備え事前に先物の売り仕掛けをした可能性もあるかもしれません。明日の前場も仕掛け的な売りが出る懸念もあります。まあ、米国市場がしっかりで帰ってくれば、下げ分は吸収できそう。リスクオンの動きから米金利が上昇していることも為替面から日本株をサポートすると思われます。まあ、今週は 水曜日からスタートくらいのつもりで考えておけばいいかもしれません。政府は12月前半で補正予算を、後半で2020年度予算を策定する方向で動き出しており、この関連を追うのが賢明か…。
 ※レポート購読会員を募集しております。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト





プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ