FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
11 | 2019/12 | 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



週末の日本株は、米中合意の可能性を受けた米株上昇の流れを引き継ぎ、先物買い戻しや最高値を更新したSOX指数受けた半導体関連の上げで、日経平均、TOPIXとも大幅高して終了。
 発動期限ぎりぎりになって、米中は歩み寄りを見せ、発動は見送られる可能性が強まってきました。報道されたところによると、これまで発動してきた3600憶ドル分について、税率を半減させるという事です。中国が求めていたのは5月合意以降の課税分の撤廃縮小でしたから、農産物輸入の数値化が出来ればとりあえず「ウィン・ウィン」の関係になるという事でしょうか。まだ、中国側から具体的な話が出ていませんし、昨日の米国市場でも、トランプ大統領の朝方のツィートで急伸した後は、中国側から否定的な話が出たりで、フラフラした状態が続き、結局、ツィートでつけた朝方の高値は脱会できずじまいでした。農務長官の話では、中国側は農畜産品輸入の数値化にしり込みしていた、といわれ、まだ、下駄をはくまではわかりません。中国外務省報道官は「米中が第一段階の合意に近づいている報道で、世界の株価が上昇している。交渉を通して合意することを両国だけでなく、国際社会も期待していることだ」と話したものの、合意に関するコメントは出ていません。王毅外相も「平等な関係で、対話によって両国間の矛盾や意見の違いを解決していきたい…」と話しており、まだ交渉が継続中であることを示唆しています。まあ、お互いの政府の後ろには、タカ派が控えていますから、安易な妥協をすると攻撃されるだけに、慎重に交渉を進めているようです。

 本日の日本株は米中合意の報道を受け米国株が上昇した流れを受け、買いが先行。日本時間の7時に締め切られた英国総選挙が、出口調査の結果、与党の過半数超えが確実とされたことも、市場の不透明感を払しょくするものと歓迎され、CME日経平均先物終値にさや寄せする先物買いが増加。買い戻しもあり、日経平均は386円高と急伸して始まりました。また、国内の個人を中心に弱気のETFを買う動きが強まっていましたが、日経平均が2万4000円大台に迫るとともに、見切り売りを出す投資家も増加。これに伴う先物買い戻しや、先物買い戻しに伴う裁定買いが指数寄与度の高いユニクロや東京エレクトロンなどに入ったこともに津敬平均を押し上げ、引け近くにはこの日の高値2万4050円(前日比626円高)と、年初来高値を更新。大幅続伸して終わりました。

 日経平均終値は、598円29銭高(2.55%)の2万4023円10銭、TOPIX終値は27.15ポイント高(1.59%)の1739.98ポイント。NT倍率は13.68倍→13.81倍に上昇。一気に過去半年のレンジ上限付近まで上昇してきました。出来高は、約8億株増の19億3574万株、バ売買代金は1兆4480億円と、メジャーSQの関係で急増。騰落状況は、値上がり1548、値下がり535と買いが優勢。大型株に人気が集まったことで、このところ買われてきた小型株に益出しする動きが増えたようです。
 日経平均サイコロは6勝6敗、TOPIXは5勝7敗と、ともに変わらず。日経平均RSIは60%→69%(TOPIXは62%→68%)にそれぞれ上昇。日経平均25日線乖離率は+2.865%に拡大。警戒域の3%超えに接近。日経平均三本新値は、この日陽線2本目をつけ、強気相場の継続を暗示。騰落レシオは100%→104%に上昇。

 まあ、今日は買い戻し主導で上げた格好。日経平均ダブルインバース(1357)の出来高は5665万株に達しており、かなりまとまった見切り売りが出たようです。取り扱い証券会社は先物を買い戻して対処しなければなりませんから、その分も押し上げに寄与したようです。先物買いが増加したことで、ユニクロなど指数寄与度の高い銘柄が裁定買いで上昇。ユニクロと東京エレクトロンで日経平均を全体の4分の1にあたる151円分押し上げていました。レポートでは、個人投資家の弱気ポジションの解消が次の日本株押し上げの原動力になる…とし、米債券市場の利回り上昇と円安転換を上げてきましたが、想定通りの動きになってきました。レポートを購読されている方はお分かりのように、今回は、昨年1月高値からの調整からの戻りパターンをたどる…としましたが、この際、日経平均のゾーンAから一段上のゾーンBへの移行の可能性があることも示唆しました。日柄的にも同様な経緯をたどっており、2018年時は12月に移転しています。今回も今日の上げで、ゾーンB入りしてきましたが、月足完成時に新しいゾーン内に踏みとどまっておれるかが焦点になります。

 まあ、今後の見通しなど詳しいことは日曜日発信の12月15日号で解説します。やはり、金融危機以来の立ち直りで形成したゾーンの信頼性は大したものでした。次は、ゾーンBの上限ラインをめざすことになりますが、楽しみなことです。とにかく、短期的な懸念材料は米国株の材料出尽くしによる下げだけ…。まあ、新しい相場に入ってきたところで短期的な懸念を書いても仕方がありませんが…。今のところ米国株先物は高値を伸ばしています。レポートで日足に掲載してきた次の上げの第4ポイント(24152円)付近が迫ってきました。
※レポート購読会員を募集しております。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK

スポンサーサイト



昨日の米国株は、米中第一段階合意に向けた動きが加速jしたことを好感。リスクオン状態から銀行株やグロース株、中国関連株が買われ、主力3指数とも続伸。そろって高値を更新して終了。
 おはようございます。 英国総選挙は日本時間7時に投票箱が閉鎖され、開票作業に入りました。通信社が集計した出口調査結果は、与党保守党が368議席を獲得。下院の定数(650)の過半数を制し、1月末のEU離脱が濃厚になってきました。一方、12日に関係閣僚やアドバイザーを招集。対中合意の可否について話し合ったトランプ大統領は、結局、第一段階の合意を承認。中国側の正式発表はなされておらず。流動的な部分は残るものの、複数の通信社が伝えるところでは、米国が15日発動の第4弾制裁を見送るほか、これまで実施してきた3600憶ドル分の関税を半分に引き下げるなど、譲歩したことが伝えられています。中国側が農産物輸入の数値化に合意したかどうかはこれからの発表を待たなければなりませんが、大統領が承認した、という事から、それなりに満足する結果が引き出せた、という事なのでしょう。まあ、5月の中国側の卓袱台返しもあったことですし、まだ安心できませんが、次は、期待感で上げてきた株価が材料出尽くしになることを警戒しておきたいところ。不透明要因が晴れたことで投資が動き出すこともあり、立ち直りは早そうですが…。

 12日の米国市場動向
 ニューヨークダウ          2万8132ドル05セント     +220ドル75セント(0.79%)
 NASDAQ総合指数         8717.31ポイント        +63.26ポイント(0.73%)
 S&P500                3168.57ポイント        +26.94ポイント(0.88%)
 CME日経平均先物(3月限)    2万4700円           +300円
 10年物国債金利          1.894%             +0.094%(一時、1.917%)
 ニューヨーク原油          59.18ドル            +0.42ドル
 GOLD                 1472.30ドル          -2.70ドル
 ドルインデックス           97.27              -0.15 
 

 昨日の米国株は、この日、米中合意に関する関係閣僚会合の開催を控え、ポジション調整売りが先行。ニューヨークダウは13ドル安と小反落してスタート。寄り後に下げ幅を52ドル安まで広げる場面もありました。ただ、トランプ大統領が「でかい合意が来る」とツィートしたことを機に弱気ポジションを取っていた投資家が一気にポジションを巻き戻し。債券が売られ10年債金利が1.9%超えまで急伸、これを好感して金融株が買われたほか、中国関連株、リスクオンからハイテク株が買われるなどし、寄り後まもなくこの日の高値2万8224ドル(前日比313ド高)をつけ、他の指数とともに過去最高値を更新していました。買い一巡後は、合意の審議を見極めたいとの動きから、上げ幅を縮小しましたが、ブルームバーグやウォールストリートジャーナルなどが、合意へ向けての詳細を伝えるとともに、再度買い直され、主力3指数とも反発して終わりました。

 ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1888、値下がり1094(NASDAQ市場は、2079-1123)と、ともに買いが優勢。NYダウ採用30種は、値上がり27、値下がり3。シスコシステムが3.14%と、採用銘柄中最大の上昇率。金利上昇を受け、JPモルガンが2.86%、GSが2.20%、AMEXが1.66%、それぞれ上昇。3社で63ドル指数を押し上げ。ダウ(+2.54%)、キャタピラー(+1.93%)など中国関連も上昇。12銘柄が1%超え上昇し、指数の上げに寄与。中国が’737MAXへの懸念を表明したボーイングが1.06%下落していました。

 主力3指数とも続伸。そろって高値を更新してきました。この日は、買い戻し主導の展開でしたが、週足では高値持ち合いを続けており、制裁緩和後、不透明感を嫌って手控えられていた設備投資の再開など景気への刺激材料が動き始めるかが注目されます。リスクオン状態で、グロース株が買われNASDAQ市場の52週来高値更新銘柄数が328と急増しており、投資家心理が強気に傾いてきた感じがあります。高値更新銘柄数の推移に注意したい。

 米国株は続伸。円は、リスクオンへの転換や米金利上昇を受けて売られ、対ドルは109円30銭台に、対ユーロは121円67銭にそれぞれ下落。CME日経平均先物は、大証先物終値(3月限)を300円上回る2万3700円で帰ってきました。レンジは、2万3300円~2万3725円。本日の日本株は、上値をためす動きになりそう。ニューヨーク市場の終了後にトランプ大統領が合意案を承認した、と伝わっており、投資家の買い戻しも上げを促しそう。昨日の米国市場では、SOX指数が初の1800ポイント台に乗せ過去最高値を更新しており、円安も手伝い半導体関連が市場をリードすることになりそう。次の日経平均のポイントは、2万4152円付近ですが…。不透明要因が晴れそうになってきたことで、市場に新規資金が還流してくるかが注目ポイントに…。  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ