FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



本日の日本株は、好材料が相次いで上昇した米市場の流れを引き継ぎ、戻り高値を更新。3日続伸したものの、香港、アジア株の下落やMSCIリバランスを懸念し上げ幅を縮小。
 米中通商協議は、詰めの段階に入っているようです。制裁関税の軽減を狙って中国が知財権保護に前向きの姿勢を示せば、米国側が新たな要求を突きつける…という格好で、ウィン・ウィンの関係になるよう内容を詰めているようです。お互いに自分の要求を通そうとしますから、話がまとまる前が一番緊張感が高まる時でもあります。まあ、何とかまとめてほしいものです。

 本日の日本株は、米中交渉に前向きな話が相次いだほか、米国で複数の大型M&A案件が登場。画像処理半導体のエヌビィディアへのtピシ判断の上げなど、株価至芸材料が相次ぎ、米国株が上昇した流れを引き継ぎ買いが先行。日経平均は159円高の2万3451円と続伸してスタートしました。前引け近くに「双方が合意に達した…」と未確認情報が流れ急伸。この日の高値2万3608円(前日比316円高)をつけ年初来高値を更新する場面も…。ただ、情報の確認が取れなかったことから後場からは売りが先行。中国株が上げ幅を縮小したことや他のアジア市場が軟調になると、この日の引けで行われるMSCI採用銘柄の入れ替えに伴うリバランスへの懸念が増幅。引けにかけ上げ幅を縮小する展開に…。

 日経平均終値は、80円51銭(0.35%)高の2万3373円32銭、TOPIX終値は2.75ポイント(0.16%)高の1706.71ポイントと、ともに3日続伸。NT倍率は、13.68倍→13.70倍に小幅上昇。円安が日経平均の上げに寄与した格好。出来高は、6.12億株増の16億2299万株、売買代金は1兆4593億円の3兆1584億円と、MSCIリバランスの影響で商いが急増。騰落状況は、値上がり852、値下がり1199と売りが優勢。
 日経平均サイコロは6勝6敗、TOPIXは7勝5敗と、ともに変わらず。日経平均RSIは51%→52%(TOPIXは、55%→56%)にともに小幅上昇。日経平均25日線乖離率は、+0.94%→+1.13%にかい離が拡大。騰落レシオは121%→119%に小幅低下。指数はやや盛り返す動きですが、三本新値は陰線2本(陽転値2万3520円01銭)で弱気相場にあり、まだテクニカルな調整が必要な段階か…。ただ、国内個人の弱気が多くベア型のETF残は増加。これにともない」大手証券の先物売りが増加しており、海外動向よっては踏み上げ相場につながる動きを内包しています。

 直近レポートでは今回の相場について2018年1月高値からの調整過程をなぞるのでは…としましたが、この時は2段下げの急所を抜いたところでもみ合いに入っており、今回もこのゾーンでもみ合いながら、次の上げの手掛かりを探ることになるか…。引き続き、12月から策定が始まる補正予算と2020年度予算関連を注目。為替が円安になれば半導体や素行り感がでてきた設備投資関連という流れに…。レポート注目のシグマクシスは今日も新値を取っていますが、このところ信用の売り込みが増加。売り買いが逆転し取組仕手株の様相を示してきました。しばらくは景気敏感株の循環物色が続きそう。
※レポート購読会員を募集しております。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。                    

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



週明けの米国株は、米中合意接近との話が流れたことや。景気指標の改善、大型M&A、半導体企業への投資判断上げなども上げが買いを支援。主力3指数とも引けで高値を更新して終了。
 おはようございます。

 25日の米国市場動向 
 ニューヨークダウ       2万8066ドル47セント     +190ドル85セント(0.68%)
 NASDAQ総合指数      8632.48ポイント        +112.60ポイント(1.32%)
 S&P500             3133.64ポイント         +23.35ポイント(0.75%)
 CME日経平均先物      2万3425円           +95円
 10年物国債金利       1.753%              -0.020%
 ニューヨーク原油       58.01ドル            +0.24ドル
 GOLD              1454.50ドル           -9.10ドル
 ドルインデックス        98.32               +0.05 
 

 週明けの米国株は、前週末から高まった米中第一段階合意への期待感に加え、この日も中国「環球時報」が合意の時期が接近していることを伝えたことや、米政権幹部(オブライエン大統領補佐官)から年内合意の可能性が示されたことを好感。中国関連株を中心に買いが先行。ニューヨークダウは42ドル高と続伸してスタートしました。この日は、ネット証券首位の同業2位企業の買収やルイビトンによるティファニーの買収など大型M&Aが相次いだことや画像処理半導体のエヌビィディアへの投資判断上げを機に、一時頭打ち感の出ていた半導体関連が息を吹き返したことなどから、終日堅調に推移。引け近くに中国が知的財産権の侵害に対する罰則を強化する方針と、争点になっていた問題で譲歩する姿勢を示したことも、交渉の前進と捉えられて、引けにかけ上げ幅を拡大。引け近くにこの日の高値2万8068ドル(前週末比192ドル高)をつける場面も…。結局、主力3指数とも揃って高値を更新して終わりました。

 ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり2145、値下がり808(NASDAQ市場は、2445-741)と、ともに買いが優勢。NYダウ採用30種は、値上がり22、値下がり8。ユナイテッドヘルスが2.11%上昇。単独で指数を40ドル分押し上げ。中国関連のダウが1.85%、アップルが1.75%、スリーエムが1.58%、それぞれ上昇。11銘柄が1%超え上昇し、指数の上げに寄与。一方、エクソンが0.66%、マクドナルドの0.65%、それぞれ下落。ディフェンシブ系がさえなかったものの、いずれも下げは限定的。
 主力3指数とも、続伸。米中通商協議合意への期待感が上げの要因。一時、シカゴ連銀行全米活動指数(10月)が悪化し、上げ幅を縮める場面がありましたが、より最新のダラス連銀製造業景況指数(11月)が改善したことを受け、上げ幅を回復するなど、市場の景気への関心の高さも目立ちました。米中合意はありがたいものの、関心の高さから見て材料出尽くしになる可能性もあり、今後は、景況感の改善も注目点になってきそう。

 米国株は続伸。円は、米中合意期待からドルが買われ、対ドルは108円90銭台と円安に振れたものの、対ユーロは119円90銭台で横ばい。CME日経平均先物は大証先物終値を95円上回る2万3425円で帰ってきました。レンジは、2万3195円~2万3435円。本日の日本株は、米株高を受け堅調に推移しそう。日本株は、米中合意の進展を先行して織り込んだところもあり、引けで行われるMSCI採用銘柄に伴うリバランスに向けた先物筋の仕掛け的な売りが警戒されるものの、円安や米市場で半導体株が切り返したことなど買い材料が多いことから、仕掛けは限定的なものになるか…。補正予算関連、半導体関連の切り返しに期待。中国株、米株先物、米金利先物動向を見ながらの先物リードの展開は変わらず。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ